違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

商店街から発信するまちづくり。助け合いの精神で街を再興する

https://machi-log.net/?p=949

https://machi-log.net/?p=949

商店街の街づくりとは、商店街が「体」になり、お客さまや地元の人と一緒に買い物をすることです。 住みやすい地域にするための活動です。商店街は、お客さまや地域の「身近な商店街」です。 あなたを受け入れるだけでなく、その地域とどのような関係を築くことも、商店街の繁栄につながります。 なくなるかどうかという観点から考えていきます。

スポンサードリンク

1.商店街のまちづくりの現状

街づくりは、設備の整ったハードウェアビジネスから、活気あふれる創作ड़や交流プロモーション਒などのイベントまで。 それは幅広いビジネスをカバーしています。商店街は、ভ経費ंに必要な機能を把握し、最大限に活用しています。 ペアを作ることが重要です。 図表2-9-1と2-9-2を見ると、ভ経費ंは商店街、防犯・防災、高齢者支援、子育て支援、地域社会にあります。 コミュニティの拠点として機能することを期待していることがわかります。 また、商店街にもそのような機能が期待されていることも認識しています(図2-9-3)。

一方、図4-1-26環境੖Biプロジェクトに示すように、街灯や防犯カメラの設置、美化活動など様々な活動が行われている。 私はखグループに行きました。ただし、これらのハードウェアビジネスのほとんどすべてにメンテナンスコストが必要です。 必要になります。 গ将来、商店街の会費が下がったঙなので、存続を考え直す必要があります。 そうならないリスクがあります。一方、ソフトウェア側を見ると、図4-1-27ショッピングストリートコンソーシアム(現在) (現在実施中)、共同販売ड़、共同装飾২、花壇設置、共同宣伝、イベントは৏ランク わたし。花壇の設置以外にも集客事業であり、防災、高齢者支援、子育て支援などの団体があります。 まだ行われていないと言えます。将来的には、コストがかかると予想されるソフトウェア事業も非常に大きくなります。 あなたは考慮する必要があります。

スポンサードリンク

2.街づくりには、「地域の相互扶助」への考え方の転換が必要です。

図2-9-4今後の連携を考えている商店街活動では、イベントや販売等を行います。 「生き生きとした雰囲気作り」がトップです。次は「街中での高齢化、子どもの見守り、お祭りなどの地域活動。 「一緒に働く」ということでしたが、「いちਕ」というエリアで商店街が期待されている役割で 「高齢者介護サービスの役割」は7.3%で、前回より12.2ポイント低下しました。 ですから、将来は一緒に働きたいと読みましたが、まだできていません。 スー。 もともと、商店街の共同事業は、共同販売ड़、イベント、組合員福祉ਫ਼など、1店舗では不可能でした。 「商店街での相互支援」が基本でした。近年、「子どもの老化」や「口の縮小」が見られ、地域社会も 商店街の基盤でもあるエリア自体が大きく変化しました。商店街は「買い物 「No৖」に加えて「地域のコア」として、まちづくりへの期待が高まっています。 図表4-1-29の繁栄している商店街に商店街の強みを聞いたところ、地域との関わりが深いとのことでした。 44.7%でした。 ৮े多くの場合1つであるこの店は、町議会と彼のPTAの担い手でもあります。 養子縁組のメンバーとして私たちが持っているネットワークは大きな強みです。 この強みを生かして快適で持続可能な街をつくるために、「地域の相互協力」という発想 変換する必要があります。また、「地域の相互協力」を商店街や個々の店舗の事業と結びつけ、地域の課題を解決していきます。 それをビジネスチャンスにすることは、商店街を維持するための1つの方法ですਫ਼。 たとえば、澤和和賀原商店街৾Ko協会では、市や地元のঀ組織、ड़張販売サービス、和賀原と協力しています。 サポートセンターを運営しています。 単一の顧客を惹きつけずに、イベントを通常の時間に販売に結び付ける方法श、ठYA /米谷ੴナガ 商店街でのワンストップショッピング、宅配サービスの利用、助けを求めるなど。 強い商店街なので、地域全体の相互支援のノードとなるखグループを考えてみましょう。

スポンサードリンク

3.商店街の管理を見直すことでコストを削減し、街づくりに投資する

図表2-9-5商店街によって、商店街の年間預金額に大きな違いがあった。年間फエントリー 商店街の広さや年会費に加えて、入居者管理や切手事業などの財源があるかどうか 大きな違いはड़です。図表4-1-17から、会員を除いて、商店街の19.2%だけが独自の財源を持っている。 丸いことがわかりました。内容はऄ৖での管理、建物によるテナント賃貸ॶ、チラシの広告फ それはまた多様であり、事業予算の規模に関連しています。 ਫ਼ड़ਫ਼ड़商店街と個々の店舗が共同でコスト削減と業務効率化を推進する「共同調達」 する場合があります。町づくり協会ऀ等が中型ৼ、複数の店舗やビル等、電子決済等になりました。 カスタマーサービスの提供、機器の購入、機器の管理、製品の輸送、ユーティリティの調達などに関する業界間の協力。 そうすることで、コストを削減しています。コスト削減と管理効率を促進するखグループによって削減されたコストは 店舗や建物に返却するだけでなく、まちづくり協会やまちづくり活動の運営費の源泉としても活用できます。 配布・活用しています。市街地全体などで複数の商店街が連携しています。 点灯はさらに拡大します。 まず、「商店街の管理」の観点から費用を見直し、次に「地域の管理」の各費用を見直します。 削減から৿投資に移行します。その結果、商店街と地域の利益が結びつき、街が生まれます。 それを改善することで、地域の価値を高めることができます。ただし、事前に徹底的な調査と組み合わせ フォーム੔を行うことが重要です。 街づくりには時間がかかります。単年の事業計画だけでなく、中長期の計画も必要です。 アンケート調査(図4-1-20)で事業計画の有無を尋ねたところ、6割近くの商店街が事業計画を立てていた。 私はそれに取り組んでいました。法律のほとんどのグループ、および一部の自主的な組織は、商工会議所や商工会議所などの機械もサポートしています。 関さんとコラボしていたんです。ビジョン(このようになることを目指すべき商店街や街) 中長期的には方法が決まっており、まず商店街の管理を確立し、次に地域の管理が可能です。 事業計画の作成や独自の財源の作成など、道筋を示すロードマップが必要です。

スポンサードリンク

4.「地域のリーダー」としてのまちづくり

図表2-9-6商店街の将来については、「商店街がなくなったら困る」と53.7%の来場者が語った。 です。理由を尋ねられたとき、「それはऒです」、「セキュリティはৼです」、「地元の絆は弱まっています」、「散歩します」 商店街は楽しくて安心です。 「」各店舗との連絡が途絶えたため、コミュニケーションが取れません。 「なるから」「お年寄りには行かないから」「街並みがとても綺麗で好きだから」など。 答えがありました。買い物に貢献するという理由ではなく、地域社会に節点がない 物事に危機感を持っているお客様が多かったようです。 一方、「商店街がなくなってもかまわない」と回答したのは14.7%、「どちらとも言えない」と回答したのは31.0%でした。 だった。 「他にも買い物ができるので問題ない」という理由はたくさんあるようですが、中には「mo」もあります。 買うものが少ない、「探しているお店があればいい」「商店街として意識していた。 「あまりなかった」と言った੢から、商店街である「৖」がイベントなど。 それが様々な合弁事業の主体、つまり「地域の担い手」であることを私はよく認識していません。 のようだ。 「地域の担い手」であるとお客様に理解していただける商店街があります。 します。たとえば、੤川口並木商店会は「並団(並木街応援会)」というお客様です。 大学ਫ਼などのボランティアが店कと一緒にイベント活動を行っています。他の商店街、町内会、自治会などでも。 この地域の領土に加えて、地元の市民グループ、学校、NPO法とのいくつかの共同プロジェクトがありました。 賑やかなイベントが長年続いている商店街では、外部との連携もさまざまです。 します。イベントビジネスへの顧客や外部のグループの参加は、商店街の不足を解決するだけの問題です。 地域との関係はありません。商店街では、まちづくりのためのソフトウェアビジネスの観点からイベントを開催しています。 そのためには、活気あふれる雰囲気を醸成するだけでなく、サポーターやファンなどの地域社会との交流やネットワーク作りを図っています。 工芸品作りは欠かせません。とりわけ、コミュニティに対する常識的な愛情が重要です。ショップकと参加ंがグラウンドです 愛着が地域のਫ਼であり、地域の一員としての相互理解につながると、一体感がਫ਼になり、商店街が中心になります。 畳のコミュニティづくりにつながります。 しかし、「地域社会の責任」としてのまちづくり活動は、地域社会から認められ、信頼を築いてきました。 この地域が活気ある貿易地域になるには時間がかかります。したがって、持ち主घ また、楽しめるシステムをつくり、体系的に継続する方法を考案する必要があります。

スポンサードリンク

5.まちづくりのリーダーになるためのポイント

(1)自分の商店街の町づくりの役割を再考する 商店街のまちづくりでは、活動自体が利益に直結していないため、地域貢献活動の側面が強くなっています。 しかし、これらの活動は商店街の意識を高め、集客することでファンを惹きつけます。 期待できます。具体的にどのような活動が必要で、何をすべきかを話し合う 必要とされている。 (2)ハードウェアとソフトウェアのメカニズムを調べる それがどのような役割を果たすか、環境機器や日本の運用などのハードウェアの側面を検討することによって システムを検討するためのソフトウェアメカニズムを構築する必要があります。 ハードウェアの面では、商店街だけでは難しい場合は、ラインやサポート組織で何をする必要があるかを考えてください。 あなたはそれを取得する必要があります。 ソフトウェア面では、(1)の議論を踏まえ、商店街として連携し、各店舗で行います。 また、学校など近隣施設と連携して効果を高めるなど、खグループ化手法の導入も検討することが重要です。 スー。 (3)地域社会のための役割を作成する 地域社会の役割は、商店街のメンバーだけにとどまりません。地域の皆様と協力してख 一緒に働く必要があります。コミュニティ構築は商店街の利用を促進し、個々の店舗に利益をもたらします 設定しましょう。 秩父市宮野川商店街の「宮野川丸」は、地域社会の再建を目指しています。 地元の人が参加できる商店街の酒屋で「後藤大家族」というৱイベントを開催しています。 ৱ事 ミーティングを通じて、私たちは飲酒店の販売だけでなく、コミュニティ৤੔とつながります。 コミュニティの作成は、商店街でファンやサポーターを作成する作業です。

-雑学