違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

~の違い

内臓脂肪と皮下脂肪の違い?両者を落とす楽チンダイエット法はコレ!

2017/11/22

https://woman.mynavi.jp/article/140525-11/

https://woman.mynavi.jp/article/140525-11/

歳を取ってくると気になるが、内臓脂肪皮下脂肪ですよね。

実は見分けるが簡単な両者ですが、何が違うのでしょうか?

今回は、内臓脂肪と皮下脂肪の違いや、

楽チンで効果的なダイエット法をお伝えします。

スポンサードリンク

内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方

内臓脂肪と皮下脂肪を見分けるのは、比較的簡単です。

内蔵脂肪は、その名の通り内蔵に付いたり、腸に付いたりする脂肪です。

外見からは分からない事もあり

痩せている人でも内臓脂肪がびっしり付いている事もあります

 

一方、皮下脂肪は皮膚の下に付く脂肪です。

皮下脂肪は外見から判断しやすく

お腹がポッコリ出ている人は、皮下脂肪が多めと判断できます。

 

内臓脂肪と皮下脂肪は、ホルモンの影響を受けやすく、

内臓脂肪は男性に付きやすく、皮下脂肪は女性に付きやすいです。

 

憎っくき両者の脂肪ですが、きちんとした役割もあります。

内臓脂肪には、内蔵の位置を正しく保ったり、

衝撃に対してクッションの役目を果たし内臓を守ったりします

 

皮下脂肪は、保温効果があり体温調節をしたり、

外からの衝撃を和らげるクッションの代わりになったりします。

 

ただ、きちんとした役目があるとわかっても、

どうせなら付きすぎた脂肪は落としてしまいたいですよね。

そこで、次の章では、付きすぎた内臓脂肪や皮下脂肪の落とし方をお伝えします。

スポンサードリンク

内蔵脂肪を楽に落とすダイエット方法は?

内蔵脂肪や皮下脂肪は、適度な運動を続ければいずれ減っていくのは事実ですが、

運動は嫌いという人は多いもの。

できれば、運動せずに落としたいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、ヨーグルトです。

ヨーグルトの中でも、ガセリ菌SP株という乳酸菌を含むものが

内蔵脂肪撃退には有効です。

 

ガセリ菌は、人間の腸の中に存在する善玉菌です。

そのガセリ菌から作られたのが、ガセリ菌SP株です。

 

ガセリ菌SP株には、腸に届きやすかったり

もともと腸に存在する菌なので増えやすかったり

あるいはコレステロールを下げてくれる効果があります。

なおかつ、内臓脂肪の減少や、蓄積予防もできるという優秀な乳酸菌です。

 

ガセリ菌SP株を含むヨーグルトを、どのくらい食べればいいかというと、

毎日100g~200gの量を食べるのがおすすめです。

毎日食べて、乳酸菌を徐々に増やしていくというのが大事なポイントで、

1週間分をまとめて食べても効果は薄いです。

 

また、食べるタイミングですが、夕食後がベストなタイミングです。

理由は2つあって、まず1つ目としては乳酸菌は胃酸に弱いのですが、

夕食後なら胃の中に食べ物があって、腸まで届きやすいという理由。

また、腸は就寝中に活動的になるため、

寝る前の夕食後に摂取するのが良いといいう理由です。

http://www.yd-c.jp/yogurt/ityouen.html

http://www.yd-c.jp/yogurt/ityouen.html

皮下脂肪を効果的に落とすダイエット方法は?

ズバリ、お風呂でのマッサージがおすすめです。

お腹や太もも、二の腕など、気になる箇所をお風呂でもみ込むことで、

皮下脂肪が燃焼しやすくなります。

効果を最大限にしたい人は、適度な運動も取り入れて下さい。

 

痛いと感じる場合は、セルライトが貯まっている可能性があるので、

その箇所は入念にマッサージしましょう。

 

マッサージをすることで、太ももやふくらはぎのむくみも改善されるので、

皮下脂肪を落とすのに加え、すっきりとした足になれますよ。

 

またこの時、脂肪を燃焼させるツボを押すと、効果がアップします。

おへそから指4本分上にあるのが中院というツボで、

脂肪燃焼の効果があります。

また、おへそから指2本分下にあるのが、気海というツボで、

代謝促進の効果があります。

どちらも優しく3~5回押してください。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い?両者を落とす楽チンダイエット法はコレ!のまとめ

内蔵脂肪は見た目じゃ分からず、

皮下脂肪は見て分かるものでした。

楽チンで効果的なダイエット法を紹介したので、

興味のある人は試してみて下さい。

-~の違い