To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

「医療・健康」の違い

【蚊とダニの症状の違いとは?】どっちにも効く対処法や駆除の方法!

2022/06/10

なんだか体がかゆい。

そう思ったら、ダニや蚊が原因かもしれません。

でも、ダニと蚊のどちらに刺されたかわかりづらいですよね。

 

そこで今回は、ダニと蚊の症状の違いや、

対処法駆除の方法をご紹介します。

スポンサードリンク

ダニと蚊の症状の違い

まずダニに刺された時の症状について。

 

ダニが生息している範囲は広く、

家の中や藪の中などいろいろな場所に生息しています。

人間を刺すダニアレルギーを引き起こすダニ

人の血を吸うダニなど種類もいろいろいます。

 

ダニに刺されると、0.5cm~1cm程の赤い斑点ができます。

その斑点には小さな穴が2つ空いていて

これがダニの吸血針の跡です。

ダニの吸血針はY字になっているので、穴は2つなのです。

 

ダニも蚊もそうですが、かゆくなるのは

アレルギー反応を起こしているからです

 

ダニの場合、刺された直後はかゆみが出ません。

8時間~24時間ほど経って、かゆみが出て来ます

 

ダニのかゆみは激しいので、

蚊に刺された時よりかゆかったら、ダニの可能性が高いです。

また、蚊と違いダニは一度に複数個所刺したり

服で覆われた部分を刺すので、

そのような場合はダニの可能性ありでしょう。

 

次に蚊に刺された時の症状について。

蚊は温度を感知して、暖かい所へ向かう習性があります

人間や動物の体温や匂いをたよりに、血液を吸いにやってきます。

 

蚊に刺されると、小さな穴が1つ空きます

これは、蚊の吸血針がストロー状になっているため、

ダニと違い穴が1つだけなのです。

 

蚊が刺す時は、血を吸いやすくするために、

血を固まらせない働きをする物質を唾液と共に注入します。

この唾液がアレルギー反応を起こし、かゆみの原因となります

 

蚊に刺されても数時間経てば綺麗に治る場合が多いですが、

まれに、かゆみや腫れが数日間続く場合もあります。

スポンサードリンク

ダニや蚊に刺された時の対処法は?

どちらの場合も、かゆいのは分かりますが、掻くことはやめましょう

掻くことで傷が付き、細菌が侵入して化膿してしまう事もあります

 

水で洗い流したり、冷やしたりする事で

かゆみが軽減することがあります。

その後は、ガーゼや絆創膏、虫刺され用パッチを貼って、

なるべく掻かずに、そっとしておきましょう。

 

塗り薬を使用する場合は、かゆみの原因物質であるヒスタミンを抑える

抗ヒスタミン剤などを使いましょう。

スポンサードリンク

ダニや蚊の駆除の方法は?

例えば、布団に潜むダニを退治するには、布団乾燥機が有効でしょう。

ダニは、50℃以上の温度を20分間続けられたり、

湿度が低いと、そこに生息できなくなります。

 

布団乾燥機を使えば、60℃くらいまで暖まるので、

湿度が下がる事も加え、20分以上かけておけば、ダニは撃退できます。

 

湿気を取るという意味では、天日干しも有効です。

天気の良い日に、表裏1時間ずつ干しましょう。

干し終わったら、はたくのはやめて、掃除機でダニを吸い取りましょう

 

蚊を駆除するときに気を付けたいのが、

周辺に水場がないかどうかです。

水場があると、蚊の幼虫であるボウフラが発生する原因となります。

まずは、周辺の水場を埋めてしまうのが良いでしょう。

 

また、成虫の蚊に関しては、

市販されている蚊取り線香や蚊取りマットを使用しましょう。

最近は、蚊が壁に休みに来るところを狙って

先に壁にスプレーを付着させておくという商品もあるので

試してみて下さい。

スポンサードリンク

【蚊とダニの症状の違いとは?】どっちにも効く対処法や駆除の方法!のまとめ

ダニと蚊では、傷口の穴の数が違うんですね。

正しい対処法を知り、次から刺され無いように駆除もしておきましょう。

-「医療・健康」の違い