違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

痛風の食事。覚えておくべき6つのルールで痛風よどっか行け!

尿酸が結晶化して蓄積するため、痛みを伴う痛風。 痛風は食事によって引き起こされるため、食事療法は効果的であると言われています。 特に、プリン体がたくさん入っている食べ物は避けたほうがいいという噂を聞きますが、本当ですか?

スポンサードリンク

①プリン体が多い食品は避けましょう

体内の尿酸は800 mg〜1.2 gで、細胞を分解する核酸の異化作用とプリン体の生合成によって700 mgの尿酸が生成されます。対照的に、食事からのプリン体の摂取量は尿酸300〜400 mgであるため、食事を制限することよりも体内での産生を抑制することが重要です。ただし、尿酸は水に溶けにくく、排泄量も多くないため、プリン体による食事制限も必要です。
食品中のプリン体の分解の最終生成物は尿酸になるため、尿酸レベルが高い人はプリン体を多く含む食品を控えるべきです。
プリン体を多く含む食品
主に小豆肝臓、肝臓、モツ、白子、牛ヒレ、ロース、エビ、カニなどの動物性食品に含まれています。

魚の内臓

内臓を取り除くだけでプリン体が減少します。
イワシにはプリン体が多く含まれていますが、刺身、ゆで干ししらす、ちりめん、アンチョビ、いわしなどにも同じことが言えます。
いわし、朝食時のしらす、みりん、ゆでだしなど酒の料理によく使われますが、塩分も多いので注意してください。 。

肉と魚のプリンを減らす調理方法

プリン体は水溶性なので、調理時に水に溶けます。沸騰したお湯を捨てることで、肉や魚のプリン体を減らすことができます。

うま味スープ

プリン体は水溶性なので、スープ、かつお節、干ししいたけに溶けます。だしを使った調理も必要です。また、調味料にはプリン体のうま味成分であるイノシン酸も含まれていますのでご注意ください。
豚骨、鶏肉のラーメン、スープなどのうま味汁や、焼き上げた肉汁にはプリン体がたっぷり含まれているので、使わないようにしましょう。

スポンサードリンク

②体内での尿酸の生成を抑え、排泄を改善する

1.アルコールを避ける

アルコールは肝臓での尿酸産生を増加させ、アルコールが体内で分解されることで生成されるアセトアルデヒドは腎臓からの尿酸排泄を阻害します。過度のアルコールを飲むと、高エネルギー、過剰エネルギー、肥満につながる可能性があります。これらの理由により、高尿酸血症の人は、蒸留酒や醸造酒など、種類に関係なく飲酒を制限する必要があります。ビールはプリンが豊富で、他のアルコール飲料よりもエネルギーが高いので、特に使用は控えましょう。アルコール飲料の1日の目安は、ビールの小瓶で、日本酒のボトルより少し少なく、ウイスキーです。ワインは2つのシングルカップまたは200CCに制限します。

2.フルクトースを避ける

フルクトースは尿酸の生成を促進するため、注意して使用する必要があります。果糖は果物が豊富ですが、砂糖は半分です。果物や砂糖を食べ過ぎないようにしましょう。

3.脂肪を避ける

高エネルギーであることと尿酸排泄を減らすことは控えることが重要です。

③水をたっぷりと

多量の水を飲み、尿量を増やして尿酸排泄を増やし、尿中の尿酸を減らします。あなたの毎日の尿量は少なくとも2リットルでなければなりません。
酒類、ジュース類、缶コーヒー、ソフトドリンク類などはエネルギーが高いので、水を飲まないでください。水、ウーロン茶、お茶、麦茶をたっぷりとお召し上がりください。

スポンサードリンク

④十分野菜を取ろう

野菜はビタミンやミネラルが豊富なアルカリ性食品です。
体の酸性度とアルカリ性は食事に関係なく調節されていますが、尿中は食事の仕方によってわずかに変化します。尿酸はアルカリ性で中性によく溶けます。野菜、果物、ジャガイモなどのアルカリ性食品をたくさん食べて、尿酸排泄を促進します。
また、腎臓結石の予防にも役立ちます。

⑤塩を避けて

痛風は高血圧、高脂血症などを悪化させます。血圧に関連する塩は避けてください。

⑥バランスのとれた食事を作ろう

高尿酸血症は、多くの人が赤身の肉や魚を食べることが特徴であり、このような場合、ジャガイモ、野菜、海藻、キノコをバランスよく摂取することが適切です。心に留めておく必要があります。
バランスの取れた食事は、動脈硬化や腎臓病の合併症を防ぐためにも必要です。

-雑学