違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

【腱鞘炎の治し方】テーピングで手首の痛みを改善できる

https://piperscaffe.org/main/?p=37458

https://piperscaffe.org/main/?p=37458

スマートフォンやコンピュータを使いすぎたときに手首に痛みを感じたことはありますか?多くの人々は病院で「腱滑膜炎」と診断されており、湿布剤または鎮痛剤の注射を受けた場合、治癒が困難でした。しかし、適切なセルフケアがあれば、自分自身を向上させることができます。
腱滑膜炎はスマートフォンのヘビーユーザーの間で急速に増加しています
腱炎はかつて、料理人、理髪師、美容師が手で一生懸命働く「職業病」とされていました。
近年、若者、ビジネスマン、主婦などをはじめ、多くの人が症状を訴えているので、「国の病気」といっても過言ではありません。
なぜ多くの人が「腱滑膜炎」に苦しんでいるのですか?

スマートフォンやパソコンの普及により、腱炎を訴える人が急増しています。つまり、スマートフォンやパソコンの乱用による腱炎の人が急増しています。
ビジネスマンは仕事でパソコンを、主婦はパソコンでネットサーフィンやショッピングを、中学生や高校生はスマートフォンを日用品として利用しています。
中学生、高校生、ビジネスマン、主婦はすべて腱炎に罹っており、コンピューターやスマートフォンの
ヘビーユーザーです。
スポンサードリンク

腱炎はどのようなメカニズムで起こりますか?

まず、腱炎ってどんな病気?
高林氏は腱炎を引き起こすメカニズムを説明した。
腱滑膜炎は、腱を覆う腱鞘の炎症であり、強い痛み、腫れ、および暖かさを伴います。
腱は、筋肉と骨をつなぎ、筋肉の動きを関節に伝える結合組織です。
1本の腱鞘はトンネル状になっており、いくつかの腱は固定されているため、バラバラになったりスムーズに動きません。
つまり、腱はトンネル状の腱鞘を通り抜け、体を動かすと腱鞘内を前後に動きます。
手指を動かすと、腱が指の腱鞘を通過します。
通常、腱は腱鞘をスムーズに移動します。もちろん、現時点では、痛みはありません。
ただし、指を速く動かすと、腱は腱鞘をより強く移動します。また、指を動かすほど、腱と腱鞘がこすれる頻度が高くなります。
過度のこすりは、腱と腱鞘の炎症を引き起こす可能性があり、腱は厚くなり、腱鞘は狭くなり、滑らかさが低下します。
これが起こると、腱と腱鞘がより強く摩擦し、炎症が悪化し、指を動かすたびに最終的には「痛みを伴う」ようになります。
これが腱炎です。

スポンサードリンク

腱滑膜炎は、手首、肘、指の3つの部分に大別されます。

最近、元AKBの川崎希さんが親指で「ドケルバン病」を患っているというニュースが話題になりました。その病気の名前を聞いたところ、いろいろな種類の腱炎があることがわかりました。私は知っていました。
「腱鞘炎はしばしば手に発生し、痛みを引き起こす炎症の領域に応じて、手首の腱滑膜炎、肘の腱滑膜炎、および指の腱滑膜炎に大きく分けられます。
指の腱滑膜炎は、スプリングフィンガーとも呼ばれます。
しかし、腱鞘炎と呼ばれる病気は、病院に行っても簡単には治まりません。
ほとんどの場合、彼らは湿布を取り出すか、鎮痛剤を与えます。それでも効果がない場合は、手術を受けることができます。
しかし、手術後でも再発率は高いです。しかし、腱炎の種類を特定して適切なセルフケアを行えば、わずか1分で治ります。 」、高林先生。

手首の腱炎のセルフケア

ここでは、先生が教えられた手首の腱滑膜炎のセルフケアについて紹介します。
手首が痛い場合は、手首の腱炎が単独で発生するか、肘の腱炎が隠れている可能性があります。
まず、肘の腱炎の存在を確認し、それが手首だけか、それとも組み合わせた手首かを判断する必要があります。
まずは「アイヒホフテスト」を行い、肘の腱炎の有無を調べましょう。

③肘を伸ばして手首を小指に曲げます
高林博士によれば、この検査で手首の親指側に痛みが見られた場合、手首の腱炎が単独で発生している可能性が高いとのことです。
さらに、親指をまっすぐ伸ばしてみてください。
それが痛い場合、それはおそらく伸筋指ブレビスの腱滑膜炎が原因です。

スポンサードリンク

結論

スマートフォンやパソコンに慣れている私たちにとって、前回紹介した「まっすぐな首」や「スマートフォン老眼」による手首の腱炎は避けられません。
ただ、手首が痛いだけで、仕事や家事などで使用を控えることが難しい場合があります。
ここで紹介するように、腱炎の早期発見と適切なセルフケアにより、症状の進行を遅くし、痛みを軽減できます。
手首の腱滑膜炎のこのセルフケアをご覧ください。

-雑学