違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

腱鞘炎にならない手首サポーターはこの10選で決まり&選び方

https://heim.jp/magazine/9554123

https://heim.jp/magazine/9554123

パソコンやスマートフォンの操作、テニスや野球などのスポーツ、家事や育児などに起因する腱滑膜炎は、手首サポーターで固定すると痛みの軽減に効果があるとされています。また、スポーツや筋肉トレーニング中の怪我の防止にも効果的です。 100メッシュのもの、ムレないメッシュタイプ、親指一体型のもの、医療用のものがあります。今回は、リストサポーターの選び方、使いかた、ZamstやVantelinなど一流のおすすめ商品も紹介します。

スポンサードリンク

痛みを和らげたい

パソコンやスマートフォンの操作、家事、育児、スポーツなどで手や手首を傷つけた場合は、できるだけゆっくりと手を休めるのが最善ですが、手を使わずに日常生活を送ることは困難です。このような場合、手首サポーターを使用すると、痛みのある部分を適度に押しながら固定することで痛みを軽減し、無駄な動きを防ぐことで痛みを防ぐことができます。ただし、サポーターは一時的に痛みを和らげるだけなので、必ず医療機関を受診してください。


また、一部の手首サポーターは怪我を防ぐ効果があります。スポーツ時の筋肉の急激な伸縮を抑え、弛みやねんざなどの怪我を防ぐ効果が期待できます。普段激しいスポーツをしている人は、予防としてそれを使うことができるかもしれません。

スポンサードリンク

手首サポーターのどのサイズがいいですか?

関節や筋肉を助けるサポーターにとって、手首に適したサイズを選ぶことは重要です。サイズが合っていないと効果が半減するだけでなく、固定方向が異なり、破損箇所の悪化やケガの原因となります。サイズを測るときは、手首の最も細い部分の周囲を測り、サポーターのサイズチャートに合わせて選びます。長さの測定値が2つのサイズにまたがる場合は、大きい方のサイズを選択します。
けが防止のためのリストサポーターの選び方
スポーツや筋力トレーニングをしているとき、手首に不安を感じるかもしれません。また、日常生活では、手首を酷使するとけがをすることがあります。ケガ防止にサポーターを使用する際の選び方のまとめです。
強くないものを選択してください
ある程度手を動かすものを選んでください。特に手首以外のカバーを兼ねているものは固定力が高いですが、期待通りに動かない場合があります。突発的な衝撃に対応できない場合は、かえってケガをする可能性がありますので、固定力が高すぎるものは避けた方が安全です。
状況に適した素材を選択してください

スポーツ中の耐久性が鍵

攻撃的なスポーツをしている場合は、ポリエステルなどの耐久性のある素材を選択してください。また、薄い素材をお勧めします。バスケットボールなどをプレーする場合、素材が厚いとボールの感触がわからず、プレーしにくい場合があります。また、薄ければ身体の動きを妨げず、ストレスなくプレイできるようです。

スポンサードリンク

日常生活におすすめ

定期的なサポーターなら、手のムレに悩むかもしれません。無人のままにしておくと、手がイライラすることがあります。通気性の良いメッシュ素材のサポーターをおすすめします。
履きやすいものを選んでください
自分で簡単に装着できるか、圧力や場所を微調整して、固定したい場所を固定できるかどうかも、手首サポーターを選ぶ上で重要なポイントです。また、使用中に緩んだりずれたりしないようにしてください。特に子供たちが部活動の間にそれを使うとき、彼らは彼ら自身を巻き戻すかもしれません。お子様でもきちんと履けるものを選んでいただいても大丈夫です。

お手入れのしやすさを確認する

スポーツ後や日常生活で着用する予防サポーターは、汗や汚れをたくさん吸収します。衛生的な使用にはケアが不可欠です。洗濯機で洗えるかなど、簡単に掃除できることを確認してください。また、毎日使用しているので、乾きやすさもポイントです。メッシュ素材などの一部の乾いた素材は、夜に洗って朝に着用できます。

スポンサードリンク

けがをしたとのリストサポーターの選び方

苦痛箇所に合わせてタイプを選択
痛みを和らげるために使用する場合は、痛い場所に応じてサポーターの形を選びます。
手首が痛いとき
リストバンドタイプの手首の使用をお勧めします。手のひらを覆わないので、作業中の動きを妨げません。


親指の動きで手首が痛むとき

親指を親指に当てるのが難しく、親指を動かすのが痛い場合は、親指サポートと親指と手首を固定するリストバンドを一体化したタイプの使用をお勧めします。親指には、親指の反りや不必要な動きを防止する支柱があり、痛みの軽減が期待できます。
指を動かすと痛い
指を曲げたり伸ばしたりするのが難しい場合は、サポーターとリストバンドを指に巻き付けることをお勧めします

スポンサードリンク

けがを防ぐためにおすすめの手首サポーター4つ

MacDavidリストサポートロゴが利用可能

3mm厚のクロロプレンゴムが最適な圧縮と保温を実現します。耐久性に優れ、長期間ご使用いただけます。また、毛羽の少ないナイロン素材を使用することで耐久性を高めています。取付部の形状に合わせた3Dカットであらゆる動きに対応。正しい取り付け方法が公式ページに記載されているので安心してご利用いただけます。
価格は変更になる場合がございますので、販売サイトをご確認ください。表示価格に送料は含まれておりません。販売サイトにより送料が異なります。


Zamstジュニアサポーター手首左/右

この商品の特徴
ジュニアサイズにフィットするデザインで手首を軽くホールド。フィンガーフックタイプですので着脱が簡単です。背中や手のひら側から巻くことができます。動きにフィットしやすい伸縮性のある生地に適度な圧力をかける「コンプレッションライン」を配するダブル構造を採用。また、本体内部にスライドテープを貼り付けることで、再生時のズレを抑え、正確なコンプレッションを維持。
価格は変更になる場合がございますので、販売サイトをご確認ください。表示価格に送料は含まれておりません。販売サイトにより送料が異なります。

スポンサードリンク

手首用Zamstボディメイト手首サポーター

この商品の特徴
手首を固定し、縫い目が少なく、肌触りがよく、薄手なので長袖の衣類と重なる心配がありません。 3サイズのSMLで男女問わずお使いいただけるので、自分にぴったりのサイズをお選びいただけます。痛みを伴う手首をやさしく圧迫し、怪我から守りますので、ゴルフやテニスなどの軽いスポーツに最適です。男女問わず左右どちらでもご使用いただけます。
価格は変更になる場合がございますので、販売サイトをご確認ください。表示価格に送料は含まれておりません。販売サイトにより送料が異なります。


DMリストロック

この商品の特徴
手首の関節を安定させます。スリムなデザインでピンポイントにできるので目立ちません。 「ストレッチ」および「非ストレッチ」ベルトによる圧縮。ゴルフやテニスなどのスポーツやコンピューターワークに最適です。スリムタイプのベルト幅で手首の首を固定するだけなので、片手で簡単に装着できます。
価格は変更になる場合がございますので、販売サイトをご確認ください。表示価格に送料は含まれておりません。販売サイトにより送料が異なります。
けがにおすすめの手首サポーター6名


マレッコ手首親指サポーター2枚

この商品の特徴
親指と手首全体の動きを抑えて固定できるサポーターです。伸縮性のあるシリコーンゲル素材ですので、手に密着した状態で関節の強度をサポートし、水にも強いので、水作業でも付けたままお使いいただけます。お肌の色に近いヌードカラーで、外出や仕事でも目立ちません。男性でも女性でも左右どちらでも使用でき、親指の不快感や不快感を軽減するだけでなく、けがの防止にも役立ちます。
価格は変更になる場合がございますので、販売サイトをご確認ください。表示価格に送料は含まれておりません。販売サイトにより送料が異なります。


アップルの医療機器固定ソフトスプリント親指サポーターライトサポート

この商品の特徴
薄くて清潔なサポーターです。手で作業する方に最適です。内蔵のソフトスプリントは、親指の動きを静かにサポートします。また、ワンタッチで装着できるのも嬉しいポイントです。ゴム手袋も使用できるので、水回りの多い家事でもサポーターをつけておけばOKです。
価格は変更になる場合がございますので、販売サイトをご確認ください。表示価格に送料は含まれておりません。販売サイトにより送料が異なります。
この商品の特徴
テーピング理論に基づく構造で、手首の不要な動きを抑えて痛みを軽減し、手首への負担を軽減し、怪我を防止するサポーターです。吸水性・速乾性のある肌触りの生地を使用しているため、長時間使用してもムレにくく、さらりとした肌触りです。親指を差し込むとぴったりフィットする穴があり、サポーターを邪魔することなく親指を動かし続けることができます。
価格は変更になる場合がございますので、販売サイトをご確認ください。表示価格に送料は含まれておりません。販売サイトにより送料が異なります。


パイクスピーク手首サポーター

この商品の特徴
腱炎による手首の痛みを和らげるサポーターです。伸縮性のあるこだわりの生地を使用していますので、締め付け力を自在に調節でき、取り外し可能な金属板が手首にしっかりフィットして固定します。接着面が広いので、男性・女性どちらでも使用可能

 

-雑学