違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

手 指 関節の痛みはリウマチのサイン。心臓や肺が死ぬ!?

症状は何ですか?
関節だけでなく全身にも様々な症状が見られます。
1.全身症状

活動性リウマチの期間(活動期間)とそうでない期間があり、活動期間中、症状は体の周りに現れる傾向があります。わずかな発熱、体重減少、貧血、リンパ節の腫れ、目と口の乾燥、息切れ、くすみ、疲労感があります。
2.関節の症状(図3)
(1)朝のこり

リウマチの特徴的な症状です。体と関節の周りのこわばりは、特に朝に顕著になります。リウマチが悪い場合、それは長期間続きます。
(2)関節炎

関節は熱く腫れますが、まれに赤く腫れて動くと、痛みが増します。このような関節炎は、手首、指関節、第2関節、つま先などの小さな関節や、足首、肩、肘、膝、腰などの関節に発生する可能性があります。対称的に発生し、移動するのが特徴です。
(3)滑膜浮腫

関節が炎症を起こすと、関節内に体液がたまり、浮腫と呼ばれます。これが膝関節で発生すると、膝板の周囲が腫れ、膝の後ろが袋のように膨らみます。
(4)腱鞘炎

腱とは、手足の筋肉が骨に付着し、腱鞘と呼ばれる剣のような組織に包まれている場所です。腱または腱鞘が炎症を起こすと、腫れを引き起こし、指の動きを損ないます。腫れた腱が腱の鞘の内側に引っ掛かると、いわゆる「スプリングフィンガー」が動き、スプリングのように指が跳ね返ります。
(5)滑液包炎(かつえきほうえん)

滑膜嚢は、関節の周りの袋状の組織であり、ゼリー状の滑液を含み、関節の摩擦を減らします。ここで炎症が起こると、滑液が蓄積し、腫れて痛みます。滑液包炎は、肘、足首、膝の前面によく見られます。
(6)関節変形

リウマチが進行すると、関節が破壊され、筋肉も萎縮し、関節が変形します。外反母趾と、手足の指や足指が外側を向いて反っているなど、独特の形状があり、これらは一般にリウマチ性変形と呼ばれます。

スポンサードリンク

3.関節以外の症状(図4)
(1)リウマチ結節

ひじ・ひざにもつけやすく、米粒から大豆までサイズは様々ですが、痛みはありません。
(2)肺損傷

リウマチでは、肺の損傷が発生する可能性があります。リウマチ性肺と呼ばれる間質性肺炎や肺線維症は、息切れやせきなどの症状です。肺に水分を蓄積する胸膜炎も発生することがあります。リウマチ薬や感染症も肺の損傷を引き起こす可能性があるため、原因を注意深く調査することが重要です。
(3)関節リウマチ

関節リウマチは血管の炎症を引き起こすことはめったになく、症状は重篤になる可能性があります。この状態は関節リウマチと呼ばれます。大血管の炎症は、心筋梗塞、間質性肺炎、腸間膜動脈血栓症を引き起こします。手足の細い血管の炎症は、皮膚潰瘍や神経炎を引き起こします。
(4)続発性アミロイドーシス

リウマチの激しい炎症が長期間続くと、アミロイドと呼ばれるタンパク質が体の周りに蓄積し始めます。アミロイドが腸管に蓄積して下痢を引き起こしたり、心臓に蓄積したりすると、心不全や腎臓の腎不全を引き起こします。

スポンサードリンク

これらの症状が出る前に、適切な治療を受けることが重要です。

それは滑膜組織から軟骨と骨に広がります。
1.滑膜組織が最初に炎症を起こす

骨をつなぐ関節は、図5の「通常の関節」と同様の構造になっています。軟骨がクッションとして働き、滑液が潤滑油として働き、関節をスムーズに動かす役割を果たします。また、滑液は滑膜から作られます。

滑膜は薄い膜と軟組織で構成されています。これらは滑膜組織と呼ばれ、関節を内側から包み込みます。リウマチ性炎症はこの滑膜組織で始まり、軟骨と骨に徐々に影響を与えます。したがって、滑膜組織に疾患が残ったまま治療を開始すれば、軟骨や骨の破壊を防ぐことができる。リウマチの早期発見と治療が重要なのはこのためです。
2.炎症性サイトカインにより症状が悪化する

リウマチの炎症が進行すると、滑膜組織からのTNFα、インターロイキン1(IL-1)、インターロイキン6(IL-6)などの炎症性サイトカイン(炎症性物質)、中性プロテアーゼなどの酵素、活性などの炎症を悪化させる物質酸素と一酸化窒素は次々に作られます。これらのうち、中性プロテアーゼは軟骨を破壊する働きをします。

炎症性サイトカインは、骨破壊に関与する破骨細胞の機能も活性化します。骨折の量が毎日作成される新しい骨の量を超える場合、骨は骨折します。

-雑学