違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

知らないと大損!?「先進医療」と「患者申出療養」の正しい関係

https://www.hokennavi.jp/cont/column-knowhow-023/

https://www.hokennavi.jp/cont/column-knowhow-023/

技術と機関は医療の世界で急速な進歩を遂げています

医療の世界は常に進歩しています。新しい治療法が次々と開発され、これまで治療が難しかった病気の治療や手術、治療費の削減が実現しました。技術に加えて、医療システムも進歩しています。

スポンサードリンク

身体への負担を軽減することが期待できる高度な医療とは?

先進医療とは、大学病院などで研究開発されている最先端の先進医療技術の中で、厚生労働大臣が安全性と有効性を確保するための基準を定めた技術です。 「保険医療」と「非保険医療」の両方が認められているため、治療費の一部に健康保険が適用されます。

先進医療には、「治療」のイメージを変える画期的な技術がたくさんあります。患者さんにとっては、「自分らしさのある生活」を意味するQOL(Quality Of Life)の向上という観点からも、高度な医療が注目されています。

高度な医療の主な特徴

痛みが少ない
高い効果がある
体への負担が少ない
回復は速い
難病は治療されるかもしれません

限られた数の病院が高度な医療を受けることができます

先進医療は、患者が高度な医療で治療されることを希望し、医師が治療が必要かつ合理的であると判断した場合に提供されます。歯、循環器および骨/筋肉の病気、癌、および遺伝病に関連するものを含む、広範囲の標的疾患および損傷があります。

高度な医療を受けることができる病院の数は限られています。安全性を確保するため、技術ごとに経験年数や医師数、看護システムなどの施設要件を定めています。これらの要件を満たす医療機関でのみ受け取ることができます。

スポンサードリンク

がん治療の先進医療の一例

重イオン放射線療法

平均費用:3,086,340円(* 1)
平均滞在日数:12。1日(* 1)
施設数:5施設(* 2)
対象疾患:「固形がん」が対象です。原発腫瘍から離れた臓器(がんが発生した臓器)への転移がない場合のみ。 「固形がん」とは、白血病などの血液がん以外のがんを指し、脳や目など体のさまざまな部分に発生する可能性があります。
治療法:一般的な放射線治療では、X線やガンマ線を照射しますが、この治療法では、重粒子線(カーボンイオンビーム)と呼ばれる粒子線をがん病変に集中的に照射します。
利点:癌病変に大量に適用できるため、周囲の正常組織への損傷を減らすことができます。そのため、副作用を抑えながら高い治療効果が期待できます。

重イオン放射線療法の詳細をご覧ください!

神奈川県には「i-ROCK」と呼ばれる重イオン放射線治療施設があります。 「I-ROCK」は、2015年12月に治療を開始した日本で5番目の重イオン放射線治療施設です。がん専門病院を備えた世界初の重イオン放射線治療施設であり、重粒子放射線治療が最も多いかどうかを判断することができます。手術や抗がん剤治療に適した治療法。可能です。
「神奈川県立がんセンター/重粒子治療施設i-ROCK」の詳細はこちら

スポンサードリンク

12の腫瘍抗原ペプチドを用いたテーラーメードの癌ワクチン療法

平均費用:860,875円(* 1)
平均滞在期間:外来治療(* 1)
施設数:7施設(* 2)
対象疾患:ホルモン療法が失敗した前立腺がん。状態は、ドセタキセルと呼ばれる抗がん剤による治療が適切でなく、患者が特定の白血球タイプ(HLA-A24陽性)を持っていることです。
治療法:がんは、病気に対する体の防御機能(免疫機能)を強化することで治療されます。
メリット:化学療法(抗がん剤治療)とは異なり、副作用が少なく大きなメリットです。

腹腔鏡下根治的子宮摘出術

平均費用:732,109円(* 1)
平均滞在日数:12。7日(* 1)
施設数:40施設(※2)
対象疾患:子宮頸がん。その中で、ステージIA2、IB1およびIIA1の癌が標的にされます。
治療法:これまでのように腹部に大きな開口部を作らずに手術を行います。手術部位を確認するために、腹部に小さな穴を開け、細いチューブの先端にレンズを取り付けた「腹腔鏡」と呼ばれる装置を使用します。
利点:傷が小さく、術後の痛みや感染のリスクが少ないため、手術後の早期回復が期待されます。

スポンサードリンク

高度な医療とともに知っておくべき「患者さんが提供する医療」とは?

2016年4月、新制度として「患者申出療養」がスタートしました。患者さんのご要望による治療は、患者さんのご要望に応じて迅速に検査を行い、近くの医療機関で高度な治療を受けることができるシステムです。

「未承認の薬をできるだけ早く無保険の併用治療として使いたい」「臨床試験に至っていない先進医療や薬を迅速に受けたい」。そんな患者さんの気持ちに応えるため、「患者申出療養」を設立しました。

近くの医療機関で迅速な治療が受けられるというメリットがあります。先進医療を受けるためには、病院の大きさ、医師の数、治療の結果など厳しい基準があり、治療を希望しているのに受けられない患者さんがいるのも事実です。患者が提供するケアにより、以前は治療されていなかった困難な病気と闘っている患者は、迅速なスクリーニングと治療を受けることができます。

診察期間や受けられる技術、先進医療を実施している医療機関や患者申出療養には違いがあります。

-雑学