違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

民主主義=多数決は間違っている。少数派の意見を尊重する世の中に!

http://www.jcp-kawajyu.jp/data/democracy.htm

http://www.jcp-kawajyu.jp/data/democracy.htm

民主主義=多数決はいつでしたか?
民主主義という言葉の定義と私が理解している多数決はまったく同じではありません。

スポンサードリンク

民主主義とは、組織、国、地域などの権力者が「みんな」と言える制度だと思います。王、皇帝、貴族、大統領、大統領、首相ではなく、「全員」です。
私たちが定義する社会の範囲をすべて操縦しましょう。
私たち全員が一緒にいるので、それは多くの時間がかかります。
一つのことを決めるのに時間がかかります。
それが人々の政治です!民主主義はそんなことだと言う人もいます。
だから欲求不満だったので、チャンチキドに妻と二人以上はいないことにしました。 3人でいると大変です。

さすがに1億人の方が所属していたら進まないので、信頼して大丈夫なので、日常業務を任されているのは行政です。それはメカニズムです。
さて、多くの人があなたを信頼しているようで、私はイロイロを約束したので、操縦するのはあなたに任せます。

しかし、その根底にあるのは、この社会を「私たち全員のダヨ」と定義することです。
この社会では決して「比較的多くの人に属する」ということではありません。
したがって、多数決は民主主義と同じではありません。
むしろ、多数決は民主主義にとって非常に危険なツールだったに違いありません。

スポンサードリンク

この国は議会制民主主義を採用しているので、国会議員は私たちの「比較的多数の」人々によって選ばれた人々です。
現在の衆議院で投票する権利を持っている人の何パーセント(現時点では全員ではない)ですか?前回の選挙は何でしたか?約半数の人がそれを選びました。
現在の与党となると、投票率は約20%ですか。それは人々が選んだ人々です。 1億人の「みんな」は何人ですか?約10%ですか?
ですから、全員ではなく、多くはありません。
ですから、「相対多数決」というキーワードは非常に危険だと思いますし、多数決は非常に慎重に使用しなければならないツールだと思います。
これは、民主主義が私たちが住む社会の根底にある「原則」と等しくないツールであるためです。

なぜ今日の社会は民主主義になったのですか?
一部の人々(王、貴族、裕福な農民、商人など)だけが権力を持ち、それらを監視するメカニズムがなかったのは、私たちがひどいからではありませんでした。知りません。
ですから、私たち全員が力を発揮すれば、誰にとっても良いシステムを作ったと思います。
年齢、性別、趣味、原則、価値観、身体能力が異なる「みんな」がいるので、興味も違うし、話すのも自然です。民主主義ではなかったのですか?

話し合わなければ「マイノリティ」になる人は、いつも食べ尽くしてしまうかもしれません。しかし、当時は少数の人でも「全員」であるため、「多数決」よりも少数の意見を重視することが民主主義の大前提ではないでしょうか。
とはいえ、前に進まなければならないこともあるので、自分とは違う人のことを考える「想像力」を大切にする制度があったと思います。
そのような財団の上部にある「危険な道具」の1つが「多数決」だったのだろうか。

この国は非常に保守的な国でした。
今は全然違うと思います。
私が思うに、保守主義は民主主義と平等に非常に近いものです。
若くて自分の理想に燃えているが、視野が狭い青年が「うん、今は元気になるはずだ!」と誰もが確信しているかどうかを確認してください。お茶を濁らせながら調整しながら、時々行きます。時折、若者たちは「なぜこれまでのところなのか」を思い出します。
全体を見ながら白ひげを撫でる優しいおじいちゃんのイメージの一言です。

スポンサードリンク

しかし、今は違います。
この国はまったく民主的ではなく、与党は保守的ではありません。
少数の「比較的多数」が「多数決」と呼ばれる先祖の宝刀を残し(めったに使われないので先祖の刀と呼ばれていると思います)、世論調査(「人々との食事」でも)反対派が過半数の法案であり(あなたが行っているようなメディア調査であっても)、基礎となるデータが改ざんされているか、まったく改ざんされていない場合でも、それは隠されています。また決定します。
法案が何であれ、それが何のために良いのかに関わらず、それは民主主義とは違うと思います。

この国は危険だからです。
それは誰にとっても必要だからです。
誰もがそう言うでしょう。あなたがあなたの主張をしたいなら。
しかし、民主主義にとって重要なことは、「みんな」と話し、「みんな」が理解し、「みんな」が納得することだと思います。それが正か負か。
だから時間がかかるし、自分とは違う考え方をしている人を説得するのはとても難しいと思います。
白ひげを撫でてみんなを見ているおじいさんがそれを知っていたと思います。
「まあ、おじいちゃんが言うなら」
「まあ、私はこれについて話していました。」
理由はイロイロですが、「塩梅」は知っていたと思います。
そういうことは民主主義にとってとても重要だと思います。

そして、この国の社会の根幹である民主主義に逆らうという手段で決断することは無効だと思います。
少なくとも、それを尊重したくない人によって宣伝されている場合は。
自分の都合で「原則」を「道具」に置き換えた場合。

-雑学