違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

パッションフルーツの育て方の注意点や上手な栽培のコツ

https://horti.jp/23679

https://horti.jp/23679

パッションフルーツは、さわやかな甘い香りと心地よい酸味のある果実を生み出す熱帯のつる多年草です。 別名、時計の文字盤を思わせる独特な花が咲くクダモノパッションフラワー。 果実は黒い種子を含む半透明のゼリー状の黄色い果肉で満たされ、種子もプチプチです。

スポンサードリンク

生育に最適な温度は20℃〜30℃程度で、栽培場所は日当たりが良く、風通しが良いことが望ましい。 耐寒性の高い品種であれば、日本の霜のない地域(霜が降りない地域)で越冬することができます。 つるは季節に5mまで伸ばすことができるので、仕立てたりネットに載せたりするように誘うのは良い考えです。

パッションフルーツを食べる時期

パッションフルーツフルーツは、完全に熟した木で緑から濃い紫色に収穫されます。そのため、収穫直後の表面が滑らかなものでも甘酸っぱくて美味しく食べられます。一方、酸味が苦手な方は、室温で表面にしわが寄るほど熟すと、酸味が柔らかくなり、甘みが強くなります。熟成がへこんで不均一になると、水が排出され始めている兆候です。このレベルでは、甘さは酸味よりも強いです。

パッションフルーツの名前の由来

名前の由来についてはいろいろな説がありますが、そのうちの一つを紹介したいと思います。
パッションフルーツは、1500年代後半にスペインの医師と植物学者がペルーで出会った「グラナディージャ」と呼ばれるパッションフルーツであるニコラスモナードの独特な花の形に魅了されました。私は殺されました。 3つの花の形に分割された雄しべは十字架のように見え、重なり合うように5つの部分に分割された雄しべはキリストの姿に十字架につけられます。雄しべを照らし、雄しべと雄しべの周りに広がるように見える花びらは、キリストの磔刑の場面を彷彿とさせる、使用目的の外観と重なります。名前がついたようです。花はトケイソウと呼ばれ、僧侶のシンボルとして大切にされているようです。

スポンサードリンク

パッションフルーツ栽培環境

日光/保管場所

日当たりの良い換気の良い場所にパッションフルーツを保管してください。地面に植えるときは、水はけの良い土壌を選ぶようにしてください。

温度

熱帯植物であるパッションフルーツは、20℃以上での成長に最適な温度です。肌寒くなったら暖かい部屋に移動してください。

パッションフルーツは、腐植土と化学肥料をベース肥料として地面に植えるときに土壌と混合されます。ただし、肥料が直接根に当たらないように注意してください。プランターの場合も、鉢底に排水用の鉢底石や赤玉土を敷き、有機物を多く含む培養土で育てます。

パッションフルーツの育て方のポイント

水やり

パッションフルーツは水はけに弱い植物なので、土の表面が乾いたら、鉢の底から水が出るように十分に水をやり、鉢植えの場合は受け皿を使うことをお勧めします。 。気温が上がると植物は元気に育ちますので、日によっては1日2回の水やりの方がいいかもしれません。真夏の乾季には果実が成熟するため、地面に植えても水が不足しないように注意してください。

スポンサードリンク

肥料

植物をできるだけ豊かにするために、週に一度液体肥料を適用するか、成長の開始時にチッソ肥料を与えることをお勧めします。植物に十分な在庫ができたら、窒素肥料の使用量を減らし、リン酸肥料を適用して花や果物を生産します。

害虫

害虫による被害はそれほど大きくはありませんが、アブラムシが新芽に付着しています。また、換気が悪いとカイガラムシが発生する場合があります。発生を確認したら、取り外して風通しの良い方法で作り直してください。

パッションフルーツを詳しく育てる方法

選び方

パッションフルーツは、春から夏にかけて1年生と2年生の挿し木を販売しています。用途にもよりますが、緑のカーテンのように見せたい場合は、できるだけ大きく育った苗を選ぶと実りやすくなります。根が太い丈夫な苗を選びましょう。

植付

時期は地域によって異なりますが、できるだけ大きく育った苗を選び、晩霜が気にならなくなったら植え、植えた直後は寒さで傷つけないように注意してください。

日光と排水の多い場所を選び、深さ約50cmの植栽穴を掘り、腐植と化学肥料を混ぜて主肥料にします。ただし、肥料が直接根に当たらないように注意してください。また、風に揺れると成長が遅くなるので、植えた苗を支えて紐でしっかりと引き寄せます。

剪定/削減

パッションフルーツは多かれ少なかれ調整するか、成長するために緑のカーテンのようにネット上を這う必要があります。花は側枝に生えているので、収穫が終わるまで剪定は控えてください。

パッションフラワー属に属するパッションフルーツは、パッションフラワー特有に咲きます。

パッションフラワー特有の細い髪の部分を二次花冠と呼びます。パッションフルーツを含むパッションフラワーの花は、1日の花と呼ばれ、寿命は1日だけです。パッションフルーツは正午頃に咲き始め、夜になると枯れてしまいます。

収穫

パッションフルーツフルーツは、受粉後約2ヶ月で収穫できます。完熟して自然に落ちるまで待つことで、おいしい果実を収穫することができます。未熟な果物が突然落ちるかもしれませんが、原因は排水または果物が多すぎることのいずれかである可能性があります。

夏の間

水が不足しないように注意してください。

スポンサードリンク

冬の間

寒さに弱い植物ですので、肌寒くなったら暖かい部屋に移してください。

増やす方法(分離、カッティング、リーフカッティングなど)

挿し木には、葉の色が濃く、側芽が発芽した枝を使用します。当日、刈り取り用の枝を取ります。ブランチチップやブランチは使用されません。挿し木用の土壌は肥料を含まず、排水に適しています。

挿し木用の培養土をお勧めしますが、鹿沼土や赤玉土も使用できます。
媒体に割れ目などで穴を開け、半分程度のカッティングを目安に斜めに挿入し、カッティングが安定するようにします。発根に最適な温度は約25℃ですので、温度が足りない場合は加熱が必要です。

切断後は、直射日光、雨、風にさらされない風通しの良い場所に置いてください。乾燥しすぎたり湿気が多すぎたりしないように、培地に注意深く水をまきます。掘り下げて、根が根付いているかどうか、そして根がどのように成長しているかを確認します。

パッションフルーツの結実方法

パッションフルーツを生産するには、人工授粉が必要です。

まず、パッションフルーツの花粉をブラシ、綿棒、または指でこすります。

パッションフルーツのおしべはお椀型で黄色い花粉が詰まっています。

最後に、3つの雌しべすべてに花粉をこすり、人工授粉を完了します。ブラシや綿棒を使いたくない場合は、おしべを切り取り、雌しべに直接こすります。

-雑学