違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

宮崎駿がドワンゴ会長・川上量生に激おこ!「障害者を馬鹿にしてる」

https://plaza.rakuten.co.jp/downtownboy/diary/201611140000/

https://plaza.rakuten.co.jp/downtownboy/diary/201611140000/

10月25日、同社のゲームプロジェクトに関する情報番組「ドワンゴゲームカンファレンス(仮)」が、ドワンゴが運営するビデオサービス「ニコニコ」のニコニコ生放送と、人気のVTuberのサイバーガール、チュンソフト代表の中村光一が配信した。 、スタジオジブリ監督の宮崎俊(ビデオ出演)らが登場。

スポンサードリンク

プログラムの冒頭で、モデレーターのシロは「これまでドラゴンクエストシリーズを作った中村さんは、最近はめったにテーブルに出てこないようです。たぶん、みんなを温めている作品があるかもしれません。今日の時間。「やっと出せるの?」と聞かれると、中村さんは「そうだね。うまくいきました」と語り、すぐに視聴者の期待に応えました。

まず、人工生命観測・訓練プロジェクト「ARTILIFE」の情報を公開しました。プロジェクトの初期段階で、ドワンゴの川上量生会長は、奇妙に動くゾンビのような生き物のCG画像をサンプルとして提案しました。「 『スタジオジブリ』の作品に活用できますか?」ただ、宮崎監督が「人生に侮辱を感じる」「とても不快だ」と言っていたことが知られています。
今回は、発言の本当の意味を知るために、スタッフが宮崎監督にインタビューするために訪れたビデオを公開しました。スタッフから「宮崎さんにとって川上さんはどんな人?」と聞かれると、宮崎監督は「変な人だ」と答えた。 「あなたは友達ですか?」と聞かれると、彼は「あなたを知っている」と一定の距離感を示した。

スポンサードリンク

次に、スタッフはすぐにインタビューの核心部分を切り取った。「川上さんが人工知能に腹を立てているのが心配だった…」。すると、宮崎所長は「いや、川上さんらとの関わり方は同じだ」と関係を維持すると述べた。しかし、「要するに、人工知能をさまざまな方法で扱うのはばかげていた」。当時、川上さんのような無政府状態の人は止まらないと思った」と語った。

宮崎監督は「結局、普通の土地に住む人にとって不快なことは不快だ。だから私はただ反応した」と続け、「そのような目的がなかったら不思議だろう。しかし、そのクソは真面目な顔をした。老人の顔がくっついていた」と「九段の奇妙なCGクリーチャーに触れて、「あの老人の顔を笑っている。川上さんの大きな弱点だと思う」と語った。

ただ、「欠点(弱点)も多いので、何か面白いことができると思いましたよね」という、ある程度の理解を示す声明もありました。また、「プロデューサーの見習いとして無給でやってくるのは私だけではありません。その間、ものすごい勢いでたくさんのことを吸収しました。最初に来た川上さんとはかなり違うと思います。

スポンサードリンク

「それで、私が最初に来て以来、距離はまったく変わっていません。そんな関係があっても大丈夫じゃないですか」と「「知り合い」より多かれ少なかれ知りません。私は強調していました。

宮崎監督のビデオに続き、コンセプトの飯田和敏、人工生命クリエーターの中村正義、エンジニアの大垣圭佑のインタビュービデオもO.A.それぞれが並外れたモチベーションでプロジェクトに取り組んでいることが明らかになりました。特に、「人工生命が大好きなので、人工生命を奪っても何も残らない」とショックを受け、会社を休むほど落ち込んだ中村氏は、宮崎監督の怒りの直後の3日。また、11月には人工生命観測・訓練プロジェクト「ARTILIFE」が生放送され、12月にサービス開始が決定したことも発表されました。

その後、中村氏はプログラム冒頭で述べた「温かい仕事」の詳細を明らかにした。まずは「一生歩けるRPGテックテックテック」というタイトルを紹介するティーザーPVが「プロデューサー中村光一、浅野和也監督、開発・チームテックテック、制作・ドワンゴ」のクレジットで放送されます。ちなみに、中村さんと浅野さんは、「弟切草」「かまいたちの夜」「トルネコの大冒険不思議のダンジョン」などを手掛けた有名なコンビネーションとして知られています。

VTR後、中村氏は、過去3年間、メディアへの露出がそれほど多くなかった理由は、「私がこの「ハイテクテック」を作っていたからだ」と説明した。 白さんから「一生歩くことができるのはどんなゲームなのか」と聞かれ、「ニコニコ生放送の詳細は11月8日に発表する」と宣言した。

最後に中村さんは「15歳でゲームを始めて、ゲームを始めてから約40年になります。「夜」や「風来のしれん」などたくさん作ってみましたが、 作っている時はとても楽しかったです。この「TechTechTech」は作っている間とても楽しかったです。54歳でした。ゲームをしていると、「何か面白いことがある!」と思いました。 みんなのようにできるだけ早くそれを体験してください!」

-雑学