違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

体が痛いのは風邪のせい?風邪薬と鎮痛剤の併用はNG!

https://mina-fam.clinic/blog/archives/698/

https://mina-fam.clinic/blog/archives/698/

風邪を引いたら関節痛で眠れません。 なぜこれらの症状が発生するのですか?
「風邪の関節痛は市販薬で治すことができますか?」 「マッサージはそれを和らげることができますか?」
この記事では、風邪を引いたときの関節痛の症状を和らげる方法を紹介します。

スポンサードリンク

どうして?風邪による関節痛の原因

風邪をひくと、免疫力を高めてウイルスを追い出そうとして熱が上がります。
この熱が上がる過程で、あなたは悪寒を感じるでしょう。悪寒で寒さを感じると、体が震え、体の温度が上がります。
このときに発熱する物質が関節に炎症を起こし、筋肉痛や関節痛を引き起こします。

関節痛がある場合とない場合の違い
ウイルスと戦うために体が分泌する「プロスタグランジン」と呼ばれる物質は、筋肉や関節の痛みを強めます。
この物質の放出方法には個人差があり、発熱の程度によっても放出されます。

スポンサードリンク

熱がない
熱が上がると悪寒が起こり、体が震えるため、まだ熱が上がっていなくても関節痛が起こることがよくあります。

どこが傷つく可能性がありますか?
それは体の広い範囲で発生します。体がきしむし、全身が痛くて動きにくい気がします。
また、痛みが発生する部位には個人差があり、腰、肩、首、腰や体の関節など様々な場所で発生します。

痛くて眠れない…関節痛を和らげるには?

鎮痛剤や風邪薬は役に立ちますか?
風邪の関節痛に鎮痛剤を使用できるかどうか尋ねられますが、鎮痛剤には解熱効果もあり、風邪を改善するために熱があるかもしれませんが、熱を下げることを余儀なくされる可能性があります。有る。
高熱が持続していて難しい場合は解熱剤を使用できますが、わずかな熱がある場合はウイルスを殺すための熱なので、無理に押し下げる必要はありません。

また、市販の一般的な風邪薬を服用している場合は、鎮痛剤と一緒に使用しないでください。2つの薬が効きすぎる可能性があります。
また、薬を受け入れる肝臓に負担をかけることもあります。それでも使用したい場合は、使用する前に医師または薬剤師に相談してください。

 

薬の量をできるだけ増やすことは避けてください!冷湿布をお勧めします

スポンサードリンク

風邪による関節痛は一時的なものであることが多いので、できるだけ薬の量を増やすことは避けてください。
傷がない限り、炎症を起こした部分を冷湿布で冷やすこともお勧めします。

マッサージの効果
風邪による間接的な痛みがある場合、マッサージ自体は悪くありませんが、風邪の初めに無理やり動かすと、倦怠感が増し、風邪の症状が悪化します。
マッサージや身体活動を避け、体を温め、ゆっくりと横になります。

入浴で改善できるのでしょうか?

血液循環を促進し、全身の筋肉をリラックスさせることで、わずかに改善する可能性があります。ただし、長水やお湯で体に負担をかけるのは良くないので、早起きしてください。
体調が良くなった後は、本格的なロングバスを待ちましょう。

病院に行くべきなら

風邪の関節痛があり、関節痛が永遠に改善または悪化しないと思われる場合は、風邪ではなく重症のインフルエンザにかかっている可能性があります。一度病院に行きましょう。
異常に痛みを伴う一般的な痛み、摂氏38度を超える発熱、止められない震えなどの症状は、インフルエンザ、扁桃炎、その他の感染症や病気の場合もあります。

スポンサードリンク

病院の内科と小児小児科をご覧ください。

 

まとめ

最近、インフルエンザは冬だけでなく春と秋にも広がりました。
風邪をひいていると思っていても、関節や筋肉の痛みなどの全身症状が通常の風邪よりも痛い場合は、インフルエンザの疑いがあります。
高齢者や小さな子供は症状が早く、突然死ぬことがあります。注意して体調をチェックしてください。

-雑学