違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

ハマグリの殻で美人になれる!?喘息も治る万能薬!

https://ameblo.jp/koyamarichan/entry-12253435131.html

https://ameblo.jp/koyamarichan/entry-12253435131.html

 

貝汁を塗るのは美人ですか?

上で紹介した牡蠣の殻と同様に、貝の中でも特に美味しいハマグリも、中国の漢方薬として使用しています。ハマグリは浜辺の栗の形をした貝にちなんで名付けられているという説と、浜辺のハマグリ(小石)に似ているという説が2つあります。マルスダレガイ科のおなじみの二枚貝。不思議な姓ですが、よく見ると、チーと竹のブラインドのような模様、

スポンサードリンク

横縞とその貝殻の模様の竹のブラインドを比較した名前です。漢方ではハマグリ(文光)と呼ばれていますが、これも貝殻をはっきりとした模様で表現した表現です。

 

喉の渇きを癒す「文将さん」や「文撃堂」などの有名な処方箋

2つの殻の婚約は他の殻と一致しないため、結婚の調和と平和の象徴として結婚式などのお祝いに使用されます。これは、単一の貝であるアワビとは対照的です。また、江戸時代には、遊戯の貝合わせは、貝の内側に金と銀の泥で花を描き、一方の貝を地元の貝として並べ、もう一方の貝を左右にマッチするシェル。貝殻が華やかな結婚式道具のひとつになったと言われています。軟膏ケースや口紅ケースとしても便利だったので、今よりずっと身近なシェルだったようです。

ハマグリは北海道北部、韓国と中国南部、そして比較的温暖な海岸を除く日本全国の海岸に生息しています。夏に繁殖し、幼虫がゼラチン状の糸を取り出して海水に浮かぶことから、ハマグリの蜃気楼と呼ばれています。多くの遺跡で見つかった貝塚から、古くから食べ物に使われていることがわかります。スープが一番美味しいと思いますが、ハマグリを作るときは飛び出る力で汁がこぼれるので、事前に二枚貝の関節を切っておけば間違いありません。

スポンサードリンク

チョウセンハマグリは殻が厚く、九十九里浜などの外洋の砂底で収穫されていましたが、この殻から最高級の白石が作られていることから、五石貝とも呼ばれています。また、Meretrix petechisは朝鮮半島の西海岸と中国の海岸に分布・輸入されており、魚屋で売られているハマグリのほとんどはこの種です。

日本文学で最初に登場したのは古事記で、焼けた神を癒して美人にするために貝汁を塗るウムガイヒメの話があります。中国の漢方薬として、殻は粉末に焼かれ、喘息、胸痛、悪寒熱、および不安に使用されます。喉の渇きを癒す処方箋「文将さん」や「文翔堂」も有名です。

-雑学