違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

サーチュイン遺伝子で若返りの奇跡。腹六分目で健康長寿に!

https://ameblo.jp/welcome-elohim/entry-11210841248.html

https://ameblo.jp/welcome-elohim/entry-11210841248.html

胃の7分間食べ続けることで健康寿命を延ばすことができることが明らかになりました。 毎日のカロリー摂取量を約25%減らすと、睡眠サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)が活性化され、さまざまな老化要因が抑制されます。

スポンサードリンク

健康寿命を延ばす夢の遺伝子

「長寿遺伝子」または「若返り遺伝子」としても知られるサーチュイン遺伝子は、2000年に米国マサチューセッツ工科大学のレナードガランテ教授によって酵母で発見されました。その後の研究では、すべての人間がそれを持っていることが示されています。

この遺伝子が活性化されると、細胞内でエネルギー源を生み出す細胞小器官「ミトコンドリア」の数が増え、細胞内の異常なタンパク質や古いミトコンドリアが取り除かれ、新たに生まれ変わった「オートファジー」が生まれます。メカニズムは機能します。工場の機械を更新するのと同じ方法で細胞を若返らせます。

スポンサードリンク

その結果、細胞にダメージを与える活性酸素の除去、細胞の修復、脂肪の燃焼、しみやしわの予防、動脈硬化や糖尿病の予防、認知症や難聴の予防など、さまざまなプラスの効果がもたらされます。します。人体の健康状態を測定する気圧計は70〜100個あり、そのほとんどが改善されると言われています。

 

体を若返らせ、健康寿命を延ばす夢の遺伝子です。

25%の制限で3週間の活性化を示します
ただし、長寿遺伝子は常に機能するとは限りません。通常はスリープ状態であり、特定の条件が満たされた場合にのみオンになります。

状態は空腹です。人類の歴史は飢餓との戦いでした。長寿遺伝子が、飢餓がしばらく続いても生命を維持する装置として機能する生物学的メカニズムが提供されていると考えられています。

さまざまな研究により、空腹、またはカロリー摂取の制限が長寿遺伝子を活性化することが実証されています。

スポンサードリンク

私たちの研究グループはまた、カロリー制限された24ヶ月齢のマウスが3ヶ月齢のマウスと同じ腎機能と組織を保持していることを確認しました。 2011年、私たちはカロリー制限が人間でも長寿遺伝子を活性化することを世界で初めて証明しました。

この研究では、30代と60代の4人の男性に、1日あたりに必要なエネルギー量から25%のカロリー制限で7週間食事を続けるように依頼し、寿命遺伝子の活性状態を調査しました。その結果、長寿遺伝子が産生するサーチュイン酵素の量は、わずか3週間で1.4〜4.6倍、7週間で4.2〜10倍に増加することが確認されました。実験のパターンは、NHKスペシャル「寿命を延ばすことができる!長寿遺伝子」で紹介され、大ヒットしました。

 

深夜のおやつはNG。運動も効果的です

長寿遺伝子が活性化され、日中でも眠るサイクルがあると考えられています。食事をすると、血糖値の上昇を抑えるためにインスリンが分泌されますが、インスリンが作用すると、長寿遺伝子とオートファジーのメカニズムが停止することもわかっています。

言い換えれば、お腹が空いたときのおやつは、長寿遺伝子がオンになるのを防ぐ行為です。特に、缶詰のコーヒー、ケーキ、キャンディー、果物などに含まれる単糖は、インスリンの急速な分泌を促進することに注意してください。長寿遺伝子は食事の間の長い時間である睡眠中に働く可能性が最も高いため、夕食は最悪のパターンです。基本的に、満腹感は長寿遺伝子の敵と見なされるべきです。

スポンサードリンク

運動が長寿遺伝子を活性化することも示されています。米国の研究によると、食事制限はカロリーを12.5%削減し、運動はカロリーを25%制限するのと同じ効果で、燃焼カロリーを12.5%増加させます。

私たちの研究では、少なくとも25%のカロリー制限が効果的であることが確認されていますが、どのくらいのカロリー制限が最適であり、それが高齢者に適しているかどうかは将来の研究テーマです。

 

レスベラトロールが脚光浴びる

長寿遺伝子の発見以来、この分野の研究開発は世界中で大きな注目を集めています。欧米のベンチャー企業は、長寿遺伝子を活性化する創薬研究を積極的に行っており、臨床試験段階にあるケースもあるようです。

また、赤ブドウの皮やピーナッツの収斂性の皮に含まれるレスベラトロールは、カロリー制限なしで長寿遺伝子を活性化する可能性があると考えられており、すでに多くのサプリメントが商品化されています。 ..私たちの研究グループは、レスベラトロールと長寿遺伝子の関係を確認するための臨床研究も行っています。最近発表された研究論文に照らして、それは「効果的」であるように思われます。

しかし、よく食べ続けながらサプリメントを摂ることが効果的かどうか、大量に摂取することには副作用があるかどうかなど、検証が必要な側面がたくさんあります。個人的には、サプリメントに頼りすぎるのではなく、特定の食事制限や運動と組み合わせて使用することで健康的な長寿を維持することが重要だと思います。

スポンサードリンク

今年の2月に私の本「お腹が7分-若返り遺伝子(サーチュイン)を活性化する食べ方」が出版されましたので、興味のある方はぜひお読みください。

 

満腹になりたい場合は、野菜を追加してください

長寿遺伝子を活性化するには、食事のカロリー制限が必要です。やみくもにカロリーを減らす代わりに、必要なエネルギー量の約25%を削減するようにしてください。

推定エネルギー必要量は、基礎代謝率(kcal /日)x身体活動レベルによって計算されます。基礎代謝率の基準は厚生労働省が定めています。たとえば、体重55 kgの40代の女性の身体活動レベルが「正常」である場合、21.7 x 55 x 1.75 = 2089 kcalが推定エネルギー要件であり、その75%である1567kcalが長寿遺伝子です。活性化するのはエネルギーの量です。計算が面倒な場合は、働く男性に1800 kcal、女性に1500kcalを使用できます。

カロリーを25%も制限すると、満腹感が難しくなり、継続するのが非常に困難になる可能性があります。その場合のコツは野菜の数を増やすことです。満腹感があるだけでなく、ビタミンやミネラル、食物繊維も摂取でき、栄養バランスにも問題はありません。炭水化物を増やすことは最悪の選択です。

スポンサードリンク

金沢医科大学病院の病院での食事は、1日あたり450〜500グラムの野菜摂取量が多いのが特徴です。最近では、デジタルカメラで病院の食品を撮影し、退院後の食生活の参考にする患者さんが増えています。病院の食事に基づいて、バランスの取れたカロリー制限食を摂るようにしてください。

-雑学