違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

一人カラオケのアメリカでの反応。「ありえない!何が楽しいの?」

http://whiteblog.biz/archives/876.html

http://whiteblog.biz/archives/876.html

タイトルを読むと、アジアで流行している個々のカラオケブースについて書いていると思われるかもしれません。いいえ、一人で歌えるようにカラオケルームを分けて行くという話です。

スポンサードリンク

これを聞いてカルチャーショックを受けました。日本人の友達の一人が、人とカラオケを歌うのは好きではないと言っていました。「なに、一人でカラオケを歌いに行くの?」と彼女を理解してからかった。彼女は「はい。人々はいつもそうします。」

まだ信じられなかったので、オンラインで調べました。どうやら、サウスチャイナモーニングポストはカラオケで「私の時間」を持つことについての記事を発表しました。記事によると、「調査によると、日本の消費者は、家族や友人と過ごす時間よりも、質の高い時間を単独で評価している」とのことです。インタビューした北小賀正樹さんは「解放体験」とのことでした。

私はいつもカラオケを社交的な活動として描いています。それは飲むようなもので、一人で飲むのではなく、たぶん特定の機会に飲むのですが、通常は飲みません。姉と一緒にカラオケに行くこともあるのに、別の部屋に行って2時間後にロビーで会うと友達に言われた時、日本では当たり前のことだとは思えませんでした。それが判明しました。彼女の説明では、あなたは同じ金額を払っていますが、あなたと同じ歌を歌っていない人と一緒に行くと、他の人は半分の時間待つ必要がありました。時は金なり、文字通りお金の無駄です。これは私にはもう少し論理的に聞こえます

スポンサードリンク

サウスチャイナモーニングポストの同じ記事によると、「日本の人口構成(世帯の3分の1以上に1人しか含まれていない)は、ソロ市場に最適であり、多くの人がペースの速い「自分の時間」を切望しています。 、相互に関連し、仕事中毒の社会。」大都市の混雑に圧倒されることもあります。時々人々は誰かの周りに常にいることに疲れます。たぶんそれが人々が人々とより多くの時間を過ごすよりも一人でカラオケに行くことを好む理由です。

これは日本で起こっているトレンドだけではありません。中国には個別の歌唱ブースがあり、モールで一人で歌うことができます。彼らは時間ごとまたは歌ごとに支払うことができます。完全防音のキュービクルなので、一人で歌っても変な目が出ません。

記事は、孤立を切望する人々の現象は、「ユビキタスソーシャルメディアを備えた現代の生活のペースもこの傾向を後押ししているため、疲れた人々は24時間の接触からの救済を求めている」と説明しました。人からエネルギーを得る人もいれば、一人でいることからエネルギーを得る人もいると思います。テクノロジーがそれほど進歩していなかった頃は、人に会ったり、他の人の最新情報を入手したりするのがより困難だったと思います。ツイッター、インスタグラム、フェイスブックの圧倒的な情報で、他人の生活情報が殺到し、たまに自分の声を聞くのを忘れてしまうことがあります。

これで、なぜこれが魅力的であるのかが理解できます。あなたが別れを経験するとき、あなたが悲しい別れの歌を歌うとき、あなたはあなたとたくさんの友達を連れて行きたいですか?それとも、一人にされて心を叫びたいですか?後者の方が魅力的だと思います。

同じ理論が一人旅にも当てはまります。適切な人と一緒に旅行するのはパーティーで楽しいですが、自分のペースで好きなことをしたい場合もあります。

-雑学