違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

おしゃれな王将オープンで女性でも入りやすい。イタリアンギョーザとは?

http://map.ohsho.co.jp/b/ohsho/info/1458/

http://map.ohsho.co.jp/b/ohsho/info/1458/

大手飲食店チェーンが次々と新しいフォーマットに取り組み、餃子ブームが到来する中、「餃子の大将」を展開する「餃子の大将」は、女性向けの新しいコンセプトストア「餃子の子」をオープンしました。場所は、会社発祥の地である京都のオフィス街として知られる烏丸御池です。近所で働くオフィスの女性とその仲間をターゲットに、今までとらえられていないレイヤーを育てることを目的としています。

スポンサードリンク

餃子の大将といえば、男性客向けの中華料理店のイメージが強い。食べ物の量が多く、女性客が入りにくい。 「創業以来、男性の支持を得ていますが、女性のお客様は20%にとどまっています。少子高齢化や女性が活躍できる社会への叫びの中、やさしいお店づくりを目指しています。 「女性の入社」「社長の渡辺直人さん。
従来の「餃子の大将」とは全く違うイメージの新店。カフェ風のインテリアは、女性の方が入店しやすいことを目指しています。

総合制作を担当したインテリアデザイナーの折原美希さん(左)とバランスクッキング研究者のコニーエリカさん(右)。
新店舗は、外部人材を採用する最初の企業となります。店舗のデザインからオリジナルメニューの開発、ホールスタッフの指導まで、女性の専門家に依頼し、社内の女性チームも参加しました。しかし、奇妙な店ではなく、フレンドリーで暖かい店のアイデアは変わりません。渡辺社長は「伝統的な男性客が来店できるように、入れやすくリーズナブルな価格で賑やかな店のロイヤルキャラクターを今も残している」と語った。

スポンサードリンク

トッピングが濃厚な巨大餃子専門店「勝也」が新フォーマット

人気のパティシエ、鎧塚俊彦がプロデュースするダイニングレストラン「TOSHI STYLE」(11階)では、デザートを中心としたコースメニューを展開。
池袋東武レストランエリアをリニューアルし、夜塚さんのフルコース
GYOZAOHSHO初年度大池からすまの販売目標は約1億2000万円。本店の運営体制を固めながら店舗開発を進め、首都圏に2号店を出店します。今後は、大阪、神戸、福岡、札幌など全国の主要都市に展開し、1年以内に2桁の出店を目指します。早急に海外出店する予定です。
観客席の壁には、日本人をコンセプトに、桜や菊などの日本人をモチーフにした装飾が施されています。

スポンサードリンク

店の奥には落ち着いた雰囲気のセミプライベートルーム。女の子限定の集まりや年末のパーティーなどの小さな集まりや、お子様連れのご家族にも快適にお使いいただけます。
「脂っこい滑りやすいお店」から「女性が行きたいお店」まで
油っぽくて床が滑りやすいです。これまで、餃子の王将店は、男性や家族みんなで行けても、女性が一人で簡単に入ることができる店ではありませんでした。そのため、新店舗は「女性が行きたいお店、女の子だけの集まりのように女性が一緒に楽しめるお店」と、店舗デザインを担当したインテリアデザイナーの折原美希さん。

まず、清潔さを最優先し、ベースカラーは白とナチュラルカラーを採用。 「桜や菊、矢羽模様など、女性が好むキュートなデザインも日本にアピールしました」(折原さん)。従来の店舗で目立つように引き伸ばされたPOPはありません。代わりに、デジタルサイネージを導入し、料理情報を注意深く伝える方法を考案しました。

さらに、床に水が流れないオープンキッチンに新しいドライキッチンシステムが導入されました。ホールからは衛生的で清潔なキッチン設備が見えます。インテリアは女性らしさを感じさせるすっきりとしたラインと言われています。 「女性は居心地の良さと感覚を大切にしているので、音楽と光の取り入れ方、トイレ、カスタマーサービスの観点からカジュアルさを強調しました」と折原氏は語った。

嬉しいのは、2〜3席に1つずつコンセントが設置されていることです。また、無線LANを完備しています。電池切れを気にせずスマホが使えるし、その場でSNSに食べ物の写真をアップロードできます。店舗選びの際には、電源と無線LANが大きなポイントになります。快適性だけでなく、実用性にも優れた設備を導入することで、集客力の向上に努めています。

スポンサードリンク

バランスの取れた料理研究者の小張理香さんがお勧めする「京都風餃子」は、九条ねぎ、かつお節、紫蘇を使った王様の定番餃子です。白味噌、クリームチーズ、ラー油を混ぜた特製タレにつけます。 6個450円

「おからと赤餃子炒め餃子」は6個290円。ソースは甘いチリソースです

餃子は奇妙なトッピングでイタリアンになります

「外食市場では、安全・安心・健康・美味しさのバランスが取れた食品へのニーズが高まっています」と渡辺社長は語った。食材や栄養バランスにこだわった、体にやさしい美味しい料理も用意されているそうです。レストラン限定のオリジナルメニュー開発は、バランスの取れた料理研究者のエリカ・コニーが監修しています。彼は2つの主要な点に焦点を合わせたと言った。

ひとつは、油っぽくて胃のむかつきをイメージした中華料理の概念を払拭することで、「健康で軽い」を意識しています。炒め物やドレッシングには、軽く仕上がり、胃のむかつきを起こさない国産米油を使用しています。実際に食べてみましたが、すべての料理がしつこくなく、食べやすいものではありませんでした。
ケーキのような「ふわふわオムレツ」。ごま油を加えて中華風にします。 200円

「野菜と豚肉のチーズ蒸し」(680円)
二つ目は、見た目、香り、食感など五感で楽しめることです。サービングに加えて、いくつかの種類のトッピングをカットして準備する方法を考案しました。たとえば、スープ餃子はサワークリーム、溶かしバター、シソと一緒に出されます。サワークリームをスープに溶かして味わうと、不思議なことにさわやかなイタリアンフレーバーに変わりました。

オリジナル料理には、日本と中国の食材を組み合わせたメニューも登場。京都のおばんざいを意識した、金平やオイスターソース、豆板醤、ナンプラなどの調味料で煮込んだ料理も楽しめます。小張さんがすすめる杏仁豆腐や豆乳きな粉などのデザートは、店内の厨房で一から作っているそうです。

スポンサードリンク

「もやしと水菜、スモークサーモンの美皮サラダ」(590円)

「ゆばの天津飯」(580円)
オリジナルレシピメニューは20種類以上あります。もちろん、餃子やにんにく入り麺など、昔ながらの定番メニューも楽しめます。 「王様の定番メニューの料理やアレンジを、目で見て楽しめるように変更しました。女性の方は量が少ないです」とコニー氏。また、さまざまな料理やお酒のおやつを少しずつ食べるニーズに対応できる「ジャストサイズメニュー」も充実。また、価格はコンビニと同じです。小籠包4個入りは480円、杏仁豆腐は380円。

仕事帰りの飲酒など、お酒を飲むシーンが多様化する中、これまで店舗では手に入らなかったお酒を充実させました。女の子限定の集まりを想定して、ワイン、ウイスキー、日本酒、焼酎、カクテルなどを幅広く取り揃えています。
「大根と鶏肉のオイスターソース煮込み」(450円)、「じゃがいもとにんじん金平」(280円)

試して間違えたと言われる杏仁豆腐(380円)。すべてのデザートは店で作られています
目的は大都市圏を占領することです
2016年3月末現在の餃子の大将店数は708店舗。2018年中期計画では800店舗、今期は729店舗を計画しているが、未達。また、直営店の売上高は過去5年間苦戦しており、前年を下回っています。その背景には、外食業界の競争激化に加えて、コンビニエンスストアなど外食市場を侵食している業界もありますが、それ以上に女性客の誘致の遅れが不振の大きな要因となっている可能性があります。

成長を維持するためには、「新たな価値を創造し、かつてない販売チャネルを模索する必要がある」(渡辺社長)、この女性向けの新しいフォーマットが第一歩として位置づけられています。新規顧客の獲得と同時に、首都圏の開拓が主な目的のようです。

スポンサードリンク

現在、首都圏には150店舗未満の店舗があります。渡辺社長は「まだ出店の余地はあるが、現在の顧客単価は1,000円以下で、投資効率が悪い」と語った。そのため、新フォーマットでは、平均顧客価格がほぼ3倍になり、従来の店舗に比べてコストが20%削減されます。具体的には、厨房機器をコンパクト化し、光熱費を削減します。また、当社向けに改良された自動餃子ベーキング機と自動茹で麺機を導入しました。調理の手間を極力抑え、生産性の向上に努めます。

首都圏の都心部に餃子の3号店がオープンする予定です。現在、丸の内事務所街や二子玉川住宅街などの沿道店舗で物件を探しているそうです。渡辺社長は「高額な家賃でも平均的な顧客価格で吸収できるはずだ」と語った。計画通りに行けば、首都圏を中心に年間10店舗以上の出店を計画しており、最近の餃子ブームはさらに加速すると思われる。

-雑学