違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

プラットフォーム化とは、市場競争の中での「顧客との関係性強化」の解決策

1554843330

スポンサードリンク

近年注目されている「プラットフォーム戦略」とは?

おそらく2000年以降、「プラットフォーム戦略」という言葉はさまざまなメディアから出てきました。そしてこれまでのところ、プラットフォーム戦略を実行することで大きな成功と利益を達成している多くの企業やサービスが登場しています。たとえば、「Amazon」や「楽天市場」などのECサイト、「mobage」、「GREE」、「AppStore」などのデジタルコンテンツプラットフォーム、そして最近では個人労働者向けのプラットフォームを構築した「Cloudworks」などがあります。

「プラットフォームをコントロールすれば自然に成功する」という傾向は依然として強く、多くの企業が「プラットフォーム戦略」を研究・開発しています。

それとも、「プラットフォーム戦略」と聞いて、どのような戦略を思い浮かべますか?よく耳にする有名な言葉ですが、「詳しく知っていて、ちゃんと説明できる」と言う人はまだ少ないのではないでしょうか。

プラットフォーム戦略を説明する前に、まず「プラットフォーム」とは何かを定義しましょう。プラットフォームとは「基盤」「基盤」「場所」を意味し、ビジネスシーンで使用する場合、「(不特定多数」のお客様」向けに複数の商品・サービスを開発・更新し、「可能な環境」を意味することが多い。 "。つまり、次のような特徴があります。

1)多くの顧客(会員、ユーザー、ユーザー)がいる

2)環境には複数の製品やサービスがリストされており、追加や変更などの更新が可能です。

ちなみに、2)製品やサービス以外の企業が参加できるプラットフォームを「オープンプラットフォーム」と呼び、プラットフォーム戦略を議論する際には、オープンプラットフォームを前提に議論することが多い。です。

スポンサードリンク

また、プラットフォームプロバイダー、それを使用する会社、および顧客がその時点での構成として表示されるため、「B to B to Cビジネス」(顧客と企業と企業の関係)と説明されることもあります。

なぜ今、プラットフォーム戦略がそれほど注目されているのですか?

そもそもプラットフォーム戦略は「楽天市場」や「アプリストア」などのIT分野の進化によって活性化されたビジネスモデルですが、百貨店や築地市場などのプラットフォームのプロトタイプは存在していました。長い間。しかし、現代では、日本だけでなく、米国など多くの先進国が新しいプラットフォーム戦略の構築に細心の注意を払っています。なぜ地球上で?

これは、市場競争が激化し、人口が成熟する社会において、「お客様との関係強化」が非常に重要となり、プラットフォーム戦略が最適なソリューションとなるためです。似たような商品やサービスの中からお客様に自分の商品を選んでいただくために、会員になり、関係を強化し、さまざまなニーズにお応えできるよう、商品やサービスのラインナップを充実させました。あなたが行く必要があります。プラットフォーム戦略はまさにそれを可能にするビジネスモデルです。

「プラットフォーム戦略とは、1人で1億円ではなく、10人で100億円稼ぐ事業」という言葉を、複数のパートナー企業と提携して顧客と表現することもあります。それはあなたのニーズを活用できることから来ています。プラットフォーム戦略が多くの業界でより活発になるにつれて、企業は独自のプラットフォームを構築するか、別の企業のプラットフォームに参加するかを選択します。

また、プラットフォーム戦略は業界固有であるだけでなく、多くは複数の業界にまたがっています。たとえば、自動車はディーラーではなく家電小売店やインターネットで販売されています。そのようなプラットフォームが登場する可能性があります。これは、天然資源の節約で注目されている電気自動車が、自動車自体を低価格で販売・レンタルするビジネスモデルとして検討されており、メーカーが電池の交換や充電で利益を上げているためです。

スポンサードリンク

今日最も成功しているプラットフォームは何ですか?

ここで、プラットフォーム戦略の理解を深めるために、現在非常に成功しているプラットフォームのいくつかを紹介したいと思います。あなたはおそらくすでにすべてのサービスを知っていますが、プラットフォーム戦略の観点から、あなたは何か新しいものを見つけるでしょう。

■プラットフォーム戦略例1)「iTunes」

コンピュータメーカーとしてブランド「マッキントッシュ」を設立し、一時は業績が低迷して販売に至ったものの、その後「iPod」や「iPhone」などの世界的な大ヒット商品を生み出した。 、そして今では世界を表しています。 Apple Inc.は、そうする会社に成長しました。アップル社が開発したプラットフォームといえば「AppStore」や「iTunes」が有名ですが、今回は音楽業界に大きな影響を与えた「iTunes」に注目したいと思います。

Apple Inc.は、レコードやCDなどのハードウェアで配信されていた音楽コンテンツをインターネット上でデータとして配信する大規模なプラットフォーム「iTunes」を提供し、世界中の音楽リスナーから急速に受け入れられました。行われました。すべての音楽とビデオのコンテンツがiTunesで配信されるようになった今、Appleはもはや単なるコンピュータメーカーではなく、iTunesと呼ばれるプラットフォームを備えた「コンテンツインフラストラクチャ企業」です。

スポンサードリンク

現在、多くの人がiTunesや同様の音楽配信サイトから曲やビデオを入手しています。メジャーソングからマイナーソングまで幅広い曲をカバーする豊富なコンテンツラインナップは、プラットフォームでしか実現できないアドバンテージと言えます。

■プラットフォーム戦略例2)「楽天市場」

プラットフォーム戦略の次の成功例は、楽天株式会社が運営する「楽天市場」です。日本最大のインターネットショッピングモールである楽天市場は、散在する店舗にオンライン仮想ショッピングストリートスペース(ページ)を提供することで、ECサイトのプラットフォーム化を実現しました。国。楽天市場のビジネスモデルを「B2B2C型(企業間取引)」(※下図参照)と呼んでいますが、プラットフォーム戦略を検討する際にも知っておくとよいでしょう。

楽天市場の収益源は、出店手数料と売上高に基づく手数料です。楽天市場では、自社開発のインターネットで店舗運営システムを構築するとともに、店舗とともに店舗の売上を伸ばし、問題を解決するコンサルティングサービスを提供しています。

楽天市場が他のECサイトに並ぶもののないリストのトップに一人で走り続けることができた理由として、膨大な数の店舗と顧客の数が挙げられます。楽天市馬というプラットフォームのお客さま数が多い店舗や、ポイントサービスなどの特典も享受できるため、楽天一番の利用頻度が高まります。これは、プラットフォームビジネスの好循環の非常に良い例です。

■プラットフォーム戦略の例3)「Cloudworks」

最後に、クラウドワークスのパーソナルワーカープラットフォームを紹介します。
「個人労働者」という言葉を聞いたとき、どんなイメージがありますか?

「子育て主婦」「世話をするビジネスマン」「定年後のシニアクラス」「失業した地域住民」など実は社会に受け入れられるスキルはあるけれど、そうでない人も多い。フルタイムの従業員としてフルタイムで働く機会があるので、彼らは過剰な経験を持っています。クラウドワークスはこれに気づき、「1日1時間のギャップがあっても、彼らの経験と時間を活用できるか」などの質問を投げかけ、プラットフォーム戦略として挑戦しました。

スポンサードリンク

日本最大のクラウドソーシングサービスサイトであるクラウドワークスは、企業と個人をつなぐプラットフォームを運営し、求人をサポートしています。個々の労働者がオンラインで仕事のマッチング、契約、支払いを完了するため、スムーズかつ安心して仕事を選択できる場所として利用されています。クラウドワークスを利用している企業にとっては、人材調達にかかる時間とコストを削減し、社外からの優れたアイデアを簡単に取り入れることが大きなメリットだと感じているため、利用しているようです。

クラウドワークスは、「個々の働き方の多様性」という現代のトレンドに沿って急速に成長しており、2012年のサービス開始からわずか2年余りでマザーズに上場しています。2015年9月期の決算では、受注件数は前年度比257%増の58万人、総契約額は97%増の6億5600万円、売上高は307.8%増となりました。 3億6500万円という非常に高い成長率を誇る新興企業のひとつです。
プラットフォーム戦略を成功させる方法は?

これまで、プラットフォーム戦略の概要と、現在プラットフォーム戦略で成功している企業の例を紹介してきましたが、これからは、プラットフォーム戦略を実際に企画・検討する上で特に重要なポイントについてお話したいと思います。思う。
プラットフォーム戦略計画の要点1)市場とターゲットユーザーを決定する

まず、プラットフォーム戦略のターゲット市場とそれに関連するユーザーのターゲットオーディエンスを決定します(セグメンテーション)。事業の方向性によって市場の方向性が変わり、対象となる商品やサービスによって対象グループの選択も変わります。ただし、ここで注意すべき点は、「類似した商品やサービスはすでにたくさんある」という前提で考える必要があるということです。既存の商品やサービスと同様のマーケットグループやユーザーターゲットグループがあっても、ブルーオーシャンでなければ成功するのは難しいでしょう。

ここで気をつけてほしいのは、「狙っている市場のユーザーや企業の不満点」を知っていれば、新たな発見や政策立案につながりやすいということです。

たとえば、「iTunes」は、市内の大型レコード店に行かないと「未成年なのに好きな曲が買えない」という地元ユーザーの不満を解消する強力な強みを持っています。

スポンサードリンク

「楽天市場」は、「上質な商品がたくさんあるのに、実店舗の面積や場所を生かすことができず、どうすればいいのかわからない」と語る中小小売店。オンラインで宣伝し、宣伝します。」メーカーの不満は大幅に解消されました。

「クラウドワークス」は、「突然の事務処理ができる人が欲しいのですが、アルバイトを1人雇うほど量的には発生しない」という会社側の問題を解決する仕組みがあります。同時に、多くの個人労働者は、スキルと熱意を持っているが、さまざまな理由で正社員として働く立場にない人々にビジネスチャンスを提供するというスタンスを高く評価しています。 ..

心理的な観点から、ある程度の不満とストレスは、次の行動のためのエネルギーを強化するために必要な要素です。つまり、ターゲット市場の人々の「不満」と「ストレス」を「ガソリン(原動力)」として活用し、新たなプラットフォームを活性化できれば、成功の角度と可能性をさらに高めることができます。 ..

 

プラットフォーム戦略計画のポイント2)キャッシュポイントを作る

B to B to Cを想定したプラットフォーム戦略では、キャッシュポイントをどこに配置するかも非常に重要です。

多くのプラットフォーム企業は、顧客の支払いを主な収入源としてではなく、プラットフォームの使用料とプラットフォーム参加企業からの手数料を使用しているようです。また、「楽天市場」「AppStore」「mobage」「GREE」などのオンラインプラットフォームが、決済システムを利用して顧客からの決済を一元管理する機能を備えていれば、顧客にもメリットがあります。の支払いは、プラットフォーム側で一度集計されます(その後、手数料などのプラットフォーム側のシェアを除いた金額が参加企業に支払われます)

つまり、プラットフォームプロバイダーは、参加企業からのプラットフォーム使用料であるか、顧客が購入する際の手数料であるかに応じて、2つのキャッシュポイントを設定できます。ターゲット(参加企業、顧客)に提供できる利益と利益の量に基づいて、ウェイトを設定または調整するキャッシュポイントを決定することをお勧めします。

スポンサードリンク

プラットフォーム戦略立案のポイント3)それだけでは得られない価値を提供する

最後のポイントは、「プラットフォームならではの価値を発揮できるか」という観点から、戦略企画で作成した内容を確認することです。どんなに良い計画であっても、ある会社がコンテンツを実現する可能性があれば、近い将来、他の会社の参入や入れ替えが確実に行われるでしょう。

プラットフォーム独自の複数の参加企業とのエンゲージメントの高い顧客基盤を維持し、そのために発売前のタイミングでしっかりと参加企業や顧客に価値を発揮できる計画を立てることを目指しています。計画することが重要です。

プラットフォーム戦略計画の要点4)参加企業との強力なアライアンスパートナーシップを構築する

参加企業とのパートナーシップ(アライアンス)は、一社では成し得ない価値を発揮することを目指しており、強固な信頼関係を築く必要があります。企業がまだ証明されていないプラットフォームに参加するには、強い信頼関係が不可欠です。

そして、相手の信頼を得るためには、相手を正しく知り、未来を描き、ここからも信頼を得ることが大切です。このような強い絆を持つパートナーをいくつ準備できるか-プラットフォーム企業もこのような幅広いネットワークを持つ必要があります。
まとめ現代は「共創」の時代です

これまで、プラットフォーム戦略について以下に説明してきましたが、どうでしたか?

現代マーケティングの父と言われる「フィリップ・コトラー」は、現代社会の市場を「マーケティング3.0」と呼び、これからも企業は商品やサービスに「社会的価値(より世界に)」を付加していきます。 「改善への取り組み」を示すことが必要であるとの提唱があり、そのため、お客様やパートナーとの「共創関係」がこれまで以上に重要になります。プラットフォーム戦略は、コトラーの「世界を改善するための取り組み」とマーケティング3.0の「共創関係」を満たすための戦略と言えます。

この記事を読んだ方が、マーケティング戦略への意識を深め、マーケティング戦略の実施に役立つことを心から願っております。

-雑学