違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

セレコキシブの副作用は?胃腸障害は少ないが発疹や喘息発作の恐れ

https://www.amel-di.com/medical/di/productDetail?productId=1467

https://www.amel-di.com/medical/di/productDetail?productId=1467

概要この薬は腫れや痛みを和らげます。

スポンサードリンク

[作用]

炎症を抑え、腫れ、赤み、痛みなどの症状を抑えます。しかし、症状のある薬であるため、病気の原因自体を治すことはできません。適応症は、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛、肩の関節周囲炎、外傷または抜歯後の抗炎症および鎮痛です。

【薬理学】

炎症を引き起こすプロスタグランジン(PG)と呼ばれる物質の生合成を抑制します。
その作用機序は、プロスタグランジン(PG)シンターゼシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによるものです。特に、炎症反応に関与する特定のシクロオキシゲナーゼ(COX-2)を選択的かつ強力に阻害します。

[臨床試験]

副作用が少ないと言われているアセトアミノフェンとセレコキシブの比較試験が海外で行われています。その結果、副作用は同じであり、痛みの改善効果はセレコキシブよりも優れていました。

スポンサードリンク

鎮痛剤の副作用で問題となっている消化性潰瘍について、2000人以上の患者さんを3ヶ月間調べた海外研究があります。潰瘍の有無を内視鏡で調べたところ、この薬を服用した人とプラセボ(プラセボ)を服用した人の間で潰瘍の発生率に有意差はありませんでした。その結果、消化管への影響は小さいことがわかりました。
日本で実施された臨床試験では、胃腸障害(症状)の発生率は約11%でした。この発生率は、対照として使用される他の一般的な鎮痛薬と同様でした。一方、別の臨床試験で潰瘍の発生率を内視鏡で調べたところ、この薬を服用した人の1.4%(1人/ 74人)と一般的な鎮痛薬を服用した人の27.6%(21/76)に達しました。
心血管系への影響を調査するために、海外で大規模な研究が行われています。結果は良くありませんでした。心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患の数は3倍以上になりました。使用時間の経過とともにリスクが高まる可能性があることが報告されています。
特徴
新しいタイプの鎮痛剤。炎症反応に関与するCOX-2(COX-2高選択性阻害剤)を選択的かつ強力に阻害するのが特徴です。胃や腎臓の生理的調節に関与するCOX-1への影響は小さいため、胃腸障害や腎障害などの副作用は少ないと考えられます。
胃腸障害の軽減が期待されていますが、長期使用による循環器系への悪影響が懸念されています。長く使用するほど、心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクが高くなります。

【健康診断時】

この薬の有効性と安全性について十分に知らされてください。薬の性質を理解し、確信を持って治療するようにしてください。
心臓病、胃腸の問題、腎臓や肝臓の問題、またはその他の病気がある場合は、医師に相談してください。いくつかの病気は症状を悪化させる可能性があります。
また、喘息やアレルギーがある場合は医師に報告してください。
妊娠している場合は、医師に相談してください。

【気をつけるべき人】

鎮痛剤や解熱剤を含む喘息(アスピリン喘息の人)を患っている場合は服用しないでください。胃潰瘍などの消化性潰瘍のある人は避けてください(特殊な胃潰瘍と組み合わせて使用することもできます)。また、心臓病、肝臓病、腎臓病、高血圧、喘息などの方は、病状によりご利用いただけない場合があります。また、副作用を起こしやすい高齢者の方にもご注意ください。

不適切なケース。 ..アスピリン喘息、消化性潰瘍、重度の肝疾患、重度の腎臓病、重度の心疾患(心不全)、重度の高血圧、妊娠後期などの人。

スポンサードリンク

【飲んで食べる】

血栓の治療に使用される抗凝固剤ワルファリン(ワルファリン)の作用を増強する可能性があります。さらに、低用量のアスピリンやプラビックスなどの抗血小板薬と組み合わせて使用すると、胃腸出血のリスクが高まる可能性があります。
さらに、気分安定薬のリチウム(Remus)、抗真菌薬のフルコナゾール(diflucan)、コレステロール低下薬のフルコナゾール(low call)、咳抑制薬のデキストロメトルファン(medicon)、利尿薬、降圧薬、抗うつ薬。薬(SSRI)や胃薬(制酸剤)などの多くの薬と相互作用することができます。服用している薬を医師に報告することを忘れないでください。
飲酒はご遠慮ください。大量のアルコールは胃や肝臓に副作用を起こしやすくします。

【使用】

投与量や投与量は症状により異なりますので、医師の指示に従ってください。通常、朝食と夕食の後に1日2回です。胃に負担がかからないように、水(コップ1杯)をたっぷりと飲むことをお勧めします。
外傷や抜歯後などの急性疾患に使用される場合があります。この場合、1回目のみ増量、2回目以降は減量する場合がありますので、飲み方を間違えないようにご注意ください。
関節リウマチでは、効果が現れるまでに数週間かかる場合があります。指示された期間続けましょう。
簡単な長期投与は好ましくありません。症状が改善した場合は、継続するかどうかについて医師に相談してください。痛みの程度に応じて、減量または中止を検討することをお勧めします。

スポンサードリンク

【妊娠・授乳】

妊娠中はなるべく控えてください。どうしても必要な場合は、最低限必要な範囲でご使用ください。妊娠終了時の長期連続使用は避けてください。

【その他】
胃腸薬は、胃の副作用を防ぐために処方される場合があります。
他の人、特に子供に取って代わらないでください。
有効性

【効能A】

以下の疾患および症状の抗炎症/鎮痛薬//関節リウマチ

【効能B】

以下の疾患および症状の抗炎症/鎮痛剤//変形性関節症、腰痛、肩関節周囲炎、頸肩甲骨症候群、腱/腱炎

【効能C】

手術、外傷、抜歯後の抗炎症および鎮痛剤

【効能A】

一般的に、成人の場合、朝と夕食の後に1日2回、100〜200mgのセレコキシブを経口摂取します。

【効能B】

一般的に、成人の場合、朝と夕食の後にセレコキシブ100mgを1日2回経口摂取します。

【効能C】

一般的に、成人の場合、セレコキシブ400mgを初めて服用し、200mgを2回目以降は1日2回服用します。投与の間隔は少なくとも6時間でなければなりません。

スポンサードリンク

単回使用の場合は、初めて400 mgを服用し、必要に応じて6時間後に200mgを経口摂取します。ただし、1日2回に制限されています。

注意1.本薬を使用する場合は、最低有効量をできるだけ短期間投与し、無差別に長期間投与しないでください。
注意2.慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症など)の使用において、投与開始後2〜4週間経っても治療効果が改善しない場合は、他の治療法を使用することがあります。あなたの選択を考慮してください。
注3.急性疾患(手術後、外傷後、抜歯後の抗炎症・鎮痛後)に使用する場合は、1回目と2回目以降の投与量が異なることに注意してください。さらに、薬の服用方法を患者に十分に説明してください。
注意4。1年以上の長期投与の安全性は確立されていません。海外では、この薬の長期投与は、心筋梗塞や脳卒中などの深刻な、時には致命的な心血管事故を引き起こす可能性があります。体系的な血栓塞栓性イベントの発生率を増加させることが報告されています。 (日本では1年以上の臨床経験はありません。)

※投与量は症状により異なります。必ず医師の指示に従ってください。
副作用他の鎮痛剤と比較して、胃腸障害は少ないと言われています。ただし、依然として注意が必要であり、胃潰瘍や胃出血などの重篤な胃腸障害のリスクがないとは言えません。

発疹や喘息発作を起こす人もいます。アレルギーや喘息の方はご注意ください。また、頻繁ではありませんが、腎臓と肝臓がうまく機能しない場合があります。

さらに、心筋梗塞または脳卒中を発症するリスクがわずかに増加する可能性があります。特に、このような慢性疾患のある人、高齢者、または長期使用の場合は注意が必要です。

[深刻な副作用]

まれですが、初期症状等にご注意ください。
胃腸潰瘍/胃腸出血。 ..胃の痛み、腹痛、吐き気、嘔吐、吐血(コーヒー色の便を吐く)、下血(血便、黒いタールのような便)。
喘息発作の誘発。 ..せき、せいぜい、呼吸時にブーンという音がする、息切れ、呼吸困難。
重い血液成分の異常。 ..発熱、喉の痛み、口内炎、くすみ、皮下出血(血豆/あざ)、鼻血/歯肉出血などの出血傾向。
アナフィラキシーのような症状。 ..蕁麻疹、全身の発赤、顔や喉の腫れ、窒息。
狭心症、心筋梗塞。 ..胸の痛み/不快感/圧力、冷たい汗、引き締まったように見える胸の痛み。
心不全。 ..疲れやすい、息切れ、息切れ、腫れ、突然の体重増加、痰、ゼジー、咳、頻脈。
脳卒中。 ..片方の手足のしびれ/しびれ、口のゆがみ、話すのが難しい、視力の欠如、複視、まとまりのない思考、立ちくらみ、激しい頭痛
肝臓が痛んで。 ..くすみ、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚の黄変、白目、茶色の尿。
重度の腎臓症状。 ..尿が少ない/ない、尿の濁り/泡立ち、血尿、腫れ、くすみ、吐き気、腹痛、腰痛、発熱、発疹。
重度の皮膚/粘膜障害。 ..発疹、発赤、水ぶくれ、腫れ、はがれ、皮膚の熱と痛み、かゆみ、唇と口の痛み、喉の痛み、赤目、発熱、全身の痛み。
間質性肺炎。 ..咳、息切れ、少しの動きの後の息切れ、発熱。

【その他】
腹痛、吐き気、下痢、口内炎。
発疹、じんましん。
血圧の上昇と肝臓と腎臓の機能の低下。

-雑学