違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

銀魂の堂本剛が、少ない出番で一番の存在感を出せた理由

https://eiga.com/news/20180611/2/

https://eiga.com/news/20180611/2/

「銀魂」は2017年の日本実写映画で1位のヒット曲でした。2018年8月17日には「銀魂2涅槃の法則」が公開され、9月4日時点でボックスオフィスの収益は25億を超えました円、シリーズの総動員数は485万を超えました。になりました。

スポンサードリンク

『銀魂2法は破る』の物語は、銀魂ファンから人気の「新撰組蘭編」が原作。主人公坂田銀時の人気を分ける土方十四郎と沖田総悟が所属する新撰組を中心とした長編映画があり、原作ファンからアニメファンまで高い支持を得ています。プロデューサーの松橋真三によると、もともとはギャグ時代の「将軍エンターテインメント」だけのコンテンツだったそうです。しかし、福田雄一のツイッターアカウントに「新撰組乱流をやってほしい」というツイートや返信が多く、新撰組乱流が採用されたという話があります。 (参考:ファンからの投稿が「新撰組蘭編」の実写を応援!「銀魂2」プロデューサートーク!(1/2)| NewsWalker)

新撰組乱舞編は、前作の原作「紅桜編」に続く人気の本格的な長編映画です。鬼の副長として恐れられていた新撰組副長の土方十四郎(柳楽優弥)が二人目のトッシーに乗っ取られ、新撰組が解雇されたという話です。の始まりです。新撰組を引き継ぐ予定のスタッフである伊藤鴨太郎(三浦春馬)は、近藤勲(中村寛)監督を暗殺する予定です。しかし、実際には、高杉晋輔(堂本剛)が率いる鬼兵が、伊藤を操って将軍徳川茂茂(勝地涼)を暗殺していた。電車の中で伊藤流に転向した仲間を斬る沖田総悟(吉沢亮)、ヘタレオタクに乗っ取られながら近藤を助けようと奮起する土方は、それぞれに近い犬猿銀時(小栗旬)その他ですが、それをサポートし、多くのハイライトがあります。

一方、「一般エンターテインメント」は完全なギャグです。店内のみんなが真面目な将軍徳川茂茂を奮闘しながら楽しませてくれるお話です。失礼があれば、頭を下げることは避けられませんが、一生懸命働くほど失礼になります。ギャップは絶妙に興味深いです。この反対の物語「将軍エンターテインメント編」は、「銀玉2法は破る」の「新撰組動揺編」に見事に取り入れられています。映画はオリジナルの設定ですが、ストーリーは非常に自然な方法で構成されており、ストーリーは「笑いと涙」で展開されます。前作を超える傑作ではないでしょうか。

そして、俳優の演技能力はこの作品で非常に優れています。実写映画によく見られる「コスプレ映画」だと思いましたが、各キャラクターの内容も原作に忠実です。また、主役の小栗旬はもちろん、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、吉沢亮、三浦春馬、窪田正孝など、それぞれが存在感を放っています。 。キャラクターは埋もれていません。高杉晋輔役の堂本剛もそうだ。

スポンサードリンク

高杉は3〜4シーンでしか登場しません。また、線はほとんどありません。正直、堂本剛を見た観客は「小さい」と感じるかもしれません。それにもかかわらず、堂本剛は紛れもない高杉晋輔です。たとえば、顔の表情。彼の鈍い表情にもかかわらず、彼の目は「すべての学者の中で最も過激で最も危険な男」と呼ばれる危険性にはっきりと照らされています。そしてジェスチャー。スモークチューブを持っている指はやや光沢があります。屋形船の端に座り、踊り場から伸びる脚。前作で「18禁止」とおっしゃっていた光沢感は今も健在です。最後は行の文言です。相手を直接責めるようなことは何も言わないが、何も言わないプレッシャーを感じ、お腹の底が見えない。画像にピッタリです。どこで切ってもまさに「高杉晋助」です。そして、その圧倒的な存在感でシーンが変わると、ストーリーの雰囲気も変わってきます。

前作のコラムで書いたように、作者は原作「銀魂」の高杉晋輔のファンです。今回は有名な「番西、私の歌じゃないですか?」また飛び出し、元のファンは「高杉晋吉」になっているはずです。結果が前作を上回ることは間違いありません。原作マンガの最終話が始まろうとしています。 「銀魂3」の実現と「高杉晋輔」と「銀魂」の実写版で「高杉晋」を存分にお楽しみいただければ幸いです。

-雑学