違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

~の違い

マーケティングとコンサルの違い。最適なチーム作りもマーケターの仕事

1554843330

世界では、「Webコンサルタント」と「Webマーケター」(マーケターとも呼ばれます)は、しばしば同義語として使用されます。 違いがわかりますか?

まだまだ新しい分野で、役割も日々変化しているので、正しい定義はないと思いますが、今回は「Webコンサルタント」と「Webマーケター」の違いについて書きたいと思います。 。

スポンサードリンク

「ウェブコンサルタント」は主に売り方を考える

以下は、当社のサービス分野を示し、WebコンサルティングとWebマーケティングの役割と位置付けを示しています。

ウェブコンサルタントは、単に「最適で実行可能なパスを提案し、会社の目標(売上の増加など)を達成するための計画を立てる」と定義されています。

しかし、これは私が想像したよりも難しいです。

どんなに完璧な計画を立てて、理想的なイメージや夢の物語だけを伝えても、それができなければ意味がなく、そもそも100%成功できる戦略はあり得ません。

成功率を高め、リスクを可能な限り低減するために、会社の事業に対する理解を深めた後、製品と競合他社の良さを比較し、顧客が求めている魅力的で実用的な計画に組み込んでください。 。それが必要。

限られた予算と人的資源に応じて提案を計画する
もちろん、会社の人的資源や予算も考慮する必要があります。もちろん、月額数十万円で担当者が1人の会社と、1000万円でチームを組んで組織している会社では、対策が異なります。

Webを積極的に利用することに慣れていない企業の場合は、小さな成功体験を作成するなどの進め方を考えて、最初に社内で理解し、徐々にWebを利用するメリットを実感してください。それが大きな違いを生むかどうか。

コンサルタント=論理的な考え方という強いイメージがありますが、実はそれをできるだけ実用的で泥だらけのレベルにまで下げるのがコツと言えます。意外じゃないですか。

スポンサードリンク

アバター
堀野
Web戦略が管理戦略と一致していない限り、個別の対策で結果を出すことはできません。コンサルタントには、管理の観点も必要です。
Webコンサルタントは、客観的な視点からアドバイスを提供する役割を果たします

コンサルタントとは、現在の事業を客観的に分析し、問題点を指摘し、クライアントの専門知識を活かしながら対策を講じてクライアントの売上に貢献する仕事と言えます。

特にWebコンサルタントは、Webを使用して解決策を提案するだけであり、実際、すべてのコンサルタントは、現在の状況を理解し、原因を分析する点で同じです。もちろん、Webを使用して問題を解決するには、Webに関する幅広い知識が必要です。

コンサルタントは仕事を成し遂げるために手を動かす役割を担っていないので、別の人が仕事をしなければなりません。あなたは練習チームに適切なアドバイスや提案を与えることができなければなりません。人を動かす方法や仕事を進める方法のスキルが必要なため、非常に難しい作業と言えます。

その提案は「もち」ではないでしょうか。
現場での実務経験のないウェブコンサルタントの提案が、絵に描かれたお餅になり、プロジェクトが失敗するケースが多々ありました。

考えてください。
めちゃくちゃ頭がいいけれど自分の仕事をまったく知らない人が、たくさんの賢い指示を与えたらどうなるでしょうか。

「何もわからないときは話さないで!」
「本当ですが、考えずに言われても…」
「そもそも、それをする人もお金もありません。」

それでしょう。

スポンサードリンク

優れたウェブコンサルタントは、個人的かつ一時的に売り上げを伸ばすよりも、「継続的に売り上げを生み出すシステム/組織の構築」を優先します。
ファーストクラスのコンサルティングとサードクラスのコンサルティングの違いは何ですか?
コンサルタントと呼ばれる方も多いのですが、一流と三流の違いはどこにあるのでしょうか(すみません)。

私たちが考えるコンサルティングでは、永遠にサポートし続けるのではなく、最終的に卒業して自分たちで続けることが重要です。そのため、社内の知識やノウハウを可能な限り蓄積する方法を模索しながら取り組んでいきます。

サードクラスのWebコンサルタントが多いほど、彼らがいなければ問題になり、卒業することのない状況を作り出す可能性が低くなり、クライアント側が問題を抱える傾向があります。

また、コンサルタントという言葉は良さそうなので、実際の状況は全然違いますが、使われることもあります。実際に販売を宣伝している場合もありますが、メニューを提案しているので自分たちをウェブコンサルタントと呼んでいます。

特別な資格はありませんので、タイトルだけで判断するのではなく、どのような成果を上げているのか、どれだけのサポートがあるのかを判断してください。
「Webマーケター」は対策の実施において中心的な役割を果たします
Webマーケターには2つの役割があります
次に、「Webマーケター」について。

世界の「ウェブマーケター」は大きく2つのタイプに分けられます。
1つは、SEOやSEMなどのWeb対策のスペシャリストです。
もう1つは、結果を達成するためにこれらのWebソリューションとWeb人材を率いるディレクターの役割です。

今日、世界から呼ばれている「Webマーケター」のほとんどは前者であり、後者の役割を果たすことができる人材はまだ少ない。

スポンサードリンク

目標は販売目標を達成することです
企業がマーケティングを行う理由は、最終的にビジネス目標(販売)を達成するためです。そのために、私たちはWebを使用して、マーケティングを可能な限り費用対効果の高いものにし、結果を確実にします。

逆に言えば、SEOやウェブ広告である必要はありませんが、クライアント側は売り上げを達成できる限り何でもできます。 SEOに多くの時間を費やしても、売上に貢献しなければ無駄ですよね?

問題を解決するための方向性と手がかりを示すことはウェブコンサルタントにとってのウェブマーケターの役割であると信じており、それに基づいて、ウェブ手段と目標への具体的な道の最適な組み合わせを検討します。

マーケターも最高のチームを作るために働きます

すべての作業を自分で行うことはできませんので、専門家に各分野の実務を依頼してください。専門分野と適性を特定し、どのメンバーとチームを組むのが最適かを検討する必要があります。

Webマーケター自身が、広告やサイト作成に関するすべての詳細を理解する必要はありません。例えば、SEM広告運用の場合、詳細な管理画面設定作業を理解し、各広告の特徴や結果の種類、最適な計画を理解する必要はありません。調整できることがより重要です。

また、仕事を依頼する人に目的や内容を伝え、進捗を導き、全体を目標に導くスキルが求められます。

たった1つのスキルで未来がわからない
今後、AIやツールの普及により、SEOやSEMなどのスペシャリストとして活躍している人でも効率が上がり、運用レベルでは人の介入領域が狭くなります。

先を見越して複数のスキルを増やして自分の市場価値を高めたり、ツールの使用方法を学んだりするのではなく、どのツールをどのような場合に選択するかについて幅広い視点から作業してみてください。 ..

優れたマーケティング担当者のアイデアはどのように異なりますか?
以下は、マーケターが仕事を進めるために考慮すべきことの大まかなリストです。

①誰? (対象の設定)
②いつ? (購入検討プロセスのどこ

スポンサードリンク

すべての最高の「ウェブマーケター」に共通しているのは、彼らが独自のビジネスを持っているか、ビジネスの結果を達成するために責任とリスクを負うことです。私たちは目標を達成することを熱望しています。
ケーススタディ未熟なマーケターと優秀なマーケター
未熟なマーケターのために
以下の場合は手段を目的としています。

アバター
社長、検索語●●●でSEOで1位になるためには、SEO予算を100万円に設定してください。
アバター
以上です。
では、売上はどのくらい増える可能性がありますか?
アバター
いいえ、目的は他の会社が売上高よりも最初にランク付けされているという言葉を裏返すことなので、...
アバター
さて、もう一度考えます。
(とはいえ、このトピックは二度とありません)
驚いたことに、このようなケースはたくさんあります。
担当者の目的(SEOで1位)と管理者の目的(売り上げの増加)にギャップがあるため、理解も承認もされていません。当たり前のようですが、90%の人はこれができません。

良いマーケティング担当者のために
では、優れたマーケティング担当者に対してどのような提案をしますか?

アバター
社長、●●というプロジェクトに300万円を投資させていただきます。
アバター
うーん...金額が大きいので、遠慮なく決断してください。
アバター
このプロジェクトが成功すれば、年間売上高は1,000万円増加します。低く見積もっても700万円が期待できます。また、この効果は、1年間だけでなく、翌年度以降も引き続き成果を上げることが期待できる計画です。万が一、最初のトライアル時に機能しない場合でも、コストは最小限に抑えられます。承認していただけませんか?
アバター
さて、挑戦しましょう!
進捗状況を詳しく報告してください。
かなり簡単に書いたのですが、社長がこういう説明を承認するのは簡単だと思いませんか?

スポンサードリンク

経営陣の意思決定を容易にするために、得られるメリットとリスクを明確に述べ、その場で「はい/いいえ」を提案します。

間違えてもダメージは少なく、成功のメリットが大きければ一度試してみたいと思います。もちろん、マーケティング担当者は成功のイメージを持っている必要があります。

残念ながら、このようなマーケターはまだ世界に少数派です。日本企業はまだマーケティングを理解しておらず、挑戦する機会はほとんどありません。

Webマーケティングに関する一般的な誤解
これは特に年配のビジネスオーナーに当てはまりますが、Webについてはまだ多くの誤解があるようです。

・Webは難しく、理解しにくい(自分で理解しようとしないでください)
・当面は若い方(権限のない若い正社員が多い)にお任せください
・周りのマネージャーから聞いたサクセスストーリーをすぐに真似したい(手段だけ真似しているので失敗)
・時間とお金をかけずに簡単に結果が出せると思います(マジックボックス)

そのような場合でも、Webマーケティング担当者は、少しでも理解できるように、専門用語をできるだけ使わずに、平易な言葉で長所と短所を示す方法を考案する必要があります。

多くの事業主は「結果」のみに焦点を当てています
事業主は、Webの詳細とプロセスを理解していないことがよくあります。むしろ、あなたがそれをするとどうなりますか?費用は?時間は?リターンは何ですか?その領域を大まかに抑制する必要があります。

基本的には担当者がWebを担当しているので、成果が出るかどうかが一番気になります。もちろん、将来の成長戦略に基づいて、現場で何が起こっているのか、そして将来何をすべきかをしっかりと共有する必要があります。 (時々私は非常に詳細なマネージャーに会いますが、ほんの数人です)

ただし、若い人に任せればすぐに結果が出ると思う場合は、きちんと説明して認識を調整しないと期待値が高すぎるので、できない場合は評価してください。下げられますのでご注意ください。

お任せください。ラウンドスローの意味が少し異なります。

すべての最高の「ウェブマーケター」に共通しているのは、彼らが独自のビジネスを持っているか、ビジネスの結果を達成するために責任とリスクを負うことです。私たちは目標を達成することを熱望しています。
ケーススタディ未熟なマーケターと優秀なマーケター
未熟なマーケターのために
以下の場合は手段を目的としています。

スポンサードリンク

アバター
社長、検索語●●●でSEOで1位になるためには、SEO予算を100万円に設定してください。
アバター
以上です。
では、売上はどのくらい増える可能性がありますか?
アバター
いいえ、目的は他の会社が売上高よりも最初にランク付けされているという言葉を裏返すことなので、...
アバター
さて、もう一度考えます。
(とはいえ、このトピックは二度とありません)
驚いたことに、このようなケースはたくさんあります。
担当者の目的(SEOで1位)と管理者の目的(売り上げの増加)にギャップがあるため、理解も承認もされていません。当たり前のようですが、90%の人はこれができません。

良いマーケティング担当者のために
では、優れたマーケティング担当者に対してどのような提案をしますか?

アバター
社長、●●というプロジェクトに300万円を投資させていただきます。
アバター
うーん...金額が大きいので、遠慮なく決断してください。
アバター
このプロジェクトが成功すれば、年間売上高は1,000万円増加します。低く見積もっても700万円が期待できます。また、この効果は、1年間だけでなく、翌年度以降も引き続き成果を上げることが期待できる計画です。万が一、最初のトライアル時に機能しない場合でも、コストは最小限に抑えられます。承認していただけませんか?
アバター
さて、挑戦しましょう!
進捗状況を詳しく報告してください。
かなり簡単に書いたのですが、社長がこういう説明を承認するのは簡単だと思いませんか?

経営陣の意思決定を容易にするために、得られるメリットとリスクを明確に述べ、その場で「はい/いいえ」を提案します。

間違えてもダメージは少なく、成功のメリットが大きければ一度試してみたいと思います。もちろん、マーケティング担当者は成功のイメージを持っている必要があります。

残念ながら、このようなマーケターはまだ世界に少数派です。日本企業はまだマーケティングを理解しておらず、挑戦する機会はほとんどありません。

Webマーケティングに関する一般的な誤解

これは特に年配のビジネスオーナーに当てはまりますが、Webについてはまだ多くの誤解があるようです。

・Webは難しく、理解しにくい(自分で理解しようとしないでください)
・当面は若い方(権限のない若い正社員が多い)にお任せください
・周りのマネージャーから聞いたサクセスストーリーをすぐに真似したい(手段だけ真似しているので失敗)
・時間とお金をかけずに簡単に結果が出せると思います(マジックボックス)

そのような場合でも、Webマーケティング担当者は、少しでも理解できるように、専門用語をできるだけ使わずに、平易な言葉で長所と短所を示す方法を考案する必要があります。

スポンサードリンク

多くの事業主は「結果」のみに焦点を当てています

事業主は、Webの詳細とプロセスを理解していないことがよくあります。むしろ、あなたがそれをするとどうなりますか?費用は?時間は?リターンは何ですか?その領域を大まかに抑制する必要があります。

基本的には担当者がWebを担当しているので、成果が出るかどうかが一番気になります。もちろん、将来の成長戦略に基づいて、現場で何が起こっているのか、そして将来何をすべきかをしっかりと共有する必要があります。 (時々私は非常に詳細なマネージャーに会いますが、ほんの数人です)

ただし、若い人に任せればすぐに結果が出ると思う場合は、きちんと説明して認識を調整しないと期待値が高すぎるので、できない場合は評価してください。下げられますのでご注意ください。

お任せください。ラウンドスローの意味が少し異なります。

 

-~の違い