To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学 ~の違い

哀川翔は確率一万分の一とも言われる雌雄モザイク(雌雄同体)を羽化させた

哀川翔(あいかわ しょう、英: Show Aikawa、1961 年 5 月 24 日 [1] - )は、日本の俳優、タレント、歌手、司会者、ラリードライバー。 本名は福地家広[2][3]。

徳島県徳島市、鹿児島県鹿屋市出身[4]。 身長178cm、血液型はAB型。

スポンサードリンク

歴史

育成

徳島県徳島市生まれ。 山口県岩国市、栃木県宇都宮市、千葉県館山市、海上自衛隊将校・水先人であった父・福地家興の転勤に伴い、転勤を繰り返した [5] 。

1967年1月16日、家興が搭乗した第21航空団第101航空団のHSS-2が、離陸訓練中に第3航空団第11航空団所属のS2F-1と空中接触した。 徳島の海岸。 墜落し、乗組員全員が殉教しました。 相川は当時5歳だったが、母親が妊娠していたため、代わりに相川が父親の遺体を確認した。 この事故はマスコミにも大きく取り上げられ、当時の新聞には相川が待合室の椅子に座り、同行した叔父が読んでいた新聞をのぞき見している写真が掲載された。 この事故について、相川本人は「ファミリーヒストリー」(NHK総合、2016年10月27日放送)に出演した際、「5歳なのに父親のニュースを思い出した」と語っている。 .

その後、鹿児島県鹿屋市の母の実家に転居し、そこで育つ。 鹿屋市立鹿屋小学校、鹿屋市立第一鹿屋中学校、鹿児島県立高山高等学校、東京工学院専門学校を卒業(学費は父母負担で遅刻・欠席は一度もなかった)。 なお、本籍地は東京であり、祖父が生まれたときから住んでいる [5]。

高校までは体育教師志望で体育大学への進学を希望していたが、願書の提出を忘れて不合格。 専門学校在学中、雑誌「ポップティーン」創刊を機に飛鳥新社でアルバイトライターとして働き始める。 彼の作家名は「Show Lonely River」で、Lonely River は Aikawa の英語読みです [要出典]。

舞台芸術活動

大道芸集団「激男一世風堂」に所属し、「全暦、道の上より」で「一世風堂セピア」のメンバーとしてレコードデビュー。 1986年「蒼のシーン」でソロデビュー。

1988年、長渕剛から直接依頼されたテレビドラマ『とんぼ』に出演。 1990年、高橋智昭にその存在感と演技力が認められ、Vシネマ『ネオチンピラ鉄砲玉ピュ~』や映画『ライオンキングの夏』で主役に抜擢される。

1995年、哀川翔名義で監督デビュー。 助演男優として『棒の憂い』『うなぎ』などの作品にも出演し、テレビドラマやテレビCMへの出演も開始。 2004年、映画「ゼブラマン」で主演100作目。

竹内力とともに「Vシネマの帝王」と呼ばれる[7]。

2005年日本アカデミー賞主演男優賞受賞。

近年はバラエティ番組にも出演。

2010 年 6 月 4 日、彼の孫が生まれました [要出典]。

スポンサードリンク

モータースポーツ活動

TGRラリーチャレンジで相川翔が駆るトヨタ・ヴィッツ

FLEX チーム ショーでトヨタ ランド クルーザー プラド
車好きで、映画『SS SS』で三菱スタリオンの4WDラリーを見て「鳥肌が立った」とコメント。 また、ラリー参戦ドキュメント撮影[8]のため、国際C級ライセンス(レース除く)を取得し、2008年ラリージャパンに映画『SS』に登場したフォード・フィエスタSTにプライベーターとして参戦。 デイ2でリタイアしたものの、スーパーラリー規定によるペナルティを受けて復帰し、その後は完走。 [8]

2009年にはヒルクライム競技の最高峰であるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムにもドキュメンタリー撮影で参加し[9]、オープンクラス(改造商用車クラス)で5位入賞(計7台、2台が引退) )。 )[十]。 この時、ドライビングコーチを務めていたプロドライバーの奴田原文雄さんがコ・ドライバーとして突如搭乗。

2010年には自身のチーム「TEAM SHOW」を結成し、ラリージャパンに参戦(ドライバー:奴田原、自ら監督を務めた)。 クロスカントリーラリーに参加。 2011年、2012年は自らドライバーとして参戦し、2012年はクラス優勝も果たしている[11]。 また、2012年にはトヨタモータースポーツ株式会社(TMG)製のパワートレインを搭載した電気自動車「TMG EV P002」でパイクスピークに参戦。 ドライバーは同じくクラス優勝、総合6位の奴田原。 また、全日本ラリー選手権に愛車のトヨタ86で参戦。北海道でリタイアしたが、渋川ではクラス8位でフィニッシュした[12]。

2013年からは監督業に専念し、同じくタレントのヒロミと共にクロスカントリーラリーにドライバーとして参戦。 同年、カーディーラーFLEXがタイトルスポンサーとなり、公式サイトではFLEX RACING TEAM SHOWの活動を記録している[13]。

2016年、3年ぶりにハンドルを握り、TGRラリーチャレンジにトヨタ アクアで参戦。 彼はC-1クラスで6位に終わった[14]。 2017年も引き続きラリーチャレンジ3戦に出場。 マシンは昨年同様アクア。 木曽でC-1クラス6位、渋川でクラス9位、新城でクラス8位(ゲストエントリー)。 2018年は奴田原と共に同クラスにコ・ドライバーとして参戦し、茅野で10位入賞。 2019年はマシンをトヨタ ヴィッツに、2021年はトヨタ ヤリスにマシンを切り替えて継続参戦する。

私生活

1995年に元女優の青地久美と結婚。 青地は再婚し、青地の連れ子3人(長女・長男・次男)の父となり、後に青地との間に実子2人(三男・次女)をもうけた[16]。

スポンサードリンク

趣味は釣り[1]、ゴルフ[1]、昆虫採集(カブトムシ、クワガタ)、メダカ飼育。

日が昇る前に起きて、家族が起きる前に散歩をするためか、夕方にはすでに眠くなり、20時か21時に就寝する[17]。

私とRIKACOは隣に住んでいます。 彼らは家族として互いの家で食事をすることが多い[18]。

彼は喫煙者です

自分が真似されていることを好意的に捉えており、有吉弘行、花中義昭、伊達幹夫らに「面白いので今後もよろしくお願いします」と話していた。 相川は小出章愛の芸名のゴッドファーザーでもある。

芸人の体育会番組で短距離走に出場した際、後に芸人最速となる井出らっきょう(当時は井出浩志)と対戦し、一度はリードを許すものの前で追い抜いた。 ゴールして勝った。 また、この番組の収録後、本人が入院。

家族

六本木のカラオケバー「ニイチ」で開催された武蔵丸浩陽の大関プロモーションパーティーに出席した際に彼の妻に会いました。 その日、青地は矢沢永吉の妻とパーティーに出ていた。 結婚後、青地は福地久美名義で相川事務所の社長を務めた [19] ほか、相川主演映画の企画・制作にも携わる。

5人の子供(三男・次女)の親で、長女はcossamiのMINAMI。 次男はSCANDALのマネージャー[20]。 福地桃子は末っ子で次女。 長女・長男・次男は妻子、三男・次女は相川の実子である [16] が、5人とも「全員我が子」という方針で接している。 [21] 彼は妻の元夫と家族関係にあり、長女と息子の結婚式に元夫を招待した. [16] [15]

ミュージカル「HEADS UP!」でMINAMIと共演。 ~」[25]と「キズナワーク」[26]。

彼女は、2016 年 10 月 27 日に「ファミリー ヒストリー」で本名を明らかにしました [2][3]。 また、相川翔の原点は「悲しみ」を「川」と「翔」に投げ込むことだったことを明かした。 先祖は嵯峨鍋島藩の家臣である福地家に属し、父方の祖父は満州で警察官を務めていた。 受けて死んだ。 父方の祖母も生まれたばかりの娘とともに満州で亡くなった。 相川の父の兄妹2人だけが、父の部下に助けられ帰国した。 長男だった相川の父は病気のため佐賀の実家に預けられていたところ、父母兄弟の訃報を知らされた。

スポンサードリンク

昆虫の繁殖

2000年代後半あたりから、各メディアで昆虫好きと紹介されることが多くなった(隠していたわけではなく、いわゆる「意外な一面」クローズアップ)。 特に2015年までに約25,000匹のカブトムシが孵化し(幼虫の餌も自作)、「カブトムシ好き」として紹介されることもある(ただし、クワガタも好きで採集している)。 繁殖も行っています)。 2015年公開の昆虫生態ドキュメンタリー風映画『蟻のようにいたい』には出演しなかったものの、初日の舞台挨拶を見て希望者(中学生以下)に1人で育て上げた。 . 成虫200匹(100ペア)をプレゼントしたことがあります。 これは、配給会社の東映が、芸能界屈指の昆虫愛好家であり、年間数千匹のカブトムシを飼育している相川さんに、昆虫の魅力を知ってほしいと依頼したことで実現した。 相川は快諾し、自らVTRに出演し、動画を見た来場者に向けてコメントを発表した。 なお、東映によると来場者プレゼントとして生き物を配布するのは初めて。

2015年には、飼育したカブトムシの1匹が通常のカブトムシとして世界記録となる全長88mmに達し、ギネスブックに登録しました。 また、同誌でここまで大きくなった理由について「食べ物の組み合わせがうまくいったと思う」とコメント。 昆虫に関しては、1万分の1の確率といわれる雌雄同体モザイク(雌雄同体)であるなどの報告が相次いだ[27]。

-雑学, ~の違い