To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

赤井英和は脳挫傷の影響で「右側頭部にパンチをもらわない」条件付きで試合を許可

赤井英和(あかいひでかず、本名、1959年8月17日 - )は、日本の俳優、タレント。 元プロボクサーです。 プランニングメイ所属。 血液型はA型、身長178cm、体重82kg。 大阪府大阪市西成区生まれ。 大阪市立今宮中学校、私立浪速高校、近畿大学商学部卒業。

ボクサーとしての活躍を見せ「なにわのロッキー」の異名をとった後、俳優に転向。 現在は主に大阪でバラエティタレント、東京で俳優として活動。

スポンサードリンク

歴史・人物

高校時代

中学・高校時代、一度も負けたことがなく、大阪中にその名を轟かせた。 自分より弱い者には手を出さず、「誰が一番強いんだ! 戦おうぜ!」と喧嘩ばかりしていたという。 しかし、彼の自伝や他の情報源によると、彼は両手の指で数えられるほど多くのことをしただけだと主張しています. 同世代で闘争心旺盛だった(学年差)と言われた前田明は、この2人のエピソードをもとに「ファイティング花道」という作品を制作した。 その頃、近所で有名なヤンキーだった亀田三兄弟(現在の亀田三兄弟の父、亀田四郎ら三兄弟)が「高みに出れば赤井を倒す」と言っていたと聞いた。 「私は学校をサボって、亀田の兄が通う中学校に通い、土月に行きました。シロはまだ小学生でした」と彼は回想する。 高校受験の際には大阪府立住吉高等学校にも志願し、トミー・ミヤビを逃しそうになったという(詳細は次項)。

トミーズ雅との友情

住吉高校の受験で、同級生の北村正英(マサ・トミーズ)に目撃される。 その時、お互いのことを知らなかった二人だったが、二人の熱血漢はお互いのメンチを切り裂き、危機に陥った。 試験会場ということで喧嘩は避けられたが、後に赤井だと知った雅は安堵し、「赤井の落選を祈った」と語った。 合格を発表すると自分よりも先に赤井の受験番号を探し、赤井の不合格を確認すると胸をなでおろした。 奇しくもこの時期に出会った二人は、後に同じボクサーから芸能界へと同じ道を歩み、友情まで築き上げる。 赤井はお互いを「みやび」と呼び合い、みやびはお互いを「赤井」と呼び合う。 また、みやびの相棒であるトミー・ケンも住吉高校で受験し、ケンも合格。

トミーズ雅は、赤井が持っていたスーパーライト級よりも重いスーパーウェルター級のランカーです。 また、赤井と雅は一度スパーリングをしている。 先輩で下級生だった赤井に教えたいと思っていたが、赤井の左ジャブを打つたびに棍棒で鼻を殴られたような感覚になり、勝てないことを痛感した。

スポンサードリンク

プロボクサーデビュー

浪速高校(ナミハイスクール)に入学してすぐにボクシング部で活躍し、3年時にはライトウェルター級でインターハイ、アジアジュニアアマチュアボクシング選手権で優勝。 受け取った。 浪美高校より2つ年下のインターハイ王者・釘田周吉(現タレント・泉治)とは今でも仲が良い。 同時期の大阪でのライバルである浪庄高校のボクシング部には、後に1984年のロサンゼルスオリンピックで日本代表となり、名城信夫の指導者となった高見公明がいた。 高見は赤井と同じインターハイ優勝。 1980年のモスクワ五輪では日本代表確定と見られていたが、結局は補欠で残った(ライト級、新井幸人代表)。 その後、いわゆる冷戦対応の日本代表ボイコットにより、モスクワ五輪への出場を完全に断たれたため、学生プロボクシングへの転向が決まった。 ボクシングジム(現グリーン津田ボクシングジム)に入会。 アマチュア時代は新進ボクシングジム(現・新日本大阪ボクシングジム)に在籍。

なにわ岩場

プロ入り後、プロ4戦目となる全日本新人王決定戦で尾崎不二夫を3RKOで破り、ジュニアウェルター級全日本新人王を獲得。 ノックアウト連勝という快挙を達成し、そのプレースタイルから「なにわのロッキー」の異名を持つ。 強烈な打撃で世界タイトルを獲得するのも時間の問題と言われており、独特の試合後のインタビューコメントも人気を博した。 当時、赤井は関西出身の世界チャンピオンである渡辺二郎よりも人気があり知名度も高かった。

世界タイトル挑戦

1983年7月7日、近畿大学記念館で行われたWBC世界スーパーライト級タイトルマッチでアメリカのブルース・カリーに挑戦。 試合前日の記者会見で「7月7日の7回で倒してパチンコフィーバーにする」と宣言したが、皮肉なことに7回戦でTKO負けし、世界王座を獲得した。 逃した。 敗戦のショックで引退を暗示する一行を残して姿を消した。 しかし、数日後、彼は仕事を続けることにしました。

この世界挑戦に敗れ、公式に赤井の専属トレーナーとなったエディ・タウンゼントは、誰だかは明かさなかったが、ボクサーは優れた才能を持っていたが、ボクサーとしての誘惑に弱すぎた。 味を知ってから世界に足を踏み入れるのは遅かったという趣旨の発言を残している(「赤井とはもう少し早く仕事がしたかった」など)。 この発言は赤井に言及していると言われています。

スポンサードリンク

KO負け・怪我・引退

その後、赤井は再び世界を目指してカムバックすることになり、1985年2月5日、2度目の世界タイトルへの前哨戦として大和田雅治と対戦した。 しかし、この試合、赤井は大和田に殴られすぎて7回KO負けで意識を失った。 急性硬膜下血腫と脳挫傷と診断され、大阪市の富永病院で開頭手術を受けた。 搬送時の生存率20%、手術後の生存率50%と非常に危篤状態だったが、無事に回復した(開頭手術中に意識を取り戻し、頭に包まれた自分の脳に触れたとのこと) タオル)。 触ると強い吐き気を覚えたが、その理由がわからず、何度も触ったため吐き気を催したと証言した。回復後、ボクシングへの復帰を検討していたが、アドバイスを受けた。 医師によりボクシングを引退し、現役を引退。

生死をかけた闘争のさなか、浪速高校ボクシング部の先輩・藤本儀一は、速攻のスポーツ新聞に追悼文を書くよう依頼された。 しかし、彼は「冗談じゃない(彼はまだ死んでいない)!」と一笑に付した。 その後、赤井は藤本に会った際に「ありがとうございました」とのこと。

また、赤井は2009年10月6日未明にフジテレビ系で放送された特番「僕と家族の公式記録」(関西テレビ系では10月14日)で引退後25年ぶりにリングに内定した。 同年の)。 早朝放送)[1]。 飲酒と喫煙を1か月控え、現在の妻とトレーニングした後、彼はアクティブなWBC世界バンタム級チャンピオンの長谷川穂積と3ラウンド(1ラウンド3分)の公開スパーリングで対戦しました。

上記の挑戦では脳挫傷の影響が懸念されたが、医師の診察を経て「右頭部へのパンチは受けない」という条件で試合が認められた。 番組制作陣も「75kgまで減量しないと挑戦権を剥奪する」と赤井に制限をかけたが、練習の途中まで赤井に対戦相手を明かさなかった。

赤井自身は、引退後の禁欲どころか生活の影響で、全盛期からトレーニング前の現役時代までに16kgも太っていた。 しかし、「近畿大学ボクシング部(部員の不祥事により2009年6月に廃部を余儀なくされた)の後輩たちに、50歳で本気で戦うことで『ボクシングは素晴らしい』というメッセージを送りたい。 178回のトレーニングで5.2kgの減量に成功し、体重は75kgを切り、母校浪速高校の土俵で長谷川と対戦することができた。

俳優としてのキャリア

引退後は母校である近畿大学のボクシング部でコーチを務めるなど、後継者を育成した。 エンドロールの名前の横に「(なにわのロッキー)」のテロップが付いている。 1989年、坂本順治監督の『どついたる年』で主演デビュー。 本作は赤井自身のボクサーとしての半生を描いた自伝的作品で、現役最終戦の対戦相手だった大和田も特別友情出演として登場し、激闘を再現。

代表作に『どついたるねん』『幻の光』(1995)、『十五斎学校IV』(2000)など。 主にキャラクターを生かした熱血関西人を演じている。 『東京エレベーターガール』では、別居中の妻子を抱えながらも主役の女の子(宮沢りえ)とプラトニックな恋をする準リーダーとしてレギュラー出演。 ドラマ「高校教師」では、生活指導に厳しい体育教師を演じる。 また、『人間失格 ~たとえば私が死んだら~』では、死に追いやられた息子への復讐に燃える父親役を演じ、連続ドラマで初めて有名になった。 その後、『セカンドチャンス』『来社愛アブない女』などの人気ドラマに出演。 また、2013年の大ヒットドラマ『半沢直樹』では、前半で主人公半沢直樹の良きパートナーである竹下社長役を演じて話題となった。

1993年、ユキナエらと24時間テレビのパーソナリティを務める。

バラエティ番組にも多数出演し、タレントとしても活躍中。 「ゴキゲン!ブランニュ」では「逆に!!」などのギャグも。 また、番組内では下ネタやオナラを言うなど自由気ままなところがあります。 放送中はスキューバダイビング関連会社のイメージキャラクターとしてプロのモデルダイバーも務めた。

2022年8月28日より、徳島県南部の観光を盛り上げる「四国の右下」の観光大使を務める

スポンサードリンク

「だるま」の赤井さん

大阪の新世界に、赤井と先輩後輩が立ち寄った串カツ屋「だるま」がある。 赤井は学生時代からボクシングの練習帰りや、定年退職後に大阪に来るたびに足を運んでいる。 しかし、2000年頃、オーナーの病気により廃業を検討。 赤井さんは「このままではいけない。生かしておきたい」と話した。 こうして「だるま」は再び人気を博し、2号店、3号店を出店して成功を収めた。

アマチュアボクシングインストラクター資格取得
2011年8月7日、日本アマチュアボクシング連盟特別委員会の決定により、経験者がアマチュアボクシングに復帰できるルールによるアマチュアボクシングコーチ資格の初の申請となった。

2009年に部員の不祥事により廃部となった近畿大学ボクシング部の部長に2012年10月に就任し、活動を再開。 これで赤井はコーチとはいえ、再びボクシング界に戻ってきた。 その後、大阪地区のテレビレギュラー番組の不足により、大阪への訪問者やクラブ会員への定期的な案内が難しくなりました。 ]。

私生活

元妻との間に娘が2人、再婚した妻・加子との間に息子2人、娘1人がいる。 元妻との間に生まれた次女・咲は、モデル、女優、タレント、プロレスラーとして活躍。 長男栄五郎はプロボクサー[7]。 次男のヒデカは俳優で、2015年24時間テレビのチャリティードラマで父ヒデカズと共演。

1993年、オシドリ夫婦で知られるよしこさんと結婚。 二人が結婚したきっかけは、芳子が英和の実家に駆けつけたからだ。 1998年に双子の娘が生まれましたが、28週で早産したため、桃子はわずか3日後に死亡し、桜子は先天性脳軟化症との戦いの7か月後に死亡しました。 田んぼ。 その後、芳子との間に生まれた長男の栄五郎は、2015年からアマチュアボクサーとしてリオ五輪への出場を目指す。 栄五郎は父親が失敗したオリンピックへの出場を目指していたが、アキレス腱の断裂や左手首の靭帯の断裂などの怪我の組み合わせにより、オリンピックの夢は打ち砕かれました。 手術を経て、栄五郎は名門帝拳ジムから2021年9月にプロボクサーとしてデビュー。

美子との間に生まれた三女のつかさ(英五郎、英華の姉)は、2017年ミス・ユニバース・ジャパン東京大会で審査員特別賞を受賞した[11]。

また、よしこさんのTwitterフォロワー数は20万人を超え、彼女がつぶやく赤井家の日常は扶桑社より「赤い図鑑」(2021年11月17日発売)として刊行されている。

加古との結婚30周年となる2022年、「2022年の良き夫婦パートナー」エンタメ部門に選出。

-雑学