To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

赤坂泰彦はテレビでは理知的なキャラクターだがラジオのDJではハイテンションにツッコミまくり!

赤坂泰彦(あかさか やすひこ、1959 年 11 月 25 日生まれ)は、東京出身の日本のラジオ DJ、タレント、司会者、俳優、ミュージシャン、作詞家です。

スポンサードリンク

バイオグラフィー

東京生まれ。 目黒区で育ち、日大桜丘高等学校卒業。 彼は千葉商科大学を中退した [要出典]。

1982年(昭和57年)、CBSソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)より自身のロックバンド「東京JAP」のドラマーとしてデビュー。 代表曲は「摩天楼ブルース」。 バンド活動休止後、憧れだったDJを本格的にやろうと決意し、TBSラジオの仕事を始める。

数々の深夜番組を担当。 中でもFM夜街「PAJAMA PRESS」(JFN、1988年10月~1994年3月)で根強い人気を博した。 1989年よりTOKYO FMの夕方のワイド番組「TOKYO POP ARENA」を担当。 後に「DANCE SHIP TOKYO」と改称し、3年半にわたり担当。

1992年「夢がMORI MORI」(フジテレビ系)にキックベース解説として出演し、独自のフレーズを披露。 番組冒頭は出演しなかったため、視聴者から「顔が見たい」との声もあり出演、その後は番組進行役としても出演。

また、この時期(1992年4月~1993年3月)、テレビ神奈川(TVK)の生放送音楽番組「ファンキートマト'92('93)」の後半にレギュラーとして出演。

1993年4月1日よりJFN「赤坂康彦のミリオンナイツ」が放送開始、1994年には本番組での活躍が認められ、第31回ギャラクシー賞でDJパーソナリティ賞を受賞(これは2016年に個人賞から転向)。 [1]。

1995年(平成7年)4月25日、TOKYO FM開局25周年特別番組「赤坂泰彦の東京・ニューヨーク25時間スペシャル」がニューヨークから生放送された。 この時は憧れのウルフマン・ジャックとダブルDJを披露。

1997 年 9 月 30 日、彼はミリオン ナイツを去りました (ショーは 1999 年 3 月に終了しました)。 その後、日本テレビ「THE夜モヒッパレ」のMCを務めるなど、テレビ・ラジオのレギュラー番組を多数持つ。

1997年10月、ニッポン放送で赤坂単独初のAMラジオレギュラー番組として「オールナイトニッポン」の日曜版「赤坂康彦のオールナイトニッポン電話依頼」が放送された。

1998年、長野オリンピックの聖火ランナーとして長野県飯田市を走る。

スポンサードリンク

テレビ番組の司会やコメンテーターとして出演するときは控えめな口調で知的な性格だが、ラジオ番組のDJになると別人のように振る舞う。 「ミリオンナイツ」「スーザンクサイポップス」のコーナーでは、曲の趣旨や歌った歌手を問わず、繰り返し批判。
ビリヤード好きで「芸能界特技王決定戦TEPPEN」(2012年6月16日フジテレビ系)や「ビリヤード8」「芸人最強8ボール選手決定戦」(テレビ系)などのテレビ番組にも出演。 神奈川、2016)。 12月8日)が実力を披露している。 金子昇とともに、ビリヤード推進委員会のポスターにも起用された。

-雑学