To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

明石家さんまはフライデー襲撃事件でのたけし謹慎時、吉永小百合の「奈良の春日野」をバックに鹿の着ぐるみを着て、渡辺正行と踊っていた

明石家さんま(あかしやさんま、1955年<昭和30年>7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。 本名は杉本貴文。 番組企画・構成において本名でクレジットされることもある。 吉本興業所属。

和歌山県東牟婁郡古座町(現・串本町)生まれ、奈良県奈良市出身[3]。

落語家を志し、二代目笑福亭松之助に入門し、笑福亭さんまの名でデビュー。 1970年代後半から芸能界の第一線で活躍を続け、ビートたけし、タモリとともに「日本の三大コメディ」と呼ばれる国民的お笑いスター。

スポンサードリンク

歴史

1955年、和歌山県東牟婁郡串本町の水産加工会社の次男として生まれる。 3歳の時に奈良県に転居し、小学校の奈良市立小坂小学校では、小学生の頃に捕まえたムササビを展示している[4]。 また、当時「ムササビを捕まえた少年」として話題になりました。 恩師の勧めで東大寺学園中学を受験するも不合格となり、その後奈良市立三笠中学校に入学。 奈良中学校相撲大会で準優勝。 中学生の頃、同級生2人でいたずらグループ「エアーズ」を結成し、よく遊んでいたという。 彼はまた、植物などを模倣しました[5]。

奈良商業高校時代はサッカー部に所属していたが、決して真面目な学生ではなかった。 17歳」と公言する。もちろん先生は敵だったし、高校3年の運動会の徒競走で逆走した際、目の前で追い回されるなどのエピソードもあった。 怒った教師による PTA . クラスメートの前で、彼はしばしば三枝桂の落語や彼自身の新しい漫画のコピーを見せびらかし、英語の教師は時々彼のクラスを中断してそれを容認した. タレントから「杉本、君、吉本」と言われて次第に芸能界に興味を持つようになり、奈良商業高校在学中は放課後にパチンコをし、稼いだお金を仲間に分配していた。

 

見習い

高校3年生の1974年2月、笑福亭松之助に入門。 入学のきっかけは、花月で松之助の新作落語を見たことがきっかけと言われています。 松之助が初めて会った時、なぜ私を入門生に選んだのかと聞かれました。 「そら、おおきに」と答えた。 松之助はすぐにサンマを自分の勤務先のラジオ局に持って行った[9]。

高校卒業後の3月、正式に内弟子としての修行を始める[9]。 彼の最初の人生は、剃毛以外は自由放任だった[10]。 彼の高座名は「笑福亭さんま」と名付けられました。

しかし、半年もしないうちに内弟子修行を断念し、当時交際していた女性と上京し[11]、東京で名を上げようとした(いわゆる「さんま駆け落ち事件」)。 )[12]。 しかし、東京での生活はうまくいかず、さんまが大阪に一時帰国した際、松之助から借りていた本を返すという口実で松之助の家を訪れた。 明るい声でさんまを励ました。 この時、正式に弟子入りすることはなかったが、松之助は「さんまが帰ってくるので、遠慮なく聞いてください」と話していた。付き合っていた女性が別の男と結婚し、さんまは復帰することになった。 内弟子としての修行へ。 』」で、先生と生徒として初めて食べに行ったラーメン屋【13】にさんまを連れて行った。 その後、松福亭に対する反発があったため、松之助はそれまで名を使っていた笑福亭に代わり「明石屋さんま」として新たなスタートを切ることを決意。

スポンサードリンク

関西地方時代

1976年1月15日、読売テレビ「11PM(大阪イレブン)」にて、20歳の上方落語家をスタジオに集めて生トークする企画「20歳性成熟ピンクテスト」。 松之助から着物の代わりに赤いブレザーを着用するよう指示され、多くの演者は着物の指示に従って業務用に赤いブレザーを着用した。 これがさんまのテレビデビューだったという[注1]。

弟子入りから2年が経過し、さんまは通学弟子を卒業するが、テレビ出演のオファーはない。 などの営業活動を行っており、先輩お笑いタレントの森圭司さんや難波吾郎さん(後のオクレさん)とほぼ毎日のように遊んでいただけでした。 ある日、毎日放送「スタジオ2時」の企画「ヤング漫才選手権」に同窓生の明石家おろくと漫才コンビとして参加を依頼される。 小禄との漫才では、巨人の1番柴田選手から8番川野選手までの形態を順番に披露し、最後は巨人のエース・小林茂選手の投球フォームを披露し、お客様から好評を博しました。 となり、徐々に人気が出てきました。 増加した [6]。 そのこともあり、1976年大晦日のフジテレビ「小川博史ショー」に出演。 前述の形態再現で同年活躍したスポーツ選手であったが、東京での作品はこれが初となる。 . 1977年2月から梅田花月にお笑いコンビとして出演し始め、吉本興業から「アトムスリム」として正式デビューを打診されたが、さんまはピンと売りたいと強く断った。 組み合わせはキャンセルされました [6]。 同時に島田真輔からお笑いコンビ結成の打診を受けるも断り、代わりに真輔に松本龍介を紹介し、「真輔龍介」の結成に大きな役割を果たした。

1977年10月、B&B、吉尾典夫、ザ・ボンチラと共にコントロールユニット「ビルス7」を結成し、花月のステージにレギュラー出演。 これらの活動が注目され、毎日放送の人気番組「ヤングオー!オー!」に三枝桂が抜擢された。 三枝の愛称「サニー」にちなんで「チャッピー」の愛称で呼ばれ、三枝の愛と厳しさに育まれながら、次第に頭角を現し、林家小染、月亭八方、桂琴子、桂文珍の番組に出演。 ユニット「ザ・パンダ」を再結成し、さんまをメンバーに迎えた「サニーズ大阪スペシャル(S.O.S)」を立ち上げる。 その結果、1978年10月、『MBSヤングタウン』で三枝桂のアシスタントに抜擢される。 同じ頃、プロ野球で「ブランクデー」事件が発生し、巨人・小林茂が阪神に移籍し、前述の小林の形態再現が再び脚光を浴び、同記録を打ち立てた。 形態再現を公開しました。 、 大ヒットするなど、関西を中心にアイドル的な人気となった。

スポンサードリンク

国民的スターになる

1978年、フジテレビ正月特番「初詣、三枝の爆笑ヒットパレード」に出演。 同番組スタッフの横澤明、三宅啓介らと出会い、フジテレビ「千夜一夜物語」など多数の番組に起用される。 1979年10月、ニッポン放送で「明石家さんまのオールナイトニッポン」などのレギュラー出演を開始し、徐々に東京へ進出。 』など

1980年、吉本興業が東京への本格参入を図るため東京連絡事務所を設立し[注2]、漫才ブームが次第に停滞する中、さんま・神龍が先陣を切って東京での仕事を増やし始めた。 、「君が笑ってる時」、「俺たち氷族」にメインレギュラーとして出演し、同年、「サンマのサタデーナイトショー」(テレビ東京)で冠番組を獲得。 1983年12月、『のんきくん』(フジテレビ系)でドラマ初主演を務め、当時過小評価されていた東京で大阪芸人としての地位を確立し、 大阪中心部から東京中心部。 移動しました。 しかし、この頃は仕事量と給料が全く釣り合わず、密かに吉本を辞めることを決意していたが、東京支社長の木村政夫が吉本の看板にしたかったためやめた。 それは言います。

1984年4月より金曜日の番組「笑っていいよ!」にレギュラー出演。 特にさんまはプロデューサーに「10分でもいいからタモリと雑談できるコーナーが欲しい」と要望を出し、10年以上続く人気コーナーとなった。 . その結果、1985年6月の第1回東京国際映画祭では、タモリと共に総合司会を務めた。 しかし、彼は「遊び心のある司会者」としての彼の節度と、「ソフィー・マルソーがそれについて知っていたと言う気質」について新聞で批判されました. 2回目以降は総合司会を務める予定だったが、結局1回で落とされた[14]。

この間、彼は非常に忙しく、週に数回大阪と東京を行き来していました。 搭乗前の「ひょうきん族」の収録が予定より早く終了し、全日本空輸の早い便に切り替えることで墜落を回避した。 同日放送の「ヤングタウン」では「いつも使っている便だけど…」と衝撃を隠せなかった。 なりました。 また、この経験から生まれたサンマの座右の銘は「生きているだけで大儲けする」であり、これが娘IMALUの名前の由来となっている[15]。 この言葉は「笑顔のまんま」の歌詞にも使われています。

1986年7月よりTBS系ドラマ『男と女7人 夏物語』、1987年10月より続編『男と女七人秋物語』で主演を務め、いずれも最高視聴率30%以上を記録。 . スターになる。 同じ番組で大竹しのぶと親しくなる。

1987年4月、ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)からファミリーコンピュータソフト「パシフィックさんまの名探偵」が発売され、人気を博した。 しかし、吉本興業は本人の許可を得ることなく製造・販売の許可をメーカーに与えていたので、真相を知ったのは発売後でした。

同年7月18日~7月19日、7月18日~7月19日に生放送された「第1回 FNS 27時間TV/FNSスーパースペシャル 億人TV 夢の列島」の総合司会を担当。 深夜コーナーでは金曜事件で活動停止中のビートたけしが登場。 これをきっかけにタモリタケシも元旦にゴルフ番組を開催する企画を持ち、番組のタイトルが「BIG3」となり、結果的にこの3人をBIG3と呼ぶようになった。 . 翌1988年には司会を辞退するが、1989年には再びタモリと共に「FNSスーパースペシャル 1億人TV 夢の列島'89」の司会を担当。

スポンサードリンク

大竹しのぶさんとの結婚・離婚

1988年10月、『男女秋物語』出演時から交際していた女優の大竹しのぶと結婚、翌1989年には長女IMALUが誕生。

1989年10月、『ひょうきん族』終了と同時に育児に専念するため一時休業し、全国ネットのレギュラー番組は『笑っていいとも』『さんまのまんま』『さんまのまんま』 あっぱれさんま大先生」。 ただ、ゴールデンバンドにはしばらくレギュラー番組がありませんでした。 1991年、OVA「リリーが見た優しい虹」に原案・声優(ジョー役)で参加(大竹はリリ役)。 さんま名義で絵本も出版され(脚本は君塚良一作)、家庭的なイメージが強いが、結果的にNHKの「好きなタレント調査」で5年連続1位を獲得。 2010 年には 15 位に急落し、一時的に人気が低下しました [16]。

1992年9月、大竹と離婚。 バブル経済の崩壊も相まって、8億5000万円の邸宅をしばらく売却できなかった。 結局、数年後には 3 億円にまで落ち込み、5 億円の借金を残して売却された [17] 。 そのため、1992年4月からは『さんまのからくりTV』(1996年4月からは『さんまのSUPERからくりTV』)、1993年4月からは『さんまのナンデモダービー』、1994年4月からは『恋のからくりTV』で放送されている。 カラサワリの放送開始など作品が増え、前述の人気調査でも1995年に6年ぶりに1位となり、1998年からは再び1位となった。

1995年9月、11年半にわたりフライデーレギュラーとして出演していた「笑っていいとも!」を番組スタッフとの確執により脱退。

男女7人の秋物語に出演後、主演男優としてのドラマ出演を控えていたが、『恋もにどめなら』(1995年1月 - 3月、日本テレビ)、『気が済むまで』(1996年)4月。 - 6月、TBS)、「恋するバカンス」(1997年1月 - 3月、日本テレビ)、「パパが世界で一番好き」(1998年7月 - 9月、フジテレビ)、「sweet life.」(1999年7月 - 9月、 日本テレビ)など. 離婚後、彼は年に一度主演した. 他の場所では、1996年1月10日にフジテレビの田村正和主演の古畑任三郎の最初のシーズンスペシャルにゲスト出演し、成功した弁護士を演じた. シーズン中、平均視聴率は10%台半ばだったが、この放送が視聴率を25%まで上げ、古畑を人気シリーズに押し上げる一翼を担った。

スポンサードリンク

影響力のあるエンターテイナーとして

1990年代までは「飯友」の金曜雑談コーナーや「ガレージケース」に代表されるように、BIG3の立ち位置でもビートたけしやタモリにめちゃくちゃにされた役が多かったが、1990年頃から 90年代後半、ナインティナインなど、一回り以上離れたジュニア芸人がどんどん出てきます。 あまりにも悪いことをしたせいで「めちゃイケ」にゲスト出演したところ、ナインティナインの岡村隆史から「お笑いモンスター」と呼ばれるようになり、さんまの代名詞となった。

SMAPとの親交を深め、2000年から2016年にかけて「さんま、今夜は中居は眠れない」で中居正広と共演するなど、多くの番組で各メンバーと共演し、年1回の年初レギュラーを務めた。 特別番組。 中でも2002年「空から降る一億の星」(フジテレビ)でダブルスターとして共演し、特に木村拓哉とは公私ともに親交を深めた。 』に引き続き共演。

2003年、初の戦争ドラマとなるTBS系ドラマ『さとうきびばたけのうた』で主演を務め、2003年文化庁芸術祭テレビ部門大賞を受賞するなど高い評価を得た。 しかし、戦争映画ならではの過酷なロケ地について、本人は「二度と戦争ドラマに出たくない」と語っている。 」はパロディとジョークです。

娘のIMALUは2009年に芸能界デビュー。当初は猛反対だったが、発表の前日に元妻の大竹から突然連絡があり、「とにかく、 人の2倍頑張らなきゃいけない。」 .

2012年4月8日、なんばグランド花月で開催された「吉本興業100周年特別公演 伝説の日」に4度目の出演。 大鳥としては「サンマの住人」が25年ぶりに復活。 当時のレギュラーメンバーである月亭八方、間勘平、村上正治、ジミー大西、今田浩二、岡村隆史、桂小枝、西川清、師匠の松之助のほか、総勢51名が出演。

 

60歳の誕生日以降

2015年7月には還暦を迎え、還暦を記念してフジテレビ系「サンマッカ!?TV」や毎日放送「わくわく!芸能人が出演して思い出を咲かせた」が放送された[21][22]。さんまは考えていた。 還暦を迎えてしばらく引退することについて[23][24]. しかし、吉本幹部や芸人仲間からは反対され、特に笑いに悩んでいた太田光は「ずっとやってほしい」と話していた。 すり減るまで。 今辞めたらかっこよすぎる」

還暦を迎え、タレント以外の活動としてプロデューサー業に携わる。 これまでに構成・企画として番組に参加してきたが、プロデューサーとして番組制作に携わるのは初めて。 当初は小出恵介がさんま役を演じていて、実は前年にクランクアップしていたのですが、配信開始直前に小出恵介が不祥事を起こしたため、お蔵入りの危機もありましたが初登場でした。 提供されます。 代わりに玉山哲司がサンマ役の全シーンを再撮影・再編集し、当初の予定より1年延期された2018年夏に配信された。 さんま本人は本編には登場せず、各話のオープニングコメンタリーや最終話終了後に登場し、制作秘話を振り返る。 また、さんまはニューヨークで小出に会いに行くなど、小出との交友が続いている [26] 。

2015年11月、『さんまのまんま』で共演した直木賞作家・西加奈子さんとの縁で、小説『魚子の肉子ちゃん』の映画化権を獲得。 当初は実写化も考えていたのですが、西さんの希望でアニメ化が決まり、プロデューサーとして参加させていただきました。 2年以上の制作期間を経て、2021年6月に上映された[27]。

スポンサードリンク

所属する吉本興業のほか、節税と自己管理を目的とした個人事務所「事務局」も所有しており、ここで仕事や保証管理を行っている。 基本的に芸能運営業務は行っておらず、さんま以外が所属事務所に所属していることを前提としておりません[注4][28]。

主君・松之助の弟子である六代目笑福亭松鶴の弟子である二角笑福亭、二鶴笑福亭、鶴瓶笑福亭鶴兵衛は従兄弟にあたる。

彼はヘビースモーカーであり、トークショーで喫煙していた[29]。 彼はまた、コメディーまたは喫煙のいずれかをやめなければならない場合、コメディーをやめるだろうと述べ、「喫煙をやめると精神的ストレスが蓄積し、早死にするだろう」という理論を展開します. 彼は2000年代以降の禁煙ブームについて、「税金をたくさんかけられているのに、ますます恥ずかしくなってきた」と訴えた[30]。 関西の劇場に出演を依頼された際、喫煙所がなく「それなら出られない」と。 [31]があります。

2016年頃から、タバコ以外にも、TPOを考慮した放送局などの仕事でIQOSを愛用している[32]。

家族

1989年9月、大竹との間に長女の伊丸が誕生。 大竹は未亡人の元夫との間に一男児をもうけたが、父親とは呼べないため、離婚後も「上司」と呼んでいる。

大竹とは「大竹が仕事を辞めることを条件に」とのことで、仕事を辞められるか聞かれると「辞める」と答え、大竹しのぶ自身も捨てられるかと聞かれると「捨てる」と答えた。 しかし、働き始めてすぐに喧嘩やトラブルが発生。 さんまの本音は、長女が生まれたばかりで、3歳まで家にいてほしいというもの。 結局、大竹とは1992年9月に離婚。 離婚直前に一緒に観た映画は「薔薇一族の戦争」で構成されていることが多く、仲の良かった夫婦がケンカしてしまうという内容である。 [34] 離婚後、さんまも大竹も再婚せず、大竹とは仲が良く親友のように接しており、その後も度々番組で共演している。 長女のイマルは2009年4月にIMALUとして芸能界デビュー。

 

芸名

松之助に弟子入りした当初は「笑福亭さんま」と名乗っていたが、芸名の「さんま」は奈良のさんまの実家が水産加工業を営んでいたことに由来する。 命名当時、同世代の島田晋助は、師匠である島田洋之助と今北代から芸名「慎介」を授けられた。 「さんま」という芸名を与えられたと聞いたとき、「こいつはもう終わった」と大笑いしたというエピソードもある。

落語家から落語家に転向する際、師匠の松之助の勧めで「明石屋」と改名。 「明石家」は松之助の本名「明石徳蔵」から名づけられたもので [36] 、当時、松之助の弟子の多くが「明石家」を名乗っていた。 松之助は後に長男を明石屋のんき、次男をパポ明石と名づけた。

スポンサードリンク

体格的特徴

「出っ歯」がトレードマークで、明石屋サンマが「出っ歯」と言われるほど「出っ歯」の代表者として有名です。 サンマの顔を似顔絵や冠番組のロゴマーク、マスコットなどで真似するときは必ず出っ歯が強調される(『からくりTV』『お笑い向上委員会』など)。 甲高い笑い(息を吸いながら笑う)も特徴的。

体型はスリムで、「体重は高校生の頃から変わっていない」とのこと。

友情

1980年代以降、吉本は村上正治、間勘平、オクレ、ジミー大西らと番組で共演することが多い。 また、デビュー当初から島田真輔、松本竜介、オール阪神と共演し、共に営業に出る機会が多かった。 しんすけが芸能界を引退した後、実際に会うことはなかったが、しんすけから電話がかかってきたときのエピソードをときどき語っている。 吉本以外の著名人は、ガダルカナル・タカ、笑福亭小瓶、松尾晩内、温水陽一ら飲み仲間、インスタント・ジョンソンのジャイやアンジャッシュの小島和也ら麻雀仲間。

ドラマ共演時には家族の仲になることもあり、元妻の大竹とはドラマ共演をきっかけに関係を深める。 2011年にオーストラリア旅行に出かけ[37]、バラエティ番組やドラマで共演した木村拓哉から「オジキ」と呼ばれるほど慕われている。 また、浅田美代子さんと元プロ野球監督の星野仙一さんはオーストラリアで正月を過ごした友人でした。 また、読売ジャイアンツの投手だった木田正男とは引退試合に駆けつけ、自身の番組にレギュラー出演するなど親交が深く、木田はさんまを「師匠」と呼んでいる。

 

趣味

趣味はテレビでのスポーツ観戦、ゴルフ、競馬、マンガ、麻雀など幅広い。 また、幼い頃から自分の野球チームを持つなど、野球観戦・プレー好きで、MLBやプロ野球、高校野球観戦に熱中している。 仕事で家を空けている時以外は、BSやCSのスポーツ中継を深夜までリアルタイムで視聴している。 MLB以外にも、ヨーロッパのサッカーリーグやUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグ、アメリカンフットボールNFL、バスケットボールNBA、アイスホッケーNHL、テニスメジャー、ゴルフメジャートーナメントなど幅広いジャンルがあります。

彼がよく言及する選手には、マイケル・ジョーダン、ステフィン・カリー、モハメド・アリ、グレッグ・ノーマン、長嶋茂雄が含まれます。

スポンサードリンク

フットボール

特にヨーロッパのサッカーが好きで、学生時代に憧れていた選手は主にマンチェスター・ユナイテッドでプレーした北アイルランドのジョージ・ベストと西ドイツのフランツ・ベッケンバウアーでした。 マンチェスター・ユナイテッドのほか、サッカーを始めたきっかけは、小学6年生の時に日本代表の監督として来日した西ドイツのデットマール・クラマー選手だったという。 そのこともあって、今でもサッカーのナショナルチームでドイツ代表の大ファンを公言している。 高校時代はサッカー部に所属し、自称スター選手。 彼の家には珍しいアイテムがたくさんあります[41]。

1980年代、日本サッカーリーグを何とか盛り上げるためのキャンペーンポスターのモデルに抜擢される。 「ザ・マミー」の創始者となる [42]。 サッカー好きのタレントとして衰退しつつあった日本で、サッカー人気を盛り上げようとしていた。 この頃、ラモス瑠偉、砺波利文らと親交を深め、トーク番組で共演することが多かった。

2002FIFAワールドカップ開催前の1990年代からは、フジテレビ系サッカー番組「さんまの天国と地獄」のメインパーソナリティーを務め、ワールドカップ、 クラブワールドカップ。 役としてキャスターやコメンテーターを務めることが多い[40]。 毎年、日本テレビで放送されているトヨタカップをゲストで観ています。 試合はスタジオで観戦中。

一方で、欧州サッカーファンの立場からは日本のサッカーに対して無礼な発言をしたり、インタビューではサッカーとは関係のないことを話したり、サッカーファンから批判されることもあった。 彼の発言はしばしば物議を醸す[39][43]。

アニメーション

漫画もよく読んでいて、「愛と誠」「ド根性ガエル」が好きで、理想の女性は「タッチ」の麻倉みなみ、「うる星やつら」のラムだと公言している。 イメージとして表示されます。 また、副店長の井上聡さんにすすめられて『ドラゴンボール』を読み始め、『ONE PIECE』『アオアシ』『ダイヤのA』『BLUE GIANT』などのスポーツ漫画や少年漫画を読んで、 そして「鬼滅の刃」。 彼は漫画を読むのが好きです[44][45]。

音楽

学生時代は吉田拓郎の大ファンで、吉田拓郎の代表曲「イメージポエトリー」を生涯の歌のひとつに挙げている。

桑田佳祐、アルフィー、松任谷由実、松山千春、CHAGE and ASKA、甲斐バンド、オフコース[注7]などは20代の頃から番組での共演を通じて親交があった。 [47]。

2000年代にはMISIAなどの歌手と交友を持つ。 [48]。 どちらかというとメロディーよりも歌詞を重視しているようで、大塚愛の「Cherry」、森高千里の「渡良瀬橋」、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」、西野カナの「Darling」のように可愛い。 好きな歌詞[49]。

映画

彼女は映画が大好きだと公言しているが [34] 、重くて暗い芸術作品が苦手であると公言しており、ビートたけしが作った映画を見たことがない [50] 。

スポンサードリンク

仕事

アートスタイル

落語家時代はスポーツ選手の真似で人気を博した。 特に1979年1月に江川傑とのトレードで阪神に移籍した小林茂はブランクを経て阪神で活躍し、得意とする小林や掛布正行の形態模写が人気を博した。 その結果、全国でレコードをリリースしたり、CMに出演したりしている。

1980年代半ばから主に司会を務め、トークのテンポが乱れるとすぐにツッコミやボケを入れたり、笑いに変えたりもする。 はり芸が得意。 同時代の盟友である島田晋輔を筆頭に、中居正広、笑福亭鶴瓶、所ジョージ、中村勘三郎、桑田恵介、元妻の大竹しのぶ、娘のIMALUなど、厳しい発言をするのが恒例の流れだ。 「嘘」や「どうしてそんなに嘘をつくの?」など。

仕事でもお笑いに対して非常に厳しいスタンスをとっており、公演中も後輩芸人に愚痴をこぼすことが多い。 [19]、下町の2人は共演時に目が全く笑っていないので怖いと言う[51]。 さんま自身もタケシやタモリとのスタイルの違いについて、「あの人たちは懐が深いので、出てきたら一歩下がって相手を叩く。でもその反面、自分はいつも自分を追い込んでいる」とコメント。 彼はその違いを分析している [52]。

番組企画以外は基本的に政治の話はしないが、時折、税金の使い方に不満を持って国税局に抗議した話など、批判的な発言をする。 [53]があります。

 

落語界との関わり

紹介当初は落語家として活躍していた[54]。 初舞台は紹介から半年、場所は京都花月[55]。 彼は、西遊記として総称される落語の古典の 1 つである播州めぐりを約 10 日間にわたって口頭で演じました。 本人いわく、「最初の段階で緊張しすぎて頭が真っ白になり、ストーリーを練り直しました。 「15分くらいで頭が真っ白になってやり直し、所要時間は45分」「この後、二人で横山円達と花菱亜沙子になって漫才を始めた」という。 ' 彼は言った。 4代目の林家染丸も、この頃主宰した落語公演でさんまが真剣に「播州めぐり」に取り組む様子を目撃した [9] 。

しかし、タレントとして多忙を極めたにも関わらず、自分の落語力に限界を感じ、師匠から落語をやめるよう勧められた。 待ってました! 東西落語家協会の司会者として出演した際、テレビの前で「今日限りで落語をやめる」と宣言。 その結果、1979年7月27日、彼が舞台で古典落語を最後に演じたのは「千里半城亭」でした。 しかし翌年、桂三枝主宰の落語会に参加する誘いを快諾。 1981年7月11日、彼は演壇に立ち、「神の願い」と呼ばれるお笑いスタイルの落語を上演した[6]。 その後、テレビ番組の企画に一部出演しただけで、落語全般を演じることはなく、落語界や寄席から距離を置いたが、落語家としての活動はしていなかったものの、桂との出会いを果たした。 三枝会長のもと、上方落語会に所属[56]。 2004年、実行委員長の笑福亭鶴瓶の依頼で彦八まつりに出演。 混乱を避けるため、公演日は発表されなかったが、落語が上演されるという情報のお陰で、来場者数は通常の2倍となる2日間で10万人を超え、新記録を樹立した(着物に出演したものの、 『大霧ガバチョ!』では落語はなし)。

2012年7月23日、「なんばグランド花月」での6代目桂文士の発表会に月亭八方、桂琴子と共に出演。 司会の八方さんは、さんまを「吉本興業のバックボーン」と紹介し、さんまは笑福亭の御米笹紋をつけていました。

 

放送局との関係

1980年代から、東京の番組でさんまを積極的に使ったフジテレビの横澤明プロデューサー(後の吉本興業専務取締役)が多くの番組に出演。 (特に2009年に盟友の三宅がフジテレビを退職し、贈答品として2008年7月26日に総合番組を制作する。27日には「FNS 27時間テレビ」の総合司会を担当した。 !! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!」で、19年ぶりに総合司会を務めた。 三宅の定年延長のためテレビ出演。)また、日本テレビの吉川敬三監督の番組への出演も多かった。 大阪の毎日放送初レギュラー番組以来、テレビ、ラジオ、またはその両方で週1回のレギュラー番組に出演し、大阪での収録を続けている。

また、影響力のある芸人となると、レギュラー番組以外のゲスト出演はほとんどないが、まだ再編期ではないものの、サンマは後輩タレントの番組や若手監督が手がける番組に積極的に出演し、特に「 メカ2イケ」。 ひょうきん族最後のADである片岡明日香が番組総監督を務め、番組開始時からレギュラーゲストとして出演し、2018年3月の番組最終回にも出演。 土曜日の19時、彼は番組の終わりを見る方法として、彼自身のキャラクターであるパルデネンに変装して番組の最後に登場しました。

しかし、テレビ局では様々な要因でスタッフと衝突し、結果として局自体から疎遠になってしまうこともある。 確執があった放送局には、NHK [注8]、テレビ朝日 [注9]、テレビ東京 [注10]、ラジオのニッポン放送 [注11] [60][62][65]などがある。 [66]。 しかし、現在はこれらすべての局に再出演し、その後もレギュラー出演を続けており、確執が続く局はありません。

また、ギャランティーの問題からローカル局や独立局への無料友情出演以外の出演は少ない。 若い頃、当時開局したばかりのびわ湖放送の開局記念特番に出演した経験があるが、当時動員されていた吉本興業の人気お笑いタレントの一人だった。 [67][68]です。 2015年3月、友情出演として「白黒アンジャッシュ」(千葉テレビ放送)にマンスリーゲストとしてサプライズ出演、関東地方での独立局番組初出演となる。 また、別番組のロケ企画として地方局出演として、2010年7月5日には毎日放送「わくわく!明石電子時代」のロケ企画として、熊本放送「RKKワイドイブニング一番」にサプライズ出演した。 、同じアフィリエイトです。 出演は、2019年11月7日、奈良テレビ放送「ゆどき!」にサプライズ出演。 日本テレビ「明石家さんま No One Knows 5th」の企画で。

 

インターネットビデオ

「Amazonプライム」や「YouTube」には他にもたくさんのよしもと芸人が出演していますが、さんまは基本的に出演していません。 これは、「テレビで生きてきた人がテレビを守ろうとしている」という自身のポリシーによるものである [71] 一方で、人気YouTuberを注視し、露出度の高いYouTuber東谷佳和のネタバレを積極的に行っている。 独自のプログラム。 また、2022年2月頃、テレビで「中田敦彦さんが持ってきたYouTube企画が面白かった」と発言。

人気番組のエピソード
私たちは面白い部族です
『タケちゃんマン』の悪役は当時劇団東京乾電池に所属していた高田順治が演じ、さんまは『ひょうきんベストテン』の司会者として出演した。 2回目の収録前に高田がおたふく風邪で入院したため、出演者の中で唯一高田の衣装サイズに合ったサンマが代役となり、その後はタケちゃんマンの敵として番組終了まで出演した。

スポンサードリンク

人気番組でのエピソード

オレたちひょうきん族

『タケちゃんマン』の悪役は当時劇団東京乾電池に所属していた高田順治が演じ、さんまは『ひょうきんベストテン』の司会者として出演した。 2回目の収録前に高田がおたふく風邪で入院したため、出演者の中で唯一高田の衣装サイズに合ったサンマが代役となり、その後はタケちゃんマンの敵として番組終了まで出演した。

ショーの注目すべきキャラクターは次のとおりです。

阿弥陀馬場 - コシノジュンコさんデザインの衣装、桑田佳祐作詞・作曲の「阿弥陀馬場の歌」が発売されました。
ナンデスカマン - 大阪万博のテーマソング「世界の世界からこんにちは」に似た曲で登場。 甲高い声で「なんですか」と連発し、相手を不快にさせる。 対決の際、松山千春はさんまの依頼で「ブリックボックスソング」を作り、びっくり箱を使ってタケちゃんマンと戦った。
ちとるけ - 青森県出身の妖怪人間。 「ひゃほほ」と叫び、民謡を歌う少年少女合唱団と共に登場。 「シトリケノケ、俺の名前にニニニニトリケノケ、最悪の男、シトリケノケ、今年で30、シトリケノケ♪」と踊りながら歌う。
パデンネン - 彼が演じた多くのキャラクターの中で、パデンネンだけが恥ずかしかったと言っています。 当時人気だったマンハッタン・トランスファーは、廊下ですれ違うときにパデンネンの衣装を着た彼女に「クレイジー」と言った. ときどき。 (吉村は当時、フジテレビの歌番組「夜ヒットスタジオデラックス」の司会者で、1985年に番組の放送日が変更されたため、収録日は「ひょうきん族」と同じ水曜日だった。田)
さんまの好きなキャラクターはブラックデビルでした。 ビートたけしさんの好きなさんまキャラは「サラリーマン」でした。 このサラリーマンは、スーツにネクタイ、メガネという平凡な外見のキャラクターで、「高卒で手取り18万」という状況で、タケちゃんマンと関わっていた。 しかし、視聴者からは「夢がない」との批判が殺到し、子供たちに人気がなく、わずか3週間で打ち切られた。

 

金曜襲撃による武士の出場停止で不在の際、鹿の着ぐるみを着て吉永小百合の「奈良の春日野」をバックに渡辺雅之と踊った。 1987年、「笑っていいとも!」のトークコーナーにて。 大きな話題になったものの流用です。

番組冒頭の「ひょうきんニュース」コーナーでは、本名の杉本貴文を名乗っていた。 「ひょうきんベストテン」の初代司会者でもある。

1989年10月、『氷族』は放送終了。 この終了に関しては、もともと同じ土曜8時のTBS系「8時!全員集合」打倒で始まったが、実は4年後の1985年10月に「全員集合」が打ち切りに追い込まれた。 プログラム。 その結果、出演者もスタッフも番組へのモチベーションを失い始め、番組の顔であったビートたけしは1986年12月の金曜事件で活動休止、翌年には復帰するも明らかになっている。 その後、彼はレコーディングに来なかった。 やる気がなくなったのを見て、実際に見た番組プロデューサーの横澤さんが「さんまちゃん、どうするの? 「みんなこんな状態だからやめよう」と答えた。 たけしさんも「さんまという『毒』を飲みすぎて、その毒で『全員集合』を倒したのに、結局あの毒になってしまった」と語る。

 

笑っていいとも!

彼の初登場は、1984年2月13日の「テレフォンショッキング」の電話ゲストとしてでした。 この時、総合司会のタモリがかねてから「嫌い」と公言していた小田和正を翌日の電話ゲストとして紹介。
デビューから2ヶ月後の4月6日、金曜日のレギュラーとして加入。 タモリと2人が雑談するフリートークコーナー「タモリさんまのおしゃべりコーナー」が人気となった。
コーナー名は何度も変えたものの(「笑える!過去コーナー一覧 #Friday」)、人気から撤退まで全期間継続。 番組内では同内容コーナーでテレホンショッキングに次いで2番目に長かった(11年半)。
1990年4月から始まった曜日コーナーについては「爆笑! 、当時の監督【注12】から「本気でやってください!」と注意されました。 1992年の特大号でこの不満を表明し、1993年、1994年の次の特大号では欠席した。「タモリンピック」のコーナーは1993年10月をもって終了し、プロデューサーである佐藤義一氏と協議・協議した結果、 最後の手段として、ゲームではない形で次の曜日にまたがるコーナー(「今日の反省会」→「Good!人生相談」→「Happy Birthday!!」)を立ち上げたが、さんま 他のレギュラーと共にコーナーへの参加をボイコットし、番組サイドとのギャップは最後まで埋められず、1995年9月29日、レギュラーを脱退。
レギュラー退団後、数年に一度、断続的に計6回のゲスト出演を果たす。
1995年12月22日(金)、年末年始特番「明石家福禄寿史上最大のプレゼントショー『お正月』」に、退社後3ヶ月ぶりにゲスト出演。 ...」」を自ら主催。 . ナインティナインが司会を務めた「ジジビンビン物語」のコーナーにも出演する。 ゲストとしては珍しく、あとがきコーナー(増刊号の「放送終了後」コーナー)にも出演し、タモリとフライデーレギュラーの後継者であるナイナイ・勝俣邦和とのフリートーク、 そして田原利彦。
1997年12月11日(木)「テレフォンショッキング」に元妻・大竹しのぶの紹介でゲスト出演。 前日の電話で大竹に「友達だよ!」 その後、同番組への出演はなかったが、2008年7月に「FNS 27時間テレビ」の総合司会を務めた。 に登場し、タモリさんと約47分間フリートーク。 その日の新聞のラテ欄には「タモリとテレホンショッキングが最長記録」と書かれており、本人曰く「増刊生スペシャル」を含めたテレホンショッキングの中で最長記録を樹立した。 」。 [注13]。
2008年7月27日(日)「FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢群島!!」の総合司会を担当。 わら亭飯友の角さんま! 外観。 他のコーナーには出ていませんでしたが、飯友としては初登場! 11年で。 CMの最後には、前述のレギュラーコーナー「最悪の男」のジングルが流れた。 後輩のFUJIWARAさんを紹介しました。
2009年7月24日、しずちゃんの紹介で「テレフォンショッキング」に出演。 この時、さんまは次回の電話ゲストの友人として、同年第23回FNSデー「FNSデー26時間テレビ26時間テレビ スーパースマイルパレードLOL!お台場イン!!」の総合司会を務める島田晋介さんを紹介した。 .
2012年11月30日(金)、「よし(11月)さんま(30日)」の日にゲスト出演。 退団後17年ぶりに「タモリさんまの日本一の男」のコーナーを復活させ、タモリさんとフリートークを行った。
2014年3月31日、昼と夜の両方のショーに出演。 昼間のレギュラー放送では、「テレフォンショッキング」最後の電話ゲストであるビートたけしがさんまに「お友達紹介」(話中)と呼び、さんまが電話に出た。 夜の「グランドフィナーレ感謝超特大」では、1年半ぶりに「タモリさんま日本一の男」のコーナーを開催し、タモリさんと約1時間フリートーク。

スポンサードリンク

評価

NHKが1975年から2003年まで毎年行った好きなタレントの調査では、1985年に男性トップに選ばれた後、2003年に調査が終了するまで19回中12回選ばれた(1985年~1989年、1995年、1998年~)。 2003) が男子 1 位を獲得し、それ以外はすべて男子 2 位である [76]。 1999年には「日本で最も露出度の高いテレビスター」としてギネス世界記録に認定されました。

JNNデータバンクの好感度タレント調査によると、1987年10月の支持率は41.3%、1999年5月の支持率は43.1%で、同調査では1980年代、1990年代ともに1位を記録。 また、1999 年 5 月の支持率 43.1% も 1971 年から 1999 年までの最高記録である[77]。

「日経エンタテインメント!」の「好きな芸能人」ランキングでは、2002年から2011年まで10年連続で1位を獲得。3年ぶりに復活した2014年も1位を獲得し、2014年からは 2017年まで4年連続1位、ランキング14連覇と圧倒的な人気を誇っています。

ビートたけしは著書『コマネチ! 誰もそれを行うことはできません。 私たちは死ぬまで待たなければなりません。」

「芸能界で最も反応の良い才能」と評されることも多く、20代の頃はファンに追われ隠れることも多かったが、IMALUの誕生を機に人と接するようになる。 大きく変わり、メディアファンや著名人など、一般の方からのオーダーも可能な限りお受けするようになりました。 さんまの反応は、インターネット上でも評価されています

-雑学