To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学 ~の違い

赤塚不二夫のバカボンのパパのモデルは赤塚の実父・赤塚藤七、『おそ松くん』の母親・松野松代のモデルは赤塚の実母・リヨ

赤塚不二夫(あかつか ふじお、本名:赤塚不二夫、1935年9月14日 - 2008年8月2日)は、日本の漫画家、タレント、俳優。 満州国アヘ出身。 藤尾プロダクションの創業者。

概要
小学6年生の時、手塚治虫の『ロストワールド』に大きな影響を受け、漫画家を志す。 上京後、東京で工員として働きながら漫画を学び、1956年柘植義春の勧めで曙出版よりレンタル漫画『嵐を越えて』でデビュー。

その後、赤塚より3歳年下の石森章太郎に憧れ、トキワ荘に転入。 その後、マンガ雑誌への掲載の舞台を移し、1962年には『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』が大ヒットし、人気作家となる。 1967年、代表作『天才バカボン』が爆発的なヒットを記録し、続いて『モレツアタロウ』『レッツ・ラゴン』『ギャグ・ゲリラ』などのヒット作を連発し、「 ギャグ」。 「キング・オブ・マンガ」[2]と呼ばれ、戦後のギャグマンガ史の礎を築いた。

スポンサードリンク

一生

育成

当時の中満州国境地帯

父の藤七は、北京(北平)の北東に位置し、当時中国と満州の国境であった万里の長城の要塞、関門町古北口に勤務しており、不二雄はそこで生まれました。
1935年(昭和10年)9月14日満洲国鹿河省魯平県古北口古城里 赤塚利七・妻理世の6人兄弟の長男として生まれる。

古北口は、中国本土の河北省と満州・レー河省との国境であった万里の長城の山海関と居庸関の中間に位置する城壁の門街です。 阿川との結節点であり[3]、当時は満州国と中華民国(済東国防と英連邦自治政府にまたがる)との国境地帯であった。

父・赤塚俊七(1908.4.22~1979.5.17 享年71)は新潟県西蒲原郡四ツ郷村泉井(片東村を経て、現在は西蒲郡片東郡) 新潟市区)。 地元の小学校を経て勉学に励んだ後、陸軍憲兵学校を卒業試験第2位で卒業、1931年4月に関東陸軍憲兵隊、同年9月に満州事変。 . 奉天では、パトロール警察、郵便検閲官、鉄道警察、国際連盟リットン捜査チームの護衛を務めた。 しかし、1933年、上司の無茶な善意に耐えきれず、満州国警察古北国境警備隊の特別警察官を辞任した。 この地域で抗日活動を行っていた東北抗日連合軍や八路軍などの抗日ゲリラと、宋哲元・時事政務委員会率いる国民革命軍。 彼は第 29 軍と対峙し、掃討作戦と陰謀 (防諜) 活動を行った特殊機関のメンバーでした [4][5][6]。

父の藤七は非常に厳格で権威があり、田川水峰の『のらくろ』や中島喜久夫の『日の丸旗之助』などの漫画を読むことや、箸の持ち方を禁じられていた。 幼少期の赤塚は、その恐怖感から父親に大嫌いで、畏敬の念を抱かせる存在だったという。 しかし、検察官としての職務の性質上、彼はその地域に住む中国人を平等に扱い、補充された物資を地元の村人と共有し、子供たちに中国人を軽視しないよう努めています. また、教えるなど正義感の強い人物でもあった。 その結果、抗日ゲリラから懸賞金2,000円(現在の400~500万円に相当)が提示されたが、地元の村人には知らされず、終戦を迎えた。 その直後、奉天では赤塚家の隣に住む赤塚家が中国人に報復として惨殺された。

スポンサードリンク

母理世(1911年~1970年8月20日、享年59歳、旧姓寺戸)は、奈良県生駒郡矢田村(現・大和郡山市矢田口)出身で、藤七と結婚した。 満州で芸妓をしていた彼女は、宴会で俊七と出会い、電車の中で運命的に再会する。 芸者としての経験から、左腕には父とは別の男の名である「○○命」の刺青が彫られていたが、藤七はそれを含め理代の過去を知っていた。 すべてを受け入れ、共通の知人の仲介で結婚したという[9]。 赤塚はこれを父親の回想から知り、「これは、芸者として悲しい過去を持つ母親に対して、父親が示した『気遣い』だ」と断言した。 また、1968年に藤七が結核にかかったとき、りよは「お父さんのために」と言って、自分で刺青を取り除いた [10] . 赤塚は少年時代、ドレッサーの引き出しの中に母親の人工ガラスの眼球を見つけた. 知らずに姉妹に見せて驚かせたところ、母親に叱られたという。

1937年(昭和12年)3月、地元の掃討作戦や華北分断作業の進展により古北口地域の治安が安定したため、古北口国境警察隊は解散した [12] 。 その後、日清戦争の勃発(北支事変・支那事変)により、日本軍が北支那(北支那)に侵攻する中、その動きにより、父・藤七はさらに多くの任務を託された。 危険な辺境の任務に就き、時には父のトシチは一人で四海寺やエルドヘ、あるいは母のリヨ、赤塚らの子供たちと一緒に大連に派遣された。 彼は親族に預けられるか、家族は魯平、小白旗、興隆、東陵、馬蘭関など、中国本土と中国北部の辺境を移動した [13] 。 この間、承徳県で赤塚の弟と妹のスマンコ(長女、1938年生まれ)、古北口で弟の吉田(次男、1940年生まれ)、弟の信広(次男、1940年生まれ)が生まれた。 1942年生まれ)青龍県出身。 している。

1944年(昭和19年)、父・藤七が特務警察官を辞任し、奉天の鉄斎消防署長となった [14] 。

 

終戦

1945年(昭和20年)8月15日、小学4年生だった赤塚は奉天で終戦を迎えた[15]。 しかし、翌16日、大勢の中国人が鉄熙工場の軍需品供給を襲い暴徒化し、恐ろしい虐殺に発展した[16]。

この時、父の部下であった中国人男性の助けを借りて、厩舎に隠れていた家族全員が漢服を着て消防車に乗り込み、鉄斎から無事に脱出した [17] 。 赤塚さんは後に「中国人部下をいつも愛していた父が家族を救ってくれたと思わずにはいられなかった」と語った。 しかし、彼の父は赤軍の侵攻によってソ連に連行され、そこで裁判にかけられ、シベリアで 4 年間投獄されました。

1946年、赤塚が11歳の時、奉天に残された一家は奉天を離れ、海岸(渤海海岸)の帰還船まで徒歩で撤退し始め、途中でソ連兵に襲われた。 ソ連軍の憲兵(内務人民委員会政治官)に助けられたが、ハワイ島在住日本人の強制送還のため、ハワイ島から大型モーターボートに乗り込む。 ・佐世保港(内陸)[19]着、厚生省佐世保引揚支援局(現・浦頭引揚記念平和公園)から国鉄大村線羽崎駅経由奈良県大和郡山市矢田、 母の実家が口に移ったところ。

去る頃には妹(次女)の絢子がジフテリアで亡くなり、弟は別の家に養子に出された(後に赤塚は茨城県の常磐炭鉱で働いていたときに一度会っただけである)、 さらに。 亡くなった次女の絢子と名づけられた生後6か月の末っ子も、母の実家に着いた直後に栄養失調で早世した。 3人で半分になりました。 その時、母親は泣く気力がなく、赤塚は「胸が抉られるような気持ちだった」と語った[20][21]。

スポンサードリンク

帰国後

父を除いた一家が奈良に引っ越した後、母は大日本紡績郡山工場の社員寮で寮母として働き始め、赤塚は地元の郡山市立郡山小学校に転校し[10]、入園した。 小学五年生。 田んぼ。 家族が満州から戻ったとき、彼らは学校で差別され、いじめられました。 2学期の頃、貸本屋でマンガを5円で借りて読み始めた。 漫画家になることを決意。 見たものを真似て、手塚流の漫画を書くことに没頭している[4]。 この漫画をきっかけに同級生で学園長の奥村と仲良くなり、学園生活は一変する。 、 赤塚だけでなく、父親も地元の中国人に親切に接したことがあり、周囲から差別された人々に対しても優しい態度だったと言われています。

その後、赤塚は漫画を描き続け、12歳の小学6年生の時に『ダイヤモンド島』という128ページのSF漫画を描き[10]、母親と一緒に漫画家に送った。 三春書房という大阪で初めての出版社。 持ち込もうとしたが失敗した[22]。

 

13歳で中学に入学した1949年の秋、母親はわずかな収入で残りの3人の子供たちを養うことが難しくなり、兄弟は父親の故郷である新潟に引っ越しました。 中学1年生の赤塚は親戚一同に預けられ、新潟県に住む父の姉の実家に預けられ、大連から帰国した母子家庭で、わずかな小遣いで暮らしていた。 彼の母親から。 田んぼ。

赤塚が14歳になった年末、父は舞鶴港に戻ったが、過酷なシベリア抑留生活と日本の敗戦により権威を失った。 衰弱して異常に食欲が旺盛になり、キッチンを頻繁にめちゃくちゃにするなど、以前とは全く別人になったという。 母のほか、父と3人の兄弟の4人家族で、父の生家で赤塚の本籍地は新潟県西蒲原郡四ツ郷村泉井(現・新潟市西蒲区片東郡片東村経由)。 )。 泉井)は809号に転校し、赤塚は四ツ郷中学校(現・新潟市立片東中学校)に転校した。 』、月100円で納屋を借りて住み始めたが、赤塚家は「異国の地から帰ってきた倹約家として、なかなか排他的な農村に落ち着くことができなかった」と語った。 23] 4]。

1952年、赤塚は中学校を卒業するも、家計の都合で高校進学を断念し、映画の看板を制作する小熊ペイントショップという新潟市の看板屋で働き始めた。 】 就職しました。 太鼓の塗装のほか、映画看板の制作にも携わり、無料で映画を観ることができる花月シアターという映画館の経営者と親交を結ぶ。 、駅馬車、チャーリー・チャップリンの喜劇[4][22][26]。 赤塚さんは、サインショップでの経験が赤塚さんに大きな影響を与えたと語った。 デザイン学校に通うようなものです.」 1954年5月号に掲載された新潟の看板屋時代をテーマにした作品[28]。

18歳の1954(昭和29)年頃、父の希望で上京し、東京都江戸川区小松川にある恵比寿化学工業所という化学工場に就職。 彼の父の友人。 その間、漫画少年への寄稿を続けた。 この漫画が石森章太郎(後の石ノ森章太郎)の目に留まり、石森が主宰する「東日本漫画研究会」が制作する直筆回覧誌「墨汁一滴」の同人誌に参加。 この同人の東京支部には長谷邦男と横尾拓がいた。 また、すでにプロの漫画家であった柘植義春も赤塚の漫画に興味を持ち、度々訪れていた[注6][29]。

『漫画少年』の突然の休刊後、柘植はプロへの転向を勧めた。 柘植の仲介で曙出版と契約し[注7]、1956年6月に新刊『嵐を越えて』でデビューした[22]。 以来、1998年4月号の文庫本『ひみつのアッコちゃん』まで、40年以上曙出版に勤務。 この長期契約には曙出版の社長が同郷の新潟出身だったことが大きく関係している。 その後、彼は私と同じ新潟出身だったので、なんとか話をまとめることができました.

スポンサードリンク

トキワ荘時代

同年、上京した石森を助けるためトキワ荘に移り、第2回新人マンガ党の結成に参加。 その後、赤塚の母親も上京し、しばらく一緒に暮らした。 赤塚の母親は、向かいの部屋に住む水野栄子をとても気に入り、機会があれば結婚を勧めた。 当時、赤塚は常盤宗一の美青年として認められていた[注8]。 晩年のイメージとは異なり、シャイで落ち着いた赤塚青年は、トキワ荘を描いたさまざまな作品で一貫しています。

当時、赤塚はレンタル漫画家で、3、4ヶ月ごとに少女漫画を1冊描いていて、原稿料を前借りして自転車で漫画を描いていた。 将来を悲観し、漫画家を辞めて新宿のキャバレーの住み込み店員になりたいと考えていた時期もあったが、我孫子基夫から「てらさんに相談してみよう」と勧められ、 そして彼は父親と同じ町に住んでいました。 しかし、トキワ荘の当主で兄貴分として慕われていた寺田博夫さんに相談。 すると寺田は「ちょっと待って。 これを持っている間、ここにいてください。 国家公務員の初任給は9200円)[32]。 また、この時期に石森監督から多くの映画をもてなされ、その経験がその後の作品に活かされている。

1958年(昭和33年)、編集者は、品薄だった『少女倶楽部』の増刊号に、一著一作の原則を堅持しつつ、既存の作家を補うべく、石森との共著を企画。 作品は「泉あすか」というペンネームで出版された[注9][33]。

石森と水野瑛子は共同作業の楽しさから、「赤い日と黒髪」「星はかなしかく」「闇の天使」というペンネームで「U Maia」[注 10][33] を共同制作した。 発表。

同年、トキワ荘の石森は赤塚を千葉哲也の台原に推薦し[31]、秋田書店の専門編集者として知られる壁村泰蔵は赤塚に単発漫画の執筆を依頼した。 『まんが王』(秋田書店)1958年11月号にギャグ漫画「生ちゃんの日」を連載、同年12月号からは赤塚の無断連載が決定。 なまちゃん」。 1961年、当時21歳だったアシスタントの猪野朋子と結婚するためトキワ荘を退社。

その間、横山光輝の出張アシスタントも務めた。

スポンサードリンク

藤尾プロ設立

1962年「週刊少年サンデー」にて「おそ松くん」、「りぼん」にて「ひみつアッコちゃん」を連載開始し、人気作家となる。 1964年(昭和39年)、『おそ松くん』で第10回(昭和39年)小学館漫画賞を受賞。 1965年、長谷國男、古谷光俊、横山隆夫[36]、高井健一郎らとともに、東京都新宿区十二社(現・西新宿)にフジオプロダクションを設立。 1969年に法人化された[37][注11]。 この年に長女理恵子が生まれる[38]。 1963年、トキワ荘時代の仲間が立ち上げたアニメーション制作会社スタジオ・ゼロに入社[注12]。 1966年(昭和41年)、毎日放送・NET(現・テレビ朝日)にて『おそ松くん』がスタジオ・ゼロによりテレビアニメ化され、赤塚が監修として携わり、主題歌2曲を書き下ろした。 作詞も担当。

1967年、『週刊少年マガジン』(講談社)に『天才バカボン』、『週刊少年サンデー』に『モーレツア太郎』を連載し、天才ギャグ作家として時代の寵児となる。 なる。 1969年(昭和44年)には『ひみつのアッコちゃん』『もーれつあたろう』、1971年(昭和46年)には『天才バカボン』と代表作が次々とテレビアニメ化された[注13][注14]。 .

1970 年 3 月、ガス爆発事故で母親が入院。 一命を取り留め退院したが、ショックでくも膜下出血を起こし、再入院した。 その後、容体が急変したが、赤塚の必死の呼びかけで蘇生したが、脳死状態となり、8月20日に59歳で死去した [40] 。 同年、妻と別居し、12月、スタジオ・ゼロは事実上解散。

1970年11月22日、23日、10年ぶりに新潟に帰国。 サイン会では約300枚の色紙に1枚1枚丁寧にイラストを描き、学級会にも参加。 「サイン会でもっと手抜きをしろと言われましたが、できません。地元の子供たちはそれができません」と語った。 気兼ねなく訪ねてきて、クラスメートと交流したり、ファンサービスを行ったりしている。

1971年(昭和46年)5月、すでに『少年サンデー』での新連載が決まっていたが、赤塚はすでにアメリカ在住の森田賢治と約束を交わし、『MAD』編集部に取材。 口実で、長谷、滝沢海、当時の愛人と渡米。 2か月滞在し、提出期限が迫る中、サンデー担当編集者の武井俊樹氏に、新連載のタイトルと自由の女神との記念写真を掲載した旨の手紙を送った。 タイトルは「Let's Lagon」で、写真はそのまま扉絵として使用され、今後3年間連載される。 初期設定は次第に有形無垢になり、漫画や文学作品までもからかわれ、武井は「武井リポーター」として作品に登場し、赤塚をいじめた。 理解されていなかったと言われている[42][43]。 同年、元スタジオゼロのアニメーターであった吉良敬三とともにアニメーション制作会社「フジアートフィルム」を設立(1981年フジオプロダクションより独立)。

1971年9月25日、日本テレビで「天才バカボン」が放送開始。

1972年、『天才バカボン』などで文藝春秋漫画賞受賞。 この受賞をきっかけに、週刊文春にて10年以上のロングラン連載「赤塚不二夫のギャグゲリラ」を連載。

また、同年、フジオプロは資金的な余裕から「赤塚不二夫責任編集」というタイトルで雑誌「漫画No.1」を創刊した[注15]。 赤塚は多忙を極め、編集作業に携わることができず、長谷が実質編集長を務め、赤塚の不条理なイメージを伝えることに尽力した。 しかし、1号あたり約250万円の赤字となり(注16)、1973年(昭和48年)に6号以降休刊。

 

1973年11月5日、3年間の別居を経て、妻の朋子と正式に離婚。

1974年(昭和49年)、『週刊少年マガジン』(1974年1月6日1号)、特別企画『赤塚不二夫の秘密百科事典 ギャグ界の独裁者』にて、実験的にギャグの一環として仮名を「 山田一郎」。 『週刊文春』(1974年1月7日号)掲載の『ギャグゲリラ』をはじめ、『天才バカボン』『レッツラゴン』など連載作品、新連載作品、読み切り作品など全タイトル山田一郎。 」としたが、広告側からのクレームが3カ月続いた後、元に戻った[46][注17]。

一方、今年の税務署の調査で、税金の滞納が長引いていたことが判明した。 延滞金だけで6000万円。 原因は藤尾プロの会計士による横領で、被害額は2億円とも言われていました。 失踪したこの人物は後日逮捕されたが、赤塚はこの人物の将来を考慮して起訴しなかった [47] 。 しかし、横領された2億円の中には、古屋光利や吉屋啓治らフジプロ所属の漫画家の金のプールもあり、このトラブルをきっかけに古屋と吉屋はフジプロを離れた。 それぞれのスタッフと共に、彼らは独自の制作プロダクションファミリープロジェクトを設立しました[注18]。

また、この年(1974年)にはギャグ漫画家としての功績が讃えられ、ギャグ漫画の登竜門である「赤塚賞」が「週刊少年ジャンプ」に新設された。

スポンサードリンク

舞台への献身と長いスランプ

1975年(昭和50年)10月6日、日本テレビ系で「元祖バカボン」が放送開始。

この間、週刊誌5誌(注19)、月刊誌7誌(注20)を同時連載するなど、漫画家として多忙を極めた。 タモリを中心とした芸能関係者との交流を深める中、1977年(昭和52年)からは舞台公演に強い関心を示し、精進した。 後述するおもしろ団体の活動を皮切りに、多くのイベントの企画・出演を行うようになるが、10年後、「漫画に費やしていたエネルギーを舞台で発散させた」旨の発言をした。 はい[46]、彼は長いスランプに陥ったと公言しています。

1978年(昭和53年)、長らくメインライターとして執筆を続けてきた『週刊少年サンデー』『週刊少年マガジン』『週刊少年キング』での連載が全て終了。 また、同年『月刊少年マガジン』12月号で『天才バカボン』が終了し、以降は執筆活動が縮小傾向にある。

1979年(昭和54年)3月31日、日活配給による赤塚原案・お笑い組脚本によるロマンポルノ「赤塚不二夫のギャグポルノ ふたたび気分」が発売される。 6月23日、赤塚が原案・製作総指揮・脚本・面白班がタッグを組んだコメディ映画『しもちあいやきとりムービー』が公開される。 どちらの映画も山本晋也監督で、一部のファンの間でカルト的な人気を博しています。 そんな中、5月17日、藤尾プロダクションで赤塚のマネージャーを務めていた父・赤塚俊一が膵臓癌転移のため71歳で死去した。

1982年(昭和57年)、『ギャグゲリラ』の連載が終了。 この頃からアルコール度数がグッと上がります。

1985年(昭和61年)4月から12月にかけて、当時連載されていた『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)の『TOKIOと翔』、『全読』(文藝春秋)の『赤塚不二夫の文学散歩』、 『2001』(祥伝社)『にっぽん笑話』『サンデー毎日』(毎日新聞社)『赤塚不二夫どうする! ? 」などを立て続けに打ち切り、ついに漫画連載は『産経新聞日曜版』(産経新聞)7コマ作品『いじわる時事』1本のみとなった[49]。 その後、しばらく低迷が続いたが、1986年秋から『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で『朗読『大先生』』が刊行された。 』、『ハワイのチャンネル』(日本文芸社)『花ちゃんねる』、『週刊ミサ』(双葉社)『やらせておじさん』など。 いずれも大ヒットには至らなかったものの、赤塚の漫画家としての「復帰作」となった。

1987年、アルコール依存症に陥った赤塚を支えた写真家・國玉輝夫の元アシスタントだったスタイリストの鈴木真知子と結婚。 結婚の際は、元妻の朋子さんが支え、保証人になってくれました。 結婚記者会見には智子理恵子も同席していた[注21][31]。

同年夏、テレビ東京「まんがのひろば」枠で「元祖バカボン」が再放送され、小中学生を中心に「バカボン」の人気が復活。 』(講談社)にて『天才バカボン』『おそ松くん』の新連載がスタートし、赤塚は漫画家として見事な復活を遂げた。

翌1988年にはアニメ「おそ松くん」が21年ぶりにリメイクされ、高視聴率を記録。 その後、『ひみつのアッコちゃん』『天才バカボン』(『平成天才バカボン』)『モーレツア太郎』が次々とリメイクされ、『コミックボンボン』を中心とした赤塚の新作コミックスが誕生した。 しかし、復活路線が終わった1991年頃から、さらにアルコール度数が上昇。

その後、治療のための入院を繰り返すも回復の兆しはなく、1992年、アイデアブレーンとして長年赤塚を支えてきた長谷が藤尾プロを退社。

1993年(平成5年)、NHK出版より、亡き両親への愛と讃歌を綴った自伝『これはいい』を刊行。 翌1994年、NHKドラマ新銀河枠で連続ドラマ化。

 

1997年、第26回日本漫画家協会賞文部大臣賞受賞[54]。 1998年紫綬褒章受章[55]。

1997年6月1日から静岡県伊東市の池田20世紀美術館で「マンガはバカ 赤塚不二夫展」が開催され、好評を博した。 デビュー前から1990年代初頭までの貴重な研究から引き出された名作やミステリアスな作品の美しい生原稿約200点はもちろん、体を駆使して挑戦したエドヴァルド・ムンクも見ることができます。 、レオナルド・ダ・ヴィンチ、エドガー・ドガ、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。 フロアにはバカボンのお父さんとイヤミのブロンズ像が随所に展示され、赤塚ならではの遊び心とウィットで美術館のイメージを壊す大規模な回顧展となった。 その後、この原画展はタイトルを「これいい! 増田町まんが館をはじめ全国を巡回し、大盛況を記録。 特に上野の森美術館は、ピカソ展やゴッホ展の記録を更新し、同館の入場者数の新記録を打ち立て、期間中65,000人の来館者を集めました。

また、赤塚の出身地である新潟市美術館では、「ご当地作家シリーズ」と題して新潟市内の様々な施設に寄贈された直筆画のほか、四ツ後中学校の同級生である小林利明さん(現 片東中学校)が保管しています。 処女作「ダイヤモンド島」の原画20点が初公開された[56]。 初日は赤塚本人がサイン会やトークイベントに参加。 「幼い頃、ここ新潟で漫画家になりたいと思っていたので、漫画家になって自分の作品を見てもらえることをとても嬉しく思います。」 書店で漫画雑誌を探したり、パーマ屋さんや映画館の看板を描いたり、どれも思い出に残るものばかり。今日は感無量です。 当時赤塚と一緒だったスポーツニッポンの山口隆記者によると、「赤塚は珍しくスーツ姿で登場。何度も会ったことがあるが、スーツ姿は初めて。いつも。 それなら襟付きのシャツの方がいいし、普段はTシャツなんですけど……」赤塚本人も「ここは特別」と言っていたそうです。

同年12月12日、吐血し、救急搬送。 精密検査の結果、食道がんと診断され、22日に告知される。 医者からは「2ヶ月で食べ物が喉を通らなくなる」「食道を切除し、食道の代わりに小腸の一部を移植する」と言われ、 今後の手術や治療の詳細も語られました。 小腸を食道にすると、口からうんちが出てくる」と冗談を言って勇気を振り絞り、24日に退院を余儀なくされた。 その後、放射線治療を併用し、腫瘍は一時消失した [61] が、翌年 11 月に悪化し再入院、12 月に 10 時間の手術を受け、5 年間入院した。 13キロ減量 [62] . しかし、飲酒と喫煙をやめることができず、退院後のインタビューでは、水を片手に取材を受けるという型破りなパフォーマンスを見せた [63] [64]. その後、 彼は、アルコール依存症の治療を「洗い流す」ために、毎月定期的に入院していた[65]。

1998年(平成10年)には3作目『ひみつのアッコちゃん』、1999年(平成11年)には4作目『レレレの天才バカボン』がフジテレビ・テレビ東京にて放送開始。 ただし、1980年代後半から1990年代前半にかけての赤塚アニメ復活ラッシュとは異なり、赤塚のリメイク漫画は放送時期に合わせて描かれたものではなかった。

1999年(平成11年)1月、『新潟日報』(にいがたにっぽう)ほか共同通信社配給の全国紙に新読本『お正月ざんす』が掲載された。 『おそ松くん』の続編を描いた作品で、本作が絵本・挿絵を除いた最後の完成漫画作品である [66] 。 なお、この遺作には赤塚による下書きや死語が含まれており、2021年7月刊行の『夜の赤塚不二夫』(成成社)に収録されている。

スポンサードリンク

2000 年 8 月 25 日、自宅で転んで頭を打った。 数時間後、彼の言葉が不明瞭になったため、彼は病院に運ばれました。 検査の結果、彼は急性硬膜下血腫と診断されました。 当初、手術の必要はないと判断されたが、右手が麻痺したため緊急手術を受けた[67][68]。 [71]。 同年、点字コミック絵本、赤塚不二夫のさわる絵本「ヨイドン!」を発表。 ある日、テレビで笑っていない視覚障害児を見て衝撃を受け、この子たちを笑わせたいと思った。 盲学校に教材として寄贈されました。 また、赤塚はより安価な価格で本を提供するために著作権料(使用料)を断った[72][73][74]。

2001年(平成13年)2月8日、復興を祝う新年会「赤塚大先生を囲む会」が東京のホテルで開催された[75]。 当初は親族のみの予定だったが、漫画家仲間など約100人が駆けつける「騒ぎ」に発展。 彼はまだ水を手放すことなく、新しい作品のコンセプトについて話していると報告された[76]。

晩年
2002 年 4 月 10 日、検査入院中にトイレに立とうとしたところ、体がこわばり動けなくなった。 彼は脳内出血と診断され、5時間の手術を受けました。 それ以来、彼はすべての創作活動を停止しています[77] [78]。 同年、2冊目の点字絵本、赤塚不二夫のさわる絵本「ニャロメを探せ!」を発表。 また、小学館からはデビュー以来の全作品を収めたDVD「赤塚不二夫漫画大全集 DVD-ROM」が発売されている。 2005年(平成17年)からは全271巻がオンデマンド出版形式で販売されており[79]、2008年(平成20年)からは『天才バカボン』を皮切りに、各タイトルのエピソード数を収録。 さらに充実した電子書籍がebookjapan[80][81]より配信されています。 (ただし、2021年現在、一部未配信のタイトルがございます。)

2003年(平成15年)、奥様のご尽力で青梅市に青梅赤塚不二夫会館を設立。 しかし、当時赤塚さんの奥様にインタビューを行っていたスポーツニッポンの山口貴史記者は「憧れの記念館だったが、嬉しさ半端なかった」と振り返る。 妻の本音は「新宿か、せめて新潟に建てたかった」[82]。 その後、新宿や新潟に移転することなく2020年3月27日に閉店した[83]。

2006年7月12日、赤塚を看病していた妻の真知子が、くも膜下出血のため56歳で急死した。

 

2年後の2008年8月2日午後4時55分、東京都文京区の順天堂大学医学部附属順天堂医院にて肺炎のため死去。 彼は72歳[85](74歳)でした。 赤塚は2004年から意識不明の植物状態にあると言われている[86]。 2008年2月24日、千葉哲也が赤塚を訪れ、ブログに写真を掲載した(後にポートレートに差し替えた)。 また、赤塚の死の 3 日前の 7 月 30 日に、彼の元妻で理恵子の母親である朋子が死亡したことが後に報告された [88] [89] [90]。

赤塚不二夫さんの訃報は、スポーツ紙一面、一般紙一面で大きく取り上げられた。 また、民放のみならずNHKでもトップニュースに取り上げられ、赤塚自身が昭和、平成と日本の漫画史に一時代を築いた偉大な漫画家であるという印象を与えた。 時代。 付けることになりました。

また、赤塚が才能を見出し芸能界デビューを果たしたタモリは、赤塚の死を悼み、「身心の支えは身内以上だった」と感謝の意を表した。 また、「タモリが赤塚の入院費を全額負担した」という話がネット上で出回ったが、娘の理恵子は著書の中で「これは間違いで、入院費は父が負担した」と記している。 お金」[92]。 しかし、その関係が「肉親以上」であることに変わりはなく、りえこさんにも励ましやアドバイスをもらいました。

赤塚の葬儀では藤子不二雄Ⓐ(本尾我孫子)が葬儀委員長に任命され、8月6日に通夜が行われ、翌日東京都中野区の法泉寺で葬儀が執り行われた。 長女の理恵子が喪頭を務め、漫画・出版関係者、芸能関係者、ファンなど約1,200名が参列し、藤子不二雄Ⓐ、古屋光利、赤塚の門弟、健一郎 高井さん、北見健一さんが哀悼の意を表した。 読み上げます。 タモリは本名「森田一義」で弔辞を読み上げたが、持っていた紙が白紙だったと報じられて話題となった[93](タモリの項目も参照)。 弔辞は「私もあなたの多くの作品の1つです」で締めくくられている[94]。弔意を伝える記事では、各社とも「陰鬱な陰の世界」と言及しているが、これは「影のある世界」の誤りである。 陰鬱な意味」[95]。 アイドル・フォーが歌うアニメ「天才バカボン」(第1作)の主題歌が葬送曲として流され、赤塚の自宅から近い新宿区の落合葬儀場で火葬された。 正式名は「不仁院尺万入」(注22)。

たまたま女性の胸に触れた時の「オッパイだ、オッパイ」が生前の最後の言葉だった。 最後のマンガ原稿の題名は、未完の「めちゃくちゃヤジキタバカ道中」の65ページ目「人生とは記憶の積み重ね、憧れ! H'' [96]。 最後の仕事は倒れる前日(2002年4月9日)、18年間欠かさず続けてきた東京アニメーター学院の入学式スピーチだった。

スポンサードリンク

死後

2009年(平成21年)、東京国際アニメフェア2009にて、ヒットアニメの原作を提供する観点から第5回功績賞を受賞[98]。

同年8月、東京・銀座の松屋百貨店で「追悼赤塚不二夫展 ギャグで駆け抜けた72年」が開催された[99]。

2011年(平成23年)、浅野忠信・堀北真希主演の「これでいいんだ!! 映画 赤塚不二夫」(佐藤英明監督)が全国東映映画、2012年には綾瀬はるか主演で実写版。 『ひみつのアッコちゃん』(川村泰輔監督)が松竹にて全国劇場公開される。

2013年には、新潟市ゆかりの漫画家の作品を展示する「新潟市まんが館」と「新潟市まんが・アニメ情報館」を開設。 赤塚作品や赤塚キャラクターを使ったアトラクションを常設展示【100】。

2015年、赤塚不二夫生誕80周年を迎えました。 東映にて劇場公開されます。

同年9月にはBSプレミアムで過去の赤塚不二夫特集の再放送が行われ、ドキュメンタリー番組「赤塚不二夫、これで最後」を制作・放送した。 未完の遺作「やじきたバカ道中」の一部を初公開。 ちなみに番組によると、この原稿はなぜか自宅のキッチンに何気なく保管されていたそうです。

また、成長した6つ子「おそ松くん」のその後を描いたアニメ「おそ松さん」は、10月よりテレビ東京系列にて放送開始、以降全国で放送される。 人気作品であるだけでなく、イベント開催や記念切手、関連書籍も多数発売されるなど、社会現象を巻き起こすほどの人気を誇っています。 赤塚の人気は、二次メディアとの連動など近年空前の盛り上がりと展開を見せており、2017年に第2期、2020年に第3期が放送される。

2016年(平成28年)4月30日より、赤塚の生涯を追ったドキュメンタリー映画『漫画からはみ出した男 赤塚不二夫』(企画・プロデューサー:坂本雅史/監督:冨永昌孝/特別協力:不二雄プロダクション) 、 リリースされる。 、ポレポレ東中野、下北沢トリウッド、新潟市民シネマシネウィンドほか全国ロードショー。

2021年(令和3年)には、それまで単行本化されていなかった幻の18作品をまとめた『夜の赤塚不二夫』(成成社)が刊行される[101][102][103]。 主に1986年に連載された「花ちゃんねる」の全13話、「もとくん」「イレズミ大作戦」「南カニテ物語」「トラベロ」「赤塚不二夫のギャグまんじ」「ラブレストラン」「うなぎ」など。 犬」、「アカツカの所属事務所であるフジオプロダクションは、『友情は美しい』『愛しのモンロー』『たまごっち!! また、赤塚最後の単発短編『お正月ざんす』を単行本で初めて収録し、同作『お正月のだ』の別案(未発表原稿)の存在が明らかになった。 .

 

 

人物

アルコール依存症

晩年はアルコール依存症を患ったが、極度のシャイさから酒がないと人と向き合えなかったと自己分析。 彼はまた、多古八郎、壁村泰造、滝田優を自分よりも多く飲む人として挙げている[104]。 助手の古屋光利によれば、幼い頃は一滴も飲めなかったという[105]。

好きなもの
猫好き。 1979年から飼っている菊千代は、死んだふりやバンザイができる猫としてCMに登場し、人気猫となった。 「菊千代」という名前は、黒澤明監督の映画「七人の侍」で三船敏郎が演じた主人公の名前からとったものです。 赤塚自身も「花のきくちよ」(「月刊コロコロコミック」連載)などの漫画を描いている。 しかし、1997年に菊千代が他界し、赤塚本人のみならず周りのファンも悲しむことになった。

彼女のホーム ライブラリには、大画面モニター (当時は高価で珍しいもの) と何千もの映画ビデオがありました。 また、彼女の少年時代の夢は、喜劇王チャーリー・チャップリンの弟子になることでした [要出典]。

バカボンパパのお気に入りキャラで、その理由は「どんなに酔ってもバカボンパパの顔がちゃんと描けるから」。 また、バカボンの父は赤塚の父・赤塚利七をモデルにしており、晩年は赤塚自身も父のコスプレをすることが多かった。 同じく「おそ松くん」の母・松野松代のモデルは赤塚の母・理世で、母は自身の少年時代を振り返る作品で松代の顔とともに描かれている。

スポンサードリンク

嫌い

ニンジンと締め切りに厳しい編集者[108]。

関西人。 連載中の「赤塚不二夫の人生相談」Vol. 25(『週刊プレイボーイ』1994年51号)で「新潟から東京に来て、標準語を話すのに苦労した。あなたが関西弁を自分のもののように話すのを聞くのが嫌いだ」と語った。 「しかし問題は、私がこの世で一番愛していた母が、奈良の大和郡山出身の関西出身であるということです。」 この小さくて醜い関西人の血が私の体に流れていることは間違いない」「私は父の故郷である新潟人として生きていく。そして関西人はひどい.

エピソード

1989年に刊行された漫画のあとがきで、ヒミツのアッコちゃんの主人公・加賀美敦子とおそ松くんのトト子が似ていると指摘された際、赤塚本人が「それは違う」と答えている。 しかしその一方で、赤塚は生前に「トト子=アッコ」という趣旨の発言をしたとも言われている(誰によって?)。

山下洋介らジャズミュージシャンとの交流からジャズ好きと思われがちだが、赤塚はジャズを聴いたことがなく、歌謡曲や美空ひばりを愛していた。 水木しげるの娘、赤塚不二夫の娘、手塚治虫の娘のインタビュー集『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』で、赤塚がジャズを聴かないのは冗談。 、 これは、イヤミがジャズを使って冗談を言った「おそ松くん」でパネルを見たジャズ評論家の相倉久人(山下の恩師)が、新宿ピットインの速報で赤塚に寄稿した赤塚と山下洋介の交流が生まれたからです。 不二雄プロダクションにやってもらいに行った時(イヤミのギャグは長谷邦夫の発案で、赤塚の寄稿の話は逸れていたが、この相倉はその後、長谷がピットインするようになり、その後、 、 赤塚も山下陽介の学校の楽しさを聞きつけ、山下に会うためにジャズ関係の場所を回り始めた [要出典] ]。

1968年(昭和43年)、NHK漫才コンクールで、志賀彰と榎本晴夫コンビの「求む!秘書」という脚本を書き、準優勝。 なお、この時の様子は「お笑い招待席」(1969年6月7日放送)で放送された[109]。

2010年(平成22年)、彼女の誕生日である9月14日にGoogleのロゴに赤塚作品のキャラクターが描かれた [110] [111] [112]。

名和浩の『赤塚不二夫大先生の『マジおふざけ』第1巻読解』によると、赤塚は個人漫画家として初めて発行部数1000万部を突破したという[113]。 、曙出版と講談社の『天才バカボン』単行本だけで1000万部売れたそうです。

 

また、デビュー当時から交際している曙出版の社長は、赤塚と同じく新潟県出身。 その後曙出版は『おそ松くん全集』の創刊号で文京区に7階建てのビルを建てるまでに成長し[116]、赤塚の他の本と合わせて1500万部を超える大ヒットとなった。 [117]。 しかし、連載出版社はこれを問題視し、曙出版に将来のアカツカの新刊の著作権使用料を支払うよう命じた。 [118]以降のみの復刻となります。 その後、曙書店の社長が亡くなると、真っ先に葬式に駆けつけたのが赤塚で、火葬された社長に何度も泣きながらお礼を言ったという。 しかし帰り道、赤塚が靴を履き違えて帰宅し、会葬者を笑わせた。 これは赤塚流の湿った雰囲気を変える賢明な策だったと言われている[120]。

地元の人々との交流

自宅兼事務所(藤尾プロダクション)のある下知合や中井をこよなく愛し、地域住民との交流も活発に行っていた。 「下郷合」という言葉には、マンガによく登場するほか、居酒屋「権八」[121]、電気屋「筒井音」[122]、そば屋「長寿庵」[123]、 寿司屋「白雪寿司」【124】など実在する店名が多数登場。 また、中井駅から下知合駅までを描いた『わがまち』という作品も発表している[125]。

芸能界の交流

1967年、当時の漫画家としては異例のテレビ番組「漫画海賊クイズ」を黒柳徹子と共催した[126]。 これを機に、赤塚の交流は多方面に広がった。

1973年(昭和48年)、ロックミュージシャン内田雄也との親交から日本ロックンロール振興会会長に就任。 赤塚自身が前に出て【127】を務めた。

1970年代半ば、山下洋介らを通じてアマチュア芸人時代のタモリと出会う。 タモリの芸を認めた赤塚は、大分県日田市でボウリング場の店長をしていたタモリを上京させ、タモリを一時的に事務所に住まわせながら家に引きこもらせるなど、のちのボウリング場入りに大きく貢献した。 エンターテインメントの世界。 . また、タモリ、高平哲郎、瀧大作らと「お楽しみ会」を結成した[注23]。 百合徹は高平から紹介され、赤塚は生涯百合徹に憧れ [注24]、由利の弟子であった八郎八郎は現在赤塚家に住んでいる。

1982年(昭和57年)、写真家・荒木経惟との交友から、『写真時代』(白夜書房)9月号の巻頭グラビアで、漫画家として初めて筋金入りの男優としてエッチシーンを披露。 (写真集『別冊 噂の真相 荒木経惟の真相』掲載)。 後に受け取った紫綬褒章を荒木経惟に贈る。

TVアニメ、ドラマ、映画などの音響効果や選曲を手がけた音響技師「赤塚不二夫」は、赤塚の仮名・本名(赤塚不二夫)と同名の別人だが、二人は 友達。 田んぼ。

スポンサードリンク

全日本満足問題研究会

1976年より『週刊読売』にて「全日本満足問題研究会」(赤塚・赤瀬川原平・奥成達・高慎太郎・長谷)を名乗り、「バカなことを真面目にやる」を連載。 1978年、赤塚不二夫・全日本満足問題研究会と改名し、レコード「鳩屋のライブ」を発表。

ハトヤに住む
伊東市のホテル「はとや」を舞台にライブを開催したらどうなるかという設定で制作されました。 赤塚は「駅前ブルース」「想い出のヴェニス」の2曲も歌った。

出演:赤塚不二夫/赤瀬川原平/長谷邦男/奥成達/高慎太郎/タモリ/山下洋介/坂田晶/小山翔太/林義男/常木武雄/伊藤鳩子/鳩谷混声合唱団/触手/鳩谷 全員男性社員/全員ビクター 女子社員/はとや踊り隊/はとやオールスターズ
指揮:佐古博之
スタッフ:構成・演出:高平哲郎/音楽:小林麻生、坂広之/舞台監督:新井龍夫、星野二郎/美術:赤塚不二夫/音響効果:赤塚不二夫(同名スタッフ)/セットデザイン:茂木伸夫 /撮影:國玉輝夫/録音:寺尾俊明、佐藤進/振付:瀧大作/制作:全日本満足度研究会/協力:伊藤ハトヤ、ファングループ、協和広告株式会社

 

面白グループ

タモリ、タカヒラ、タキで結成されたグループ。

1977年3月、タモリの1st LP完成記念キャンペーンとして、タモリと東京寄席ショーの共演番組「タモリ寄席週間」を企画・プロデュース。
1977年10月29日、タモリと赤塚の“宴会芸”を披露するイベント「輝く!第1回生け花まつり」が渋谷公会堂で開催されたが、赤字に終わった。 奥成達が編集し、単行本『空トブカシゲ』を刊行(赤塚が表紙イラストと本文イラストを担当)し、赤字を埋める。
1979年3月、日活ロマンポルノにて監督:山本晋也、脚本:ファニーグループ、出演:柄本明、主題歌:所ジョージ、音楽:アルフィーとして『赤塚不二夫のギャグポルノ』『もう一度気分を上げて』』を制作・公開。 同年6月、アメリカのコメディ『ケンタッキー・フライド・ムービー』をモデルにした東映向け『シモチアイやきとりムービー』が山本晋也監督、脚本・主演のおもしろグループで制作・公開された。
1981年当時、下森真澄と宮村裕子が女子大生の本音を共著し、女子大生ブームの先駆けとなった。 ファングループ名義で『SONO・SONO』を刊行し、ベストセラーとなる。 1986年には「そのその」がミュージカル化され、「Oh! SONO・SONO」が銀座博品館劇場で上演された。

評価

強い立場にありながら弱者を守ってきた父は、奈良の小学校時代の同級生である奥村と、決して差別をしなかった。 小説家の井上ひさしさんは「赤塚さんの作品はある意味道徳的。 ハタの男の子がいじめられるシーンは一度もありません。互角だったり、強い相手だったりするときもケンカになります。チビ太が一人で六つ子に挑むようなものです」とあります。

-雑学, ~の違い