To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

秋野太作は2回死にかけ、父親の死の宣告予言で芸名を改名

秋野太作(あきのたいさく、1943年2月14日 - )は、日本の俳優、タレント、エッセイスト、瞑想家。 本名、旧芸名は津坂正明。 一時は津坂正明という名前も使っていた[2]。 グランパパプロダクション所属。 身長170cm、体重65kg。

スポンサードリンク

歴史・人物

東京都台東区生まれ、江東区深川生まれ[3]、生後間もなく大分県杵築市の母の実家[1]に移り、4歳で上京し成長 文京区上[1] . 文京区立第六中学校、東京都立文教高等学校卒業、日本大学法学部中退[1]。 小沢一郎と西川太一郎は、文京区立第六中学校の同級生でした。

俳優座養成学校15期生[2]、俳優座組[2]を経て、現在はグランパパプロダクション所属。 俳優座時代に太一紀和子と一時期結婚するも短期間で離婚、その後元タカラジェンヌとしてNHK総合の音楽番組「ステージ101」に初出演。 NHK「ステージ101」ヤング101の生徒。 彼は女優で歌手のウェン・ビレンと再婚しています。 息子は振付家・農業経済学者の津坂拓次、娘の津坂咲は元女優・ファッションモデル。 弟の津坂宏も俳優デビューしたが引退。

1975年から1年間放送されたテレビドラマ「ぼくらの旅」(日本テレビ系)の「ぐずろく」役で人気を博したことで知られるが、俳優座時代から女性ファンが多い [3] 。 . テレビドラマ『男はつらいよ』のレギュラーだった秋野は、女性ファンから「映画化してほしい」という要望が多く[3]、映画『男はつらいよ』への出演が決定した。 [3]。

芸名を秋野多作に改めた理由は、秋野が妻子持ち、家庭を築き、人生の転機に精神的に内向的だったためである。 「津坂正明という名前のままだと、いつか交通事故で死ぬ」と誰かが言った。 すごく悩み、人生の転機を迎えたので改名することにしました。 1976年、日テレ系ドラマ「ぼくらの朝」での役名を芸名に。 ちなみに、番組は「秋の大作」と銘打たれた新作の発表だったので、それもヒントになっているという。

個性豊かなキャラクターが話題となり、バラエティ番組にも積極的に出演。 特に日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」 さんま明石家を驚かせたキャラクターで人気を博し、バラエティ番組進出のきっかけにもなった。 テレビ東京系の旅番組「いい旅ゆめきき」「サタデースペシャル」にも出演し、娘のサキとの共演も多い。

-雑学