To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

浅野忠信はクォーターのために幼い頃は金髪で、ウッドストック・フェスティバルに憧れ芸能人に

浅野忠信(あさの ただのぶ、本名:佐藤忠信 [1]、1973年11月27日 [3] - )は、日本の俳優、音楽家。 彼の英語圏でのニックネームは Tad[4] です。

神奈川県 [3] 横浜市 [2] 出身で、アノレ [注 1] [5] に所属。 奥様は女優でモデルの中田くるみさん。

スポンサードリンク

歴史

育成

彼の母方の祖父、ウィラード N. オーバーリングは、アメリカ合衆国ミネソタ州ウィノナで生まれ[6][7]、北欧系でした[2]。

忠信の母親は忠信がナバホ系アメリカ先住民で元農夫であると信じていたが [6]、忠信自身も 30 年以上 [8] 信じていた [8] が、NHK の「家族史」番組は忠信のルーツをたどっている。 制作時の調査で、間違いだったことが判明。 ウィラードの兄弟ゴードンは、「彼の父ジェイコブはフリースランドのオランダ系であり、母エラベルはノルウェー系であり、どちらも北欧系である」と証言した。 しかし、ウィラードの生家(ゴードンの現在の住居)であるウィノナは、もともとアメリカインディアンのスー族であるダコタ族が住んでいた地域でした。 また、オーベリング家は19世紀後半、未開発の土地を無償で売却する法律が制定され、ヨーロッパからの移民が大量に受け入れられた19世紀後半に渡米した西洋からの移民でした。 取材班の取材で明らかになった。 家族は小麦と大豆を栽培して生計を立てていました。

ウィラード・オーバーリングは、第二次世界大戦以来、アメリカ陸軍で料理人を務めています (1946 年、18 歳) [6]。 戦後、日本に駐留し[注3]、赴任先の横浜で浅野の祖母である浅野一子と出会う[6]。

芸妓だった一子はウィラードより15歳年上の38歳だった。 戦後、満州の大連から帰国したが、原爆で故郷の広島が壊滅したため、仕事を求めて上京。 [6]。 二人はやがて結婚し、1950年9月23日、長女順子(忠信の母)が誕生した。

その後、ウィラードがアメリカ軍の撤退に伴い日本に帰国した際、一子と順子の渡米を強く要望したが、一子は拒否し日本に留まった。

スポンサードリンク

純子は18歳で結婚し、1971年11月14日、長男・久史(現・くじゅん、俳優・パフォーマー)が1973年11月27日に誕生した。 浅野)はその日生まれ。

忠信兄弟は横浜で、公園でビキニ姿で日光浴をするのんきな母親と、整理整頓が得意な几帳面な父親のもとで育った。 私の両親には 20 代前半の子供がいて、まだ若くて自由奔放でした。 忠信本人曰く、父は「体調が悪いと言うといつも家で寝る」、母は「学校を休ませてドライブに誘う」、両親が遊びに行く夜は忠信兄弟を家に残す。 ディスコ。 彼はよく家を出て行ったそうで、兄弟たちは隣の家で「私には母親がいない」と泣いていた [9] とのことである [9] 。 [10]。 一方、親も「親が白と言えば白」と厳格だった [9] 。 [9] 残り物を食べる。 母によると、忠信はいつもはにかんだ笑顔で歩く子供だった [9] 。

クォーターのせいか、若い頃は髪の色がほぼ金髪で、何もしなくても目立ち、よく声をかけられた。 幼稚な心で、自分は日本人でありながら日本人ではないことに違和感を覚えたと語った[8]。 しかし、彼は、「私は子供の頃からずっと、テレビに出たいと思っていたので、いつもテレビに出たいと思っていました. 目立つように。 そう思ったきっかけは、母親が忠信に見せたウッドストック・フェスティバルの映像だった。 ミュージシャンがステージ上で観客を熱狂させるのを見て、大勢の人を喜ばせる何かをしたいと思うようになり、それが今日の彼の穏やかな印象に影響を与えています。 浅野は考えている[12]。

小学生の頃、実家の隣の空手道場に弟と通っていた[13]。 彼はブレイクダンスとスケートボードも始めました[10]。 中学時代から音楽を始め、パンクロックバンドを結成し、元町や本牧のライブハウスに通う[13]。 当時、おニャン子クラブの吉沢昭恵さんがファンで、フジテレビの前で待っていたという。 ビートたけしのファンでもあり、父親が石倉三郎のマネージャーだったことから「風雲!たけしの城」を見に来ていた。

 

デビュー後

1988年(昭和63年)、中学3年生の時、父からテレビドラマ『3年B組金八先生シリーズ』(TBS系)のオーディションを受け、合格。 俳優デビュー[11]。 当初はテレビにも出演していたが、撮影と放送という機械的なサイクルが肌に合わず、バンド活動に専念するようになる。 私たちはしばしば喧嘩をしました。 18歳で父親に俳優を辞めると宣言したが、祖母の勧めでバンド活動をしながら俳優業を続けることを決意。 ][8]。

1990年、『バタ足金魚』で脇役として映画デビュー。 彼は、大人が徹夜や戦いを通して目標を達成するために懸命に働く映画制作のスタイルが信頼できると感じたと述べた. その後、浅野は「自分は映画の仕事しかできない」と考えるようになり [16] 、浅野は岩井俊二、是枝裕和、青山真司など新進気鋭の映画監督の作品に出演し、 知名度を上げた。 .

スポンサードリンク

1996年、『ヘルプレス』で映画デビュー。

ウォン・カーウァイ『wkw/tk/1996@/7'55』hk.net(英語版)(1996年)、クリストファー・ドイル『ピーコック・クジャク』(1999年)など、その活動は日本に留まらない。 1997年、日本アカデミー賞話題賞、ヨコハマ映画祭最優秀男優賞を受賞。

2000年(平成12年)には『御飯ごと』『五条レイ戦記』で報知映画賞助演男優賞を受賞。 『御飯島』では松田龍平と意気投合し、以来親交を深めている。

2001年、『地雷踏んだらさよなら』で毎日映画コンクール主演男優賞受賞。 偶然にも、浅野さんの誕生日は、役を演じた一ノ瀬泰造さんの失踪が報じられた日でもある(実は一ノ瀬さんはこの日以前に亡くなっていた)。

2003年、日タイ合作映画『地球最後のふたり』(ペン=エグ・ラッタナルアン監督)でベネチア国際映画祭コントロコレンテ部門最優秀男優賞を受賞。

2004年、初監督作品『とり』を制作。 ドキュメンタリーとアニメを織り交ぜた全5話のオムニバス作品。 ボブ・マーリーが高校時代に見たドキュメンタリー映画『タイム・ウィル・テル』のマーリーの葬式で鳥が飛んでいるシーンが演出に影響を与えたと言われている[17]。 昭和のイル・コイル、菊地凛子(当時菊池百合子)、首藤康之ら知られざる時代から登場し、首藤は本作で初めて自身のバレエを披露した。 また、兄のKUJUNも音楽監督として参加。 3月にDVDで発表、5月に渋谷シネラセット(2008年1月閉館)で公開。

2005年、『誰がために』『乱歩地獄』で毎日映画コンクール最優秀男優賞受賞。

2007年、セルゲイ・ボドロフ監督のロシア映画『モンゴル』でジンギスカン役を演じた。 ボドロフは浅野が「内側から発する光のようだ」と感じ[18]、「浅野だけがこの役を演じることができる」と言って彼を選んだ。 浅野はモンゴル語を暗記するためにCDを熱心に聴き、撮影前に臀部が剥がれるほどの乗馬練習をした[16][19]。

2008年2月、「モンゴル」は第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、浅野はロサンゼルスでの記者会見に妻のCharaに同行した[19]。 このとき、浅野は「CHARAが撮影で留守の間、家事をしてくれたことに感謝している」と感謝の意を表した [19] 。 「THE BLUE HEARTS」アカペラなど、CHARAとの対談ではモンゴルでの撮影裏話が明かされた。

スポンサードリンク

2009年(平成21年)には『ヴィヨンの妻~桜とタンポポ~』などで日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。

俳優業の傍ら、「浅野忠信」「ぶのだた」[注5]「PEACE PILL」[20]、「SAFARI」(2016年結成)などの名義でヴォーカル、ギタリストとして音楽活動も行っている。 1999[21])。 行っている。 「SAFARI」はフジロックフェスティバルに何度か出演している[22][23]。

2011年(平成23年)、映画『マイティ・ソー』でハリウッド映画初出演。 新境地を開拓します。

2012年、彼は2作目のハリウッド映画『バトルシップ』に出演した[24]。

2014年、主演映画『マイ・マン』で第36回モスクワ国際映画祭主演男優賞[25]、第57回ブルーリボン賞主演男優賞[26]を受賞。

2015年、第68回カンヌ国際映画祭ある視点部門で主演作『岸辺の旅』で監督賞を受賞した黒沢清。 米国サンフランシスコで開催されたJ-POP SUMMIT関連映画祭で、サンフランシスコ日本映画祭で初の名誉賞を受賞[28]。

2016年、主演映画『Standing on the Edge』が第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で出品され、審査員賞を受賞。 主演作は2年連続同部門受賞[29]。

2017年10月12日放送開始の『刑事ゆがみ』(民放連続ドラマ初主演作)では、適当でだらしのない性格の主人公を演じ、役になるために普段から台本を読んでいる。 . 職業や業界に関するインタビューは行われませんでした。 それについては「『探偵なんていない』と思って、あえてやったわけではない。

2018年12月17日、ワタリウム美術館で個展「TADANOBU ASANO 3634 浅野忠信展」が開催され、2014年に映画撮影を控えて趣味で始めたドローイング作品が展示された。 [31]。 自身のTwitterやInstagramなどのSNSで公開したドローイング、グラフィティ、漫画、アメコミなど約700点を展示。 また、浅野は2019年2月9日放送のバラエティ番組「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)に出演し、同個展の未発表作品についてコメント。

スポンサードリンク

家族・親戚

浅野家及び親族

祖母の浅野市子(1911~2004)は広島県生まれで、父親(忠信の曽祖父)が芸者屋を営んでおり、幼少期から芸妓をしていた。 [6]。 生後まもなく、一子は父に従い、満州国大連に移った[6]。 市子は24歳で南満州鉄道(満州)の社員(特急「あじあ」の食堂車の給仕長)、福岡県生まれ。 広松定[6]と結婚。 当時の満州鉄道は従業員の待遇が良いことで知られており、一子らは何不自由なく暮らしていたが、約8年後に離婚した [6] 。 彼らには子供がいなかった[6]。 離婚した時、一子の父は既に他界しており、母は再婚して別居していたため、帰る家がなかった。 満州からは撤退したものの、原爆で故郷の広島が壊滅したため、就職のため上京。 メイ)は友人の紹介で交際を開始した[6]。 当時、ウィラードは 23 歳、一子は 38 歳でした。 二人は最終的に結婚し、ウィラードが朝鮮戦争のために日本から派遣された1950年9月23日に忠信の母順子が生まれた[6]。

また、忠信の祖母・一子は、夫のウィラードの話を忠信たちにほとんど話さず、忠信の母・順子も、4歳のときに父・ウィラードと別居し、以来ずっと一緒にいる。 彼女は一度も会ったことがありません[6]。 忠信はこうした断片的な話や数枚の母の写真から祖父を知っているだけで、過去に自分で調べたことはあったものの、詳しいことはまったく知りませんでした。 2011年(平成23年)5月から取材班が行った詳細な調査の結果、曽祖父母にまでさかのぼる詳細が明らかになった[6]。 帰国後、ウィラードは横浜での以前の任務であるフォートノックス(ケンタッキー州フォートノックスの陸軍基地)に戻り、4年後、そこで2人の子供に会いました。 彼は年配のアメリカ人女性であるジーン・ウィートと再婚したが、それ以上子供はなく、純子は唯一の生物学的子供であった[6]。 ウィラードの家族(ウィート家)が「ファミリー・ヒストリー」のインタビューを受けてウィラードの遺品を整理したところ、彼が亡くなる直前まで持ち歩いていた財布から、4歳の時の純子の肖像画が発見された。 [6] が見つかりました。 忠信は祖父の生涯を通じて、貧しい開拓者の話や、1929年に始まった世界大恐慌などアメリカの歴史に親しんだことを話してくれました。 特に米国では[6]。

忠信の家族

1995年3月、岩井監督の映画「PiCNiC」で6歳年上の歌手のキャラと結婚。 同年7月に長女SUMIREが生まれ、21歳で父となる。1999年(平成11年)には長男・佐藤日美が誕生。 自身の写真集ではCHARAを抱きしめて顔を埋め、CHARAのアルバムのジャケットには片手だけが写っていた。 しかし、2009年(平成21年)7月25日、所属事務所のホームページでCHARAとの合意離婚を発表 [33] し、14年に及ぶ結婚生活に終止符を打った。

長女のすみれの目は緑に近い茶色の虹彩ですが、カラーコンタクトではなく遺伝です。 浅野さん自身も虹彩が日本人より明るい茶色です。 長男の佐藤日美は、2018年にHIMI名義でファッションカタログモデルとして登場。

2022年8月23日、18歳年下の女優でモデルの中田くるみさんと再婚したことを自身のTwitterとInstagramで報告。

-雑学