To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

芦屋雁之助はコーヒー好きで、葬儀の際には焼香の代わりに小さな缶に入ったコーヒー豆をコーヒー樽に移し替えた

芦屋雁之助(あしや がんのすけ、1931年5月29日 - 2004年4月7日)は、日本の俳優、歌手。 本名は西部清。 愛称はかりちゃん。 京都府京都市出身。 京都市立朱雀中学校卒業。

スポンサードリンク

歴史・人物

実家は京都で友禅染屋を営んでいましたが、芸能や芸能が好きだった父は、戦後「若松家」を名乗り、芸人として活動するだけでなく、劇団を結成。 . ツアーの日々となります。 清は父に師事する傍ら、一時漫才師・五条屋弁慶に入門。 その後、18歳の時、弟の秀郎とともに、当時の人気芸人・芦ノ家雁玉・林田十郎に弟子入りし、「雁之助(きよし)・虎眼(ひでろ)」の名を授かる。 】 その直後、「芦ノ家」を無断で「芦屋」に改名したため破門された(後に活動が認められ破門が解除された)。
その後、京都・新京極、大阪・戎橋松竹の吹きを中心に活躍し、「有望な若手漫才」と評された。 勧められて漫才を突然やめ、1954年に開館した「OS音楽堂」に入り、劇作家の花戸貝によるお笑いスケッチを始める。 以来、花戸に勧められ、兄と共にお笑い芸人に転向する。 1959年、花戸が東宝から独立して結成した「劇団・笑いの王国」に大村崑とともに参加。
劇団主軸を支える。 同年3月、毎日放送の公開お笑い番組「ばんとう半とちょちどん」で薬局の店員を演じ、「一見強面で下に厳しい面もあるが、 しかし、彼が後ろを回ると、彼は「女性です(今私は今それを言います). 当時は使われていなかった「大阪のおばちゃん」の口調を使い、女性的な仕草を見せるキャラクター」が人気を博している。 ! いいいとこ見つけた」とか「わてががんのすけだんねん」とか。
1960年(昭和35年)3月1日、大村、小狩とともに、当時としては非常に珍しい三組合による「テレビ婚礼」が執り行われた。 初婚は元OS Musicダンサーの夏岡理恵さんでしたが、その後別居されています。 1963年、劇団内に「人気の崑、力の強い雁之助」という画策で2つの看板が設置されたが、主役の舞台を評価されながらも2位に甘んじるなど、鴻之助自身の待遇に不満を持っていた。
社長への不満から花戸と大村会長は距離を置くようになり、弟の芦屋小岩、芦屋岩平、花戸に不満を持つメンバーもこれに倣うようになった。 これがやがて劇団内での対立となり、雁之助は素っ裸で舞台に立つなど、傍らでも端戸への疑惑を露呈するようになる。 また、元宝塚娘役で団長の妻というプライドから看板女優である高飛車な由美梓や、孤立した会長・大村など、メンバー間の不協和音が徐々に表面化していく。 1964年、端戸が劇団解散を決意し、西武兄弟は端戸を離れた。

スポンサードリンク

1964年、小狩らとともに劇団「喜劇座」を結成。 同グループの作家である藤本儀一は、その容姿が画家の山下清に似ていると指摘した。 評判になります[3]。

1969年、劇団は解散。 その後活動の拠点を東京に移し、お笑いのみならず本格的な俳優として活動の幅を広げた。

1976年、人気時代劇「必殺シリーズ」の「必殺からくり」で山田五十鈴と共演。 1977年、同じく関西お笑い出身で特番のレギュラーだった藤田誠が立ち上げた「新・演技劇場」の発起人に名を連ね、一時在籍。

1979年、森美都子と共演した舞台『想い女』で芸術祭大賞受賞。 その一方で、兄弟である朝長みやこ、鹿島娘と共演し、関西のお笑い劇場での活動を続けている。

1980年、『全裸大正放浪』(関西テレビ・フジテレビ「花王名人劇場」→「花王ファミリースペシャル」)で、かつて人気を博した山下清役を再びテレビで演じ、以降、 ヒットしました。 [3]になりました。

1984年、演歌歌手としてシングル「娘よ」が150万枚以上(オリコンチャート約80万枚)を売り上げる大ヒットとなり、同年末には「 第35回NHK紅白歌合戦」。 . 大阪で制作され全国放送されたドラマにも多数出演。 今年は『多吉の佐渡島での生活』『裸の大正放浪』で第10回菊田一夫演劇賞を受賞。

1994年頃から持病の糖尿病が悪化し、療養しながらテレビや舞台への出演を続ける。

2004 年 4 月 7 日、京都市上京区の京都第二赤十字病院でうっ血性心不全のため死去した [1] [4]。 享年72歳。その後、東京では5月29日[5]、京都では6月2日[6]に「芦屋鴈之助偲ぶ会」が開催され、森重久弥、森光子ら200人が出席した。 輸送。

スポンサードリンク

家族

妻は元梅田コマ劇場の舞踏家、大島栗子(西部栗子)で、雁之助より20歳近く年下だった。 三男は俳優の芦屋雁三郎(旧名:塩谷喜久夫)[7]、娘は音楽ユニット「indigo blue」のボーカリスト「Rina」として活躍する元女優の西武理奈。 弟に芦屋光巌(俳優)、芦屋雁平(俳優、吉本新喜劇入社時は初代芦屋ボンボン)がいる。 弟子に今宮恵比寿、二代目芦屋ボンボンがいる。

 

エピソード

裸の大将山下清との出会いは、1964年の藤本義和作の舞台公演で、その後も何度か会っている。
本名は山下と同じ清。
兄と共に大食漢として知られており、1日5食を食べることもあった。 そのため持病である糖尿病を患っていたというが、本人は晩年「山下清役に備えて痩せられなかった」と語っている。
彼はコーヒーが大好きで毎日飲んでいました.彼の葬儀では、香を燃やす代わりに、出席者はコーヒー豆を小さな缶からコーヒー樽に移しました.
1967年、京都の南座で行われた『裸の大正』の初演で、山下清は「私は客席にいて、私は舞台に立っている」と激励した。

-雑学