To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

東八郎は志村けんに「芸人が利口面をしたり、文化人ぶったりしたらおしまいだよ」と諭す

東八郎(東八郎、本名:飛騨儀一、1936年5月31日 - 1988年7月6日 [2])は、日本のお笑いタレント、タレント。 . 昭和を代表するお笑い芸人の一人です。 妻との間に3男2女がいて、次男はお笑いコンビTake2の東貴宏、三男はタレントの東智宏。 タレントの安めぐみは、次男・貴宏の妻。

スポンサードリンク

歴史

東京都東京都浅草区(現東京都台東区浅草)生まれ。 父は岐阜県大垣市出身で警視庁勤務。 戦時中は家族とともに名古屋に疎開したが、名古屋での親友はプロゴルファー塩谷郁代の父だった。

中学卒業後はお笑い芸人を志し、歌手の田谷力三に師事し、浅草公園6の浅草フランス劇場で活躍した(この時のフランス劇場には関敬六、長門勇、渥美清らがいた) 、伊藤四郎など)。 後に有名になったコメディアンが登場しました。)

浅草の東洋劇場では、池新一、東八郎、石田英治の三人で見習いトリオを結成し、後に駆け出しの萩本欽一が加わった。

東八郎の芸名は、フランスの劇場を経営する東洋工業の創業者・松倉有七にちなんで名づけられました。

テレビの台頭により浅草の芝居小屋が衰退する中、1964年に児島光子、原田賢治とともにトリオ「スカイライン」を結成し、テレビ業界に参入。 彼はコメディを作り、人気を博しました。 しかし、1971年にトリオ・スカイラインが解散し、以降は単独で芸能活動を行っている。 南信介とともにNHK「お笑いオンステージ」にレギュラー出演し、全国的に有名なお笑い芸人となった。 その後、劇団東八郎を結成し、全国各地で喜劇を上演するなど次世代育成に尽力。 晩年は「志村けんのバカ殿様」で家老役を演じ、額に「光」のシールを貼ってメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲をBGMに流すCM「淀エッグライト」で有名。 萩本欽一は吾妻の弟子であった[注1]。 東の直系の弟子のもう一人は涼風金魚(涼風にゃんこ、金魚)です。

テレビや舞台で人気のコメディアンとしても活躍し、歌手としても活躍し、RCAビクターからバラード・フォー・マイ・ドーター(1981)をリリース。 「娘へのバラード」は、結婚披露宴で歌われる定番曲のひとつとして広く知られています。 また、1986年には芸人養成の私塾「松塾」を開校。

しかし、その直後の 1988 年 7 月 6 日の昼下がり、自宅で寝ている間に突然の脳出血に見舞われました。 救急車で日本医科大学病院に搬送されたが、午後3時30分に急死した。 意識を取り戻すことなく、同日死亡した(52歳で死亡[4])。

スポンサードリンク

志村けんは子供にバカにされて内心恨んでいた時期もあったそうで、その時、『バカ殿』シリーズで共演した東さんに「東さん、 あの歳になっても、どうしてまだバカな事をしているの?」 東は「芸人が子供にからかわれるのは当たり前だし、怒っても仕方がない。むしろ、お笑い芸人が頭のいいふりをしたり、文化人のふりをしたりするのは終わりだ」と答えた。 志村は、東への敬意を表す機会があるたびにこのエピソードを披露している.東の死により「松塾」が解散したとき、志村は「(当時)一人しか世話をする余裕がなかったが、 この時、志村の付き人としてヨルダンの山崎雅也が雇われた。 もともとバカ殿様の話は東が浅草の劇場で上演していた話でもあった [6] 。

桂米太郎、ピロキ、斎藤哲也も「小塾」卒業生。

あずまのキャッチフレーズ「がんばれ、強くなれ、ぼくらのなまなか~」は、TVアニメ「赤堂すずのすけ」主題歌のパロディで、「なかま」をアクセントにして「なまなか」となっている。 「なまか」は後にフジテレビ系ドラマ「西遊記」でSMAPの香取慎吾が演じる孫悟空のキャッチフレーズとして使われた。

彼は長年糖尿病を患っており、彼の状態は彼の死の数ヶ月前に悪化した. しかしその後、家族や関係者の反対を押し切って新宿コマ劇場での舞台公演に出演し、これが人生最後の舞台となった。

亡くなる数日前、家族と食事に出かけたとき、彼は「私が死んだら、この子供たちはどうなるの?」と言いました。 理想的な死に方は、『ああ、私は死んでいる』と言う事です。」

-雑学