To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

東幹久はNHK連続テレビ小説『どんど晴れ』が縁で、契約料なしで岩手競馬のイメージキャラクターに

東 幹久(あずま みきひさ、1969年8月12日 - )は、日本の俳優、タレント。

スポンサードリンク

バイオグラフィー

渋谷でチーマーとしてスカウトされたのをきっかけに芸能界入り。 1988年、『SO WHAT』で準主役のロックボーイ・南田明役で俳優デビュー。 同年12月、『泣くなセン!バーニングマン~星野仙一物語』で青春時代の星野仙一を演じ、ドラマ初出演。

1993年、フジテレビ系ドラマ「チャンス!」に出演。

1995年、ハミガキ「アパガード」(サンギ)のCMで高岡早紀と共演し、「芸能人の歯の一生」というキャッチフレーズで衝撃を与え、一躍国民的認知を得る[1]。

2000年、フジテレビ「やまとなでしこ」で、ヒロインに翻弄される気立てのいい御曹司・東十条を演じた。 以降、ドラマやバラエティ番組で活躍中。

競馬ファンで、2008年には以前出演したNHK連続テレビ小説「どんどん晴れ」[2]がきっかけで岩手競馬のイメージキャラクターに抜擢され、CMやイベントにも出演。 契約金はなく、出演料は岩手競馬の売り上げ次第。

東京生まれ。 ポートレイブ所属。 ビジネスパートナーはブルーエール。 彼の身長は 183 cm、体重は 65 kg です [3]。 彼はまだ東京に住んでいます。 特技はビリヤード、ゴルフ、バレーボール、バスケットボール、スキー、野球、ジェットスキー。

-雑学