To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

渥美清が歩道の鎖を盗むと、刑事が「お前の顔は個性が強すぎて、一度見たら忘れられない。その顔を生かして、犯罪者になるより役者になれ」と言ったから役者になった

渥美清 (1928 年 3 月 10 日 - 1996 年 8 月 4 日) は、日本のコメディアン、俳優、歌手でした。 本名は田所康夫。

代表作『男はつらいよ』シリーズでは、柴又育ちの織物屋「車寅次郎」を主人公に演じ、「寅さん」として国民的人気を博した。 彼は死後、国民栄誉賞を受賞しました[1]。

スポンサードリンク

一生

子供時代

1928年3月、東京都下谷区車坂町(現東京都台東区上野七丁目)で、地元新聞社記者の父友次郎とともに副業として 小学校の先生、封筒を貼ります。 母辰との間に次男として生まれる [2] 。 彼には兄の健一郎がいます。

1934年11月、板橋小学校に入学。 1936年、家族とともに板橋区志村清水町に転居し、志村第一小学校に入学。 小学生の頃、彼はいわゆる飢えた子供であり、病弱で、小児腎炎、小児関節炎 [3]、膀胱カタルなどのさまざまな病気に苦しんでいました. そのため、学校を休むことが多く、3年目と4年目に長期の病気休暇をとった。 留守中は一日中ラジオを聴いたり、徳川幽世や落語を聴いたりしていた。

1940年、板橋城山高等小学校に入学(注1)。 第二次世界大戦中の1942年、旧私立巣鴨中学校に入学したが、板橋の軍需工場に動員され、軍用機のラジエーターを作ったという[4]。 . 堀切直人は巣鴨中学校に進学せず、志村坂上の東京管楽器の町工場に就職したという[5]。 1945年に旧制で同校を卒業したが、3月10日の東京大空襲で自宅が全焼。 卒業後は工員として働き、一時期、運び屋や織物屋の手伝いもした。 がある)。 幼少期に培われたこの知識が、後の『男はつらいよ』シリーズにおける寅次郎の作風誕生のきっかけとなったと言えます。 瑛六介によると、瑛は戦後に燃え尽きた金属を交換し、秋葉原で部品を購入して鉱石ラジオを組み立てるグループにも参加しており、そのグループのリーダーは渥美清だったという。

 

俳優業

高等教育への進学については別の意見もあり(後述の「性格や経歴についての別の意見」を参照)、10代の頃は船乗りになりたいと思っていたが、その中でも 料理人であり、大日本船舶会にも申請書を提出した [8][8]。 9]、母親の強い反対により捨てられた。 知人の紹介で巡回劇団に入り、お笑い芸人としての道を歩み始める。 芸名には諸説あるが、元の芸名は小説の主人公から取った「渥美敦郎」。 清の名前の方が通りやすい」と語った[10]。「清らかで美しく強くあれ」という意味を込めて名付けられたという説もある[11]。

1946年(昭和21年)に新流の軽劇が終わり、大宮市の日活館 [3] を経て、『阿部帝一大記』 [注3] [13] で崔役で初舞台を踏む。 1951年、東京・浅草6のストリップ劇場「ミリオンフーシアター」(建物が疎開された観音堂跡)で専属芸人となった[10]。 2年後の1953年、彼はフランスの劇場に移りました[14]。 この頃、フランス劇場には長門勇、吾妻八郎、関啓六などの後に劇場の第一線で活躍する芸人がおり、寸劇作家の井上ひさしが行き来した。 この頃、浅草の銭湯で、後にシナリオライターとなる早坂悟(当時大学生)と出会い、親交を深める。 (下記参照)。 1954年、肺結核のため右肺を摘出し、埼玉の療養所で2年間療養した[15][16]。 この療養所での療養体験はその後の人生観に大きな影響を与えたと言われ、右肺を失ったことでドタバタ喜劇を演じることができなくなった。 1956 年の秋、退院後、中野の立正厚生会病院に 3 か月間入院し、今度は胃腸の問題に苦しんだ[18]。 カムバック後、彼は飲酒、喫煙、さらにはコーヒーをやめ、過度のダイエットを試みた[19][20]。

スポンサードリンク

1956年、日本テレビ系「ミセス」で主人公・浅岡雪路のダメアシスタントとして初テレビ出演。1958年、『おとらさん大事件』で映画デビュー。 谷幹一、関啓六ら脱衣小屋時代の盟友 数ヶ月で脱退 1961年~1966年 NHK「ゆめゆめ」「ヤングシーズン」に出演 お笑いタレント渥美清の名を馳せた 1962年、映画「なんであんなにモテるのか」で初主演を果たし、7年後に寅さん一家を結成する倍賞千恵子、森川誠らと共演。 、フジテレビ連続ドラマ「おばん」でギュウちゃん役を演じ、同年「オタマゲマーメイドストーリー」でヤクザ(フーテン)役を演じ、 右肺切除の影響で海に飛び込むことができなかったが、その際にいくつかの映画が撮影された。 同じエリアにあり、映画『切腹』(仲代達也、岩下志麻、丹波哲郎、三國連太郎)のロケ地となった旅館に宿泊する人も多かった。 1963年、野村芳太郎監督の映画「拝啓天皇陛下」で「カタカナしか書けず、軍隊は天国だと信じる世間知らずの男」役を演じ、映画界を確立。 俳優としての彼の評判。 この作品はフジテレビ関係者から好評を博し、「男はつらいよ」の構想が練られた。 1965年、羽仁進監督の『ブワナ・トシの歌』がアフリカ各地で4ヶ月間撮影された。 この撮影以降、彼はアフリカの魅力にとりつかれ、個人旅行で何度も足を運びました[注4]。 彼は、タンザニアの彼のホテルから見たキリマンジャロが特に好きで、一日中見ていると言っていました[23]。

1969年3月17日(月)、島根県の出雲大社で妻の雅子と内緒で結婚式を挙げた[24][25][26]。 レセプションはホテルニューオータニで開催され、スター、友人、映画記者、雑誌記者を招待した[25][27]。 彼は41歳でした。

当初、東映は松竹よりも渥美の喜劇を売り込むことに熱心で [28] [29] 、東映は岡田茂プロデューサー(後の東映社長)に「喜劇路線」を敷こうとした [29] [30] 。 抜擢され[29][31][32]、瀬川庄司監督の「お笑い特急列車」(1967年)など、岡田が起用した「列車シリーズ」に出演。

岡田茂は「実は東映東京撮影所の監督だった1962年に渥美清さんに1年間お世話になりました。 私が撮ったんですけど、東映はお笑いが苦手だったので、「渥美くんとは5本やってるけどダメだった」って。 ちょうどその時、松竹さんから松竹に行こうと誘われて、松竹に行った方がいいと思って行きましたが、結果的には良かったです。 1つのシリーズで48本の映画(1996年)をやることは不可能だ. 加藤、1966年)は、東映旅行映画の最高傑作といわれる. が代表作として知られる[28][36]. この時期の他の主演作には、TBS系テレビドラマ『渥美清の泣くたらく』( 1966)。

彼が最後に舞台に立ったのは1966年5月、新宿コマ劇場で翻訳されたミュージカル「南太平洋」でルーサー・ビリス役を演じたときであり、それ以来、彼は再び舞台に立つことはなかった[37]、1991年に 常盤座の最後に行われた「関競六劇団」送別会のフィナーレで役者全員で舞台挨拶をしていると、いきなり舞台に上がって関に「震えさん」とあいさつ。

車寅次郎

1968年10月3日から半年間、山田洋次・森崎あずま脚本のテレビドラマ「男はつらいよ」がフジテレビで放送された。 最終話「寅さんがハブに噛まれて死亡」[39]のエンディングで視聴者から抗議が殺到したため、翌1969年、松竹は「寅さんの意味を込めた映画」を制作した。 償い''。 強い視聴者動員と高い評価を受けてシリーズ化。 当初約54万人だった観客動員数は、8作目で148万人まで徐々に伸び、大ヒット作へと飛躍した。 以来、200万人を超えることも多く、松竹のバックボーンを支え続ける大ヒットを続けています。 国民的スターとなった渥美清は、27年間48作品で車寅次郎(風天の虎)役を演じ続ける。 映画シリーズでは、最も記録数の多い作品としてギネスブックに掲載されるなどの記録を達成。

1972年、渥美プロダクションを設立し、松竹と映画『声なき友』を主演で製作。 1975年、松竹創立80周年を記念して制作された映画「友情」に出演。 1977年、テレビ朝日系土曜ワイド劇場「田舎刑事タイムよとまれ」で久しぶりのテレビドラマ主演。 本作は、ロングラン人気番組「土曜ワイド劇場」の記念すべき第1作であると同時に、第32回文化庁芸術祭テレビ部門ドラマ部門優秀作品にも選ばれた。 . これをきっかけに同作が連載され、1978年には渥美主演の『田舎刑事 旅路の果て』、1979年には『田舎刑事 幻の特攻隊』が制作・放送された。 映画「男はつらいよ」シリーズの大ヒットを受けて、「渥美清」=「寅さん」という構図が固まった。 当初は固定イメージを避けるため他の作品にも積極的に出演していたが、映画『男はつらいよ』シリーズほどのヒット作はなかった。 1977年になってようやく『八葉村』でそれまでのイメージを一新し、名探偵「金田一耕助」役を演じ、松竹創刊以来初のヒットとなったが、連載権を失った( 松竹との関係悪化)。 角川春樹事務所と東宝に押されて一つになったのは大きな岐路だった。

1979年4月14日、NHK連続テレビ小説「いくさんがわはこころど~昭和のこころ~」で作曲家古賀正夫の生涯を生き生きと描き、高い評価を得た。 1980年代以降、『男はつらいよ』シリーズ以外の主演は姿を消した。 1988年紫綬褒章受章[3]。 その後、主演以外の出演は徐々に減り、1993年公開の映画『学園』が『男はつらいよ』シリーズ以外の作品での最後の出演となった。

スポンサードリンク

晩年、死

晩年は松竹の看板として活躍。 『男はつらいよ』42作目(1989年12月公開)以降は、病に倒れた渥美への配慮から、立ち姿で演じるシーンが減った。 寅さんのトランクに椅子としてよく座っていました。 44作目(1991年12月公開)の頃、山田洋次が「スタッフの挨拶に笑顔で答えるのも難しい。スタッフや観客への挨拶は飛ばしてほしい」と語っている。 しかし、この状況を知らなかった映画撮影の観客からは、渥美が声をかけても全く反応しないことから、渥美を「無愛想だ」と批判することがあった。 いくら声をかけても、スタッフを含め誰にも挨拶しなかった[40]。 彼が病気になった42のエピソードから、甥のミツオを主人公とするサブストーリーが作成され、シリーズが2つから1つに減り、ミツオのターンが増え、トラジローのターンが最小限に抑えられました. している。 46作目あたりから、2日撮影2日休むスケジュールを立てました。 . 48作目で朝方が比較的強かった渥美の体調を考慮し、撮影は午前9時に開始し、午後1時頃までに終了した。 そんなスケジュールが無ければ撮影は無理だったと山田は言う[40]。

関係者が最後に渥美清に会ったのは、1996 年 6 月 27 日 (または 6 月 30 日[41])、山田洋次の紫綬褒章受章を祝うために、代官山のレストラン、小川軒で開かれた会議であった. 次回作の打ち合わせの際、山田洋次、倍賞千恵子、渥美のスケジュール管理を担当した製作総指揮の峯純一、松竹の大西さんらスタッフ10人が揃って食事をしたところ、薄いステーキだったが、 彼らはそれをすべて食べました。 40][42][43][44]。

病気については、1991年に肝臓がんと診断され、1994年に肺に転移。主治医から第47作への出演は無理だと言われましたが、第48作に出演することができました。 1996 年 6 月 27 日または 1996 年 6 月 30 日、代官山のレストランでの食事中に、彼は 49 番目の映画の制作のために高知でのロケに同意し [40][45]、撮影の 1 週間前に亡くなりました。 彼は家族に呼吸困難を訴えたが、すぐに手術を受けた[46]が、癌が広がっていたため手遅れだった. 1996年8月4日午後5時10分、文京区の順天堂大学病院で転移性肺癌のため死去。 彼は68歳で亡くなりました。

渥美の遺書によると「諡号はつけないで」「最後は家族だけが面倒をみてくれます。 [47] 家族だけで非公開の埋葬が行われ、東京都荒川区の町屋葬儀場で火葬された。 最初の接触は山田監督だったとされ [48] 、8月5日に監督と松竹宣伝部の大西が駆けつけたとき [50] [51] 、すでに死亡していた。 叔母役の岬千恵子の下で、8月6日午前10時頃(8月7日、小林によると[52])[53]、サクラ役の倍賞の下で同日。 深夜に連絡があったという[54]。 8月7日に松竹から訃報が発表された。男はつらいよ48作目『男はつらいよ寅次郎紅の花』が遺作となった。

8月13日に松竹大船撮影所で行われた「渥美清送別会」では、早坂晶、倍賞千恵子、山田洋次(後述)が弔辞を述べた[55]。

私の立場から、まず皆様に感謝の意を表したいと思います。 今日、あなたは足の悪いこの土地によく出かけました。 渥美さんの送別会は葬儀場ではなく、27年間寅さんを作ってきたスタジオで行いたいとのことで、会社の方にお願いしました。 . ここでしばらくプレイしているプレイヤーは、ほぼ全員が初代寅さんシリーズから山本直純氏の美しい音楽を奏でたプレイヤーです。
5年前、『寅次郎の休日』が大分県日田市で撮影された際、渥美の身体の衰えが目立った。 松坂慶子の46作目の「寅次郎の婚約」で、瀬戸内海の小さな島の急斜面を上り下りするのがとても難しかったことをよく覚えています。 昨年秋に亡くなったカメラマンの高羽さんと渥美さんが同じ病気で、特別な情報交換が行われました。 私は自分の状態が見過ごされることは決してないことを知っていました.
「もうすぐ幕を引かなければならない」 のびやかで明るい寅さんを演じる苦労から、渥美さんを解放しなければと思うことが多かったです。 しかし、四半世紀にわたり松竹のお正月映画の定番であった寅さんの喪失はあまりにも大きな問題でした。 そしてもう一つは、毎年初秋になるとスタッフが家族のように集まり、お正月映画を作る楽しみが尽きることがありません。 、 48作品作りました。 渥美さんの遺作に渥美さんが出演できたのは奇跡に近いと渥美さんの主治医から言われたと後で聞きました。 渥美さんは大変でしたか? ああ、私は間違ったことをしました...私は今それを後悔しています。
7月に入院し、肺の手術を受けるも経過は芳しくなく、渥美さんは大変な思いをした。 彼はかろうじてベッドに起き上がることができず、頭の上に乗ったまま、机の端を両手でぎゅっと握りしめ、机がガタガタと揺れた。 渥美さんはなんであんなに苦しんだんだろう…天国は嫌だ。
「渥美さん、長い間ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。」 しかし、私と私たちのスタッフはあなたに会えてうれしかったです。 今日ここにいるスタッフ、または外で汗を流し、車や会葬者を整理して走り回っているスタッフを代表して、ただ感謝したいと思います。 27年間寅さん映画を作る喜びを与えてくれてありがとう。
「あつみさん、ありがとうございました。」

死後、渥美は「『男はつらいよ』シリーズを通じて人道的な演技で大衆に喜びと幸福をもたらした」として、日本政府から国民栄誉賞を受賞した。 同賞の受賞は、1984年に亡くなった長谷川一夫に次いで2人目。

2000年キネマ旬報「20世紀の映画スターと俳優編」日本人俳優9位、同号「読者が選ぶ20世紀の映画スター」4位。 . さらに「映画館を埋め尽くした金儲けスターは誰だ!」 日本版が1位にランクイン。

スポンサードリンク

キャリアについての異端

渥美清の私生活は謎に包まれており、彼の経歴にはいくつかの神話があります。 小林宣彦『おかしな男渥美清』年表によると、1940年に志村第一小学校を卒業し、志村高等小学校に入学。 1942年に卒業し、14歳で坂上志村の東京管楽器に入社するも退社し、その後は「家出をして走り回った」と言われている。

巣鴨学園関係者によると、戦前の在籍記録は戦災で失われ、卒業したかどうかはもちろん、入学したかどうかも公式には言えないという。 しかし、一部の卒業生の証言によると、彼は「入学したが、卒業しなかった」。

大学についても諸説あり、中央大学予備課程に進学したとする説[3]、そもそも中央大学には入学せず学歴を偽ったとする説[5]、中央大学進学説[5]、 テキスタイルショップとして働くのが便利だったので、大学に進学しました。 モルタル帽をかぶっていたのは予科の説[56]、天ぷら生時代にモルタル帽をかぶっていた説[注6][57]、商学部入学説[57]などがあるが、 中央大学 [58]。 中央大学説のきっかけは、慶應義塾大学での関啓六、早稲田大学での谷喜喜一、中央大学での渥美清の演奏であると言われています。

実像

『男はつらいよ』の寅さん役で、社交的で開放的な性格が印象的だった。 他人との接触を避ける傾向にあった。 ロケでの撮影に協力してくれた地元有志が主催する宴会にはあまり姿を現さなかったが、第48作目では瀬戸内町主催のホテルでの歓迎会に町民を招待し、渥美清が着用した。 グレーのジャージーのトップスとサンダル。 [60][注 7]。

家族は妻と子供2人だが、原宿に「自習室」として民間のアパートを借り、よく一人暮らしをしていた。 渥美の死後、長男の田所健太郎が「親戚」として表に出た。 渥美自身の結婚式は親族のみでささやかな結婚式が行われ、友人の代表として芸能記者の鬼沢啓一が招かれていたが、鬼沢は渥美の死後までその行事を公表せず、渥美の死後にその時を記念した。 写真付きで初公開。 レセプションには仕事仲間として関啓六さん、谷喜喜一さんが出席し、司会はTBS渥美の杉山慎太郎さん、「泣いてもいいですか」ではTBSの番組宣伝部が担当した。 渥美さんは熱心な信州みちよのファンを自称していたため、結婚する際に「ごめんなさい、心中みちよ」とためらいがちなコメントをした。

渥美は死ぬまで私生活を芸能界に持ち込まなかったので、彼の自宅の住所は芸能関係者や映画関係者、芸能界の友人には知られておらず、長年一緒に暮らしていた山田洋次にも知られていない。 「男はつらいよ」シリーズ。 そして、親友として知られる黒柳徹子、関啓六、谷幹一でさえ、渥美の自宅や個人の連絡先を知らず、同僚たちは葬式まで渥美の家族に会わなかった。 これは渥美が生きている間は私生活を秘密にし、「渥美清=寅さん」のイメージを壊さないようにするためであった。 その理由は、通りを歩いていたときに見知らぬ人に「ヨ、トラ」と声をかけられたからだと彼は言う [62] 。 1台の車で、仕事のために店を選ばず、行き当たりばったりの蕎麦屋で食事をした [62] 。 .

スポンサードリンク

20代の頃、銭湯で脚本家の早坂晶と出会い、早坂は「ぎょさん」と呼ばれ、生涯の友となる。 渥美は「行さん、連れて行ってください」と、早坂との旅行をいつも楽しみにしていた。 東京生まれで田舎者ではない渥美にとって、早坂の故郷である愛媛県北条市(現・松山市)や沖合の「北条鹿島」が特に好きで、度々同行している。 早坂のNHK連続ドラマ「花遍路」(早坂の自伝ドラマ)ではナレーションを担当した[注10]。 こうした経緯が、実現しなかった第49作『寅次郎花遍路』の元となった [65] 。 死後に発見された渥美の晩年手帳には「旅に出よう。家族で旅に出よう」と書かれていた。 早坂は渥美が非常に才能のある俳優であることを恐れているが、彼は「寅さん」以外の役をほとんど演じることができず、送別会での弔辞でこう語った(下記参照)。

1985年頃、渥美は早坂に尾崎放斎を演じて欲しいと相談したが[66]、NHKが「海も誰より放斎 on 小豆島」を先に放送したため、話は打ち切られた。 早坂の『首人形保谷の島』の脚本が完成したのは1993年で、渥美はすでにガンを患っており、脚本を書くためのスタミナが不足していた。 [67]。 吉村昭の小説を原作としたドラマが、1985年にNHK松山放送局で制作・放映された[注11]。 NHK放送後、話題が急遽種田山頭火に変わり、今回は渥美と早坂が山頭火を取材する旅に出た。 NHKは「山頭火」脱退のオファーを受けた。 渥美が退団後、フランキー酒井が主役を演じたこのドラマ『山頭火、なんだこんな孤独な風吹く』は、モンテカルロ国際テレビ祭(ゴールデン・ニンフ=脚本部門最優秀賞)を受賞し、フランキー酒井は最優秀賞を受賞した。 最優秀男優賞。 受賞した。 早坂は、渥美の初期テレビドラマ『泣いてたまるか』や、前述の土曜ワイド劇場の第一作『田舎刑事』シリーズの脚本を担当。 描き出す名作です

映画では、山田洋次、野村芳太郎のほか、沓掛時次郎、祇園祭、スクラップグループ、声なき友、ファニーガイなどの脚本を手がけた鈴木直之と長く共演。 . 渥美は、早坂・関啓六・山田洋次による第46作『寅次郎の婚約』(1993年公開)の撮影の合間に宝斎の墓参りをし、小豆島尾崎宝斎記念館(土庄町)を建立した。 [68]

上記の著書の著者である小林信彦は、1960年代初頭に放送作家として渥美と知り合い、独身時代はお互いの部屋で一晩中語り合うなど親交があった [69] 。

渥美は松竹新喜劇の藤山ひろみを絶賛しており、渥美はひろみの出演パンフレットで「役者の藤山ひろみの芝居を客席から見るだけで、楽屋には行かない。 ヒロミも渥美が客席に来ることを知ったとき、ステージ上でアドリブで「横丁のタイガー、まだ帰ってきたの?」とアドリブ。 勉強熱心な性格で、話題になった映画や舞台をよく観ていたが、彼のスマートなファッションは「寅さん」とは全く違うものだったので、他の観客にはほとんど気づかれなかったという。

山田洋次は渥美の頭脳の良さを指摘し「天才だった」と語る。 彼は驚くべき記憶力を持っており、特に彼の記憶に関しては、台本を数回読んだ後、頭の中に完璧なセリフがあったことを証言した[71]。

放棄されたアイデアの1つは、増村保三の映画「セックスチェック:セカンドセックス」に基づいて、男性アスリートであると疑われた女性アスリートが主演する映画でした. . この考えは、1968年に早坂明によって「渥美清子の青春」としてシナリオ化されていた[72]。

黒柳徹子はプライベートな関係を持つ数少ない人物の一人であり、彼女は彼を兄貴と呼んだ. ちなみに、それを報じたスポーツ紙には、黒柳がフランチェスカ時代の幕間の寸劇で、小学生の頃によく通っていたチンドン屋に扮した写真が掲載されていた。 これは、当時のメディアが入手できる唯一の写真だったためです。 2006年が渥美の没後10年だったせいか、黒柳が渥美のことをよく口にしていた。 森重久彌は渥美の才能を慕っており、渥美も森重を慕っていたという。

瑛六介とは少年時代からの旧友で、渥美は瑛も所属する不良グループのボスだったという。 また渥美は、渥美が俳優になりたいと思ったきっかけには、ある刑事の言葉があるという。 渥美はある時、歩道のチェーンを盗んで売ろうとしたところ、警察に連行されたという。 アドバンタを取る

布袋寅泰は渥美と同じアパートに住んでいた。 北へ」と言い、元旦には「つまらないことだけど、キッチンの隅に飾っておいてね。 "]。

長男の田所健太郎さんは、ニッポン放送入試の際、履歴書の家族欄に「父 田所保夫 プロ俳優」と書いた。 しかし、ニッポン放送の新入社員の仕事を見に当時あった「父母参観日」に、渥美清が父親として会社に来て騒ぎになったという。

晩年は趣味で俳句を始め、「風典」という俳名で「あえら空海」(アエラ主催)で数首を詠んだ。 森英介『風天 渥美清のうた』(大空出版、2008年、文春文庫、2010年)で詳しく紹介されている。

秋野の著書によると、同じ浅草仲間である八葉武利が交通事故で亡くなったのをきっかけに、車を所有することはなく、一生ハンドルを握ることもなかったという。

倍賞は「渥美が最後に入院したとき、さよならを言うようにいろいろな人に電話をしていたようです。 彼は著書で語っている[77]。 付き添いの篠原安治さんも同じことを言っており、篠原さんによると、最後の会話は渥美さんが7月に入院する前の突然の電話だったという。 渥美自身は、自身が共演した叔父役の森川誠をはじめ、著名人の通夜・葬式には一切出席していない。

-雑学