To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

阿藤快はアナグラムの加藤あいの写真集『24人の加藤あい』に対抗した『24人の阿藤快』

阿藤 快(あとう かい、[2][1]、1946年〈昭和21年〉11月14日[2] - 2015年〈2015年〉11月14日[1][3])は、日本人の俳優・タレント。 神奈川県小田原市 [2] 出身。 首都大学東京【2】法学部法学科(第二部)卒業。 劇団俳優座[2]、マイプロモーション[2]を経て、合同会社ボニートに所属。 血液型はA型。本名は阿藤浩一。

旧芸名は跡海(あとうみ)[1][2]。

スポンサードリンク

歴史

中学時代は野球に熱中。 神奈川県立清祥高等学校に入学するが、高校には野球部がなかったため、2年で中退した[注1]。 その後、名門野球部に入部するが不合格となり、聖翔高校に戻る。 卒業後、首都大学東京法学部法学科(第2部)に合格し入学。

学生時代は弁護士を志し、司法試験の勉強に励むが、ドイツ語の単位が取れず、2年で中退。

大学卒業後、劇団俳優座の舞台部に入部。 その後、原田義男に師事し、中村敦夫に誘われて俳優を志すようになる。 原田が出演する映画やドラマにも度々起用され、原田との関係は原田が亡くなるまで続いた。 高倉健と共演する機会も多かった。

その後、原田、中村、市原悦子、地井武雄らがいわゆる役者反乱グループを脱退。 彼は約10年間、悪役や小さな役として演技のキャリアを続けました. 1988年、『先生ビンビン物語』で主人公・徳川龍之介(田原俊彦)の教頭・御前崎真紀夫役を演じ、リビングルームで人気を博した[1]。

 

ドラマ出演などの俳優活動のほか、グルメ番組のリポーター役や旅行番組のガイド役を担当。 特に有名なセリフ「なななな」は物まねとしてよく使われます(ちなみに「なななな」は危険な場面を和ませるために使われるようになり、食べ物がまずいときに使われます)。 言葉ではありません)。 また、コージー富田がなりすましで笑わせたのは誤解だったと語った。 一方、コージー自身の物まねは「そっくりだった!」と絶賛。

前述のような気さくで謙虚な人柄から、「芸能界最高の人」「裏表のない芸人」などと称されることもある(実際、タモリらが「最高の芸能人」と評している)。 芸能界の人」)。 [4])。

食べ物にむせにくい芸人としても評価され、彦麻呂らグルメリポーターからも慕われた。

2001年11月14日、芸名を阿藤快から阿藤快に変更。

2002年、故郷小田原の小田原ふるさと大使に任命された[5]。 そのため、北条早雲に扮して北条五代祭のパレードに参加した。 第1回(2005年)より小田原市主催の小田原映画祭実行委員、第2回(2007年)より実行委員長も務める。

2015 年 11 月 15 日、彼は職場に現れなかったため、午後 2 時頃、彼の代理店のスタッフと家族が自宅を訪れ、ベッドで横になっている彼の死体を発見しました。 が発見されました。 彼の発見時から、彼は病気で亡くなり [3] [6]、彼の破裂した胸部大動脈瘤は後に公式の死因を与えられました. 彼は 69 歳で亡くなりました。彼は 69 歳の誕生日に亡くなりました[7][8]。

ゲスト出演した「総合診療医G」(NHK総合)の第7話が2015年12月3日に予定通り放送され、収録日(2015年9月20日)を示すテロップが流れた。 番組の冒頭と中盤では、番組終了時に画面上部に阿藤への哀悼の意を表すテロップが表示され、阿藤の生き生きとした姿が放送された。 偶然にも、阿藤の死因である大動脈瘤の破裂もこのエピソードで取り上げられた。

スポンサードリンク

彼のモットーは「一日一日」です。
彼は、2014 年に禁煙するまで、何年にもわたって 1 日平均 2 ~ 4 箱のタバコを吸っていました。
競馬研究熱心な競馬ファンで、競馬関係の著書もある。 関西テレビのバラエティ番組「鷹人ムネいっぱい」にゲスト出演した際、数々のGIレースの実況を再現した同局アナウンサーの馬場哲史に感銘を受けた。
学生時代は干物屋でアルバイトをしていた(後に静岡初倉庫頭の店と店主を訪ねる)。
雑誌の取材を受けた名字審査員のアドバイスで「海」から「海」に改名。 名前が女優の加藤あい(アナグラム。より正確には「スプーナリズム」。「音声変換」の項参照)に似ていることから、加藤の写真集「24人加藤あい」を「タモリ倶楽部」に収録。 プロジェクト「24人阿戸改」発足時、この放送をきっかけに阿戸「甲斐」としての活動を開始。
2004年に公式サイトをリニューアル後、競馬公式ブログの開設や、長年の競馬経験を生かした旅行・グルメサイト「甲斐あと、旅、いっせい…」を開設するなど、ネットでの活動も精力的に行っている。 経験。 また、自身の公式サイトBBSでは本人からの反応もあった。
テレビや映画への出演のほか、特に「ぶらり中下車の旅」の旅人役で知られる。 2008年1月28日放送の「ヤッターマン」(読売テレビ系)で、「ぶらり途中の上車旅」でナレーションを担当する瀧口淳平さん演じるドクロベーが「あ、阿藤さんどこ行くの?」 著名人のゲスト出演も多い同作で名前だけの登場例です。
『太陽にほえろ! 西武警察と時代劇。 日活ロマンポルノにも何度か出演しており、中でも「赤髪の女」での演技は高い評価を得ている。
名取裕子とのドラマデビュー作での共演以来、同じ神奈川県出身ということもあり、兄妹のような仲を続けている。 阿藤は旅行番組で訪れた各地の名取の名物を贈り、その見返りに名取から毎年珍しい柄の浴衣を贈られたという。
柳沢慎吾は小・中学3年生で家族関係があったといい、『真夏の探偵』で共演した[9]。
妹によると、阿藤は幕末の志士として有名な坂本龍馬に憧れ、「坂本龍馬のように死にたい」とよく言っていたと明かした。

-雑学