To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

あべこうじのテレビデビューは『ウルトラマンティガ』第18話「ゴルザの逆襲」

阿部 浩二(あべ こうじ、本名:阿部 浩二(あべこうじ)、1975年<昭和50年>2月19日 - )は、日本のお笑い芸人、落語家、俳優、作詞家。 神奈川県横浜市南区出身。 吉本興業所属。 身長178cm、体重76kg。 R-1グランプリ2010優勝者。

妻は元モーニング娘。 】タレントの高橋愛。

スポンサードリンク

略歴

神奈川県立商工高等学校(神奈川商工科)卒業。 石井正典(アリとキリギリス)は高校2年先輩。
1997年、ウルトラマンティガ第18話「ゴルザの逆襲」でテレビデビュー。
1998年、渋谷公園通り渋谷新人計画にてデュオ「Canvas」としてデビューするも、2001年に解散。同年、ピン芸人として再デビュー。
レギュラー番組として「少女B」に出演していた。 「エンタメの神様」「クリック!」などにも出演。 東京・新宿の劇場「ルミネザよしもと」にも出演中。
2000年に一般女性と結婚し、娘をもうけた。 しかし、2007年3月に離婚した(2008年1月2日放送の「ジャイケル・マクソン」で発表)。
「あべさく」としての活動もあり、休日でも佐久間一行と仲が良いことには定評がある。
お笑い芸人になる前は様々なプロを経験し、俳優としても活動していたことから、演技とナレーションが高く評価されている。 映画「デスクトップ」では主任家庭教師・馬場ハジメ役に抜擢されている。
3月26日に放送された「阿部浩二のポッドキャスト番長」にダンカンがゲスト出演し、ダンカンが阿部野の師匠であり先輩であることが判明した。
2007年11月26日「2周年特別無料放送!メンバー全員集合!?」 総合MC 2008年1月1日(火) よしもと∞火曜 第2部MC:チュートリアル(一身上の都合により不実施) 他の金曜日。
「R-1グランプリ」第2回大会(2004年)で初の決勝進出を果たした後、レギュラー組として長期に渡って決勝に進出。 決勝の会場総数は6回。 しかし、第3回(2005年)の大会では3位[1]、第4回(2006年)の大会では準優勝[2]、第6回(2008年)と第7回(2009年)の大会では入賞。 2年。 連続5位でフィニッシュするなど、毎回優勝まであと一歩だった。 そして、6度目の決勝進出となった第8回大会(2010年)では、凪剛志(661点)に次ぐ1回戦で658点を記録し、準優勝を記録した。 7人中6票で念願の優勝を果たした。
しかし、DVD『R-1グランプリ2010 DVDオリジナルセレクション~爆笑ネタ集! [4][5]のようです)。 ちなみに、阿倍野の話だけでなく、2010年の決勝トーナメント自体は一切収録されておらず、主に各芸人によるテレビ放映されなかった予選を収録。 2021年よりU-NEXTで配信される映像では、第2素材の音声が一部カットされている(ドレミの歌のメロディが歌われる部分)が、それ以外はすべて収録されている。 .
物まねや特定のジョーク、フリップなどの小道具に頼らずに優勝したのは、初代チャンピオンの大台光以来、7つのトーナメントで2番目のグループでした。 阿部が第16回(2018年)の大会で優勝した後、浜田雄太郎が優勝するまでお笑い芸人の優勝はありませんでした。
前述のようにR-1グランプリに果敢に挑んだ反面、「お笑いの第5世代」のほとんどの芸人が参加するお笑い番組「爆笑オンエアバトル」には一度も参加したことがなかった。 (一方、仲の良い佐久間一光はレギュラーグループとして長く同じ番組に出演しており、その点で大きな違いがあった)。
2012年、福岡のラジオ番組「HKT48のBaby~Radio(仮)」にHKT48メンバーがゲスト出演した際、チームH(当時)に所属していた村重杏奈にR-から相談を受けた。 彼は 1 グランプリ 2013 への参加を決定しました [7]。
2013年4月より青森県のローカル番組「夢はここから生放送 Happy」のMCを務めており、関東から青森へは番組休止期間を除いて毎週通っている。
2013年12月21日、元モーニング娘。 』の高橋愛さんと2014年2月14日に再婚することが発表されました。
2014年2月14日、高橋選手に正式登録し、神奈川県横浜市の横浜マリンタワーでツーショット記者会見を行った。
同年6月2日、アメリカ・ハワイにて高橋と結婚。

スポンサードリンク

芸風

最近はピン芸人の作風といえば一人寸劇が多いが、コメディがメインの作風は珍しい。
漫才では、日常生活で起こるトラブルにどう立ち向かうかという話が得意。 また、「エンタメの神様」では「こんな時、どうする?」というストーリーを披露。 また、「爆笑レッドカーペット」では、「あべえもん」「イタリアン」「はやいじゃないですか!?」などのショートストーリーも。 時間の都合上、表示しています。
お笑いやトークでは「うざい」と言われており、本人もたまに口にする。 例えば、冒頭で「一緒に温泉行こうよ!」などと腹立たしいことを言った後、「今は半分くらいの人が気づいていると思います」。 (阿部浩二) めんどくさい! (笑)」。
「凹んでるから元気でね!」というギャグがあり、ネタや対談に取り入れていることもある。 また、五木ひろしの物まねが得意で、見せびらかしが多い。
最近は「どーも、A.B.E.K.O.J.I.
物語を終えるとき、彼は「H.A.P.P.Y人生、ああ!私に幸せな人生を送ってください」と言います。

-雑学