To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

阿部サダヲは大人計画のオーディションに、短髪を白髪に染め軍服を着用して参加

阿部サダヲ(あべ さだお、本名:阿部 隆、1970年4月23日 [3] - )は、日本の俳優、歌手。 千葉県松戸市出身[2]。 劇団大人計画に所属。

スポンサードリンク

歴史

数々の舞台に出演することでその演技力に定評があり、舞台を中心にテレビドラマ、映画と幅広い分野で活躍中。

1992年、舞台『冬の肌』でデビュー。 同年、病気で中退した温水洋一の代役として、『演歌野郎は毎晩バカバカしい夢を見る』でドラマ・テレビデビューを果たした[1]。

1995年[1]、同世代の俳優らとロックバンド魂を結成し、ボーカリスト「Destruction」名義で活動した[5]。 2005年には「第56回NHK紅白歌合戦」にも「ジュース買ってあげる♥」で出場。

2000年、大人計画の工藤勘九郎脚本によるテレビドラマ『池袋ウエストゲートパーク』で主演を務める。 以降、宮戸作品にレギュラー出演している(ただし、なぜか『あまちゃん』には出演していない)。 2007年『舞妓はぁあん!!!』で映画デビュー。 2010年、NHK連続テレビ小説「離婚同棲」で連続ドラマ初主演。 翌2011年にはフジテレビ系で放送された連続ドラマ『まるものおきて』で主演を務めた。

2020年10月8日、PCR検査の結果、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が確認されたことが発表された[10]。 その後、彼は仕事に戻ることを発表しました。

スポンサードリンク

小学校低学年の頃は、クラスの先生に指名されるだけで泣く子でした [11] 。
原辰徳に憧れて野球を始め、小・中・高校の野球部に所属し、中学2位、高校3位。 彼は足が速く、盗塁が得意でした。 野球部時代は「かっこまん」の愛称で呼ばれるほどの見栄っ張りだった。 本気でプロを目指していたが、同じ千葉県の高校野球で後にプロ野球選手となる石毛浩志選手を見て、実力の差を痛感し断念。 その後、石毛本人に会った際にサインを求めたが、石毛が現役時代に契約したい球団を尋ねたところ、阿部は「銚子市立時代にサインが欲しい」と答えた。 、彼の高校の名前で初めて署名しました[11]。
学生時代はバンドでドラムを叩いていた[12]。
グループ魂の一員である小園(小園龍一)の高校の同級生。
高校卒業後、地元のパチンコ店に就職を考えていたのですが、担任の先生に止められ、秋葉原のラオックスのファクシミリ窓口で働きましたが、仕事が嫌で1年で辞めざるを得なくなり、 半分。 離れる。 その後、しばらくの間、トラックの運転手など、いくつかの仕事をしていました。
芸能界に入ったきっかけは、友達のすすめと、小学校の同級生のお母さんに「30歳になったらいい役者になれるよ」と言われたことがきっかけでした。 やってみようと大人計画オーディションに行ってきました。 彼はトークショーで、妹に芸能界に入ると言ったときに鉛筆削りを投げつけられたと言いました.
オトナ企画のオーディションではショートヘアを白く染め、軍服を着ており、松尾スズキを驚かせた。
入団当初はステージに遅刻し、松尾に殴られた。
2013年9月25日、自身主演の映画「謝罪の王様」の公開記念イベントで観客と共に3つのギネス世界記録に挑戦。 その結果、「人間のタオルの鎖が最も長い(1061人)」、「ペアでお辞儀をした人が最も多い(1022人)」、「紙の王冠をかぶった人が最も多い(1047人)」という結果が得られました。 それらはすべてギネス世界記録に認定されました[17][18]。
彼は読売ジャイアンツの大ファンです[19]。
彼は結婚しており、1 人の息子と 1 人の娘の父親です [20]。
ニッポン放送のポッドキャスト「オールナイトニッポン PODCAST He is Jumpin' of An Girls」のリスナーであり、阿部さんの娘はリクルート経験がある[21]。

芸名の由来

本名が阿部であることから、安倍貞夫事件では「阿部貞夫」が立候補し、「貞夫」をカタカナに変えて貞夫となった。 当初、松尾スズキは顔色が青白かったため「君の名は屍写真」と言っていた[22]。

-雑学