To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

AMEMIYAは元々「絵の中に閉じ込められる男」や「あの世に行くエレベーター」などシュールコントネタ

AMEMIYA(あめみや、本名:雨宮洋平、1978年11月10日 - )は、日本のお笑いタレント、歌手。

スポンサードリンク

歴史・経歴

バイオグラフィー

千葉県千葉市稲毛生まれ、千葉県佐倉市志津育ち。 千葉県立幕張総合高校卒業。

1997年、よしもと総合舞台芸術学院(NSC東京校・3年生)入学。 高校の同級生である西条光利(後の荒木サンダーお涼)とコンビ「ノンストップ」を結成し、ツッコミ役を演じた。 NSC東京卒業後、ワタナベエンターテインメントに入社。 彼は組み合わせの名前を「ノンストップ バス」に変更します。

2003年ノンストップバス解散。 同年、ボーカリスト「まふまふ」となり、師匠と「二人組バンド」を結成。 2005年にバンド名をダイナマイトオレンジに変更。 バンドを率いるシンガー兼エンターテイナーとして活動。

ダイナマイトオレンジは2009年に解散。2010年、社長としての活動再開を決意し、SMA NEET Projectに所属。 杓子一つで自作の曲素材を披露するスタイルで活動を始める。

2011年「R-1グランプリ2011」に初出場。 彼は次点を終えます。 同年5月には「イケメン歌がうまい王座決定戦スペシャル」(フジテレビ)にも初出演。 チャンピオンシップを獲得します。

2012年、「選挙グランプリ2012」に出場。 決勝に進出し、2年連続でファイナリストとなった。

 

高校~NSC時代

彼は自分自身を愛し、最初はコメディーよりも音楽に興味がありました。 高校入学のプレゼントに父親からアコースティックギターを買ってもらったのがきっかけで作詞作曲を始め、同級生や友人たちとバンド活動も行っていた。 当時はボーカルではなくサイドギターを担当。

高校卒業時に進路を迷っていたところ、蟲だった西条光敏(後のアラキサンダー・オリオ)がNSCに行くことを知り、お笑いの道に進むことを決意。 1997年に彼とデュオ「ノンストップ」を結成し、ツッコミを担当。 当時の画風はぼかしやツッコミを入れたオーソドックスなコントがメインで、素材を作るのは基本的に相棒でした。

しかし、NSC卒業後もお笑いをやるとは決まっておらず、ツッコミ役に違和感を覚えている。 これを機にコメディ自体から足を洗おうと思ったが、パートナーの説得で新しい事務所を探すことになった。

そんな時、ワタナベエンタテインメントは、NSC講師でもあった放送作家の元祖爆笑王に勧められ、オーディションに一発で合格。 組み合わせの名称が「ノンストップ」から「ノンストップバス」に変更されます。

ノンストップバス時代
「ノンストップバス」になってから画風は一変し、「絵に囚われた男」「異世界エレベーター」などのシュールな物語を手がけるようになる。 アイドル的な容姿と相まって徐々に人気が高まり、『爆笑オンエアバトル』(NHK G)、『ニューウェーブ8』(フジテレビ)、『やるヌキ! (テレビ東京)も入ってきました。

しかし、周囲の環境が徐々に盛り上がりを見せるようになると、ツッコミ役でいつも抱えていた違和感が払拭できず、自分の力を発揮できた自信が持てなくなってしまいました。 他の仕事が増えるとどうしようもない不安に苛まれながらも、根気よく活動を続けていたが、25歳を過ぎた頃、我慢できなくなった時点でデュオを半年で解散することを決意。 -強制的な方法。 あなたは選ばなければなりません。 解散を発表するために事務所に行ったとき、二度と拘留されないためには自分が狂っていると思った方がいいと思い、サングラスをかけたパンクロッカーの格好をして「私はミュージシャンです!!」と言いました。 マネージャーは「目が黒くなっている間は絶対にステージに出させない!」と激怒したという。

スポンサードリンク

2人組バンド ダイナマイトオレンジ時代

ワタナベエンタテインメント退社後、かねてより興味を持っていた音楽の道へ進むことを決意。 そんな頃、高校時代に作詞作曲の楽しさを教えてくれた友人が仕事で迷っていたので、彼を誘って「ふたりバンド」というバンドを結成し、本格的に音楽活動を開始。 当時の芸名は「アメロック」。

直後に小さな会場を借りて初のワンマンライブを開催したところ、直行バス時代からのファンもあり80人以上が集結。 善意で開催した2回目は30人に減りました。 3回目はパフォーマンス不足で開始が30分遅れたが、それが原因で2人が退場し、1人だけ残った。

しかしその後、直行バスに詳しい方のご指導のおかげで、爆笑オンエアバトルの音楽版「エンソンオンエアバトル」(NHK G)に参加する機会を得ました。 オンエアを勝ち取り、史上初の「オンバトシリーズ」両方に出演するも、スタートの合図と同時にプレイしなければならないというルールを無視し、トークを挟んで3回笑ってからスタート。 歌の直前。 首を掴まれると「ご機嫌ですか!」と激怒したといい、その後、この番組に呼ばれることはなかったという。

その後、メンバーを増やしバンド名を「ダイナマイトオレンジ」に改め、マネージャー、フロントマン、エンターテイナー、ボーカリストとして全てをこなす。 見送りを余儀なくされ、私の音楽活動は日の目を見ることはありませんでした。 それでもかつては芸能事務所に所属し、舞台の主題歌や挿入歌を担当していたが、不慮の事故やメンバーの脱退を経て、2009年末でバンド活動は6年に及んだ。 も終わります。

ピン芸人雨宮誕生

バンド在籍中もお笑い芸人の仲間や先輩との交流を続け、2010年にお笑いの道に戻ることを決意。 彼女のパフォーマンスの方向性は、おじいちゃんのアドバイスを受けて、ギターを使った歌の素材としてコメディアンの 1 人によって決定されました。 彼女の事務所はハリウッドザコシショウ[3]に誘われ、年齢制限のないスマニートプロジェクトを選んだ。 芸名は、苗字の雨宮を横書きにしただけの雨宮。

SMAのオーディションライブ「SMAトライアウトライブ(笑)」では、今までの人生を笑わせたくて自虐ネタを中心にやっていた。 彼女の反応はあまり甘くありませんでした。 バンド時代に培った作詞・作曲・歌唱力を生かしたストーリーを作りたいと考えていた時、街中でたまたま見つけた「冷やし中華始めました」と書かれた張り紙にメロディーを乗せる。 . 彼女はそれが面白いだろうというひらめきを持っていました. こうして彼女自身を代表する曲素材「冷やし中華はじめました」が誕生した。

「SMAトライアウトライブ(笑)」で「冷やし中華はじめました」を披露したところ好評を博し、初の1位を獲得。 その結果、所属事務所から「あらびき団」(TBS)のオーディションの申し込みがあり、試聴したところ合格。 2010年9月7日放送の「あらびき団超拡大SP 爆笑!あらびきカーペット」で初出演し、“シンガーソングライターお笑い芸人”としてネタを披露する。 その際、たまたまゲストだった今田浩二に絶賛され、2011年1月30日には『ダウンタウン ガキの使い屋アラヘンデ!! " (日本テレビ)。 その結果、一気に注目度が高まり、Google急上昇検索ワードで5位にランクイン。 さらに同年2月3日の「ズームイン!!SUPER」(日本テレビ系)で取り上げられ、翌2月4日の「笑っていいとも!」に初登場。 (フジテレビ)。 物事は順調に進み始めました。

スポンサードリンク

そして、当時最多の3,572名の参加者を記録した「R-1グランプリ2011」では、シードなしで初出場し、予選を次々と勝ち進み、2月の決勝トーナメント生中継に進出。 同年11日。 1回戦で木村明宏(バッファロー吾郎)を11-10で下し、2回戦では山田耀司(COWCOW、現ヨシシ)を15-6で破った。 準優勝という快挙を達成。 『R-1グランプリ』直後に実施された日刊スポーツユーザーアンケートでは、雨宮さんが「最も面白い芸人」「今年最も活躍した芸人」ともにトップに選ばれました。 そして2011年4月27日にシングルCDとして「冷やし中華はじめました」が発売される[5]。 また、雨宮は翌年開催の「R-1グランプリ2012」の決勝に進出し、2年連続でファイナリストとなった。

その後の主な芸能活動

「R-1グランプリ2011」の直後、第2回で披露され好評を博した「トーキョーウォーカーに取り上げられた」という話が、実は「東京新聞」編集長の目にとまりました。 ウォーカー」(角川マガジンズ)。 Twitterのコメント欄や公式ブログでラブコールが寄せられた結果、2011年3月から10月にかけて同誌で連載も実現。同誌編集長との共演もある。 ラジオ番組「ゆうやけじちゃん演技」(文化放送)にて、2011年夏に「雨宮×東京ウォーカー」のコラボTシャツを制作。

また、2011年4月21日発売のプレイステーション・ポータブルソフト『ガチトラ!~暴れん坊教師inハイスクール~』(スパイク)では、南明菜とともにプロモーションイメージキャラクターに抜擢され、CMにも出演。 初めて。 満たす。 その後、同年5月より放映開始されたサントリー金麦「そこの金麦 Episode2~帰郷~」のCMに高良健吾、藤竜也とともに起用される。 スパワールド世界の温泉、2012年4月よりキング観光、2012年5月より土崎BC(秋田市パチンコ店)、2012年10月より「神様はじめました」(白泉社)。 なれ。

その他のプロモーションキャラクターとしては、映画「八日の蝉」、映画「赤珊瑚礁大海原」、日産自動車「新型日産7台一斉プレゼント開始キャンペーン」などがあります。 、ミニストップ「カラダハッピーサマーごはんキャンペーン」、カゴメ「高校祭」トマト鍋「応援フェア」、mmbi「NOTTV」、三菱電機「雨宮×ハイブリッド霧ヶ峰~霧ヶ宮キャンペーン」[6]、日清食品「新やきそば」 1 Minute -私が始めた1分やきそば-」、株式会社エスト「ESTドク」、株式会社ワン&オンリーキャスティング「ジョブレストラン」、Nifty「@niftyはじめましたねと」、内閣官房「マイナンバーカードはじめました」など あり、各イベントへの出演やキャンペーンソングなどの活動を行っており、2014年には株式会社ジェイフロンティア「発酵水素328選」のプロモーションで2ヶ月で12.9kgの減量に成功。 歌手・和本まりも(息子・和本まりも)の公式サイトでオリジナルのプロモーションソングを披露するなど、活動を次々と広げている。 y 音楽アーティスト)。

雨宮はミュージシャンとしてのキャリアを持ち、お笑いだけでなく音楽の分野でも活躍していることから、自らを「ハイブリッドエンターテイナー」と呼んでいる。 2011年5月31日放送の「イケメン歌がうまい王座決定戦スペシャル」(フジテレビ系)では、1回戦に金子隆敏、2回戦に清水亮太郎、準決勝にサンプラザ中野、決勝に野村正樹が出演した。 彼は初出場で壊れてチャンピオンシップを獲得しました。 その際の演奏曲は、1回戦「栄光の柏」(ゆず)、2回戦「Sherry」(尾崎豊)、準決勝「Everything(It's you)」(Mr.Children)、決勝戦。 『昔の日記』(和田明子)。 )。 ここで演奏された「シェリー」と「オールド・ダイアリー」は、2012年5月30日に発売されるCD「歌がうまい王座決定戦コンピレーション ~歌魂七人集~」に収録される。 2012年7月25日には自身が作詞・作曲した楽曲「第一一歩」を提供し、2013年7月には書き下ろし楽曲「大きな声で歌おう」など、ジョークソングではない楽曲も制作・提供している。 第一興商のCMソングに採用。 2013年12月5日、不振のバンドマン時代に書いた曲を中心に自主制作CD「マジ歌はじめました~箸も棒も打たなかった名曲~」をリリース。 リリース。 このCDには、前述の「大きな声で歌おう」やレギュラー番組「ピンスポ」(日本テレビ)の主題歌を収録。

スポンサードリンク

週末を中心に日本各地で精力的にライブを行う雨宮の型破りなステージはまるでロックフェスのよう。 2011年6月26日に島根県出雲市で開催された「雨宮ライブ in ゆめタウン出雲」は、ショッピングセンターでのミニライブにも関わらず2,000人を超える動員を記録し、熱い雨宮が客席に飛び込んだ。 妙な盛り上がりを見せた。

2011年10月28日、SHIBUYA-AXで開催されたSPARKS GO GO主催の音楽イベント「SHIBUYA JUNCTION 2011「またくっちゃんじゃないじゃん!」」にゲスト出演。 「JUNK JUNK JUNKに捧げる歌」と代表曲「冷やし中華はじめました」を披露。

2012年11月8日、Zepp名古屋で開催された「ZEPP! STEP! SMA! @NAGOYA」に出演。 トップバッターで自身の出場を終えた後、堂島康平との「かつしかラプソディ」のセッションにも参加。 この時、UNICORNをはじめ出演者全員からバースデーソングと冷やし中華をイメージしたホールケーキがプレゼントされ、2日間で34歳の誕生日を迎えた。

2012年11月30日、自身初の単独ライブ「ワンマンライブはじめました2012」をマウントレーニアホール渋谷にて開催。 「フォーリングシリーズ」の各話のバンドバージョン、「怒られた」「雨宮がかっこよかった」「冷やし中華はじめました~第二章~」などの新素材に加え、ダイナマイトオレンジ時代の代表格を収録。 「がんばるぜ」などを披露。 笑いと音楽が融合した“ハイブリッドお笑い芸人”ならではのステージを作り上げた。

2013年1月より初の番組『雨宮の全力。 アニメキャラクターがシンガーソングナレーターとして登場。

2013年12月3日、東京・下北沢440にて2度目の単独ライブ「AMEMIYA Her Record One Man 2013『AME祭』~うたネタと本気のうた祭~」を開催。 このライブは2部構成で、1部は歌ネタ、2部は本気の歌コンサート。 彼女の自作VTRも流されました。 前編では、お馴染みのCMソングを妄想で補完する歌素材「CMソング完全版」、新聞のテレビコラムを見ていたら流れてきた歌素材「最高のラブソング~新聞テレビコラム編~」、 マジ歌コンサート第二部では「なにオレハ」「巨大男」などの自虐ネタなど新曲を披露。 録音された曲はバンドメンバーと一緒に演奏されました。 第二部ではThe Beat Motorsの秋葉雅史がゲストに登場し、雨宮と一緒にUlfulsの「バンザイ~好きでよかった~」のカバーを披露。 番組全体を通して、江波おてんき、奥村アポロ、はっぴいえんど田中、小中大将軍文輔、DJ chan森TOKYOなどSMAのジュニアお笑い芸人が登場し、ミニコントやチアリーディングを披露。 SMA代表取締役の高橋明が飛び入り、得意のギターを披露。 当初はチケットの売れ行きが悪く、開催すら危ぶまれました。 [9]

2014年9月3日には「うたネタ王決定戦2014」(MBS)の決勝まで進出し、おなじみのCMソングを妄想で補った歌ネタ「CMソング完全版」を披露するも、優勝。 1位。 手の届かないところにいました。 しかし、同番組内で放映された雨宮への応援コメントに斉藤工が登場し、その時の歓声で1位を獲得したことを喜んだ。

2014年10月21日より、自身のYouTubeで公式楽曲素材動画サイト「AMEMIYATUBE」を立ち上げ、不定期に新曲素材を発表している。

2015年5月よりSMAの後輩芸人松本倶楽部とのライブ「Hey Hey Time」を不定期開催。 2016年8月よりSMAエンターテイナーのロビン・フットとの不定期ライブ「Ameorg」を開催。

2016年11月、マイナンバーカードのプロモーションキャラクターに抜擢され、内閣官房ホームページで「マイナンバーカードはじめました」と題した動画を公開した[11]。

2017年1月、テレビ東京「実機ミン太郎近況(ハイ)リポート」(テレビ東京)に出演した際、2016年はほとんどテレビ出演していなかったが、月収は260万円。 彼女が今も高収入を得ている理由は、CMに出演したり、企業のパーティーや結婚式などで売ったりしているからだと明かす。 企業」、企業パーティーは「月に12~13件、夏は20件」、懇親会は「3か月で50件」の問い合わせがあったとのこと。 また、番組は休業中の様子も語っており、土日営業の日々が約1年半続き、月収9割を記録。

2017年9月23日、大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場で開催されたウルフルズ野外ライブ「Clear Asahi Presents OSAKA Ulful Carnival ウルフルズ来る!やっさ2017~ウルフルズ25thフェスティバル!!~」にて、ステージが変更された。 公演中はVTR出演や「ウルフルズに捧げる歌」を披露し、会場を盛り上げた [14] 。 翌2018年9月29日には「Clear Asahi presents OSAKA ウルフルズカーニバル ウルフルズがやってくる!やっさ2018ガッチュOSAKA!」にて。 皆さん、雨宮さんも大のウルフズファンです! 今度はこのヤッサでこの曲を生演奏したいです!」 」となり、会場は涙と笑いに包まれた[15]。

2018年9月15日、16日に開催された騎士団主催のロックフェス「氣志團EXPO2018~房総博2018~」では、2日目のオープニングを飾った「OPENING CEREMONY ACT」枠に出演。 、ジュニアお笑い芸人のダンボール松本さんを迎え、「騎士団万博ソングス」を披露。 騎士団博の歴史やエピソードを歌った後、会場は盛り上がりました。 ]。

スポンサードリンク

趣味・嗜好

好きなギターブランドは「タカミネ」で、2011年7月からは自身のオリジナルモデル[17]を愛用している[18]。 この他にも、ブラウンのボディに同系のデザインが刻まれたモデル、ブルーのモデル、そして「YAMAHA」のAPX1000PW(パールホワイト)を使うこともある。

好きな映画は「男はつらいよ」(渥美清主演、山田洋次脚本・監督)で、同DVD誌にも掲載されている。 好きな漫画は「おぼっちゃまくん」(小林よしのり)で、人生初の漫画と言われている。 その他の好きな漫画は「はじめの一歩」(ジョージ・モリカワ)、「ONE PIECE」(尾田栄一郎)、「God started」(鈴木ジュリエッタ)、「トリコ」(島袋光年)、「宇宙兄弟」(小山中也)など。 . 2010年12月24日結婚。 2017年5月に第一子となる長男、2021年1月に第二子となる次男が誕生。 中学時代は水泳部主将。 趣味はサウナ。

好きなミュージシャンは「ザ・ウルフルズ」。 中学生の頃、千葉テレビで「ヤブレカレ」のMVを見て以来、熱狂的なファン。 2017年、2018年にはUlfulsのワンマン野外ライブ「Yassa!」にも出演。 2年連続。 (2017年VTR出演) [20]

 

ニュースソース

雨宮の歌の物語は「巷で色んな言葉を見ると歌わずにはいられない」という序文から始まる。 この言葉が示すように、巷でよく見かける言葉にインスパイアされたエンドレスなファンタジーをギター1本で奏でるのが基本スタイル。

この「降臨シリーズ」の代表的な話としては、「冷やし中華はじめました」「東京ウォーカーに取り上げられた」「この売り場で一等賞を取った」などがあります。 これらの代表曲に加え、メジャーCDデビューも果たしている(2011年4月27日リリース、SMALLER RECORDINGS[21])。 CDにはシンコロ・ブラザーズの桜井秀俊プロデュースによるボーナストラック「冷やし中華はじめました~バンドはじめましたバージョン~」も収録。 メンバーはdetroit7の山口美代子、フジファブリックの加藤真一。 上記の他、「東大合格者3名登場」「食後は歯磨きしよう」「サッカー生中継」「バンドメンバー募集」、 「赤ちゃんが乗っています」「友達を大切に」「カバの赤ちゃんが生まれました!」

これらの「堕ちるシリーズ」に加え、様々な著名人やイベントなどの紹介曲を「○○に捧げる曲」という形で紹介しています。 この「献身シリーズ」は、2011年2月28日に放送された「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」の「コンビ愛に涙」がきっかけで、同曲はゲスト出演。 コブクロに捧げる形で、下町の逸話を「冷やし中華はじめました」というメロディーで紹介。 その後、平井堅、Perfume、少女時代、前田敦子(AKB48)、いきものがかり、KARA、板野友美(AKB48)、Supernova、Downtown、福山雅治、中島美嘉、錦野たん、松田聖子、東方神起、French Kiss、嵐 . 、タッキー&翼、NYC、JUJU、ナオト・インティライミ、FUNKY MONKEY BABYS、山下智久、Hey! 言う! 、徳永英明、チャン・グンソク、ベイビーレイズ、華原朋美、NiziUなど(平井に続いてゲスト全員紹介)。 同番組「700回前みんなで生放送SP」にサプライズ登場し、ゲスト全員に捧げる歌を披露。 同じく「生放送みんな元気になるXmasスペシャル!」では14年ぶりにSMAPの楽曲を披露。 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)からの復興をテーマにした番組企画では、「陸前高田市に捧げる」を作詞作曲し、収益全額を被災地に寄付。

2012年6月25日放送の「しゃべくり007」では雨宮を「今気になるお笑い芸人」に仲間由紀恵にラブソングを捧げ、他の番組ではネプテューヌ、和田アキ子、東國原彼 ヒデオ、高木美穂、ビビル大木、寺島直政、ローラ、ROY(THE BAWDIES)、ハリウッド雑居所、ヨーコ、お台場、ダイハツ KOOZA、オールナイトニッポン(広瀬香美)などに同様の楽曲を提供。

2011年7月3日と2012年2月2日に放送された『極とん』(TBS)では、2012年2月2日に放送された。家康、源義経、一休宗純、ハンス・クリスチャン・アンデルセン、アイザック・ニュートンなど)も同様の歌を奉納した。 その後、2012年7月21日に初の単行本『日本の歴史はじめました』を双葉社より刊行。 本書付属のDVDでは、縄文時代から幕末までの50の史実と妄想を織り交ぜた歌を作詞・作曲・演奏。

-雑学