To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

綾部祐二は又吉いわく「一瞬の閃きが同世代でトップレベルで敵がいないほど才能がある」

綾部祐二(あやべ ゆうじ、1977年<昭和52年>12月13日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber。 茨城県古河市生まれ。 身長167cm、体重55kg、血液型はO型。 吉本興業所属。 パートナーは又吉直樹。 2022年現在、Pingに勤務し、米国ロサンゼルスを拠点に活動。

スポンサードリンク

歴史

よしもと総合芸術専門学校(NSC)東京校に入学する前は、地元の椅子工場である東洋工芸の茨城工場に勤務していました[1]。 アーティストになりたいと思ったきっかけでした。 20歳から地元のシダックス店で半社員として5年ほど働き、原宿のビッグエコーでの勤務経験もある[2]。

NSC入社後はデュオ「Skill Trick」として活動し、1999年8月15日にデビュー。当時はボケ担当。 寸劇が得意と評判だったが、卒業半年で解散。 その後、ピン芸人と裏方として活躍。

2003年、又吉直樹とピースを結成。

吉本の男子ランキングで2012年から2014年まで3年連続で殿堂入り。

彼の愛車は 1977 年のハーレーダビッドソン XLCR です。 「自分と同い年」になる運命を感じて購入しました[3]。

2011年にピースが勃発してからしばらくは明るいキャラクターの綾部の人気が先行し、2012年のタレント番組出演数ランキングではピンが10位にランクイン。 しかし、2012年末に下記の不祥事が発覚し、事業は一時不振に陥った。

2015年7月、相棒の又吉が小説『火花』で芥川賞を受賞したことが発表され、文化人としての活動を広げ始める。 又吉)「大先生の裏の秘書みたいなものです」と自虐的な発言をほのめかしている[4]。直後、『バレたら好きな人』で昼ドラ初主演が決まった[ 5]、綾部の個人としての活動が注目されたが、又吉とのコンビとしての活動が減り、コンビ間の格差に苦しみ、タレントとしての方向転換を模索し始める。

2016年10月8日に記者会見を開き、2017年4月からニューヨークを拠点に活動を休止することを発表。 就労ビザの問題で手続きが半年遅れ、実際の移住は同年10月から遅れた[7]。

2018年1月、自身のウェブサイト「Yuji Ayabe Official USA」を開設。

拠点をアメリカに移してからは、日本のメディアへの出演を控えているが、毎年2月に開催されるNFLスーパーボウルの現地取材を行うオードリーのNFLクラブ(日本テレビ)で、MCオードリーとロケ。 ゲーム実況ゲストとしても出演。

2022年5月、YouTubeチャンネル「YUJI AYABE from AMERICA」を開設。

2022 年 7 月 16 日に公開された自身のエッセイで、彼女はアメリカで英語教師をしていた日本人の一般女性と結婚したことを発表しました。

スポンサードリンク

アートスタイル

ピン芸人時代は雑談や雑談をしていた[9]。 パートナーとのマッチングはいつもこのソロパフォーマンスから始まるという。 滑ったり、白くなった発言をした後、「これをキャンセルしてください」と言うのが通例でした. 当初は女たらしの自己陶酔的な性格だったが、又吉が芥川賞を受賞してからは「大師匠」として相手を持ち上げる助手となった。

相棒の又吉は「綾部は才能があり、一瞬のひらめきで世代トップレベルのライバルはいない」とコメント。 目立ちます。」 しかし、「綾部と組んで以来、批評家が彼に語ったのは、綾部の社交性、器用さ、逆境に直面しても落胆せずにキャラクターとして際立つ能力など、表面的なことだけです. インスピレーションは強さとして賞賛されます」と彼は言いました[10]。

落語の際は「エロテイヒメハジメ」と名乗る。

彼女は自称女たらし、特に成熟した女性である[12]。 2012年8月17日発売の「週刊ポスト」では、藤田典子と30歳の熱愛(13)、さつきみどりと奈美悦子などが報じられている。
中学生の頃からアメフト観戦に熱中。 彼女は以前はサンフランシスコ・フォーティナイナーズをサポートしていましたが、現在はニューヨーク・ジェッツのファンです。
元お笑いコンビの5号と6号は高校の先輩。
2022年現在、渡米して数年が経過しているが、彼女の英語力は極めて低いと言われている[14]。
スキャンダル
彼女はペニー オークションで自分のブログに自分に関する虚偽のコンテンツを投稿したことで金銭を受け取ったことが判明しました。 所属事務所によると、2011年1月、実際には落札していない電化製品を落札し、5万円を落札したという記事と写真をブログに投稿。 感謝状をいただきました。 2012年12月14日付の自身のブログで、「知人に頼まれていたのに、私の不注意で皆様に多大なご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と謝罪した。 の意味を書きました

-雑学