To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

安藤政信の『キッズ・リターン』での最後の試合のダウンシーンは演技ではなく、医者が呼ばれた

安藤政信(あんどう まさのぶ、1975年5月19日 [1] - )は、日本の俳優。 神奈川県川崎市出身。 ホリプロ所属。

スポンサードリンク

伝記/人物

神奈川県立岡工業高等学校卒業。

彼は高校を卒業する前の1994年にスカウトされました(彼の高校は1年で繰り返されました)。

1996年「キッズリターン」でデビュー。 彼はその年の映画賞を総なめにした。

その後、テレビドラマに出演するも、2001年以降は一切出演せず、主に映画を中心に活動。

2012年、東野圭吾ミステリーズで13年ぶりのドラマ出演。

以前は「年に1本の映画に出演することが望ましい」と公言していたが、『46億年の愛』の宣伝時に少なすぎると認め、以降は積極的に出演している。 している。

2012年12月31日をもってスターダストプロモーションを退社。

2013年3月よりディケイドに所属し、同年9月30日をもって退社。

その後、ソニー・ミュージックアーティスツを経て、フロム・ファースト・プロダクションに入社。 2020年12月末で同社を退社し、フリーランスとして活動していたが、現在はホリプロに所属。

2015年に結婚していたことを2014年に明かしている。 ファッション誌「Numero TOKYO」11月号の蜷川実花とのインタビューで、すでに第1子を出産しており、妻は妊娠中であることを明かしている。 2 番目の子 [2]。

彼のロールメイキングについてのエピソードがあり、「キッズリターン」の最後のゲームのダウンシーンは演技ではなく、実際に医師が呼び出され、撮影後に待合室で治療を受けました. 『スマグラー -Carry your future-』の激しいアクションシーンで「相手は本気にならないだろうな」と思い、折れた肋骨を隠して撃ちました。

-雑学