To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

井浦新は夜眠れずにいた成田凌を腕枕でとんとんして寝かせてあげた

井浦新(うらあらた、1974年<昭和49年>9月15日 - )は、日本の俳優、ファッションモデル、ファッションデザイナー。 彼は同じ本名を持っています[1]。 旧芸名はあらた。

ファッションブランドELNEST CREATIVE ACTIVITYのディレクター、一般社団法人匠文化機工の会長を務める[2]。

東京都日野市出身。 彼はジャングル[3]を通ってテンカラットに移動しました。 東京経済大学中退。

スポンサードリンク

バイオグラフィー

19歳の時[4]、インディーズブランドコレクションのモデルエージェンシーにスカウトされたのをきっかけに芸能界入り[5]。 デビュー当初は本名で活動、その後芸名はARATAを名乗る。

本人は「もともと俳優を目指して芸能界に入ったわけではないので、最初は記念に演技の仕事をしていた」とのこと。 「役者という立場についていけず、何か閉塞感に近いものがあった。撮影が終わってから作品の宣伝活動をするなんて想像もできなかった」と語った[6].

ファッションモデルとして『MEN'S NON-NO』『an・an』『smart』『CHECK MATE』『asayan』などのファッション誌の表紙を飾る。 1990年代後半のパリコレクションや東京コレクションでは常にシーズンのトップモデルとして登場。

1998年11月、自身のブランド「REVOLVER」をオープン。 REVOLVER 内では、小さなリリース ラインである FARRELL を開発しています。 2007年に改名後、自身のブランド「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」で独立し、本格的なデザイン活動を展開中。

彼の演技のキャリアの中で、彼は映画での彼の最初の主役であるワンダフルライフの1999年のリリースのためにオーディションを受けました. その後、2002年公開の『ピンポン』ではメインキャストとして出演。2004年の『ブルーカー』では自身のブランドREVOLVERを着用しセルフスタイリングで登場。

2010年、ドラマ『チェイス~国税検査官~』に出演し、第65回テレビドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞。 映画だけでなく、テレビドラマや舞台にも出演し、活動の幅を広げている。

長らく「ARATA」名義で活動していたが、2011年11月、2012年「平清盛」に本名で出演することが番組公式サイトで明かされた[7][8]。 . 本名で活動することが同所の公式サイトで発表された。 芸名を本名にした理由については、2012年6月公開の映画『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』で三島役を演じた際、「俳優の名前が 三島さんを演じたのはアルファベットです. 表記でエンドロールに登場するのは望ましくありません.

映画監督の若松浩二が2012年10月に亡くなったとき、彼はその後の作品の多くに出演していたため、葬儀で弔辞を読みました.

同年、彼はベスト ジーニストとベスト フォーマリストの 2 つの賞を受賞しました[12]。 2013年12月22日から3月3日まで箱根彫刻の森美術館で初の写真展を開催。

2013年4月、京都国立博物館の「文化大使」に就任し、NHKの文化番組「日曜美術館」の司会を務める[13]。 匠文化会会長に就任するなど、芸術や伝統工芸に強い関心を持って活動している。

スポンサードリンク

妻は衆議院議員で政治家の山本裕二氏の娘である[15]。
私生活では2児の父として平凡な日々を過ごしており、2017年のインタビューでは「子どもができる趣味を共有したり、一緒に遊んだりすることで、子どもの感性を知ることができ、逆に私は 自分自身について学ぶことができます. 私は、子供だけが持っている感性を教えられてきました.
「A-Studio」(TBS)で妻は「90%は優しさでできている」とコメント。 だから妻には感謝している」と語った。
妻と一緒にいると、足元を通り過ぎると嫌なゴキブリを一瞬で倒してくれました。 .
「俳優として瑛太が大好きです」と語った。 その後、映画『ヒカリ』で共演した際には「今回、お互いの本能でキャッチボールができて嬉しかったです。危ない行為だとは思いますが、お互いに気合を入れていたことが印象に残っています。 お互いが本能的に感じたことを実行し、作品を作ることができました」[6]
プロレスラー小橋建太選手の衣装デザインを担当し、2013年5月11日の小橋建太選手引退試合での引退セレモニーで花束を贈呈。 引退後は、小橋が設立した会社のロゴもデザインした[16][17]。
「チキンスター」役の準備のため、成田遼と10日間同居。 生活費として支給された10万円を初日に使い切り、トイレの詰まりを自力で片付け、深夜まで飲み干すという豪快な日々を送った。 夜眠れなかった成田凌を腕枕に乗せて眠らせた。

-雑学