To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

いかりや長介の芝居は織田流。織田裕二から演技のノウハウを教えられた

いかりや 長介(いかりや 長介、1931年11月1日 - 2004年3月20日)は、日本の男性お笑いタレント、ミュージシャン(ベーシスト)、俳優、司会者。 「ザ・ドリフターズ」の三代目リーダー。 晩年は俳優としても活動。 本名は碇谷長一。

愛称は「ちょーさん」。 ドリフター初期の芸名は碇谷長介。 ドリフト動画で使われる名前は「ゴリラ」と「下唇」。 身長は175.2cmです。

東京都本庄区中之郷横川町(現東京都墨田区東駒形)に生まれる。 渡辺プロダクション勤務後は伊沢事務所に所属し、没後も伊沢事務所所属として扱われていた

スポンサードリンク

概要

「ザ・ドリフターズ」のリーダーとして、日本テレビ系「サンデーデー!ドリフターズ!!」で一世を風靡。 フジテレビ「ドリフター大爆笑」。 1980年代後半から主に俳優として活動。 「お笑い」のイメージとは違う演技を披露した。

1987年大河ドラマ『独眼竜政宗』に鬼庭さつき役で出演後、本格的に俳優業に入る[1]。 1997年、ドラマ「踊る大捜査線」(フジテレビ系)でベテラン刑事和久平八郎役を演じ、若いファンから支持を集めた。 日本アカデミー賞助演男優賞受賞。 晩年は独自の語り口調で『人生の楽園』などを語ることが多かった。 俳優としての最後の作品は、2004年の映画「恋人はスナイパー」です。

趣味はアフリカ旅行(特にケニア)で、フジテレビでは碇屋をメインレポーターとするアフリカ旅行番組が度々放送されていた。

長男の浩一(1969年5月8日 [2] - )は明治大学卒業後、森永製菓に就職。 2004年、ドリフターズ事務所社長に就任し、父長介の死後、碇谷浩一名義で著書『父の遺言』(2006年、幻冬舎)を刊行。 2008年12月、森永製菓株式会社を退職し、ドリフターズ事務所代表取締役に就任、『いかりや長介の生き方』(幻冬舎、2008年)を刊行。 幸一さんは妻のほかに息子2人、娘2人の計6人家族。 また、光一の姉で長女の碇谷真由美は『室井シンジ容疑者』で俳優スタッフを務めていた。

 

一生

育成

1931年11月1日[5](日曜日)14時55分、父・碇谷一郎、母・米(弟・妹あり)の長男として、本庄市中ノ郷横川町の病院で、 東京都区。 体重3,760gで生まれ、ラジオの全国放送でその日に生まれた新生児を紹介するコーナーで取り上げられました。 彼には後に弟と妹がいました。

4歳の時、母が結核で亡くなったため(弟も10年ほど後に他界[6])、祖母に育てられた[6]。 本庄区立横川国民学校(現・墨田区立横川小学校)卒業。 書道家の井上雄一は、国立学校生時代の恩師の一人でした。 彼の父は築地の魚市場で運送業者として働いていました。 碇屋は自伝『Dame da Korya』の中で、父親を「私に最も大きな影響を与えた傑作」と表現しています。

1944年、戦火が激化する中、静岡県原田村(現・富士市東滝川町)に疎開し、国立高等学校(現・富士市立吉原第三中学校)に入学。 彼は翌年そこで戦争を終わらせた。 その後、父は86歳(87歳)で亡くなるまで、この地を離れることはありませんでした。

スポンサードリンク

音楽家

静岡県立吉原高等学校定時制吉永分校(1950年4月開設、1955年4月募集停止、1958年3月閉校)に入学し、わずか8年しか開設されなかったが中退した。 その後、静岡の春日製紙に勤務しながら、同僚とハワイアンバンドを結成し、ダンスホールで演奏。 もともとスティール・ギターを弾いていたが、後にベースに転向。 当時の彼のバンドメイトは元プロ野球選手の田村満だった[7]。 そもそも音楽を始めたきっかけは、女性にモテたいからで、父親からは「お金ないからやめろ」と反対された。

1959年、音楽家を目指し上京し、新宿二丁目のアパートで最初の妻と暮らす。 ミッキー・カーティスがメンバーだったロカビリーバンド「クレイジー・ウェスト」に参加後、ジミー・トキタと寺内タケシがメンバーだったカントリー・ウエスタン・バンド「ジミー・トキタ・アンド・ザ・マウンテン・プレイボーイズ」にベーシストとして参加し、横須賀・立川で演奏した。 そして横田。 米軍キャンプで披露されました。

しかし、1961年12月31日(日)、ツアーの往路で交通事故が発生し、所属事務所との関係が悪化。 「桜井照夫とドリフターズ」に参加。 加藤茶と同時に加入。 後に芸能界を引退しプロモーターに転身した桜井は、リーダーを碇谷に変更し、グループ名を「碇谷長一とドリフターズ」に改称。

碇屋をリーダーに据えた後、碇屋と対立していた小野ら4人はドリフを脱退し、ドンキーカルテットを結成。 1964年、高木ブー、荒井忠、石川貞夫が加わり、脱退せずに残った小山武、加藤茶、綱木文雄が新生ザ・ドリフターズとして活動を再開、直後に小山、石川が脱退。 1965年に中本興業が加入し、その後綱木は脱退したがメンバーは補充されず、碇谷、加藤、新井、高木、中本の5人体制となった。

ツナキ退社後すぐにドリフトは渡辺プロ(鍋プロ)に所属し、鍋プロは当時絶頂期だった花ハジメやクレイジーキャッツの後輩として大売り出し。 しかし、碇谷自身が後に著書のあとがきに「私は教師になったことがない」と書いているように、彼はクレイジーの直弟子ではなかった。 また、Crazyと初めて会った時、Crazyのリーダーであるハナハジメから芸名「碇屋長介」を付けられた(長一の本名より長助のほうが響きが良いため)。 合格することにしました。

1966年、ドリフトは日本武道館でのビートルズの公演のオープニングアクトとしてステージに上がり、ナカモトのボーカルで「ロングトールサリー」を演奏しました。

晩年に登場したテレビCM(キリンラガー)では、エレクトリックアップライトベースを演奏。 その時に撮影されたスチル写真が彼のポートレートに使用されました。 ベースライン自体は、スタジオミュージシャンの渡辺らによって書かれました。

バンド時代のあだ名は「万寿院長兵衛」の語呂合わせ「万寿院長兵衛」。 バンスとは、保証金を先に借りる(事前から)バンドのサインです。 当時碇谷は多額の借金を抱えていた。 長兵衛は本名の長一に由来する。 碇谷が亡くなった際、バンド時代から親交のあった立川談志は「(碇谷長介を)最近『長兵衛』と呼ぶのは私だけ」と追悼のコメントを寄せている 長い関係だった)そうではないのだろうか」と彼は言った.

スポンサードリンク

お笑い芸人として

TBSテレビ「すすめ!ドリフターズ」やフジテレビ「ドリフターズ大爆笑」で大人気となったドリフターズ。 1979年、ドリフターのマネージャーだった伊沢健がナベプロから独立し、ナベプロの営業部(非連結関連会社)として「伊沢事務所」を設立。 ドリフは井澤事務所の一員となり、私生活では前年の7月15日に離婚した [9] 。

ドリフト時代のギャラ配分は井沢事務所に移籍した直後は6(いかりや):1:1:1:1だったので、メンバーとの軋轢が多かったといい、冗談にもなった。 ただ、費用はほとんどいかりやのギャラで賄われていたので(メンバー全員が給与の一部から売上高等を負担していた)、実際のシェアは他のメンバーよりも若干高かった。 ネタだけだったとも言われ、ネタにしたコントもある。 また、高木によれば、2人が飲んでいた時の支払いは碇屋からのご馳走だったという。

「全員集合」が始まった時、山田康夫から演技指導を受けていたというエピソードがある。 の支配下に登場。 また、プライベートでは山田とよく飲みに行っていたという。

「全員集合」の会議は2日前の木曜日に行われた(木曜会議)が、碇屋が主導で資料を決め、碇谷が資料を思いつくまではほとんど沈黙のままだった。 他の作家がアイデアを思いついたときでさえ、彼らはしばしばそれらを「つまらない」と片付けた。 これについて、著書の中で「彼らの話は机の上だけのようで、面白かったとしてもドリフターズにはできない内容ばかりでした。 私がそれについて考えたとき、聴衆はそれをよりよく受け取りました。 若き放送作家の高田文夫は「全員集合」のスタッフとして参加したが、会議時の静かで重苦しい雰囲気に耐えきれずに逃げた様子を連載のスポーツ紙に記した。

漂流少年だった志村けんさんは碇谷さんの死後、インタビューで「自分が考えた話を碇谷さんに見せたときが一番緊張した」と語っている。 碇谷は著書の中で、志村の素材作りの才能と積極的な提案力を高く評価しており、それが Drif の正式メンバーに昇格した理由の 1 つだと語っています。

「オイッス!」「今度行こう」「漂う笑い」「もしもコーナー」などのフレーズ。 特徴である唇の形もよく話題になりました。 コントロールでは、抑圧的な大嫌いなボスのキャラクター設定が主人公で、典型的なツッコミタイプです。 (「放浪者大爆笑」の人気コーナー「バカ兄弟」(ナカモトとのコンビ)シリーズなどでブラーを演じていることもある)。 ギャグとして取り上げました。 60歳を迎えた後も、全身に大量の水をかぶったり、頭に金の鉢や18リットルの缶をかぶるなどの芸風を続けました。

少年ドリフターには、志村けん、井山潤、諏訪親治らがいた。 清水恭一郎は碇屋の元弟子を名乗っていたが、碇屋関係者から「それは知らない」という証言があり、詳細は不明。 清水本人は「『渋谷とんぼ』という芸名を付ける直前に出て行ったので、覚えてもらえないかもしれません。 多くはありませんでした」と彼はコメントした。

 

俳優・タレント

1985年、『全年集』の放送終了後、俳優活動を開始。 1987年、NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」に佐月斎御庭役で出演。

1990年、黒澤明監督の新作映画『Dreams』に出演。 第7話「オーガ」では、放射能汚染により荒れ地と化した世界を悶々と彷徨う一本角の鬼を演じた。

1994年からスタートした日本テレビ系火曜サスペンス劇場「尋問室」シリーズでは、佐賀県の観光振興に尽力する佐賀県警察本部捜査一課の警部補・水木章一郎役をライフワークとして演じた。 話していました

1992年から1996年にかけてはドラマ版「サザエさん」(フジテレビ系)で磯野波平役、1997年には「踊る大捜査線」で涌平八郎役を演じ、完璧な役と認められた。 .

1998年のテレビドラマ「聖者の行進」(TBSテレビ)では、物語のキーマンである弁護士・宇野順一を演じ、1999年の「復活のゴールデンウルフ」(日本テレビ)では、悪役を演じる。 主人公の主な敵です。 ・重吉勝夫を演じました。 『踊る大捜査線』に続き、青少年向けテレビドラマでも活躍し、名脇役としての人気を確立。

荒井忠が急逝した2000年2月、弔辞を読み上げた。 弔辞の最後で碇谷は新井とともに「それでは」と締めくくった[10]。

2001年、TBS月曜ミステリー劇場「弁護士いがり文助」連載開始。 70代は人気の主演シリーズを2本持っている状態だった。 原作では80年代を舞台にした役柄で、昔ながらの日常から法廷でのパワフルな追撃へと変貌する碇谷の演技は、オールドジャズをあしらったビターな演出で高い。 後日全作品DVD化された。

作家の小林宣彦が『日本の喜劇人』を書いた1970年代初頭、漂流が全盛期を迎え、TBSテレビの鴨下真一の命令で放送作家として初期の番組に関わった。 触れていない[11]。 しかし、1981年、フジ夕刊に連載された『小学百科事典』では、漂流にはあまり興味がなかったものの、碇谷の完璧主義と独特の哀愁が、後に俳優になることを予感させたとの記述がある。 個人的なやり取りもあり、娘が碇屋のファンだと言う小林に「そうだね、趣味の悪い子だね」と返事をした。

スポンサードリンク

晩年

2003年5月30日(金)、原発不明の頸部リンパ節癌のため緊急入院。 闘病の末、同年7月17日に退院した。 その2日後、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 虹の橋を封鎖せよ!』の舞台挨拶に参加。 [12]。 長男の光一さんによると、7月に退院した直後、主治医から余命8カ月と宣告されたが、本人は言わなかったという。 「40年!

2004 年 3 月 15 日、癌転移のため東京都港区の慈恵会病院に再入院し、3 月 20 日午後 3 時 30 分に死去した。享年 72(73 歳)[13]。 ]。 奇しくもドリフト結成40周年の年に他界。

訃報は同日テレビ速報で報じられ、同日深夜(20日夜から21日未明)の各局報道番組でも取り上げられ、トップとして報じられた。 翌21日のNHKニュース7のニュース。

3月21日朝から報道関係者約40人が自宅前に集まり、生前の友人である森美都子さんやテレビなど芸能界関係者から次々と花が届けられた。 ステーション。 谷圭さん、西條昇さん、海老名加代子さん、田中麗奈さんも弔電を送った。

3月23日、通夜にはドリフトメンバーの加藤、高木、中本、志村に加え、おどる大作戦の共演者である織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、水野美紀が「GOOD LUCK!!」に出演。 共演の木村拓哉さんから弔電が殺到し、芸能関係者や一般ファンなど約3500人が参列した。 ウェイク会場周辺には多くのファンが訪れていたが、午後8時、碇屋の「8時だよ!」の掛け声。 「みんな集まれ!!」と合体しました。

3月24日に葬儀。 浩一が喪主を務め、加藤が弔辞を読み上げた。 ドリフターとは仲が悪かったという高木は、葬式で「ばか!」と大声で泣いた。 納棺の際には、バッハ作曲のG弦のアリア[注2]が演奏され、『8時!大捜戦』ファンからは「和久さん」「和久さん 、お疲れ様でした。」 何人かの人々は黙って最高のsaを与えました

 

 

加藤茶のお悔やみ
チーフ…。 あなたは急いで反対側に行きました。 あなたは土壇場で嘘をつきました。 昨年12月の『大爆笑』のオープニング撮影で久しぶりにお会いしたのですが、「40周年を記念して『全員集合』『大爆笑』を撮りたい」とのことでした。 記念日。" チョーさんは「いいね」「やりましょう」と。 メンバー4人も興味津々でした。 しかし、彼はその約束を守る前に亡くなりました。
40年間、彼は一生懸命働き、一生懸命働き、決して妥協しませんでした. でも、40年間油断せず頑張ってきたと思います。 あなたは本当に一生懸命働いています。 これからも4人はドリフターズです。 あなたが残した財産です。

荒井忠さんが亡くなった時、長さんが言ってましたよね? 彼は「もうすぐあそこに行くから、一緒に飲みましょう」と言いました。 その日が本当に来ました。 でも、ちょっと早すぎませんか? まぁ、お二人で色々と話し合うこともあるでしょうけど、飲み過ぎないようにね。 あと、いきなり「みんな集まれ!」って言っても4人は集まらない。 そのうち本当に「全員集合」になるかもしれませんが、その時はまたあちらで寸劇をしましょう。

40年間本当にありがとうございました。 そして、あなたは一生懸命働きました。 何も気にせず、ゆっくり休んでください。 さようなら。

 

スポンサードリンク

死後

2004年の死後間もなく、第1回お笑い大賞「特別功労賞」を受賞。 3月27日、TBSテレビにて追悼番組「ちょーさんだよ!全員集合」が放送された。 番組は土曜日の20時(20時)過ぎに放送され、時計の秒針が20時を刻むと同時に「8時!全員集合!」 追悼動画も配信された。 このほか、NHK、フジテレビ、テレビ朝日で追悼番組が相次いで放送された。

「8時だ!全員集合の歴史 #番組終了後」「和久平八郎 #あいさつ」「放浪者と女優の笑い劇場 #増刊号」も参照
2004年、静岡県富士市から市民感謝状が贈られ、記念展が開催されました。 また、佐賀県は尋問室シリーズを通じて佐賀県内の観光を全国にアピールし、佐賀県出身・在住の多くのいかりやファンから佐賀県知事に陳情が寄せられた。 感謝状を送った。 また、生前、佐賀県警の広報用ポスターにも起用された碇谷。

2005年、静岡県富士市吉原の商店街の一角が「長山小路」と名付けられた[15]。

2010 年 3 月、彼の没後 7 回目の記念日、「8 時! 時間です!

2010年の映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 奴らを解き放て!』では、碇谷が演じる和久刑事が亡くなった設定になっているが、前作では碇谷の声で「人々の希望になれ。 和久の台詞「なんちゃって」が出るシーンがある。 続編「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」のオープニングムービーでも、過去作のイメージを流用した形で登場。

 

エピソード

ベーシスト

ベーシストとしては、日本におけるチョッパー奏法の元祖とも言われている(実は碇屋独特の奏法を見て、近田晴夫が面白半分で流したデマである)。 ただ、「碇屋奏」「碇屋奏」「長助奏」という呼び方は迷いますが、感謝の気持ちを込めて書きます。 碇谷は、戦後の日本のカントリー・ミュージックを代表する「ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズ」のメンバーだった[注3]。 ベテランのロカビリー ベーシストが、米軍基地でアメリカ人が演奏するのを見始めたのは、この「つまみ食い」でした。 しかし、マウンテン・プレイボーイズとドリフターズの元メンバーであり、古くからの知り合いだったジャイアント・ヨシダは、「(当時、舞台のレパートリーの主流だったカントリーやウエスタン、ロックンロールについて) 、私たちがこのチョッパー奏法と呼んだのは(エレクトリック・ベース)でした。それから)不要だったのでやったことはありません[注4]」[注5]。

この奇妙な再認識は碇谷の音楽家としてのピークがビートルズ以前であり[注6]、現代では古典的な演奏スタイルになっていることによる。 碇谷のバンドマン時代を知らない若者にとって、碇屋の演奏を見るのは新鮮だったので、前述の「碇屋奏法」「碇屋奏法」「長助奏法」という俗語が生まれた。 、しかし、彼らは実際にはファンクです。 ベーシストは今でも頻繁に使用しており、特に目立つ演奏スタイルではありません。 しかし、日本ではフェンダーのエレクトリックベースを使い、表舞台に立つベーシストとしてはパイオニア的存在。 事務所の後輩でグループサウンズブームを牽引したザ・ワイルド・ワンズのベーシスト・島英治によると、碇屋は当初、島の勧めでピックを使って弾こうとしたが、ピックが邪魔をしてコントロールに支障をきたしたという。 . 彼は親指奏法に切り替えたと言われています。

アフリカ旅行

私はアフリカへの旅行が大好きでした。 彼のアフリカに関する知識は、エンターテインメントの世界で評判を得ており、レポーターとして彼をフィーチャーした一連のアフリカ旅行番組が作成されています.

自伝『Dame da Korya』によると、1973年、初めて海外旅行に行けるようになったとき、普通の人が行かない場所に行きたくて初めてアフリカに行ったそうです。 . 毎年のようにアフリカを訪れるのが習慣となり、現地の人たちと積極的に交流した。 本人曰く、時間の流れが日本とは全く異なり、東京の喧騒から精神的に解放されるアフリカ独特の寛大な気候とスケールの大きな自然が好きだという。 『全集集』では、アフリカを舞台にした寸劇がよく上演された。 「特別企画です!ドリフターズ」とフジテレビ「ナルト!

スポンサードリンク

ダンシンググレートサーチライン

織田裕二は碇屋からテレビドラマ『踊る大捜査線』での演技指導を依頼された。 劇中の関係とは裏腹に、1999年4月13日に放送されたフジテレビの特番「踊る織田裕二」のインタビューで碇谷自身が「刀剣男士の真似、ご自身の芝居はどんな流派ですか?」と語っている。 「小田流ですか?」と聞かれれば、「ありがとう」と答えた。 また、似たような言葉が碇谷の自伝『ダメ・ダ・コーリャ』にも掲載されている。 織田は碇谷の死後も今でも尊敬している[16]。

柳葉敏郎は役に入れられなかったため、階段に座ることが多かったが、碇谷が話しかけてきたことで、柳葉は緊張から解放されたという。

スタジオに入ると、スタッフがユースケ・サンタマリアを紹介すると、「ユースケ・サンタマリアさん、マシタ・マサヨシです。」 凍ったと言われています。 そんな中、碇谷は「私もバンドメンバーです」と言ってくれてサークルに入ることができたと語った [17] 。

神山しげるとは『独眼竜政宗』での共演以来、プライベートでも親交があった [18] 。 神山は『踊る大捜査線 THE MOVIE』で和久と視線を交わすラストシーンの撮影を振り返り、「いいシーンだったけど、難しいシーンでもあった」と振り返った。 碇谷は漂流者、神山は新劇場の舞台役者。 出自が違うのが面白かったのか、妙に仲が良く、ふとしたことを話し合ううちに友情が芽生えたという。 彼らは一緒に食事をし、京都の彼の家を訪れ、碇谷が癌で入院したときも、発表前に神山から電話がかかってきた[19][20].

小泉孝太郎は伊沢事務所に所属し、デビュー前から台本の読み方からスタジオでのカメラの呼び方まで演技の基礎を教わり、親交が深かった。 碇谷の死後も光太郎は碇谷を慕い、目標にしている。 碇谷は生前、「うちの仕事はいい仕事だ。うまくいかないときは悪い面が出てくる。うまくいくと仕事もプライベートもいい。そのときは自分と勝負できる」と語っていた。 「嘘はつけない」と言う光太郎。

その他
大村崑とは生年月日が同じで親交があった。 彼女は碇屋にとって数少ない関西生まれの友人の一人だった [23] 。

彼はショーン・コネリーを尊敬しており、彼女の髪とひげはショーン・コネリーを意識していると言われています。

日蓮宗の信者でもあり、碇谷家の菩提寺である蓮正寺(東京都葛飾区)に度々足を運ぶ。

-雑学