To be a little special person

We will post information to become a person who is superior to others.

雑学

池乃めだかの兄は目が白くなって蒸発。めだかは中学時代から一人暮らし

池乃めだか(いけのめだか、1943年7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、お笑い芸人。 吉本新喜劇のメンバー。 本名は中井明彦。 愛称はイケやん、めぐぼ、めーちゃん、ちっさいおっさん。 吉本興業所属。

スポンサードリンク

バイオグラフィー

大阪府守口市生まれ。 守口市立第一中学校卒業後、三洋電機に約6年半勤務し(19歳で結核で長期入院)、1966年(昭和41年)に芸能界入り。 )23歳の時。当初は松竹芸能からデビュー。

1968年(昭和43年)、音楽番組「ピスボーイ」にドラマーとして庄司礼二らと共に「中井二郎」名義で参加、10日足らずで熊本市民会館にて初舞台を踏む。 まもなく、古くからの知り合いであった海原小浜に弟子入りし、芸名を「海原めぐる」(二代目、一代目はお笑い芸人の宮寂仙)に改めた。 オバマ氏の息子、海原弥生・朋子の父)と、お笑いコンビ「海原翔めぐる」を結成。 この頃KAプロダクションに移籍し、事務所の本拠地である寄席劇場である梅田トップホットシアターを中心に活動していたが、1976年、同年の貝原閉鎖に伴い吉本興業に移籍。 吉本カケル。 新喜劇に加入し、名前を「いけのめだか」に改めた(「いけの」は6代目桂文枝の命名、「めだか」は本人)。

新喜劇に入団後、台詞がほとんどない子役を長く演じ続け、新喜劇への興味を失っていた。 そこで関東(当時は花勘太とのコンビを解消していた)から「お笑いコンビを組まないか?」と誘われる。 決定し、それについて劇場のマネージャーに伝えます。 しかしその場で、マネージャーが間勘平を共同議長としてメダカを登場させようとしていたことを知る。 勘平と組むことを辞退した(勘平は謝り謝った[1])。 なりました。 1980年代後半、吉本本社の「新喜劇ストップかな!キャンペーン」で主役の抜擢が相次ぐ中、桑原一夫、中山美穂らに残り、のちに会長に就任して若い才能を育てた。 下。 1995年、内葉克典、辻本茂雄、石田靖の3名が新たにリーダーに就任(1999年より吉田博と共に「会長」に交代)。 現在でもその存在感と人気は現会長に引けを取らず、欠かすことのできない重鎮です。 多額の借金を抱えて吉本新喜劇を一時退学。 備考欄にて)。

その後も重鎮として活躍し、2006年には新喜劇新会長に就任した小籔千豊がメインイベント「小籔新喜劇」でフリートークコーナーを設けた。 そういうものが出てきたので、あと2、3年は頑張ろうと思います」

2011年末の健康診断で、自身の頭部に未破裂脳動脈瘤が見つかったため[2]、2012年4月6日に大阪の病院で開頭手術を受けた[3]。 約1ヶ月半の自宅療養を経て、同年5月29日、京都・吉本祇園花月での吉本新喜劇公演に復帰。

ギャグ

身長関係

「私は小さい頃から小さかったので、15 歳で成長が止まりました。」
発作に苦しんでいるふりをして、心配そうに近づいてきた女性を足で挟んで拷問します。 「随分と時間がかかりましたね。飛騨の山に10年以上潜伏してきた私が思いついたのが、カニばさみという技。 などと言っていますが、女性は落ち着いて立ち上がり、引きずり出します. 柔道の「どしぼり」に似ています. 柔道には「カニサンド」という同名の技があります. (地面技ではなく立ち技で、相手の足を自分の足で挟み込んで倒す技)原型が生まれたのは1983年頃。 、足を絡ませて倒したのですが、その後、笑いを増やすために、胴体を持ったまま引きずられるというアイデアを追加しました[6]。
飲んだ後は「小さいのですぐ酔う。でもすぐに冷める」と話した。
「小さくても強い!大人だから」
彼は若い女性(山田花子など)と彼と同じ身長の子供と戦った.
喧嘩に介入すると気付かれないので「邪魔しちゃうの!?」と。 「こんなところに挟まれた谷に咲いた百合の花」と。
(共演者)「まあ、かわいい男の子。あなたは何歳ですか?(または「お母さん」)」
(めだか)「7歳ですよ~でも先日視力検査してもらいました~老眼って言われて…うるさいです!」
さらに、「私はギリシャ人の父親とイギリス人の母親のハーフなので、バッタです。」
「私の父はカナダ人で、私の母はイタリア人なので、私はカナリアです。」
中に入ると「え?さっき行ったけどどこにもいない!」って言っても気付かれないのが習わし。
部屋のみんなで探し始めたが、大きな人(主に川端康と酒井愛)が池の向こうに立って「皆既日食(月食)だ」と探し始めた。 、 「いや、これは奇妙な現象だ!」
その後、メダカは「村長(メダカ)はどこだ、声は聞こえるが姿は見えない」と言った。 私が来たとき、(坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」の部分で)続けて「見下ろして~ゲテゴラ~ン♪」を歌ったら、周りの人が「うわ~」とビックリしてました。
この種の冗談はほぼ同じ身長の中山美穂も使っているが、最近はめだか専用の冗談になっている。
本編終了後、彼女を探していた共演者に「2回くらい目が合った」と歌うまでツッコミを入れることもあった。
話が終わった後は引きつった顔で手を叩き、「うん、面白い、面白い」「面白かった(棒読み)」など、明らかに怒っているように振る舞った。

スポンサードリンク

人質を取った犯人を説得しながら、最後は何故か犯人に「孫が最近気づいたんだけど、なんでおじいちゃんがこんなに小さいの?どう答えたらいいの!?」と聞く。 他の出演者に些細なことを言われて肩をすくめられた後、「思ったよりも小さいな~」「見慣れた景色ですね」と笑った。 涙を拭くふりをして「泣かないで!」と言われる。 または、椅子を蹴って 8 を打ちます。 ライフルや大金、高価なもの(皿など)を盗んで逃げようとするときは、椅子やテーブルに手を上げて奪われないようにするが、男に連れ戻された後は泣く。 背の高いパフォーマー。 パターンもあります。 劇のエンディングで行われることが多い。 後輩に「昔180cmだったの?」って言われた。 や」と言い交わした。 女性が泣いているときは「胸を張って泣いている」と慰めたが、共演者からは「それはできない」と言われた。 私は泣く。 他の出演者は情報誌を持ってきて、見せる時は高い所で見せる。 ほとんどの場合、幼稚園は×に含まれるが、自衛隊や証人喚問も含まれている)。 ほぼ同じ身長の山田花子さんがなぜか見えそうです。 『なにわ人情コメディ横丁えよ~こちょ!』では陣内智則が「もう紀香とは結婚できない~~!!」と藤原紀香との結婚を煽る。 彼はネクタイを外し、「私が外したらどうなるかわかりますか?」と言いました。 "どうしたの?" 『なにわ人情コメディ横丁えよ~こちょ!』の北海道ロケにて! 膝をついた石田康史と小籔千豊に、「僕と同じくらいの身長で膝をついているの?」と声をかけた。 石田靖との対戦では、(メダカは)小さすぎる、(石田は)高すぎるなどのコメントを交わした後、石田は足を上げてメダカの頭越しに演技した。 行う。 その後、彼女は「いや、あなたはすごいけど、あなたがすごいときは私もすごい」と泣き叫びます。 ヒロヨシダの歌「一、二、三、四、はいちっさいじじい、小さいじじい~♪バネ仕掛けの小さいじじい~♪Yes!!」を受けて。 おじいさん来た~♪ おじいさん~♪ 最近孫が気づいたおじいちゃんなんでこんなに小さいの? 「ここ小じいさん♪小じいさん♪2階でも(竹馬に乗ったり、下駄履いても)まだ小さい♪騒がしい!!」などのパターン。 子供用プールで溺れちゃった♪」と、その時思いついたことを言っているようです。 この後、観客の拍手と同時に泣き顔。 1990年代初頭から中期にかけて、吉田ヒロの「ミクロマン」の振り付けでも同様のやり取りが繰り広げられた。 (ヒロ)「これが○○のミクロマンです。」 (めだか)「誰がミクロマンだ!」 (ヒロ)「ミクロマンですね」 (メダカ)「ぬははは、ミクロマンだ~!! 誰も見えない~あ、顕微鏡(か抗生物質)だ、隠れろ!」 出店の際、身の丈よりもはるかに高い暖簾をくぐり、周囲に叱られる。 (やくざなどの相手をするとき)「私を怒らせたらどうなるかわかりますか?私の回し蹴りを受けるとこめかみが音を立てて壊れます」 足首に当たる蹴りだけでツッコミを倒す。
猫のこと
猫の真似。 最初はボール遊びの真似をするが、最後は糞の真似をする。 間官平との共演では、間真似をした猿とのふれあいも見られる。
『なにわにんじょお笑い横丁えよ~こちょ!』では、ケンカする芸人たちに交通整理のように口笛を吹いたり、いろいろなポーズをとったりするが、最後は猫になってうんこを出す。
別の俳優が彼の首をつかむと、彼は「人々をシャム猫 (アメリカンショートヘア) のように見せます」。 彼は「それはあなたが話していることです」と突かれます。
その他
喧嘩で殴られた後、「よし、今日はここまで」。
喧嘩で殴られたり、誰かに尋問されて服や首を掴まれて激しく揺さぶられた後、酔っ払ったふりをして「さあ、飲みに行こう」と言いました。 行こう!"
くすくす笑った後、顔を上げて右目を閉じ、片目を大きく開けて「ぐははは!」「にゃはは!」と大笑い。
「軽く書いて発作を起こして」
自己紹介の時、「いいえ、お会いできて光栄です。ロバート保安官です。」
「はじめまして、NASAの池野です。」 「NASAはアメリカ航空宇宙局から!?」
「ロサンゼルスの池野です。」 「ロサンゼルスですか?」
「FBIの池野です。」 「FBIは連邦捜査局から!?」
ヤクザに脅されたことを言い訳にしながら、次第に史実のセリフに変化し、最後は「お願い!くっついて。
彼らが言い争っていたとき、彼は言いました。 説教口調でセリフを言い、最後に「わかりました(そうです)、△△」(△△にはピッコリーノ、ハーゲンダッツ、ロッテリア、セブンイレブン、ブロッコリー、クローゼットなどが含まれます。 ボラギノールが含まれることが多く、共演者が「○○って誰?」と言い終わった後、オールジャイアントに「ごめんね、コーヒー(ブランデー)入れてね、モンスター」(または「 馬車、怪物回してくれませんか?」)なども、陣内に「黙れ、補足(ソルマク)か。たまにはレオパレスか!」と石田康史が「了解しました、ピッコリーノ」と答えた。 ピッコリーノは誰だ!!」
この話を突っ込んだ出演者に「黙れ○○!」と返した。

スポンサードリンク

謎解きを始めると「あれは間違いなくUFOだ!」 「そうですか保安官?」
上と同じように謎を解いていき、最後に「あれはポワロ刑事の推理だった」と時々口にする。 . その後、誰かが真似をしますが、たいていは同じではありません。
非常に慌てて何かあったようなふりをしており、周囲が騒がしい時は「どうしたの?」とぶつぶつ言う。
会話中、次第に声が低く静かになり、「何言ってるかわからない! ヤバいヤバい…」(小藪千豊、烏川浩一がよく使う)と言われた。
マドンナ役にトラウマがあると知った時、「だから貴乃花は痩せた」とか言ってました。
試合前にスーツを脱ぎ、着直す。 周りから「着てるの?」と言い返されるのが常。 「脱いだら寒かった」と言う時もある。
共演者の「お邪魔します」「邪魔しないで」「邪魔しないなら帰ってください」に反応。 言われた共演者は「ごめんね」「あいよ」などと立ち去り、「なんで!!」と帰ってきた。 以前はめだかがよく使っていましたが、現在は他のメンバー(主にヤクザ役)もこの素材を使用しています(主に辻本茂雄と烏川浩一)。 『かきてきたあっちこっちちょうじ』では間勘平役の池野役、関西ローカル『ゴキゲンブランニュ』の特番では大平三郎さんがトミーの雅役を演じるなど、他局の新喜劇風番組での起用も多い。 赤井英和さんには、「トミーのはらぺこ亭」の特番で中条健一さん、中川貴史さん(ランディーズ)にトミー雅さんが使用。
共演者が誰かと恋に落ちる設定になったとき、彼は「コシヒカリやがな、いやいや、ササニシキ、はえぬきの間、いや、あきたこまち、う~~ひとめぼれやがな~~」と言う。
「聞いてください」と彼は言い、人の背景について話し始めます。 例:「蒲郡早苗という女性を知っていますか?」 犯罪歴や現在逃走中の話をした後、最後に「蒲郡早苗はお前だ」などと締めくくる。 すると「何言ってるの?」と聞かれます。
立ち去るときは、「このことわざを知っていますか?」と言ってください。 ことわざを最後まで言わずに立ち去ります。
(共演者1)「いけやん、パチンコ行っても勝てないよね?」
(めだか)「いや、勝っても負けても!パチンコ店が勝って、俺が負けて」
(共演1)「ほな、みんな負けてる」
(共演者1に)「バカだな~」。
(後に共演者から「このギャグイケやんの今年最高のギャグ」との発言があった。)
ヤクザと戦う時は「○人をあの世に送ってやる!」と揺さぶる。 相手がビクビクすると「みんな病気で死んだ!」と言う。 「あなたはその葬式に出席したばかりです!」
その他は数え切れないほどあります。 また、猫の形態再現は中学生の頃からのレパートリーです。

-雑学