日常に小ネタをぽとり

知っているとちょっと得する小ネタを配信します

雑学

普段しくじリーマンの部下が、ちゃっかりお駄賃100円をせしめた方法

以前、私が勤めていた会社で出会った、しくじリーマンとして知られる若者がいました。彼の名前はF君で、摩訶不思議な脳内変換装置を搭載した26歳の才能ある若者で、毎日私たちに新しい話題を提供してくれました。

F君は私の直属の部下であり、彼が私の部下になったのはそれほど前のことでした。ある日、私は仕事が忙しくてお昼ご飯を買いに行く時間がありませんでした。そこで、F君が外でランチに行くと言ったので、帰りに買出しを頼むことにしました。

私は彼に対して、お駄賃として100円を渡すと約束し、「ほか弁で唐揚げ弁当を買ってきてくれないか?」と頼みました。F君は快く受け入れてくれて、私は1000円札を渡しました。

1時間後、F君は食事を終えて帰ってきました。彼はちゃんと私が頼んだ唐揚げ弁当を持っていました。しかし、私はお駄賃を渡し忘れてしまっていることに気づきました。

私はお釣りとレシートを確認すると、どうやら100円が足りないことがわかりました。私はF君に尋ねました。「F君、おつりが足りないよね?」 F君は笑顔で答えました。「はい、頂きました。ありがとうございます!」

実は、彼はお釣りからすでにダイレクトにお駄賃をもらっていたのでした!私は心の中で叫びました。「お駄賃をあげるとは言ったが、普通お釣りから直接取るか?ひとこと言わんかい!このちゃっかり者め!」

-雑学