違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

~の違い

ショールとストールの違いとは?マフラーよりも薄手の装飾用

https://www.cariru.jp/products/detail.php?product_id=96000012010

https://www.cariru.jp/products/detail.php?product_id=96000012010

これからの時期、ショールやストールは、

首元のおしゃれアイテムとして欠かせませんね。

 

この2つはそっくりですが、違いはなんでしょう。

「春以降にマフラーのように使うのが、

ショールやストール」というイメージはありますが、

明確な違いはあまり知られていません。

今回は、ショールとストールの違いを解説します。

スポンサードリンク

ショールとストールの違いとは?

ショールとストールの違いは、

マフラーを基準に考えると分かりやすいです。

 

ストールはマフラーよりも薄い生地で作られます。

形は正方形で、幅が広く長いものが多いです。

 

もともとは肩に羽織ることを目的として作られたもので、

肩掛けに使われていました。

最近では細く丸めて、マフラーのように使う場合も増えています。

大き目のストールはそのまま羽織り、腰まで覆う着方も出来ます。

 

マフラーのように使う場合が多いというのが、

ストールとマフラーの違いが分かりにくくなる理由です。

 

ストールはもともと防寒具というより、

ファッションとしての機能性が強く、

デザインもマフラーより派手目です。

 

マフラーは防寒の為に毛糸で作られますが、

ストールは ウール素材が多いです。

中にはシルクやシフォンといった高級感のあるものも

季節に合った生地を選べば、

春から秋にかけて利用できます。

 

ショールはストールよりも寸法が大きく、厚手のものです。

ショールはストールとの明確な違いがありませんが、

ストールよりも大きく生地が厚いものは、

ショールとされています。

 

三角形に折って肩に掛けたり、

頭巾のように頭に被るといった使い方をします。

スポンサードリンク

ショールとストールはスカーフとは違う?

ショールとストールは、

マフラーよりも薄手でファッション用途が強いです。

 

薄手でファッション用といえば、

スカーフがありますね。

一見すると共通点がありそうですが、

ショールやストールとスカーフはあまり関係がありません。

 

スカーフは装飾用の衣類です。

ショールやストールには防寒の意味合いがありますが、

スカーフは完全な装飾用ですね。

よって素材も、見た目重視のシルクがメインです。

 

服に組み合わせて使うのが基本で、

CA(客室乗務員)などの制服に使われたりします。

 

スカーフは主に女性のお洒落アイテムとして使われますが、

実は欧米などでは男性が多く使用していました。

首に巻いてネクタイ代わりにしていたそうです。

 

ガーターベルトも現在は女性用ですが、

昔は紳士の着用具でした。

それと同じで、時代の流れにより、

女性のおしゃれアイテムに変化したようです。

http://www.2629.jp/item_page/BMB-BA9130.php

http://www.2629.jp/item_page/BMB-BA9130.php

ショールとストールの違いとは?マフラーよりも薄手の装飾用のまとめ

ショールはストールよりも大きくて厚手。

肩掛けや頭にかぶる使い方をします。

 

ストールはマフラーよりも幅広で長く、薄手。

肩掛けや襟巻きとして使われます。

どちらもマフラーに比べて、

ファッションのアクセントとして使われます。

 

マフラーは冬用ですが、

ショールやストールはそれ以外の季節でも使えます。

上手く使うことで一味違うお洒落を演出できます。

ぜひ活用してきたいですね。

-~の違い