違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

~の違い

レギンス、タイツ、スパッツ、トレンカ……これらの違いは?

http://www.tabio.com/jp/spats/

http://www.tabio.com/jp/spats/

レギンス、タイツ、スパッツ、トレンカは、

おしゃれにこだわる人にはかかせないアイテムです。

 

スカートやショートパンツに合わせれば、

ファッションのアクセントになるので、

誰もが一つは持っているでしょう。

 

しかしこれらの違いを具体的に知っている人は、

なかなかいません。

日常的に着用していても、

どれがどう呼ぶのか曖昧な人も多いのでは?

今回はこれらの違いを解説していきます。

スポンサードリンク

レギンス、タイツ、スパッツ、トレンカの違い

それぞれの定義は、以下の通りです。

 

レギンス……丈が膝下から足首までで、

アウターとして履くもの

 

タイツ……丈が腰からつま先までのもの

 

スパッツ……丈が腰から膝上までで、

スポーツのトレーニング用やインナーとして履くもの

 

トレンカ……丈は腰からつま先までだが、

つま先部分とかかと部分が無いもの

 

丈の長さや用途で分けられており

トレンカだけは形が特徴的です。

スポンサードリンク

丈の長さで名前が変わる!

まずスパッツとレギンスの違いを解説します。

 

もともと「スパッツ」と「レギンス」は同じものでした。

日本で先に広まったのはスパッツであり、

昔は膝上から足首あたりまで、様々な長さのものでした。

 

後に「レギンス」というものが登場します。

これはそれまでのスパッツを、

呼び方だけ変えたものです。

 

日本で今レギンスと呼ばれているものは、昔は全部スパッツと呼ばれていました。

2006年頃、スパッツを大々的に売り出すため、

スパッツに変わる新しいファッション用語が用いられました。

その用語が「レギンス」です。

つまりレギンスとは比較的最近出来た呼び方です。

 

これにより、スパッツは丈が膝上までで、

スポーツのトレーニング用や、

スカートの下着の上に履くもの。

 

レギンスは丈が膝下から足首までで、

アウターとして履くものというイメージが定着しました。

履き心地としては、

スパッツの方がピッタリと肌にフィットします。

 

次にタイツとトレンカの違いです。

タイツは腰からつま先まで覆いますが、

トレンカはつま先とかかと部分が露出します。

トレンカは土踏まずに引っ掛ける部分があるのが特徴です。

これはスパッツにもタイツにもレギンスにもない、

トレンカだけのものです。

 

別名「トレンカレギンス」であり、

レギンスの一種でもあります。

 

レギンスとの違いは丈の長さであり、

足首までならレギンス、

つま先までならタイツと呼びます。

http://www.tabio.com/jp/items/ladies-tights/

http://www.tabio.com/jp/items/ladies-tights/

スパッツとレギンスは、元々は作業着だった?

まず本来のスパッツとは、

靴に覆うゲートル(脚絆)のことです。

トレンカのように土踏まずに引っ掛ける部分があり、

靴や衣服を履いた状態で着用していました。

 

用途もファッション用ではなく、

作業時のほこりよけや足首・スネの保護が主な目的でした。

 

現在日本で使われているスパッツとは異なりますが、

日本ではファッション用語としてのスパッツが広まっています。

 

レギンスも同じく、元々は西洋型のゲートルを意味し、

スパッツと同じようなものでした。

 

それが転じてぴったりした細いズボンを指すようになり

現在ではファッション用語として使われています。

 

スパッツもレギンスも、もともと作業着だったようです。

 

トレンカも、もともとはバレエで使われるタイツでした。

それがバレエの世界を離れて、ファッションとして普及しました。

http://ameblo.jp/freedompao/entry-10516503923.html

http://ameblo.jp/freedompao/entry-10516503923.html

レギンス、タイツ、スパッツ、トレンカ……これらの違いは?のまとめ

いかがでしたか?

 

レギンス、タイツ、スパッツ、トレンカは、

主に丈の長さで呼び方が変わります。

これらの違いを知っておけば、

ショップなどでの買い物がスムーズに出来そうですね。

 

-~の違い