違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

手首の骨折の痛みはいつまで続く?リハビリの注意点

https://www.yurin.or.jp/emergency-department11

https://www.yurin.or.jp/emergency-department11

転倒や転倒によるけがは一般的であり、若者から高齢者まで幅広い年齢層で見られます。
手のひらが落ちるときに前腕の2本の骨の半径が手首(遠位端)で壊れる骨折を指します。若者はスノーボードや交通事故などのスポーツを経験することが多く、高齢者(特に閉経後の中年以降の女性)は、骨粗しょう症が原因の場合、わずかな転倒でも発症することがあります。どちらの場合も、尺骨の先端、前腕の他の骨、またはその前の領域が同時に破損することがあります。
それは手首の骨です:あなたが転んだときにあなたの手で傷ついた半径です。

スポンサードリンク

Q.橈骨遠位端骨折は年齢によって異なりますか?

橈骨遠位端骨折は、年齢に応じて大きく3つのタイプに分類できます。
子供、若者、高齢者の骨折。
当院でよくみられる若年者や高齢者の骨折について、以下に説明します。
•若者の骨折:
高所からの転落やバイクの転倒など高エネルギー被害が多いのもこの時代の特徴です。そのため、骨折や関節の骨折の大きな変位(脱臼)により手術を行わないと後遺症となる可能性が高い骨折が多い。
手首の靭帯に関節の損傷がある場合もあります。
•高齢者の骨折:
それは高齢者で最も一般的な骨折の1つです。加齢に伴う骨のもろさ(骨粗しょう症)と関係があり、若いと骨の強さで骨折しなくても手首の骨が折れることがあります。ほとんどの高齢者は、入り口や布団の端でつまずくような方法で骨を折っています。
骨折のずれ(脱臼)が少ない場合は、ギプスと装具で治療します。骨折がずれている場合、または関節に骨折がある場合は、手術が選択されます。

Q.骨折の仕方によって、橈骨遠位端骨折に違いはありますか?

いくつかのカテゴリがあります。今回は、骨折変位(脱臼)による分類について解説します。
落下時に手のひらを地面で折ると、橈骨遠位端の骨片が手の甲の方向にずれます。これは、遠位橈骨で最も一般的な骨折です。
逆に、倒れて手の甲で倒れると、遠位の骨片が手のひらに向かって移動します。自転車のハンドルを持って転倒すると起こります。
関節面の骨折を伴う骨折で、関節の表面が手のひらまたは手の甲に移動して脱臼を引き起こすことを「バートン骨折」と呼びます。
いずれの場合も、骨折部位は手術で固定され、リハビリが行われます。

スポンサードリンク

Q.橈骨遠位端骨折が発生するとどうなりますか?

転倒した後、手首の付け根に痛みが現れ、手首を曲げたり、手のひらに戻すことができなくなります。また、腫れや発熱があります。一部の人々は彼らの手の向きが間違っていたと言います。
これらの症状がある場合は、すぐに病院に行ってください。
病院でX線またはCTによる診断を受けた後、正しい治療を進めることが最も重要です。
骨が折れたままになっていると、骨が変形して硬化し、痛みだけでなく、しびれや動きができないなどの二次的な怪我を引き起こす可能性があります。したがって、骨折を早期に診断し、治療に進み、適切に治療することが重要です。

Q.橈骨遠位端骨折の発生率はどのくらいですか?

40歳未満では男性の方が女性より1.4倍多く、40歳以上では女性の方が男性より一般的であり、女性の発生率は年齢とともにほぼ直線的に増加すると言われています。 60歳以上の女性の14.5%が生涯に遠位とう骨骨折を起こすと報告されています。

スポンサードリンク

Q.とう骨遠位端骨折の治療は何ですか?

原則として、関節外骨折や非整列骨折に対しては、キャスティングなどの外部固定による保存的治療が行われます。ギャップのある骨折の場合、外科的治療が必要です。
外固定を伴う保存療法の場合、骨がくっつくまで骨を動かすことができず、最低4〜6週間はギプスが必要です。あなたの医者はX線でチェックし、あなたは一定期間指示されます。また、リハビリテーションでは、固定期間中の指の動きのみが必要であり、骨が付着し始め、固定を一時的に取り除くことができるようになった後にのみ開始されます。その間、あなたは手を使うことができなくなり、あなたの人生を妨げます。

当院では、手術による治療の場合、手術前日から術後の生活指導と自主訓練を行っています。高齢者の認知機能もテストされます。手術の翌日には、実際に手を動かして、許容範囲内で日常生活の動きを練習することができ、生命への障害を最小限に抑えます。

Q.とう骨遠位端骨折手術後、どれくらいの期間移動できますか?

尺骨骨折がない場合は、手術翌日に病院で使用できます。パンツやパンツを上げ下げすることもできます。
傷口が濡れていなければ入浴できます。ただし、骨折した手で体を支えたり、重いものを運んだりしないでください。
尺骨骨折がある方でも、状態によっては負担の少ない手術をするべきです。

スポンサードリンク

Q.とう骨遠位端骨折のリハビリはどうしますか?

手術前に、無傷の手の握力や関節角度の測定などの評価を行います。人によって関節の強さや曲がりに差があるため、患者さんの状態や目標を決めるために行います。また、術後の注意点や自主訓練についても説明します。
手術後、痛みだけでなく、腫れや熱感などの炎症も見られます。特に、腫れが続くと、関節が硬くなるなどの悪影響が出ることがあります。
したがって、リハビリの最初の目標は腫れを取り除くことです。手術の前に、むくみを取り除くのに役立つ手の動きを説明し、手術の翌日に一緒に行います。
併せて、重いものに触れたり持ち運んだりしないなど、生活上気をつけるべきポイントを解説します。
術後問題がなければ2〜3日で退院し、リハビリ外来に行かなければなりません。外来リハビリでは、術後約8〜10週間で卒業後リハビリを行います。いつどのような練習をするか、その都度目標などをまとめてあり、それに基づいた研修を進めていきます。手術後の骨折や状態は異なりますので、担当医と相談しながら研修を行います。

Q.とう骨遠位端骨折のリハビリに注意しましたか?

患者さんから「すぐに手術で治ると思っていたのですが…」とよく言われますが、個人差はありますが、手術後のむくみや動きが難しい場合があります。痛みやしびれが発生することがあります。何人かの患者さんを見ると問題ないことがわかりますが、今回の患者さんは初めてで、「痛み」=「何か悪いことが起こっているのでは?」と心配しています。使用するのが怖い場合もあれば、使用する場合もあります。
将来患者に何が起こるかについて少しお話しし、その対処方法をお話します。また、少しの忍耐で克服できる必要があることについても説明します。その理由を理解した上で、患者さんがいろいろなことに取り組んでいただければ幸いです。
また、研修も大切ですが、研修以外の時間もとても大切だと思います。毎回必要な宿題(ボランティア研修)を行い、引っ越しができるようにします。リハビリに加えて、手の機能を維持・改善するためには、自分で大切に運動し、日常生活の中で使うことが必要です。私たちは自宅にいることができるように、私たちの日常の活動をできるだけ具体的にするよう努めています。

-雑学