違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

鯖バーガーでクラウドファンディングで1,000万調達!オープンまでの苦難の道のり

https://www.favy.jp/topics/26195

https://www.favy.jp/topics/26195

目を引くカラフルな外観の「MKカフェ」は、2011年に営業を開始した大久保で人気のカフェです。2015年には、テレビで紹介され話題となった「サババーガー」の提供を開始しました。店頭運営が順調に進んだら、「サババーガー専門店」にリニューアルする予定です。クラウドファンディングで資金を調達したところ、見事に目標額を達成しました。

スポンサードリンク

ビジネスフォーマット/サババーガー専門カフェ

オープニングファンド(総額)/ 3フロア合計600〜700万円

店舗面積/ 15坪(49.5㎡)※1階と2階のカフェエリア

座席数/ 36席

目標月間売上高/ 250〜350万円

友達と一緒に始めたカフェは、3年ほど赤字でした。
「 『MK CAFE』は、オーナー兼マネージャーの櫻井ゆりさんと私がメインメンバーのカフェですが、他にも協力メンバーがいて、みんなで一丸となって作り上げました。3階建てビルの1階と2階。3階にはカフェやスタジオがあり、フード「MKTV」などの情報番組を定期的に配信しています。インスタグラムでも情報を発信しています。現在、インスタグラムのフォロワーやカフェのお客様は「カフェ」として着実に増えています。コミュニケーションの力はあるけれど、最初は本当に大変でした」と櫻井さんは言います。現在、経営は順調に進んでいますが、最初は一連の苦労があり、店頭で次のように語りました。

「集まってカフェが欲しい!それから始めたのですが、みんなレストラン経営に不慣れで、何を売ろうか迷いながら約3年赤字が続きました。閉店の選択肢もありました。何度も試行錯誤を重ねた結果、看板メニューを開発したいと思い、「サババーガー」を考案しました。加護島産の香ばしいサバを脂肪で焼き、イングリッシュマフィンで挟みましたが、半分は一般的なハンバーガーです。ハンバーガーのカロリー、栄養バランスが良く、誰でも食べやすい、「ZIP!」や「もやもや様ず」などの情報番組で紹介され、休憩しました。スムーズに行きました。」

櫻井さんもフードコーディネーターの資格を取得しました。もともと1種類だったサババーガーは、徐々にバリエーションが増え、7種類になりました。

スポンサードリンク

クラウドファンディングに成功し、店舗の改装を決定

「サババーガー専門店としてやってみようと思っていたのですが、キッチンをリフォームしたいと思いました。サバを焼くのに適した丈夫な鉄板を設置すれば、調理しやすく、一度に出されます。クラウドファンディングで厨房リフォーム300万円を調達することを決定し、「Readyfor」でプロジェクトを立ち上げ、発売後7日で目標額を達成。残りの投稿は店内リフォーム費用の引き上げを目標期間中、ようやく1,000万円を調達することができました。例えば、1ビット1万円のご支援をお願いします。お礼状と「サババーガーセットクーポン券」をお届けする内容です。支援してくれた人もいれば、個人の方もいらっしゃいましたし、企業や地域の方もいらっしゃいました。人もいました。」
スケジュールと会社の選択
【2016年12月】更新検討開始
【2017年2月〜4月】クラウドファンディングによるプロジェクトを開始
【2017年4月20日】クラウドファンディングにより目標額を達成
【2017年4月〜5月】マッチングサービスのあるインテリア会社を探す。 5月に決定
【2017年5月〜7月中旬】インテリアデザインの検討
【2017年7月24〜29日】内装工事
【2017年7月30日】リニューアルオープン

スポンサードリンク

マッチングサービスを利用して、プロジェクトに共感するインテリア建設会社に出会いました
クラウドファンディングによる資金調達の見通しが通過すると同時に、櫻井氏はマッチングサービスへの登録を試みた。約15件の回答があり、実際に約6社が会って話をしました。そこで私はDecreaDesignProjectに出会いました。 「サババーガーを開発して専門店として育てたいという思いを真摯に受け止め、それ以来とても役立っています」と櫻井さん。内部計画の検討開始から決定まで2ヶ月近くかかったが、計画の改定を重ねても丁寧に対応したとのこと。

「どこでお金を使って何を貯めたの?」「海にいるイメージが一番大事でした。青を使っていますが、冷えないように気をつけてください。また、壁面も1階は老朽化していて、ディズニーシーの壁の作業員に聞いてみるとお金がかかりましたが、当初から想像していたような空間でしたが、一方で見えない手作りパーツを自作しました。コストを削減するために、キッチンの棚などの顧客に」

 

「バンズ」もリニューアルオープンと同時にリニューアル

リニューアル時には、「サババーガー」のバンズも改良されました。 「石川県輪島市でパン屋さんといろいろ試してみて、サバのハンバーガーにぴったりの特製玄米粉パンを開発しました。昔はイングリッシュマフィンを使っていましたが、玄米80%の粉パンはサバによく合います。味と品質がさらに向上しました」と櫻井氏は言います。

また、人気メニューのひとつ「ごぼう茶」を取り扱う鹿児島県オキス株式会社が、鹿児島市の「大隅国市場」にレストランをオープンしました。その中には、「38ism」のサババーガーを提供し始めるなどの新しい動きがあります。

最後に、櫻井さんにリニューアルオープン後の感想を聞いてみました。 「 『サババーガー』でV字型に回復しただけでなく、全国の日本食文化を盛り上げようとしているプロデューサーや、リニューアル工事でデクレアデザインにも出会えました。支えられていると感じています。以前からの常連客だけでなく、今回はクラウドファンディングのサポーターになった方もいらっしゃいますが、今後も多くの方にご来店いただきたいと思います。

-雑学