違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

銀魂完結篇はドラえもんのパラドックス理論だった?銀さんは生きている

https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=hQYh2e--4xs

https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=hQYh2e--4xs

銀魂の最終版は発売以来、タイムマシンを中心に展開してきました。

タイムラインの議論がありましたが...最初に結論を出します!

ドラえもんのパラドックス理論に基づいた7年目のタイムトラベルだったと言いたいです!

スポンサードリンク

序文

最終版はパラレルワールド(パラレルユニバース)の世界ではありませんか?

理論は主要な解釈です

これが理論だと思いましたが

・銀魂の最終版やエピローグにも同様の展開がたくさんあります。

・物語は、名簿が歴史を繰り返すことを意図して銀魂の第1話につながるように作られています。

・この場合、銀さんが亡くなった世界がありますが、

パチグラらがジンさんなしで世界に帰る

上記の3つのポイントに疑問を投げかけるパラレルワールドではありませんか?それは私が考えた後に到達した時間のパラドックス理論です(翻訳:誰もが超幸せな終わりを歓迎したいと思っています)

また、空知先生はドラえもんが好きな印象があり、個人的にはこの理論が一番の空知先生(リアリスト)であることに夢中になったので、ドラえもんのパラドックスについてブログを書くことにしました。笑

パラレルワールド(パラレルユニバース)の説明から始めましょう。

スポンサードリンク

パラレルワールドについて

いわゆる未来のターニングポイントが生まれる時間パラドックス理論です。

言い換えれば、この理論から抜け出すと、過去を修正するたびに、未来の新しい枝が生まれるので、

○魅惑で亡くなったジンさんのワールドライン

○白夜叉が亡くなった世界線

○過去を変えてナノマシンを失った世界線

少なくとも3つのブランチが発生します。

 

あなたがいる世界は変えられないというのがこのパラレルワールド理論なので、死んだジンのワールドラインから来たキャラクターは、別のターニングポイントでジンと彼らの未来を保護するだけでした。

したがって、最終的には新八と神楽は銀さんなしで世界に戻り、代わりに銀魂エピソード1のワールドラインが確立されます。

また、別の考え方で

この考え方にもパラドックスが発生するため、干渉するとパラレルワールドで消滅し、新たなターニングポイントが主軸となるという説があります。

 

いずれにせよ、物語の最後のハッピーエンドの気持ちが空っぽになり、空知英秋のサイコパスが多すぎる!とてもエキサイティングです。

次に、分岐が発生しない場合の親殺しのパラドックスの概念を紹介します。

スポンサードリンク

統一されたパラドックス

これは、分岐しない場合に考慮できる他のパラドックスについてです。 そもそも発散理論が起こった理由は これは、歴史の中で矛盾が発生するのを防ぐための理論的な方法だからです。分岐のパラドックスは、過去が変わると未来が変わるということです。つまり、それを変えた人が直接関与することはできず、過去も未来も実際に変えることはできません。 それどころか、分岐が起こらないパラドックスとして
○親殺しのパラドックス
○過去も未来も変わらない
○干渉する可能性のある過去を決定し、ストーリーの概要を変更することはできません 3つの理論があります。
祖父のパラドックスは 過去をそのまま修正できる理論です。
両親を殺せば存在を消すことができるという説がありますが、そうなるとそもそもタイムトラベル自体が不可能になります!これには矛盾があるので、考え方としては前提になっているが、物語ではあまり使われない仮説のようです。 未来も過去も変わらないというパラドックス 理論は、それらすべてが単一の時間軸を持ち、それらのすべてのアクションが履歴に存在しているため、それらは無限ループにあるというものです。
私にはもう子供がいません。 ですから、最終版の内容に矛盾があるので、考え方はないと思います。 はい、良いアイデアを持っている人は、 干渉する可能性のある過去が修正されました。だが それはこのドラえもんのパラドックスの主題になるでしょう。 この時点で、それはすでにおいしいです。 それとこれの両方があなたの妄想を進歩させるでしょう
ドラえもんパラドックスについて まず、私が個人的に研究したドラえもんのパラドックスについて、また他のドラえもんのパラドックス理論に基づいてお話ししたいと思います。 最終版に最も近いのは時間軸思考ではないでしょうか。 それは超個人的な解釈に基づいて生まれた結論です
○ドラえもんパラドックスとは? 過去を変えてもなんらかの障害が発生し、過去を変えることができなくなります→ここでの解釈は上記の通りです。 ターニングポイントになる 歴史(運命)は変えられない理論です。 つまり、変更しようとすると、干渉した過去の干渉のみを変更できます。 →親を殺そうとすると、どんなに頑張っても親を殺せない状況に陥ると仮定して、親殺しのパラドックスを引用。 私の両親はとても強いので私は彼らを殺すことができません、なぜ私は彼らを動かして殺すことができないのですか?あなたはあらゆる種類の干渉のために殺す(修正する)ことができない状況にありますが、この干渉まで過去に干渉して変更することができます。 簡単に言えば、のび太は優秀ではない運命にあり、瀬脇は貧しいままです。あなたがどれだけのタイムトラベルを変更しても(それを見た人は知っているべきです)

スポンサードリンク

 ○その他、ドラえもんパラドックス理論 現在、それは過去からの干渉で構成されています。 →言い換えれば、他のパラドックスとは異なり ・過去が転換点で修正された場合、それを組み込んだ後、現在であるため、修正された人は消えません。 ・親殺しのパラドックスのように親を殺しても、親が生きる時間があるので成り立たない。 ・過去と未来は全く変わらないので、過去への修正と干渉が確立されるのはこのドラえもんパラドックス理論です。 今、主な主題はここからです。 いよいよ銀魂の話。推測された方は、ここで満足するかもしれませんので、とりあえずありがとうございます…ここまで読んでいただきありがとうございます! 銀魂ドラえもんパラドックスの最後の部分からのデコード 主なテーマ(お待たせして申し訳ありません) ドラえもんのパラドックスに同意しましたか?重要なのは、物語のターニングポイントであり、本編に大きく関係する未来は変えられないが、小さな岐路は変えられるということです。 まず、最終版に登場しなかった松代教授と高杉についてお話しましょう。 ここに銀魂のターニングポイントが4つあります
○世界を破壊する出来事
○世界と寄生虫を破壊する要因
○坂田銀時を殺す者がいる
○将来の役割として過激派城井が必要
一つずつ比較してみましょう

<世界を滅ぼす出来事について>

「結論」坂田銀時が世界を滅ぼし、友達や愛する人をボロボロにする大魔王となる

「ファイナル」空虚が復活し、世界を滅ぼす敵のように見え、弟子たちもボロボロになります

→服も着ているので、世界を破壊する代わりに坂田銀時が登場しました。

スポンサードリンク

<因子と寄生虫の生成>

「結論」白刀の発生による人類の危機

「エピローグ」虚数による内側からの崩壊

→最終版(過去)で白い詛を破壊するのではなく、起こった新たな未来が架空の要因だったようです。

○寄生虫の行き先について、以下のツイートがわかりやすい

<坂田銀時殺害>

「結論」銀時本人

「エピローグ」高杉

→最終版では、私を殺すことができたのは私だけでしたが、坂田銀時が失踪したためです。

高杉は坂田銀時に似ているので、私を殺すことができる未来に変わります。

<過激派城井について>

「結論」桂は中程度から過激派に変わる

「ファイナル」高杉の存在が桂を穏健にする

→つまり、物語や歴史の中で、役割分担として高杉の存在と過激派が必要だったと思います。高杉自身もそれを知っていて過激派を通り抜けたのかもしれません。

そのため、将来的には高杉なしで代用が必要になり、最終版ではそれに最も近い桂が高杉役を演じた可能性があります。

スポンサードリンク

最終バージョンと類似しているストーリーは他にもたくさんあります。

大ざっぱに言えば

<全店解散>

「結論」坂田銀時の失踪による全店解散

「ファイナル」オールラウンダー3名の決定により解散→その後坂田銀時はコミュニケーションを失った

<今後のパチグラ>

同じ点は、成長が似ているということです

違いは、エピローグでは新八と神楽が納得して成長を目指していることです。

<銀が白夜叉と高杉を刺したとき>

「結論」白夜叉は殺されるが、マダオは白夜叉に取って代わられる

架空に取って代わった「エピローグ」高杉

→重なり合う点を時系列で描いたものになるのかしら

<たまに存在する>

「結論」多摩は白夜叉時代から未来まで銀時のエネルギーを蓄え続ける

「エピローグ」多摩はすべてを待っていたので目が覚めなかった

→これも時系列で似た軸なので、銀時が戻ってくるのを待つ役割を果たしたり、未来と銀時をつなぐ役割を果たしたりするのでしょうか?

<銀時が帰ってくる未来>

「結論」パチグラヤと坂田銀時を取り戻すみんなの物語

「エピローグ」坂田銀時が万能店に帰る(下呂を振りかけながら帰る)

スポンサードリンク

現在の状況を思い出せても、類似点がたくさんあることがわかります。いや、修正できない固定された将来のターニングポイントがあります。

これは、パラレルワールド理論よりもドラえもんパラドックス理論のより一貫した解釈だと思います。

ドラえもんのパラドックスと最後のエピソードについて

まとめたい...

銀魂を考える

個人的には、銀魂は繰り返しの話だと思います。私はいつもそれをと解釈しました。銀魂が戦いの中心であり、銀魂内で展開が続いており、そこから同様の展開で、どんどん変化していく様子が描かれているからです。

また、空知先生はとてもリアルで、いくら話が進んでも坂田銀時が松代先生を殺し、過去の過ちを許す展開がなく、江戸もエピローグ版で新登場。 8の強さは変わっていません。また、現実はそれほど簡単には変わらないことも示しています。

私が言いたかったのは

実は銀魂の映画の姓である空知先生は、「歴史は繰り返される」と描いています。

言い換えれば、彼らはすでに、歴史が修正された過去から続く1つのエピソードで繰り返され、坂田銀時の未来はそれほど簡単には変わらないという現実主義的な意図を持っています。

この時点で、ドラえもんのパラドックスの理論が映画銀玉に最も適していると思いました。

銀さんは最後のエピソードを通して歴史を繰り返しますが、これほど簡単に変えられない未来、苦労する場所、そして最後のエピソードの内容が1つのエピソードで適切に構成されているという事実は平行した世界です。の解釈から、空知先生と銀魂のように感じます。

スポンサードリンク

そして、最後のエピソードと現在の最後のエピソードの間で何が変わったのですか?前述のように、歴史と人を繰り返しながら少しずつ成長・変化していく物語です。

そのため、原作の最終回では、最終回で誰もが信じて戦った未来のおかげで、内容が少し改善されました。

坂田銀時自身の作品、自尊心の低さ、自殺できる性格は、銀魂最終回の展開とは程遠い。

少なくとも最終版で坂田銀時を取り戻した話から

坂田銀時は、元の場所に戻ったという話になりました。

これはまた、ジン自身の内面の変化と彼の新しい未来の物語であり、彼の自尊心を取り戻しました。

そして何より、坂本は必然です。最後のエピソードで述べたように

「看板をずっと持って待つ」などの最終版での坂田銀時の約束は、決まった未来(邪魔にならない歴史)であり、3店舗すべてが出会うことは避けられなかった。

神楽と出会った日にケツノアナが「今日の運勢は最高だ」と言ったのは、避けられない未来を見たからかもしれない。

最後に

最終版は、パラレルワールドで失われた未来についての物語ではありませんでした。

ドラえもんのパラドックスで地上から続く物語で、銀さんは死んでいないようで、誰もが信じていた未来は必然的に繰り返されるでしょう。

物語でした。

全部好き! !! !!

どうもありがとうございました。

-雑学