違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

フェルビナク・ジクロフェナク・インドメタシンの湿布の違いは?主成分は非ステロイド性抗炎症薬

1554843330

湿布は、性別を問わず、多くの人がよく知っている薬のひとつです。テレビコマーシャルで日常的に目にする湿布は、病院に行かなくても必要なときに薬局やドラッグストアで簡単に購入できるので、なじみがあるかもしれません。
そんな湿布ですが、製品ごとに主成分の種類が異なります。成分が違うので、当然機能も違います。
この記事では、現在市販薬として販売されている湿布に使用されている代表的な成分の違いと、それらを使用する際の注意点を紹介します。

スポンサードリンク

 

1. 1.湿布とはどのような薬ですか?

湿布は、「経皮鎮痛・抗炎症剤」の成分を含んだパッチです。パッチを湿布と同じものと呼ぶ人もいますが、喘息、認知症、女性ホルモンなど、誰もが考える湿布以外にもさまざまなパッチがあります。 ..一般的に考えているパッチとは印象が違うと思います。

湿布の効果は、皮膚を通して薬を吸収し、痛み、炎症、緊張を和らげることです。一般的な兆候は、あざ、捻挫、肩こり、腰痛、筋肉痛です。
湿布には、温湿布と冷湿布の2種類があり、症状に応じて使用されます。また、素材によって湿布とテープの2種類があります。

2. 2.湿布で使用される主要なコンポーネントの違いは何ですか?

現在市販されている湿布の主な成分と違いをご紹介します。
それらのすべては主に非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)として分類されます。プロスタグランジンの増加により、人体は炎症を起こし、痛みを伴います。非ステロイド性抗炎症薬は、このプロスタグランジンの産生を妨げることにより、鎮痛、抗炎症、解熱効果をもたらします。非ステロイド性抗炎症薬の成分にはいくつかの種類があり、それぞれが密接に作用しますが、各成分には微妙な違いがあります。
現在市販されている湿布に使用されている成分である「フェルビナク」「ジクロフェナクナトリウム」「インドメタシン」の成分の特徴と製品をご紹介します。

スポンサードリンク

2-1。炎症や痛みに効果的なフェルビナク

フェルビナクは、肩、腰、関節の痛みや炎症を改善するのに効果的な成分であり、一般的な湿布の主成分として使用されます。フェルビナクは、医師が処方するセルタッチの主成分です。成分の特徴として、炎症や痛みに対して非常に効果的です。また、肌への浸透性も良く、外用薬である湿布に適した成分と言えます。持続時間に問題があり、1日2回交換が必要な成分で、15歳から使用できます。
薬局で購入できるフェルビナクを含む製品は以下のとおりです。

Fatus 5.0
Fatus 5.07×10cm

久光製薬
沢山大樹
5%のフェルビナクを含むテープ。ビタミンEは患部の血行を良くし、l-メントールを含んでいるので涼しくて気持ちよく塗れます。老舗湿布会社である久光製薬株式会社の製品だけが剥がれにくく、弾力性に優れ、使い心地も抜群です。

パテックスフェルビナスターA船
パテックスフェルビナスターA船10×14cm

スポンサードリンク

第一三共ヘルスケア
沢山大樹
フェルビナクを含む湿布。フェルビナクの他に、アルニカチンキも含まれています。アルニカチンキは、抗炎症作用、抗酸化作用、血行促進作用のある生薬で、湿布との相性が良いと言われています。 l-メントールは含まれていませんが、パップ特有のべたつき感があります。

2-2。より強い鎮痛効果ジクロフェナクナトリウム

ジクロフェナクは、非ステロイド性抗炎症薬のより強力な抗炎症および鎮痛成分です。湿布に加えて、それはまた、ボルタレン錠剤およびボルタレン坐剤として医師によって処方されています。成分自体の効果は強いですが、胃腸障害などの副作用の頻度が他の成分よりも高いというデメリットもあります。ジクロフェナクを主成分とする湿布は、15歳以上の方でも1日1回交換することでお使いいただけます。ジクロフェナクの使用量も固定されており、1日2枚などの制限があります(量は製品によって異なります)。

ボルタレンEXテープ
ボルタレンEXテープ7x 10 cm

ノバルティスファーマ
沢山大樹
15mgのジクロフェナクを含むわずかに香りのよいテープ。弾力性があり、関節に使用できます。 l-メントールも含まれているので、さわやかな感触です。 24時間稼働するため、1日1回交換する商品です。あなたは使い切ることができます

Fatus Z Zixus
Fatus Z Zixus7×10cm

久光製薬
沢山大樹
2%のジクロフェナクを含むテープ。また、1日1回貼り直すことで、一度に2枚まで使用できます。夜にほのかな香りタイプで使用しても、臭いはあまり気になりません。メントールを配合しているため、伸縮性に優れ、あらゆる方向に伸縮し、さわやかな感触のテープ剤です。

スポンサードリンク

通過時間ZX
通過時間ZX7 x 10 cm

ゆうとく製薬
沢山大樹
2%のジクロフェナクを含むテープ。また、1日1回貼り直すことで、一度に2枚まで使用できます。メントールを含み、さわやかな感触です。ライナーは3枚なのでシワになりにくく、くっつきやすい構造になっています。

2-3。筋肉痛に対する強力な抗炎症効果インドメタシン

インドメタシンは、強力な鎮痛作用と抗炎症作用を持つ非ステロイド性抗炎症薬です。成分の強い効果で副作用の多い薬です。比較的強い抗炎症作用があるため、筋肉痛などの炎症症状に特に効果的です。フェルビナクと同様に、1日2回交換する必要があります。年齢制限については、他の成分とは異なり、11歳から使用できる商品もあります(15歳からの商品もありますので、事前の確認が必要です)。
それはIdmesinKowaPapとCatrepとして医師によって処方されています。

ヴァンテリン興和パットEX
ヴァンテリン興和パットEX7×10cm

コーワ
沢山大樹
インドメタシンに加えて、この製品にはアルニカチンキとl-メントールが含まれています。アルニカチンキには、抗炎症作用と血液循環促進作用があります。テープとパップの間の湿布であり、テープと同じ粘着性があり、パップと同じように皮膚への影響が少ない。 1日2回交換される商品です。 15歳からご利用いただけます。

スポンサードリンク

サロンパスEX
サロンパスEX5.4 x 8.56 cm

久光製薬
沢山大樹
インドメタシンとl-メントールを含むテープ。肩こりの関節(肩、首の付け根など)に付けやすく、はがしにくい性質があります。しなやかで優しいです。年齢制限は11歳以上(子供は保護者の監督が必要)で、15歳未満でも使用できます。他の商品よりワンサイズ小さいので、首や肩の周りをピンポイントでポイントしたいときに便利です。

オムニドID石膏
オムニドID石膏3.75M7×10cm

帝国ファーマケア
沢山大樹
インドメタシンとl-メントールを含むテープ。接合部への取り付けが容易で、剥がれにくいという性質があります。 11歳(お子様は保護者の監督が必要)から1日2回交換することでご利用いただけます。

3. 3.実際にどのように選択すればよいですか?湿布の選び方

圧縮には多くの種類がありますが、実際に選択する方法は次のとおりです。

3-1。臭いを抑えたい方

湿布の中には、種類によって特有の臭いがするものがあります。外出時の湿布のにおいが気になる方も多いのではないでしょうか。
湿布の臭いを引き起こす成分には主に2つのタイプがあります。

1つは「サリチル酸メチル」と呼ばれる抗炎症作用のある成分です。サロンパスの香りの源泉は独特の香りだと多くの人が理解しているかもしれません。現在、匂いのないサロンパスもありますが、サリチル酸メチルは独特の香りがあり、匂いを嗅ぐと記憶に残ります。
もう1つはl-メントールです。それがメントールよりもミントの成分であることを理解する方が簡単かもしれません。ミントの鼻や目に見える成分も臭いの原因です。臭いが気になる場合は、湿布の外箱にある成分リストをご覧になり、「サリチル酸メチル」または「l-メントール」と表示されている製品は選択しないでください。

スポンサードリンク

3-2。どのテープまたは湿布を選択しますか?

湿布は素材によって湿布とテープに分けられますが、それぞれに長所と短所があります。それぞれの選び方を説明します。
■パップエージェント
比較的厚い湿布で塗ると気分が悪くなります。生地が厚いのは、水分が多いからです。テープよりはがしやすいですが、湿布などのパッチの特徴であるかぶれがつきにくいというメリットもあります。はがしやすいので、ひざやひじの弾力性に使いにくいというデメリットがあります。
以下の方にはパップエージェントをお勧めします。

湿布特有の涼しさ(使い心地)を見つける
毛むくじゃらの部分にこだわる
皮膚が弱く、かぶれやすい

■テープエージェント
石膏としても知られています。湿布よりも薄く、粘着性が高いのが特徴です。弾力性にも優れています。使用する材料は湿布と同じです。粘着性が強いため、湿布より発疹が出やすいと言われています。多くの製品は自然な肌の色を使用しています。
以下の方にはテープをお勧めします。

ひじ、ひざ、関節など、弾力性が必要な部分に取り付けます。
冷却タイプが苦手です
首などの目に見える部分に貼り付けます
簡単に外れない湿布を好む

3-3。ホットコンプレスとコールドコンプレスのどちらを選択しますか?

一般的に知られている(冷湿布)湿布に加えて、温湿布もあります。
温湿布と冷湿布の成分は同じ非ステロイド性抗炎症薬であり、鎮痛効果と抗炎症効果の点では同じですが、使用される症状は異なります。温湿布には、非ステロイド性抗炎症薬の成分に加えて、カプサイシンと呼ばれる成分が含まれています。この成分は、コショウに含まれる成分と同じです。カプサイシンを配合した温湿布は、文字のように貼り付けることで温かみを感じさせます。温湿布は、腰痛や肩こりなどの慢性症状によく使用されます。一方、捻挫や筋肉痛などの急性症状には、一般的に冷湿布が使用されます。

したがって、温湿布は急性期の炎症を伴う痛みには適していません。一方、急性の痛みには冷湿布が推奨されます。
冷湿布の使用を推奨する症状には、以下の急性症状が含まれます。

スポンサードリンク

あざと捻挫
筋肉痛の症状
腱鞘炎
熱感のある痛み
温湿布の使用を推奨する症状には、次の慢性症状が含まれます。
慢性的な腰痛
慢性的な肩こり

急性症状の場合は炎症を抑えながら冷やし、慢性症状の場合は炎症を抑えながら温めて血行を良くします。

4.湿布の副作用と使用上の注意

外用薬である湿布は、経口薬に比べて重篤な副作用を起こしにくいと言われています。この高いレベルの安全性は、医師の処方箋なしで湿布を購入できる理由の1つです。しかし、それは副作用がないという意味ではありません。
湿布の成分である非ステロイド性抗炎症薬は、自然に胃腸障害を起こしやすいです。湿布は、経口薬ほどではありませんが、胃腸の問題を引き起こす可能性もあります。また、過剰に服用し続けると、胃腸障害や腎機能障害が悪化する可能性が高くなりますので、適切な投与量と投与量に従う必要があります。

湿布に特有の副作用は「発疹」です。湿布によって引き起こされる発疹のほとんどは接触性皮膚炎によるものであり、テープは湿布よりも発生する可能性が高くなります。粘着性の強いテープを剥がすと、皮膚表面の角質層も剥がれるためと言われています。その結果、皮膚に損傷を与え、炎症を引き起こし、発疹を起こしやすくします。また、夏になると汗によるムレが原因でかぶれのリスクが高まります。
現時点では、鎮痛成分の強度と皮膚障害との直接的な因果関係は確認されていません。湿布を塗った部分に発生する接触性皮膚炎は、成分の強さではなく、湿布のべたつきやムレが原因の炎症と言われています。

スポンサードリンク

5.湿布を使用するとき、誰が注意する必要がありますか?

基本的には安全性が高く副作用の少ない湿布ですが、以下の方は副作用のリスクが高いのでご注意ください。
肌が弱い
長期間にわたって同じ場所に何度も湿布を塗り続けています。
憲法上弱い胃腸
1日に複数の湿布を交換する
年齢制限や適切な使用法を遵守していない
喘息の病歴とアレルギー性体質

体に合わない成分など、体質上の問題で副作用が発生することはある程度避けられません。しかし、処方された投与量と投与量を守らずに使用した結果、深刻な副作用に発展する可能性があります。安全性の高い湿布であっても、所定の使用法に従う必要があります。

6.そのような場合は、早めに病院に行ってください。

湿布の成分が体に適していない場合、全身性発疹や皮膚病以外の副作用が発生する可能性があります。特に、アレルギー反応の一種であるアナフィラキシーショックは、生命を脅かす可能性のある非常に深刻な副作用です。次のような体調の変化を感じた場合は、湿布を外して適切な医療機関に行くことをお勧めします。

全身湿疹
重度の皮膚炎
息切れや呼吸困難などの呼吸器症状
低血圧または立ちくらみ

スポンサードリンク

これらの症状に加えて、薬の多くの副作用があります。湿布の副作用や疑わしい症状であっても、異常を感じた場合は、湿布を外して医療機関に相談することもあります。

7.結論として

現在市販されている湿布の中で、最もよく使われる「フェルビナク」「ジクロフェナク」「インドメタシン」の3成分を紹介しました。非ステロイド性抗炎症薬の成分を含むこれらの湿布はすべて同じように機能しますが、各成分の数と強度には微妙な違いがあります。
また、湿布であっても一種の薬であるため、使用法、投与量、年齢制限が定められており、適切な使用法に従う必要があります。

-雑学