違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

仕事はできるけど生意気vs仕事できないけどかわいい部下。担当するならどっち!?

1554843330

たとえば、新しいプロジェクトのリーダーが割り当てられているとします。 私が率いるチームのメンバーは、駅の先輩で、仕事は早いが騒がしい、後輩は新卒の△△さんに選ばれました。 何を指示しても「反対」から入る駅の先輩と、自分で考えて行動することができない新卒のジュニア。どちらがあなたの仕事を楽にしますか?心配したことはありますか? ちょうど一年前、海外の現地企業で唯一の外国人マネージャーになったとき、人を動かすのが難しいのではないかと心配していました。

スポンサードリンク

その結果、「この人もあの人も全然できない。もう指示するのは面倒なので、丁寧に、早く自分でやったほうがいい!」と思いました。私はほとんど押しつぶされました。 「誰もがそれを使うことができない!すべて自分でやる」ことをするのは典型的な悪いリーダーです。優れたリーダーとは、舞台裏で一生懸命働くリーダーです。次に 働くことはできるが扱いが難しい先輩部下 働くことはできないが、彼らの言うことを素直に聞く後輩の部下 あなたを成長させるチームのメンバーは誰ですか?また、一緒に仕事をしているチームメンバーを選ぶことができる場合、どのように選ぶべきですか?

働くことはできるが扱いが難しい先輩部下

「働くことはできるが扱いにくい先輩部下」のイメージは、自分よりも年齢や仕事の経験が豊富な部下です。 「経験豊富で、仕事ができて、年配の方」なら問題なく、リーダーとしても役立ちますが、経験がある限り、自分の考え方や指導内容について意見を述べることができます。言う人もいると思います。 中小企業をはじめ、年功序列よりも実力主義や中途採用に基づく企業が多い現代日本では、「働くことはできるが、やりがいのある上級部下」が存在する可能性が高まっている。扱う。" ここでは、「働くことはできるが扱いにくい先輩」の特徴を考えてみましょう。 「働くことはできるが扱いにくい先輩部下」の良さ 「働くことはできるが扱いにくい先輩」には2つの良い点があります。 ・詳しい指示は必要ありません おそらく「働くことができる先輩部下」の最大のメリットは、細かい指示をせずに仕事を進めることができることです。 あなたがマネージャーやプロジェクトリーダーになるとき、あなたは仕事全体を見なければならないので、あなたは詳細を扱うことができません。 詳しい説明はしていませんので、一緒に仕事ができたら助かります。 ・平等な意見交換 もちろん、マネージャーやリーダーでさえ完璧ではありません。

スポンサードリンク

提出したプロジェクトやアイデアについて経験豊富な上級部下である場合は、「前のプロジェクトではこのように進めましたが、この問題についてどう思いますか」と積極的に質問することができます。あると思います。 「チームの能力はそれをまとめるリーダーに過ぎない」ということわざがあるので、リーダーよりも経験豊富なスタッフがいれば意見交換ができ、より良いものを生み出すきっかけになります。物事。 「働くことはできるが扱いにくい先輩」の短所 「働くことはできるが扱いにくい先輩」の最大のデメリットは、プライドが高く、求められた仕事ができないことだと思います。 信じられないかもしれませんが、「これは私の仕事ではありません」と言って「お願いします」という仕事を撃退する上級部下を見て驚いています。 直接的なことではなくても、リーダーの提示に否定的な人がいて、熟練していても面倒なこともあります。

仕事はできませんが従順な後輩です

それどころか、働くことはできないが従順な後輩はどうでしょうか。 「働けないけど従順な後輩」の良さ 「働けないけど従順な後輩」には2つの良い点があります。 ・とにかく、彼は彼の言うことを聞きます 「働くことはできないが従順な後輩」の一番いいところは、正しいか間違っているかに関係なく、自分の言うことを聞いて行動することです。 正直なところ、リーダーになると細かいところまでこなせないので、手伝ってくれる人がいれば、毎日の仕事がずっと楽になります。 ・大きな成長マージン 「働けないけど従順な下級部下」は未経験で若い。 今はうまくできないかもしれませんが、スキルを教えることで、将来と同じか、それ以上の仕事ができるようになるかもしれません。 「働けないけど従順な後輩」の悪い点 「私は働けないが、従順な後輩の部下」の悪いところは、自分の裁量で働けないことです。 わからないことを進められないので困っていますので、何でも聞いていただければありがたいのですが、しばらく考えても「?」と聞かれると落ち込んでしまいます。 心理学には「決断疲労」という言葉があります。長い間意思決定を繰り返すと、個々の意思決定の「質」が低下すると言われています。ご覧のように、毎日たくさんの小さな意思決定をすると、脳が疲れて、やがて無意味で正常になります。あなたは決定を下すことができなくなります。

スポンサードリンク

そもそも完璧な人はいません。あなたがそれを克服したときにあなたが得るものはかなり大きいです。 これまで、「働くことはできるが扱いにくい先輩」と「働けないが従順な後輩」の賛否両論を書いてきました。 どちらにも良い点もありますが、悪い点もあり、結局「どちらがいいのかわからない。判断できない」と思ってしまいます。 私の経験に基づいて結論を述べさせてください。 肝心なのは、「働くことはできるが扱いにくい先輩」と「働けないが従順な後輩」の両方が必要だということです。そう。どちらも煩わしく、混乱を招き、間違いなくより速く、より正確に実行できます。しかし、私たちは両方のタイプの人間が必要です。 そもそも私も含めて誰も完璧ではないからです。そして、一人でできる仕事の量と時間はかなり限られています。どんなに面倒なコミュニケーションでも、もっとやりたいのなら、人を動かすことができる装置が必要です。 「働くことはできるが扱いにくい先輩」と「働けないが従順な後輩」の両方がいます。一年前、私がマネージャーになったとき、特にコミュニケーションが難しいと感じたのは、「働くことはできるが扱いが難しい先輩」でした。 しかし、彼らとの関係が改善された今、私はほとんどの場合、時間通りに仕事に戻ることができます。 彼らが以前行っていた仕事のほとんどを率先して行うからです。この職場での関係の煩わしさをどのように克服できますか?

「働くことはできるが扱いにくい先輩」と「働けないが従順な後輩」の両方を克服する方法

先輩・部下共通ですので、参考にして活用してください。 褒め言葉とストレッチ 先ほど「良い点」と「悪い点」を書き留めましたが、誰もが長所と短所を持っています。まず第一に、彼らの「専門」を開発することが重要だと思いました。 たとえば、私より10歳くらい年上の男性社員は細かい仕事が苦手でした。しかし、アシスタントがいないので、すべて自分でやらなければなりません。セールスフレームとして入ったのに、アシスタントのような簡単な仕事がありますが、慣れていないので間違えることがよくあります。それを指摘すると、そのようなアルバイトをすることは重要ではないと私は主張します。 大学で統計学を学んだ彼が、学科の売上高と来年の目標を分析した。 (彼はすでにそれを自分でやったが、彼は彼にそれを自分でやらせたかったので、彼にそれをさせた。) それから、自分の担当客を3人割り当てましたが、そのうちの1人は大口顧客でした。彼の仕事が重要だったので、どれだけのお金が動いているのかがわかりました。 また、細かい作業の一部を別のアシスタントに移すと、やる気が戻ってきました。彼は自分の顔を見ただけでわかります。 彼は会社について不平を言う可能性が低いので、彼がかなり良い方向に向かっていることを嬉しく思います。 オーナーシップの感覚を持っている マネージャーは、スタッフが知ることができない会社の内部状況を知るなど、多くの情報を持っています。 しかし、「マネージャーの会議に行く」と立ち上がった後は、チームと何も共有しないでください。

スポンサードリンク

会議終了後、議事録はわかりやすくレビューおよび要約され、毎週の会議でチームスタッフと共有されます。これを徹底的に実施することで、私たちもこの会社を経営している従業員の一人であることがわかります。リーダーが何も言わず、マネージャー会議の後で顔がゆるいのは失格です。 彼はまた彼が今取り組んでいることについて話します。 たとえば、顧客が難しいタスクであなたに電話をかけたとき。ほとんどの場合、スタッフは私の声に耳を傾け、「何が問題なのですか」と尋ねます。 本当に困っているように(実際に困っています)、「それだけ〜聞いて〜!!」と話し、「でもお手伝いしたい」と気持ちを共有しました。します。 あなたの気持ちが他の人の気持ちと一致するときだけ、あなたは最終的にチームとして動くことができます。 必ず相手の目を見て話してください おはようございます ご支援いただきありがとうございます すみません、私は今行かなければなりません 挨拶したり、スタッフに返信したりするときは、相手の目を見て正しく答えますか? 「先に行ってごめんなさい」と言っても、「はい」と言ってパソコンを監視している人もいるかもしれません。少し前は私だけでした。 言葉を交わしているのに、相手の目をよく見て話さないと、LINEメッセージでコミュニケーションしているように相手がどう思っているのかよくわかりません。 少し恥ずかしいことでも、自分の目をじっと見つめ、相手が話している間は聞くことに集中することが重要です。 「そんなことはもちろん知っているけど、言わなくても」と言う方は明日から始めても大丈夫ですので、一日中他の人の目で話を聞いてみてください。 いつも一緒にいる人の態度が変わることがわかります。 概要 働くことはできるが扱いにくい先輩と、働けないが従順な後輩。結論として、両方が必要です。組織を成長させるためには様々な人が必要であり、あなたとは違う人と接することで必ず成長するからです。 それでも、辛いと言えば「3つの克服方法」を試してみてください。 当たり前のことだけ書いたのですが、一日気づいただけで変わると思います。

-雑学