違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

パイプオルガンの値段は数億円!宇宙の調和を表す為に発明された楽器

1554843330

パイプオルガンの生音を聞いたことがありますか?
音はとても雄大で美しいので、体の各細胞に響き渡るのを感じることができます。

パイプオルガンは教会のことを考える人が多いですが、東京にはクラシック音楽のコンサートホールなど、パイプオルガンが優れているところもあります。
そして、パイプオルガンの素晴らしいライブパフォーマンスを無料または非常にリーズナブルな価格で気軽に楽しむことができるコンサートもあります。
知ってますか

今回は、パイプオルガンの魅力とともに厳選された5つのおすすめスポットをご紹介します。

スポンサードリンク

 

パイプオルガンの魅力

「宇宙の調和」を表現するために発明された楽器
倍音(ハーモニクス)の魔法を生み出すパイプオルガンの音も、宇宙のハーモニーを表現するために考案された楽器と言われています。

簡単に言うと、倍音とは基本音、つまり基本音のピッチ(音の周波数)が2倍になる音のことです。
パイプオルガンはその構造上、豊かな倍音を生み出すことができる楽器です。
豊かな倍音は、再生したいサウンドに他の多くの倍音が含まれていることを意味します。
パイプオルガンは、目的の音を演奏するときに誤って含める倍音を、偶然ではなく、可能な限り意図した倍音に混ぜることができる楽器です。
宇宙には無限の数の音があります。 「調和」とは、私たちを含むすべての個人とエネルギーによって生成される周波数、つまり音波の共鳴によって生成される調和です。
言い換えれば、宇宙の調和の音は倍音であると言えます。
この楽器の大きな魅力のひとつは、さまざまな歌を通して宇宙の調和を感じることができることです。

スポンサードリンク

欧米では宗教儀式によく使われる楽器ですが、日本ではクラシック音楽が演奏できる施設とともに発展している楽器です。
クラシック音楽自体はもともと教会に関連した音楽だったので、その点では一般的ですが、それは狭い宗教のグループではなく、より広く、より深く、真実に基づいた「宇宙の調和」の感覚です。表現するために開発・生まれた楽器であるという点で大きな価値があると思います。

 

倍音の魔法を生み出すパイプオルガン

パイプオルガンは、人間の声に近い楽器としても知られる繊細な楽器です。
演奏されている建物の構造に応じて、同じパイプオルガンの音は大きく異なります。パイプオルガンのほとんどが教会にある西洋では、古くからパイプオルガンの響き方が計算されており、この楽器を中心に教会が建てられていることから、パイプオルガン専用の建物と言われています。言っても過言ではありません。

また、パイプオルガンの倍音は演奏スタイルや演奏能力によって変化し、演奏される音楽によって倍音の美しさを最大限に引き出すことができるかどうかも決まります。
西洋発祥のパイプオルガンが大きく発展した時代には、クラシック音楽の傑作が数多く生まれました。古典的な傑作を作った作曲家の多くはパイプオルガンの達人でもあったと言われていますが、私はそれを理解しています。

パイプオルガンの音が体の各細胞に響き渡るほど厳粛に感じられるのは、この楽器の倍音の美しさと振動の素晴らしさのせいかもしれません。
癒し効果に優れた倍音は、愛そのものに溢れています。

 

パイプオルガンの開発の歴史

西洋の教会を中心に発展した楽器
パイプオルガンの起源であるオルガンの原型は、紀元前3世紀に西洋社会にすでに存在していました。その後、教会を中心とした宗教儀式に連動した楽器として発展しました。 13世紀には、新しい教会が建てられるたびにパイプオルガンが設置され、教会と切り離せない楽器として人々に人気を博しました。
16世紀にはイタリアを中心に人間の声に近い楽器として発展し、17世紀から18世紀にはドイツを中心に低音効果のある雄大な音質の巨大なパイプオルガンになりました。そして開発。 19世紀には、フランスを中心にさまざまな交響楽器を演奏できる多機能で用途の広いパイプオルガンに進化し、現在に至っています。

スポンサードリンク

また、パイプオルガンにはさまざまなデザインがあり、製造時期によって機能や音色が異なり、地域によってデザインが異なる独自に開発された楽器のひとつでもあります。それは面白い。

文明とともに日本に登場!

一方、日本では、パイプオルガンの導入は西洋社会よりも19世紀にかなり遅れており、そのきっかけは文明でした。しかし、日本では、西洋社会のような教会で発展した楽器ではなく、クラシック音楽を演奏できる設備で発展してきました。その証拠として、パイプオルガンが実際に各地に設置され、日本で普及したのは1975年のことでした。

ユニークなものがたくさんある日本のパイプオルガン
この時期から多くの日本の文化施設が建設され、劇場やクラシック音楽が演奏できるホールなど、施設の顔となるさまざまなユニークなパイプオルガンが建設されました。これでインストールされました。
このため、日本のパイプオルガンの多くは、西洋社会の教会のパイプオルガンよりも自由に設計されています。

 

メンテナンスコストの高いパイプオルガン

パイプオルガンの値段を知っていますか?
大きさや機能にもよるが、日本のパイプオルガンは1台1000万円以上、最高で数億円もする高価な楽器です。
また、年間の維持管理費が高いため、維持管理が難しい機器です。

一方、東京では、パイプオルガンの素晴らしい音を無料または非常にリーズナブルな価格で聴くことができるコンサートがあります。
このようなコンサートは、管理者にとっては容易なことではありませんが、リスニング側にとっては非常に歓迎される機会です。

東京での5つのおすすめライブパイプオルガンコンサート
サントリーホール「オルガンプロムナードコンサート」

日本のクラシックコンサートホールでもあるサントリーホールの大ホールでは、月1回木曜日のランチタイムにパイプオルガンコンサート「オルガンプロムナードコンサート」が開催されます。このコンサートは1991年10月から長い歴史があります。

世界最大のパイプオルガンの音に酔いしれる

サントリーホールの大ホールの前には、世界最大級と言われるパイプオルガンがあります。
オーストリアのリーガー製で、5898本のパイプを備えたこの美しいパイプオルガンは、シートのどの位置からでも見ることができ、とても良い音で、本当に酔わせることができます。
教会では、通常、教会の後ろにあり、前の祭壇に面しているため、座席から演奏やパイプオルガンを見ることができませんが、音楽施設の本当の楽しみの1つです。視覚的にお楽しみください。

スポンサードリンク

世界で最も美しい音を中心に完成した施設
世界で最も美しい音を出すコンサートホールをコンセプトに作られたこの施設は、ミュージシャンだけでなく、演奏を聴く観客にとっても最高のホールとなるよう、さまざまな視点から意見を述べています。座席。広く採用・完成している施設です。それだけの価値があり、繊細な音が減衰しても豊かに感じることができる素晴らしい音響機器です。
ぜひ一度訪れて、心身ともに素晴らしい音を楽しんでいただきたいと思います。

学校の前に小さな子供がいる人は、小さなホールのスクリーンを通して見ることができますのでご注意ください。

サントリーホールでの「オルガンプロムナードコンサート」の基本情報
場所:東京都港区赤坂1-13-1
TEL:03-3505-1001(代表)
料金:無料(事前予約不要)
座席数:2006席
開催時間:12:15〜12:45
コンサートのスケジュールはこちら
アクセス方法はこちら

東京オペラシティ「ビジュアルオルガンコンサート」

東京オペラシティコンサートホールでは、月1回金曜日のランチタイムにパイプオルガンコンサート「ビジュアルオルガンコンサート」を開催しています。
この会場では、ステージ正面中央の2階にパイプオルガンがあり、観客席から見ることができます。 3826本のパイプを備えたこの壮大なサイズのパイプオルガンは、有名なスイスのオルガン製作者クーンが所有しており、1997年3月に設置されました。

ステージ上の画面でプレイヤーの姿を楽しむこともできます

このオルガンコンサートのユニークな点は、通常は観客に背を向けて演奏するパフォーマーの演奏風景が拡大され、ステージ中央のスクリーンに映し出されることです。 普段は間近で見ることのできない、演奏者の手足の動きを楽しむことができ、鑑賞にもリスニングにも最適です。

スポンサードリンク

東京オペラシティ「ビジュアルオルガンコンサート」の基本情報
場所:東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー3F
TEL:03-5353-0788
料金:無料(事前予約不要)
座席数:1632席
開催時間:11:45-12:30
コンサートのスケジュールはこちら
アクセス方法はこちら

築地本願寺「ランチタイムコンサート」
「お寺」でパイプオルガンの演奏を聴こう!
築地本願寺の本堂では、毎月最終金曜日のランチタイムにパイプオルガンコンサート「ランチタイムコンサート」が開催されます。
宗教や宗派を問わず、誰もが楽しめるコンサートです。
築地外市場に隣接しているため、海外からの観光客に人気があります。

この寺院のパイプオルガンは、1970年に2000本のパイプが寄贈されたドイツ製の大型オルガンです。

また、本堂には畳ではなく、まるで会場のように見える椅子が並んでいます。椅子に座って寺院でパイプオルガンの演奏を聞くという珍しい体験も、直立するのが苦手な人にとっても魅力的です。

国の重要文化財でもある本堂

会場となる本堂は、寺院建築の第一人者である伊東忠太氏が設計したもので、日本独特の斬新で美しいインド風の寺院です。わたし。
一般的な寺院とは異なり、建物としての魅力が溢れています。
この建物は、石垣や三門門柱とともに国の重要文化財に指定されていますので、これらの点にもご注意ください。

築地本願寺「ランチタイムコンサート」基本情報
場所:東京都中央区築地3-15-1
TEL:03-3541-1131(代表)
料金:無料(事前予約不要)
開催時間:12:10〜(ローストーリー)
12:20-12:50(パフォーマンス)
コンサートのスケジュールはこちら
アクセス方法はこちら

スポンサードリンク

東京カテドラル聖マリア大聖堂「オルガン瞑想」

東京の聖マリア大聖堂では、毎月第2金曜日の午後7時から「オルガン瞑想-夜の祈りとオルガン音楽による瞑想-」というパイプオルガンコンサートが開催されます。
宗教や宗派を問わず、誰でもパイプオルガンの演奏を聞くことができるコンサートです。

日本最大の教会用パイプオルガンの音は雄大です

この教会には3000本のパイプがあり、日本最大のパイプオルガン「マショニオルガンOp.1165」があります。 2004年にこの教会に設置されたこのパイプオルガンは、座席の後ろの中央のバルコニーにあります。

世界的に有名な建築家丹下健三が設計した建物をお見逃しなく

教会とは思えない斬新なデザインのこの建物は、世界的に有名な建築家丹下健三が設計した素晴らしい建物で、建築愛好家におすすめです。

この革新的なデザインの教会は、上から見ると十字架のように見え、建物の内側から天井を見上げると、トップライトが挿入されている部分が十字架であるため、日中に光る巨大な十字架が頭上にあります。で輝きます。
また、教会の中央には高さ16メートルの十字架があり、背景のステンドグラスから差し込む金色の光も印象的です。

教会の内壁はコンクリートでできているため、2つの十字架に加えて昼間の光の美しさが増す雄大な空間であり、昼と夜の空間の違いも魅力的です。 ..

東京のセントメアリーズ大聖堂での「オルガン瞑想」の基本情報
場所:東京都文京区関口3-16-15
TEL:03-3941-3029
料金:基本的には無料ですが、募金箱に任意の金額を寄付するスタイルです。
座席数:600席、2,000人収容スペース
開催時間:19:00-19:50(前半と後半の公演の間に僧侶の説教があります)
コンサートのスケジュールはこちら
アクセス方法はこちら

東京都劇場「パイプオルガンコンサート」
ランチタイムとナイトタイムの2種類!
東京メトロポリタンシアターコンサートホールで開催される「パイプオルガンコンサート」は有料ですが、ランチタイム(500円)とナイトタイム(1000円)の2種類があり、どちらも良心的です。価格。
演奏時間は昼食30分、夜60分です。
なかでも、美しく幻想的な照明効果のある夜のコンサートがお勧めで、仕事帰りに立ち寄れる時間帯に開催されるのもいいポイントです。

世界で前例のない世界最大の回転パイプオルガン!

スポンサードリンク

舞台中央のベランダにあるこの劇場の顔でもあるフランス製のパイプオルガンは、約9,000本のパイプを持ち、世界最大級のパイプオルガンです。

美しくユニークなデザインのこのパイプオルガンは、「バロック」、「ルネッサンス」、「モダン」の3つの異なる時代のトーンオルガンを取り入れています。

パイプは両面構造になっているので、曲によってオルガンを弾くことができ、180度回転させることで見た目も含めてパイプオルガンを弾くことができ、視覚的に楽しむことができます。ポイントもおすすめポイントです。
上の写真はシンフォニック側、下の写真はルネッサンスとバロック側です。
東京都劇場「パイプオルガンコンサート」の基本情報
場所:東京都豊島区西池袋1-8-1
TEL:03-5391-2111
価格:ランチタイムコンサート500円、ナイトタイムコンサート1000円
(前売り券購入が必要です)
座席数:1999
開催時間:ランチタイムコンサート11:15開場、12:15スタート、12:45エンド、
ナイトタイムコンサート18:30ロビーオープン、19:30スタート、20:30エンド
コンサート日程:ランチタイムコンサート日程、ナイトタイムコンサート日程

-雑学