違いの分かる人になれるかな

世の中の間違いやすい言葉の違いを解説します。

雑学

しけ絹の魅力。2頭の蚕が吐きあった糸が絡み合った珍しい繭

https://www.nakagawa-masashichi.jp/shop/g/g4547639626554/

https://www.nakagawa-masashichi.jp/shop/g/g4547639626554/

あなたがビジネスで成功しようとするだけではうまくいきません。老舗シルクファクトリーの後継者は、トラブル、葛藤、運命を変える出会いを通して、自分の体でシルクの不思議な力を感じることから始めることにしました。衰退する家業を復活に導くスピリチュアルストーリー。

スポンサードリンク

独特の光沢を放つシルク(=シルク)は、西の東西を問わず古くから有用でした。言うまでもなく、絹は蚕の繭から取られた動物繊維です。

カイコはカイコ科の鱗翅目に属する昆虫の一種ですが、1〜2匹ではなく1〜2匹と数えられます。その理由は、カイコは牛や豚と同じ家畜として扱われているからです。人間との関係は牛や豚よりも長く、養蚕は5、000年以上の歴史があると言われています。

1つの繭玉から500〜1,000メートル以上の絹糸をとることができます。しかし、蚕が繭玉を割って出てきた後、途中で糸が切れて長さが確保できなくなります。そのため、出てくる前にお湯に浸して繭玉をほぐしてください。その時、蚕は蛹として死にます。

人間が使う動物繊維は絹以外にもいろいろありますが、髪を切っても命を落とすことはありません。すべての動物繊維の中で、生命と引き換えに入手できるのは絹だけです。

「蚕は生後わずか1ヶ月で天国に呼ばれます。なぜそんな運命を知って何度も地球にやってくるのですか。蚕という言葉は天の虫と書かれています。蚕を育ててデートしながら徐々に天国の使者のようでした。」
富山県南砺市城花にある松井機械株式会社6代目松井典子さん。レアシルクを使用した新ブランド「JOHANAS」「シケシルク」は、若い女性を中心に人気を博し、傾倒した家業の再建に成功しました。 2015年、地元産の絹を織るという夢を追い求めて養蚕を始めました。

スポンサードリンク

JOHANAS製品、ベビービブ、ミトン。光沢のあるシルクがよだれかけを着用すると顔が明るく見えるため、お祭りの写真撮影にも使用されます。繊維の中で肌への負担が少ないと言われているシルクは、ミトンで顔をこすっても肌に負担をかけません。
「蚕は半月の紋章や星型の紋章と呼ばれる模様があります。つまり、月と星を背負っています。月のエネルギーが口から出ているのではないかと思います。」

松井はもともと虫が苦手です。私も家業には興味がありませんでした。引き継ぐことを決意してしばらくの間、事業としての成功を追求するだけでしたが、うまくいかないこともあります。ある出来事が「素材の声に耳を傾けた」後、振り返った。

松井の話は少し宗教的に聞こえるかもしれません。 「私は蚕を信じるようになりました」と彼は笑う。しかし、1人の「狂信者」が関与し、新しいアイデアを生み出し、ビジネスを拡大することは確実です。松井機械を復活させる過程から、それを感じずにはいられません。

シェイクシルク保護の140年

松井機械のある城花町は、東西約8キロ、南北約13キロの小さな長方形の町です。格子状の扉、石畳、白い壁の古い建物が並び、静かな空気の漂流が自然にあなたを引き締めます。

町の中心に位置するのは、450年前に建てられたと言われる蓮如上人の真宗大谷派別院全徳院です。しかし、町自体が別院の境内であると言った方が正しいかもしれません。山田川や池川のように流れる天然堀。毎朝6時に鐘の音で町全体が目覚めます。
松井機械工場から徒歩約5分の真宗大谷派別院全徳院。建てられてから450年経った今でも、城の端に住む人々の生活に溶け込んでいます。
別院の建立と同時に城端から織りが始まったと言われています。福光と五箇山は古くからの絹糸産地に近く、湿度の高い気候が織りに適していました。

しかし、大正時代の30余りの機械工場の多くは閉店しました。その主な理由は、バブル期にピークを迎えた後、着物の需要が減少し、着物の生産が急激に落ち込んだことです。まだ松井機海と他社だけが操業していると言われています。

1877年に創立された松井機海の歴史は、常に「シケシルク」と呼ばれる特別なシルクでした。 通常、1匹の蚕が1匹の繭を作りますが、まれに2匹の蚕が絡み合って繭を作る糸を吐き出します。 確率的に、100からいくつかを作ることは可能ですか? このようにして作られた繭はボール繭と呼ばれ、ボール繭から作られた絹糸はボール糸と呼ばれます。 ボール糸で織られたシルクは、シケシルクです。

ボール糸は太さが不均一で、通常の絹糸よりも結び目が多いです。 そのため、着物には不向きと言われています。 多くの機械工場は、収益性の高い着物のための絹の生産に集中しています。 しかし、前述のように、着物の生産量の減少により、そのようなはたやはピンチに陥りました。

スポンサードリンク

松井機海を特別なものにしたのは、このシルクをインテリア製品として扱っていることです。約140年前、和紙に絹を貼り付けた襖を開発しました。着物にはあまり人気がありませんが、引き戸なら凹凸のある玉柄が美しく、シルクの拡散反射で部屋が明るくなります。この襖は、着物の需要が落ちた後も松井着物の経営を支えていました。
シェイクシルク製のシェードカーテン。ボールに太陽が照り、部屋を明るくすると言われています。
「なぜそんなアイデアが生まれたのか想像もつきませんが、富山は日照時間が短く、鉛色の空が多いです。この地域の人の光に敏感なので、少しでも明るくしたいです。5月そうしました。」

しかし、松井機械株式会社は近年悪化傾向にあります。 20年前は30人か40人の従業員でしたが、現在は4人で、現在は4人の親戚を含めて8人しかいません。かつては朝から晩まで織りを担当していたのですが、今では糸巻きや筒巻きなどすべての作業をしなければなりません。 2008年の記録的な大雨の後、工場は半分に削減されました。
現在、ジョバタにはシルクを生産している工場は2つしかありません。 1958年に建てられた煙突は今でも松井機械のランドマークです。
松井は三姉妹の末っ子としてこの家に生まれたが、大学卒業後、家業には興味がなく、東京の証券会社に就職した。私の父はシルクについて熱心に話すタイプではなく、「引き継ぐ」ように顔を合わせてさえ言われませんでした。

「衰退産業であり、古風なイメージがあります。富山に戻っても老後だと思いました。」同居していた妹と親戚から呼ばれ、「そうだと家業が崩壊する」と暗黙のうちに痕跡を引き継ぐと脅されても、あいまいな返事をして現場を通過した。

 

運命を変えた2つの出会い

松井がJOHANASを立ち上げ、家業を救うまでには、2つのターニングポイントがありました。

最初のターニングポイントは、東京の証券会社で働き始めてから3年目となる2010年でした。東京に来た父から、「まだ会っていない染色会社の社長に会うので、一緒に行ってみませんか?おもしろいですが、話せるかもしれません」と聞かれました。あなたへ。" 「おもしろい話が聞こえたら」と軽く感じましたが、ふたりの会話にショックを受けました。

カイコは家畜として長い歴史があり、1つか2つと数えるべきです。繭球は、蛹を保護するために、紫外線を遮断し、水分量を調整し、アンモニアを吸着する性質があります。アミノ酸の組成比は人間の皮膚とほぼ同じであるため、手術用の糸としても使用されています。聞いたことのない絹の話が次々と飛んでいきます。家業を単なる衰退産業と見なしていた松井にとって、すべてが驚くべきことでした。

「めちゃくちゃになるかもしれない。目の前でキラキラと光っていた。」発火が得意な妄想癖や、やってみたいアイデアが次々と浮かび上がってきました。 「ここに戻らなかったことは絶対に後悔する」と彼は働いていた会社を辞め、当時付き合っていた男性がいたが、家業を引き継ぐことにした。父が苦労していることを知っていたので、両親を助けるための新しい方法を作りたかったのです。

スポンサードリンク

8年前、昔ながらの衰退産業だと思っていた家業は、突然、可能性の宝庫になりました。私は東京での生活を中断し、松井機械の善意を運ぶことにしました。
数年ぶりに故郷に帰り、再び家業に出会った時、問屋からの注文で着物や引き戸を作って卸しているだけなのが現状です。最大の問題は、エンドユーザーの顔がまったく見えないことでした。そこで、「今の時代にふさわしいシルク製品を作らなければならない」とのことで、新製品の試作を開始しました。展示会には一方の端から並んで、お客様の反応をもとに改善を図りました。

生糸を織るために糸通しが行われます。シェイクシルクはボールが入っているので、引っ掛かりやすくカットしやすいです。そのため、手作業で丁寧に配置する必要がある場合があります。

長い間使用されてきた古い機械は正確で、何年経ってもうまく機能します。それは大きな音を立て、良いテンポで動き続けました。

織り糸を沸騰したお湯に入れてタンパク質を取り除きます。たんぱく質の不足は、いわゆるシルクの感触を与えます。
しかし、このアプローチはすぐに行き詰まりました。 「お客さまの声を聞いているだけでは、本当にやりたいことがわからなかった」と語った。

指示に従った後、著名なテキスタイルデザイナーに連絡を取り、ストローに飢えていると感じてアドバイスをもらいに行きました。それは2011年3月11日でした。事務所のある銀座に生地を全部持って行ったところ、午後3時の予定直前に前例のない地震が発生しました。余震が続く中、机の下に隠れながら交換しました。話は聞こえませんでしたが、私に言われた短い言葉は今でも鮮明です。

「あなたは布から距離があります。」

彼は絹に囲まれて暮らしていたとのことでしたが、外を見ているだけで絹の声が聞こえませんでした。誰もが何をすべきかわからなかったが、結果としてこれが2番目のターニングポイントとなった。富山に戻って仏壇の前で迷子になったとき、突然、引き戸に使われている絹がキラキラと輝いているのが見えました。

「松井紀海は何世代にもわたってその素材に助けられてきました。私もこのようなものを作らなければなりません。」その後、お客さまの声を聞きに出かける生活を変え、意識的に製造を始めました。毎日シルクと向き合うと、朝晩でシルクの表情が変わり、季節によって見た目が異なり、光の方向によってさまざまな輝きを放つ素材であることに気づきました。

JOHANASというブランドは、素材に徹底的に向き合って誕生しました。 2014年に発売されると、露店、インナーウェア、枕カバーなどが若い女性に人気があり、デパートで新たに取り扱われます。数年で松井機械の新たな柱に成長し、復活の原動力になりました。

生糸を織るために糸通しが行われます。シェイクシルクはボールが入っているので、引っ掛かりやすくカットしやすいです。そのため、手作業で丁寧に配置する必要がある場合があります。

長い間使用されてきた古い機械は正確で、何年経ってもうまく機能します。それは大きな音を立て、良いテンポで動き続けました。

織り糸を沸騰したお湯に入れてタンパク質を取り除きます。たんぱく質の不足は、いわゆるシルクの感触を与えます。
しかし、このアプローチはすぐに行き詰まりました。 「お客さまの声を聞いているだけでは、本当にやりたいことがわからなかった」と語った。

指示に従った後、著名なテキスタイルデザイナーに連絡を取り、ストローに飢えていると感じてアドバイスをもらいに行きました。それは2011年3月11日でした。事務所のある銀座に生地を全部持って行ったところ、午後3時の予定直前に前例のない地震が発生しました。余震が続く中、机の下に隠れながら交換しました。話は聞こえませんでしたが、私に言われた短い言葉は今でも鮮明です。

スポンサードリンク

「あなたは布から距離があります。」

彼は絹に囲まれて暮らしていたとのことでしたが、外を見ているだけで絹の声が聞こえませんでした。誰もが何をすべきかわからなかったが、結果としてこれが2番目のターニングポイントとなった。富山に戻って仏壇の前で迷子になったとき、突然、引き戸に使われている絹がキラキラと輝いているのが見えました。

「松井紀海は何世代にもわたってその素材に助けられてきました。私もこのようなものを作らなければなりません。」その後、お客さまの声を聞きに出かける生活を変え、意識的に製造を始めました。毎日シルクと向き合うと、朝晩でシルクの表情が変わり、季節によって見た目が異なり、光の方向によってさまざまな輝きを放つ素材であることに気づきました。

JOHANASというブランドは、素材に徹底的に向き合って誕生しました。 2014年に発売されると、露店、インナーウェア、枕カバーなどが若い女性に人気があり、デパートで新たに取り扱われます。数年で松井機械の新たな柱に成長し、復活の原動力になりました。

-雑学